ライブレポート

2013.09.15

BORN×DIAURA×MEJIBRAY@恵比寿LIQUIDROOM

『BDM』

 

 SONY DSC

 

BORN、DIAURA、MEJIBRAY――今のヴィジュアルシーンの一翼を担っている“黒い”3バンドが集結した。『BDM』東名阪ツアー初日、850人を収容する恵比寿LIQUIDROOMは超満員。チケットは即日完売だったというから、この3バンドの競演に対するオーディエンスの期待が伺える。

 

 

 SONY DSC

 

興奮が渦巻く会場内。そのステージに最初に姿を現したのは、BORN、DIAURA、MEJIBRAYのいずれでもなく、この日だけのスペシャルシークレットゲスト・lynch.! 思いがけない事態に唖然としていたオーディエンスだったが、徐々にどよめきは大きな歓声へと変わっていった。

先頃、再レコーディングをしたばかりの「I’m sick, b’cuz luv u.」で幕を開けたlynch.のステージは、「ASHES」「HIDDEN」と彼らならではの圧倒的な音圧と気迫で挑みかかる。

「前座のlynch.です。準備運動だと思ってください」――曲間に告げられたヴォーカルの葉月の言葉を、悪い冗談だと思わずにはいられない。苛烈なアクトとともに、ヘヴィなナンバーをひたすらに繰り出す様は、当然のごとく“準備運動”なんて生半可なものではないのだ。ラストは最新作『EXODUS-EP』から「NIGHT」を披露し、嵐のように去って行った。

 

 

SONY DSC

 

余韻が冷めやらぬオーディエンスの前に姿を現したのは、MEJIBRAYのMiA(G)とメト(Dr)、BORNのTOMO(Dr)と美央(サポートB)。4人が繰り広げる和やかトークに、客席からは笑いが沸き起こる。こんなワンシーンが見られるのもこのイベントならではだ。

 

 

SONY DSC

 

続いて登場したのはDIAURA。激しく明滅する光の中、美しいメロディと轟音が奏でる「REBORN」でスタートを切った。

「狂いなさい、愚民ども!」というyo-ka(Vo)の煽りに会場が沸き立ち、「an Insanity」「赤い虚像」では佳衣(G)、翔也(B)の力強いシャウトが響き渡る。さらにこの日は、待望の新曲「依存の檻」が初披露され、yo-kaののびやかな歌声が、新たなDIAURAの音世界を描き出す様に酔いしれた。

だがもちろんこれだけでは終わらない。再び「anti people」「deadly number」「DOGMA」と攻撃的なナンバーを繰り出し、バンド名の語源である「Dictatorial Aura(独裁的なオーラ)」の名の通り、オーディエンスを圧倒的な統率力で率いていく。

会場の熱が天井知らずに上がり続ける中、ラストは、「お前たちのマスターは誰だ!」の言葉とともに、バンドの要ともいえる「MASTER」を披露。圧巻の存在感とエネルギーで、この場に彼らの独裁の黒い旗を確かに打ち立てて見せたのだった。

 

 

 SONY DSC

 

ライブ直前、待ちきれない様子で「2週間ぶりだから楽しみ!」と話していた綴(Vo)。ライブが始まると、「頭ちょうだい!!」の絶叫とともに、「Sliver」で激しいコールの応酬を繰り広げ、「Fallen“MARIA”」ではマイクスタンドを背負って「床ぶち抜いちゃって!」と叫び、「RISK:er」ではヘドバンの嵐を巻き起こす。

綴だけではない。MiA(G)は華やかなギターで、恋一(B)は艶めかしい低音で、そしてメト(Dr)はその華奢な体からは想像できないほどの力強いリズムを刻み、客席を貪欲に攻め立てる。

と、その空気は美しいピアノの音色で一変。青いライトの下で奏でられる「EMILY」で、切なくも狂おしい“静”の一面を紡ぎ出した。

 

 MEJIBRAY

 

さらに、彼らのステージはここから再び急展開を見せる。鬼気迫る「-XV-」、「みんな大好き『サバト』ですよ」と名曲「サバト」を奏で、綴がこの日ここで歌いたかったという「And Then There Were None.」へ…。

彼が口にした「人間はいつか死ぬってこと。だからこういう一瞬が大事だってこと。この一瞬に全てを吐き出してください」という言葉を体現するかのように、MEJIBRAYは狂気をたっぷり含んだアクトで、その強烈な個性を味あわせてくれた。

 

 

SONY DSC

 

この日のトリを飾ったBORNのステージは、シングル曲「MOTHER」で静かに幕を開けた。高く低く、まるで異国の歌のように抒情的な猟牙の声にKのハンドクラップが絡み合う。

と、空気は一変、彼らの代表曲ともいえる「RADICAL HYSTERIA」へ。猟牙のシャウトにオーディエンスはヘドバンと拳で応え、モッシュで会場が一つの渦になる様は、まさにライブの醍醐味だ。

激しい“動”に続いては、赤いライトの下で「剥愛のスローモーション」を歌い上げ、深く表現される“静”を魅せる。さらにこの日は、「It’s Show time!」の叫びとともに、懐かしの名曲「AGITATOR」を披露し、客席を狂喜させたのだった。

 

 BORN

 

 ここから勢いはさらに加速し、「誰一人、欠けることなく頭を振ってくれますか!」という声に、ヘドバンの嵐が巻き起こった「ケミカルロマンス」、今回のツアー名にも通じる「[B.D.M]」、続く「黒蟻」では「激しいの好きだろ! 東京かかって来いよ!」とRay(G)の煽りも加わり、会場内はまさにカオスに!

ラストは「愛をこめてこの曲を」という言葉とともに「shrive」を叩きつけ、狂騒と恍惚に満ちたBORNならではのアクトで締めくくった。

 

アンコールに応え、猟牙がDIAURA、MEJIBRAYをステージに呼び込むと、さすが旧知の仲。トークで大いに盛り上がる。全員で「RADICAL HISTERIA」を披露。ツアー初日は大成功のうちに幕となった。

「黒」は明度も彩度も持たない無彩色だといわれるが、この日彼らが見せた「黒」は、それぞれに異なる確かな明度と彩度を秘めていた。この後、BORN、DIAURA、MEJIBRAYが名古屋、大阪で魅せてくれるであろう黒を存分に味わい、たっぷりと染まっていただきたい。

 

3マンツアーファイナルを迎えるBORN、DIAURA、MEJIBRAYからVifにコメントが到着!

 

◆セットリスト◆

【lynch.】

01. I’m sick, b’cuz luv u.

02. ASHES

03. HIDDEN

04. INVINCIBLE

05. NIGHT

 

【DIAURA】

01. REBORN

02. an Insanity

03. 赤い虚像

04. 依存の檻

05. anti people

06. deadly number

07. DOGMA

08. 失翼の聖域

09. MASTER

 

【MEJIBRAY】

01. Sliver

02. Fallen“MARIA”

03. RISK:er

04. EMILY

05.‐XV‐

06.サバト

07. And Then There Were None.

08. 枷と知能

09. アプリオリ

 

【BORN】

01. MOTHER

02. RADICAL HYSTERIA

03. RED DESIRE

04. モザイク

05. 剥愛のスローモーション

06. AGITATOR

07. ケミカルロマンス

08. [B.D.M]

09. 黒蟻

10. shrive

11. &

12. RADICAL HYSTERIA(セッション)

 

(文/写真・後藤るつ子)

 

*****************************************:

BORN×DIAURA×MEJIBRAY『BDM』
◆9月15日(日) 恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 17:30
START 18:00

◆9月19日(木)名古屋E.L.L
OPEN 17:30
START 18:00

◆9月20日(金) 梅田AKASO
OPEN 17:30
START 18:00