ライブレポート

2015.5.8

lynch.@渋谷公会堂

HALL TOUR’15「THE DECADE OF GREED」

 

_D8E3879

 

今年3月に“神セットリスト”と言っても過言ではない収録曲で構成されたベストアルバム『10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST』をリリースし、10周年という記念すべき年を飾ったlynch.。そんな彼らにとって新たな一歩となるバンド初のホールツアー「THE DECADE OF GREED」が東名阪で開催され、この日ツアーファイナルを迎えた。

 

ゆっくりと暗転する場内に、静かに響くSE。それが爆音へと切り替わった瞬間、黒地に白く「lynch.」のロゴが染め抜かれた巨大な横断幕が視界を覆い尽くした。いつものステージ後方ではなく、高らかに名乗りを上げるようにステージ最前面に掲げられたその幕が落ちると、眼前には「EXODUS」を奏でる5人の姿。葉月がうやうやしくお辞儀をし、ツアーファイナルは鳥肌が立つような興奮と共にスタートした。

 

「渋谷ー! 参ります」

葉月の宣言で「GREED」へ。ステージの勢いを裏切ることなく、客席にはヘッドバンギングの嵐が巻き起こり、キャパシティをはるかに超える音量のオーディエンスの声と、玲央(G)、悠介(G)、明徳(B)が弾き出す極太な音が、極上のライブ空間を作り上げていく。「-273.15℃」で葉月がマイクスタンドを手に踊り狂えば、楽器陣もステージの際までせり出し、客席の熱に更なる燃料を投下した。

 

 _4SB5729

 

「こんな素敵な会場に連れてきてくれて本当にありがとう、感謝しています。でもやることは一つです。ブチ暴れてきてください」

初のホールツアーという気負いなど全く感じさせない、いつも通りのパワーとスケール感はさすがの一言。オーディエンスも「EVILLY」では葉月の「せーの!」の声に一糸乱れぬ敬礼で応え、「NEW PSYCHO PARALYZE」では満場のクラップが響き渡る。そんな姿にステージと客席の絆を感じずにはいられない。

 

そんな“いつも通り”が、ここから“いつも以上”へと変化する。

「矛盾と空」のたゆたうようなメロディが響くと、光源はステージ後方のスクリーンのみに絞り込まれ、そこに映し出される不思議なモチーフを背にしたほの暗いステージに5人のシルエットが浮かび上がる。そのあまりに幻想的な景色に、曲が終わり、会場が闇に包まれても、「いいですよ、喋って」と葉月が口にするまで、声を出すのがはばかられたほどだ。

 

「僕らは激しいバンドとして認知されていると思うんですが、聴かせるメロディの素敵な曲も数多く存在します。音も素晴らしく響く会場ですから、もう少しだけ聴いてもらおうと思います」

そんな言葉と共に奏でられた「THIS COMA」、「forgiven」、「ラティンメリア」は、まるで一つの映像作品のような美しさ。10年という時間の中で、彼らはこんなにも多彩な音楽を生み出してきたのだということを、改めて、そして最高の形で感じさせてくれた。

 

幻想からの目覚めは「quarter life」。赤い光が満ちたステージに葉月の咆哮が響き渡る。さらに、「死にたいやつはかかってこい!」と「THE BLASTED BACK BONE」「ALL THIS I’LL GIVE YOU」と激熱なナンバーを続けざまにドロップ。楽器陣の野太いシャウト、晁直(Dr)が飄々とした顔で繰り出す強靭なビートも相まって、空気は熱を帯び、一気に飽和する。

「すっげー景色だぜ!」

そんな言葉と共に「やりたいやりたいやりたいやりたい!」の大合唱と共に激震を巻き起こした「pulse_」、そして眩い光の中「ADORE」へ――。彼らの今が、そしてさらなる未来が織り込まれたような言葉の一つ一つが、渾身の力で歌い上げられた。

 

_4SA4073

 

ここで大団円かと思いきや、再びガラリと空気を変え、「from the end」、そして本編ラストの「CULTIC MY EXECUTION」では狂気をはらんだアクトを披露。ラストのその瞬間まで一切手を緩めない圧巻のライブを展開したのだった。

 

アンコールは、葉月が「ANEMONE(piano ver)」を独唱するという心憎いサプライズで幕を開けた。

「このまま最後まで一人でやろうと思うんですが…」という冗談も交えつつ、lynch.には珍しくメンバーコールで4人が呼び込まれると、ここから本編をしのぐような猛攻撃をスタート。スクリーンに映し出された炎を背に〈此処に生きて 此処に死ぬ〉の歌詞が刹那的に響いた「PHOENIX」、銀テープが舞い降る「LIGHTNING」では圧倒的なパワーを炸裂させる。葉月と明徳の咆哮が響いたラストの「GALLOWS」で葉月は客席に降り立ち、今日一番の狂乱を巻き起こしたのだった。

 

この日、8月より3ヶ月連続でCDを発売し、10月11日より全国ツアーを開催すること、そしてこの渋谷公会堂公演のライブ映像が収録されたLIVE DVDが発売されるという嬉しいニュースが発表された。

ラストでガッツポーズをした葉月はマイクレスで感謝の言葉を告げ、

「武道館、近づいてるよね。絶対行こうな!」

そんな約束で記念すべきツアーを締めくくった。10年という時間の中で、一つ一つ階段を着実に昇り、理想を現実に変えてきたlynch.。彼らの目指す未来は決して夢物語ではない。

 

◆セットリスト◆

01.EXODUS

02.GREED

03.DEVIL

04.-273.15℃

05.EVILLY

06.NEW PSYCHO PARALYZE

07.melt

08.an illusion

09.矛盾と空

10.THIS COMA

11.forgiven

12.ラティンメリア

13.quarter life

14.the universe

15.THE FATAL HOUR HAS COME

16.MIRRORS

17.THE BLASTED BACK BONE

18.ALL THIS I’LL GIVE YOU

19.pulse_

20.ADORE

21.from the end

22.CULTIC MY EXECUTION

 

EN

01.ANEMONE(piano ver)

02.PHOENIX

03.INVINCIBLE

04.VANISH

05.LIGHTNING

06.GALLOWS

 

(文・後藤るつ子/写真・江隈麗志)


 

【リリース情報】

3ヶ月連続リリース

第1弾 ニューシングル『EVOKE』(読み:イヴォーク)

2015年8月5日(水)発売

KICM-1613/¥1,389+税/初回プレス限定仕様

「EVOKE」「GUILTY」「DOZE」全3曲収録予定

初回プレス分のみ3作連動施策応募券封入予定

 

第2弾 New Single 「タイトル未定」

2015年9月2日(水)発売

KICM-1614/¥1,389+税/初回プレス限定仕様/全3曲収録予定

初回プレス分のみ3作連動施策応募券封入予定

 

第3弾 New Full Album「タイトル未定」

2015年10月7日(水)発売

【初回限定盤】KICS-93256/¥3,333+税

CD:「EVOKE」、9月リリースSingle表題曲、他収録予定

DVD:「EVOKE」、9月リリースSingle表題曲Music Video収録予定

3作連動施策応募券封入予定

 

【通常盤】KICS-3256/\2,778+税

CD:「EVOKE」、9月リリースSingle表題曲、他収録予定

初回プレス分のみ3作連動施策応募券封入予定

 

LIVE DVD『TOUR’15「THE DECADE OF GREED」-05.08 SHIBUYA KOKAIDO-』

発売日等の詳細は後日発表

 

【ライブ情報】

lynch.全国ツアー

10月11日(日) 広島 CLUB QUATTRO

10月13日(火) 滋賀 U☆STONE

10月15日(木) 新横浜 NEWSIDE BEACH!!

10月17日(土) 仙台 Rensa

10月18日(日) 新潟 Live House 柳都SHOW!CASE!!

10月20日(火) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3

10月24日(土) 福岡 BEAT STATION

10月25日(日) 鹿児島 SR Hall

10月27日(火) 熊本 Django

10月29日(木) 島根 出雲APOLLO

10月31日(土) 高松 MONSTER

11月1日(日) 高知 X-pt.

11月3日(火祝) 名古屋 DIAMOND HALL

11月6日(金) 大阪 なんばHatch

11月14日(土) 札幌 PENNY LANE24

11月15日(日) 旭川 CASINO DRIVE

11月22日(日) TOKYO DOME CITY HALL

チケット情報等の詳細は後日発表