ライブレポート

2015.9.3
DIAURA
@新宿BLAZE
『愚民の日』企画フリーライブ

DIAURA 0903 全景

「愚民の日(9月3日)に何かが起きる。DIAURAにとっては毎年恒例の行事となった「愚民の日企画」。昨年は、新宿ステーションスクエア(アルタ前公園)にステージを設置しゲリラライブを行い、その場でHOLIDAY SHINJUKUでの無料ワンマン開催を告知。立て続けにゲリラGIGをブチかました。

今年の「愚民の日(9月3日)」には、「五つの企画」を用意。「DIAURA各メンバーが大阪・名古屋・仙台・東京にてCD SHOP店員体験!」「全国特定CD SHOPにて「愚民の日」特別記念品『I am 愚民』あぶらとり紙・ステッカー無料配布!!」「『DIAURA Vanishing the Triangle vision 2014.11.30赤坂BLITZ LIVE DVDダイジェスト版』をCD SHOP店員体験中にて販売」「当日のライブ生放送も含む、”DIAURA『2015年09月03日 愚民の日に何かが起きる…』 愚民の日特番”のニコ生配信」「新宿BLAZEを舞台に、赤坂BLITZ LIVE DVD購入者対象LIVE & 無料ライブの実施」だった。

「CD SHOP店員体験」では、東京の自主盤倶楽部/Brand X(2店舗)に達也、大阪ZEAL LINKに佳衣、ライカエジソン名古屋にyo-ka、little HEARTS.仙台に翔也が姿を現し、訪れた愚民たちと触れ合った。店員体験終了後にメンバーは移動し、新宿BLAZEへ。

DIAURA 0903 Voice.yo-ka DIAURA 0903 Guitar.佳衣

新宿BLAZE公演では、2回に分けた無料ライブを行った。先に、『DIAURA Vanishing the Triangle vision 2014.11.30赤坂BLITZ LIVE DVDダイジェスト版』購入者を対象とした「プレミアムフリーライブ」を実施。

ライブは、1stミニアルバム『DICTATOR』の冒頭を飾っていた「奈落の花」からスタート。重厚な歌と演奏からの幕開け。貫祿あふれた姿をDIAURAは描き出してゆく。続いて演奏した「melt」は、フリーペーパーにランダム封入限定300枚のみに添付したCDに収録した、とてもレアな歌。愚民の日という特別な日だからこそ、滅多に演奏することのない楽曲を組み込んだところも、この日のライブならではの粋な計らいだ。

愚民たちを大きな音のうねりの中へ飲み込んだ「DEAR RULER」。新曲の「ダンシンインザダーク」は、高揚感を持ったメロディとダークながらも跳ねた演奏が冴え渡るライブチューン。今後のDIAURAのライブでも熱狂描く嬉しい武器になりそうだ。

愚民たちのヘドバンしてゆく光景が広がった「deadly number」。雄々しい歌声と感情掻きむしる演奏が炸裂した「イノセント」。最後にぶつけた「十三階は絶望」まで、全力で暴れゆく風景を描きながら、「プレミアムフリーライブ」の幕は閉じていった。

DIAURA 0903 Bass.翔也 DIAURA 0903 Drums.達也

LIVE DVD購入者に加え、当日配布された参加券を手にしたファンたちも入場。2部の「フリーライブ」は、昨年の愚民の日に於けるフリーライブでも1曲目を飾った「赤い虚像」からスタート。冒頭から、場内に無数の拳を突き上げ、愚民(ファン)たちの頭をDIAURAは思いきり振り乱していった。

熱気を伴いながら、演奏は激しく駆けだした。高ぶる熱狂に拍車をかけた「新世界」。「愚民ども、新たな扉を今、開こう」。「アナザゲイト」が連れ出した、歌に酔いしれる高揚。「ここはDIAURAと愚民どもだけの聖域です」の声を受け流れたのが、クリスタルBOX限定CDに収録、フリーキーな演奏で愚民どもをモッシュに導いた「Ms.psycho」だ。続く、スリリングな演奏に気持ち高ぶった「Virgin Mary」は、雑誌誌上限定オムニバス盤へ収録していた歌。ヘヴィグルーヴな演奏の上で、yo-kaと愚民ともが絶叫を戦わせた「堕落と雨」は、1stアルバム『GENESIS』の2nd PRESSに収録された楽曲。ここでも、愚民の日らしいプレミアムな曲たちを、彼らは立て続けに演奏してくれた。

切ないピアノの音色に導かれつつ、歌が始まると同時に高揚持って駆けだした「Sleeping beauty」。場内中に無数に揺れる手の花を咲かせた「ホライゾン」。「共に戦ってくれる愚民どもと、これからも一緒に未来を歩めたら。この曲で、同じ未来を描ければと思います。お前らもDIAURAとして一緒に戦ってください」。yo-kaの言葉に続き、本編最後を飾ったのが、DIAURAの始まりを告げた1stシングルの「失翼の聖域」。「この声も、この夢も導いて…光射すほうへ」。DIAURAの始まりを告げた歌を届けながら4人は、愚民たちと心の絆を固く結び合っていた。

「独裁の庭で殺っちまいますか!!」。アンコールで飛び出したのが、シングル『SIRIUS/Lily』のsecret trackとして収録していた「DOGMA」。場内に生まれたサークルモッシュの渦。誰もが理性を投げ捨て、本能のままに暴れてゆく。最後に、昨年の「愚民の日」に発売した『blind message』を演奏、会場中へ、止まぬ熱狂と絶叫の空間をDIAURAは作りあげていった。

「愚民の日」というスペシャルな日に相応しく、レアな楽曲を数多く演奏。サプライズ連発だからこそ、毎年、この日のDIAURAの動きを心待ちにしてしまう。果たして、来年は何をやらかしてくれるのか!? 楽しみにしてようか。

最後に。今後のDIAURAだが、12月15日(火)に新録を含むベスト盤『INCOMPLETE』を発売する。今回、収録曲と同時に具体的な内容も公示。「初回豪華盤には、今年6月6日に開催したDIAURA ONEMAN TOUR2015「PROGRESS FROM RUINS REALITY」at 渋谷公会堂」のLIVE DVDを収録。撮り下ろし写真集の存在。初回・通常盤どちらにも未公開新曲も収録され、DIAURAの歩みと共に、今を感じられるALBUMとなっている」という告知文も公開になった。「DIAURAの全てが詰め込まれた作品」という言葉通り、彼らの歴史を、このベスト盤から感じていただきたい。

さらに、ベースの翔也がファッションブランド「theVICIUOS」の設立を報告。商品の買い付けからデザインまでを行い、ショップバックやHPデザインなど、細部にまで翔也のこだわりがつまったブランドになりそうだ。

他にも、DIAURAカードゲームコレクションの発売。「DIAURAのカードゲームが誕生!! プロデューサーになってここでしか手に入らないDIAURAレアカードを収集せよ! 目指せ、コンプリート! フルコンプした愚民には、メンバーと行く『夢のクルージング』にご招待!!」と紹介された文章からも、どんなカードゲームになるのか期待が膨らんでゆく。

加えて、DIAURAも所属するAins主催による忘年会イベント「アインス忘年会-2015」を行うことも告知された。場所は新宿RUIDO K4。メンバーのソロセッションもあるなど、かなり豪華な内容だが、非常に狭い会場だけに、チケットは争奪戦になりそうだ。
年末へ向け、様々な展開を仕掛けてゆくDIAURA。まだまだ、その活動から目が放せない。

◆セットリスト◆
【一部】
01. 奈落の花
02. melt
03. DEAR RULER
04. ダンシンインザダーク(新曲)
05. deadly number
06. イノセント
07. 十三階は絶望

【二部】
01. 赤い虚像
02. 新世界
03. アナザゲイト
04. Ms.psycho
05. Virgin Mary
06. 堕落と雨
SE
07. Sleeping beauty
08 ホライゾン
09. 失翼の聖域

En
01. DOGMA
02. blind message

(文・長澤智典/写真・MOTO)

DIAURA オフィシャルサイト http://www.di-aura.com/