ライブレポート

2017.5.6
NoGoD@shibuya WWW X
「NoGoD -2017-SPRING ATTACK W/O-U」

今年4月に約4年ぶりのシングル『Missing』をリリースしたNoGoD。“今現在NoGoDがやりたかったことを濃縮した”というこの作品とともに全国6カ所を駆け抜けたツアーがこの日、最終日を迎えた。

スモークが立ち込めるステージに姿を現したKyrie(G)、Shinno(G)、華凛(B)、K(Dr)を歓声が迎え入れ、重厚なドラムと共に幕を開けたのは「Missing」。下手袖から現れた団長(Vo)が一歩また一歩と歩を進めながら、時に呟くように、時に伸びやかに力強く感情豊かに歌いあげる歌詞の一つ一つが心を揺さぶる。5人の音が交錯し、深く静かに会場を満たしていく様をオーディエンスが食い入るように見つめる中、団長が右手を高らかに掲げ、断ち切るように曲を終えると、一瞬の沈黙の後に感嘆の吐息と拍手が会場に広がった。

「東京、帰って来たぞ! 布教活動を始めましょうか!」
この団長の一声でオーディエンスを一気に現に引き戻すと、アッパーチューン「Strawberry Night」をドロップ! 熱いOiコールとヘドバンの嵐を巻き起こし、「燃えろ渋谷!」の咆哮と共に「愚蓮」のダイナミックなサウンドを響かせ、すし詰めの会場を歓喜の坩堝へと叩き込む。

MCでは団長が「短いツアーではございましたが無事帰ってまいりました。初めて来たぜWWW X!」と挨拶。そして「5人でやっているNoGoDですが、誰一人欠けてもこの音は出せません。この5人だけでやっていてもライヴにはなりません。皆様の力が必要です。誰一人欠けてもこの布教活動は成立しません」と語りかけ、「お前たちの全てを肯定しよう」という言葉と共に『Missing』のc/w曲「不完全肯定論」を投下。力強いKのドラムに呼応するように拳がぶち上げられ、オーディエンスたちが激しく暴れ倒す様は圧巻だ。
先日行われたインタビューで団長はこの曲について「ライヴでどう化けるかがわからない」と話していたが、この日彼らの目の前に広がった光景は、彼らが思い描いていた中でも最上級のものとなったに違いない。さらに、「Passion Play」では華凛がデスヴォイスを響かせ、Shinnoと共に拳を挙げてフロアを煽り、極太のサウンドにシンガロングが混ざり合う躍動感溢れるライヴを展開。激しさの後には、緋色の光の下で哀愁を感じさせるミディアムナンバー「金糸雀」を奏で、緩急をつけたセットリストが繰り広げられていった。

NoGoDのライヴと言えばトークも楽しみの一つだが、この日もメンバー(特に団長)は絶好調。オーディエンスがメンバーを呼ぶ声が一瞬途切れると「呼べし!」とすかさずツッコミを入れ、抜群のテンポ感でやり取りしていく。そして「最近、変な夢をよく見ます」という一言で話題は団長が見たという夢の話に。“大陸にドラムを持って武者修行に行く”という壮大かつ摩訶不思議なストーリーに「お前の脳内どうなってんの?」とShinnoに苦笑され、会場はすっかり和やかムード。そんな楽しいトークを「このツアーが楽しすぎて脳内がお花畑になっていた」と締めくくり、「このツアーで久々に演奏した曲があります。とても大事な曲です」と投下されたのは「Raise a Flag」。〈始まったばかりの 戦いはまさに この場所から また始まるさ〉――数々のメッセージ・ソングを世に放ってきたNoGoDらしい、強く背中を押してくれるような言葉たちが、目の前が明るく開けるような爽やかなメロディと共に心に響いた。

「楽しい時間は短いな。残り数曲、濃密に行こうぜ!」と本編後半には団長がお立ち台に君臨し、爆音と共に「WORLD ENDER」を投下。さらには強靭なロックチューン「神風」、そしてラストを飾った「野に咲く君へ」まで、圧倒的な攻めの姿勢で本編を駆け抜け、最後は深々と一礼して5人はステージを後にした。

冷めやらぬ客席の熱量のせいか、アンコールに応えて姿を現したKyrie、Shinno、華凛、Kはいつもより饒舌にトークを展開。そして「アンコール、みんなの声を聴かせてもらえたらと思います」というKyrieの静かな振りに、華凛が「東京の皆さん。声が小さいんだよー! 俺の方が声デカいよー!」と絶叫。男らしい咆哮でフロアを煽り倒し、「Carnival」へとなだれ込む。続いて「お猿になれるかい?」と踊り狂うフロアを狂乱の渦に巻き込んだ新曲「dreamer」、滑らかに繰り出されるおなじみの超早口で幕を開けた「桃源郷へようこそ」ではモッシュで大激震を起こす。熱に浮かされたようなフロアに「お前たちすげーな!」と声をかけると、高らかにコールされた「全身全霊!」「ノーゴッド!」で、必殺の1曲「ノーゴッド」がスタート。その爆発力はすさまじく、団長はフロアにダイブ! Kyrieはお立ち台でギターをかき鳴らし、Shinnoはマイクを手に「全身全霊」を叫び、華凛は激しくベースをうねらせ、Kも椅子から立ち上がってスティックを振ってフロアの熱を更に高めていった。

当面はお預けだという東京でのワンマンライヴへの思いを込めるように、ラストはシンガロングを響かせ笑顔で締めくくる…予定だったのだが、終演のアナウンス後もアンコールは鳴りやまず、急遽セットリストにはなかった「最高の世界」をドロップ! そして団長から「お前たち、だーい好き!」という特大の愛が贈られ、フィナーレとなった。最後の一瞬までメンバーと信者たちとの強い絆を感じさせてくれた、まさに圧巻のステージだった。

この日、7月にニューシングル『Arlequin』(※読みは「ハーレクイン」)をリリースすることを発表したNoGoD。Kyrieがチラリと聴かせてくれた疾走感溢れるギターリフから察するに、ライヴの新たな起爆剤となる1曲になることは間違いなさそうだ。
さらに、現在「一生懸命、制作中」だというアルバムの年内リリース、さらにそのアルバムを引っ提げてのワンマンツアーの開催と、嬉しい予告を連発してくれた。

今年7月には現メンバーで10年目を迎えるNoGoD。
「今年が本当の10周年だよ。この5人でやってきた全てを次のシングル、そしてアルバムで見せつけてやるから期待していてください」という団長の言葉に、2017年後半、そしてその先に見せてくれるであろう最高の世界を今から心待ちにしている。

◆セットリスト◆
01. Missing
02. Strawberry Night
03. 愚蓮
04. 不完全肯定論
05. Passion Play
06. 金糸雀
07. Raise a Flag
08. 球根
09. 天馬、空を行くが如く
10. Nightmare
11. STAND UP!
12. WORLD ENDER
13. パンドラ
14. 神風
15. 野に咲く君へ

EN
01. Carnival
02. dreamer
03. 桃源郷へようこそ
04. ノーゴッド

EN2
01. 最高の世界

(文・後藤るつ子/写真・大塚秀美)


【リリース情報】
NoGoD、2017年、第2弾シングル発売決定!!
2017年7月26日(水)リリース
『Arlequin』
KICM-1784/¥1,600+税

[収録予定曲]
「Arlequin」含む新曲2曲、ライヴ音源2曲

Single『Missing』Music Video(Short ver.)

NoGoDオフィシャルサイト
http://www.nogod.jp/