特集-Special Feature-

◆爆発力がすごくて、一気にアレンジしました。多分一生忘れない(Aiji)

――一番記憶に残っている曲はありますか?

Aiji:「The BUDDHA」をアレンジしているときに、ものすごく機材がトラブったんですよ。結論から言うと、mayaの家で作ったファイルをうちの環境で開くと、中で使ったプラグインのマッチングが悪くて強制終了するという現象だったんです。それの原因がわかるまでにすごく時間がかかって作業が全く進まなくて(笑)。パソコンベースで作曲やレコーディングをするようになった中で一番トラブりました。自分は結構その辺の知識はあるほうだと思うんですけど、何がダメなのか全然わからなかった。

maya:結局、単にバージョンの違いだったんですけどね(笑)。

Aiji:そうなんだよね(笑)。原因は自分の家のプラグインと、mayaの家で使っていたプラグインのマッチングだけだったんですけど、「それだけでこうなるの!?」と思うようなバグで、ものすごく苦労しました。何をやっても原因がわからなくて、インストールもし直したし、エンジニアさんにも相談したんですけどわからなくて。

maya:そのときに冗談半分で「もしかして“BUDDHA”って、気安く扱ったらいけない案件なんじゃないかな…」って話してたんですよね(笑)。

――恐れ多くも仏様ですからね(笑)。

Aiji:本当に、色々と衝撃的でした。良いアレンジが思い付かなくて前に進めない、ということはたまにあるんですけど、この曲はすごくイメージが沸いていたから、すぐに作業したいのに「ソフトが立ち上がらない! 何だこれ!」みたいな(笑)。おかげで、直ってからの爆発力がすごくて、一気にアレンジしました。多分一生忘れないと思います。「こんなふうになるの!?」って本当に八方塞がりな感じでしたからね(笑)。これまでもmayaから送られてくるデータを開くとチョイチョイおかしいことはあったんですけど、今回は本当に「根本からちゃんと教育し直さないとダメだな!」と思いましたもん(笑)。

――これを機に分業体制を貫いているLM.Cの作業体系が変わったりしそうですか?

Aiji:いや、でもmayaのせいじゃないことがわかったので変わらないです(笑)。今回も制作期間中には1回も会ってないですね。電話でミーティングすることは結構あったんですけど、一緒に作業することはゼロでした。ネットのおかげで、離れていてもデータを送りあって作業できますし。本当はもっと早くレコーディング作業を進めることもできるんですよ。でも、mayaと俺は起きている時間が全然違うから、そこでタイムラグが生じていて。俺は大体昼から作業を始めて、場合によっては夕方ぐらいには聴いてほしい段階に入るんですけど、そういう時にmayaは起きてないっていう(笑)。

maya:う~ん、何でなんでしょうね。生活がズレてくるんですよ(笑)。

――相変わらず、徒歩3分の距離に住んでいるんですか?

Aiji:今はもうかなり離れちゃいました。車で15分くらいかな。

――余裕で会いに行ける距離じゃないですか(笑)。

Aiji:そうですね。会いに行けちゃいますね(笑)。

――mayaさんは今回のレコーディングで記憶に残っていることはありますか?

maya:大変さはあまり感じなかったんですけど、最後に作業をしていた「CHAKRA」で、どういう方向に着地させるかは考えました。曲ごとに少しずついろんなトライアルをしていたんですけど、この曲は感覚的に一歩先に行けた気がします。

Aiji:確かにこの曲の歌詞はなかなかできてこなかったよね。ツアー中にやらないといけなかったというのもあると思うけど。

maya:言い訳するなら、そうですね(笑)。でももう10年もやっているし、ツアー中でもできないこともないんですよ。むしろ移動の時間は、ある種一番リラックスして自分の時間として使えますからね。

◆2017年を振り返ったときに、気持ちの上で違う次元にいったと思えるくらいになれば(maya)

――4本のツアーを行ったアクティブな2016年を締めくくるにふさわしい、幅広く、曲の色合いが異なる楽曲が揃ったアルバムになりました。

Aiji:全曲良いですよね。全くタイプの違う曲同士が集まっているし、どこかに偏れないというか。その辺はLM.Cらしさかもしれないです。良くも悪くもメンバーは二人なので、二人ならではのモノを、と思って作るとこういう感じになっていくのかなと。

――久々にEDMの香りがする楽曲「Avocado」も入っていますね。

Aiji:EDMとまではいかないですけど、4つ打ちのダンスビート的な曲ですね。どの曲もそうなんですけど、これがあることによって特にわかりやすく幅が出る気がします。

――10曲で十角形を作ったら、その角がどれも出ているような印象です。ところで、「Avocado」というタイトルにはどんな意味があるんでしょう?

maya:曲名を見て多分皆が一番引っ掛かったのはこの曲でしょうね。この表記で見ること自体あまりないと思うので。

Aiji:タイトルにはあんまり付けない言葉だし、半信半疑で「え…アボカド?」みたいになるんじゃない(笑)?

maya:実は単純に自分が今年ハマっていたというすごく薄い理由なんです(笑)。「今更?」という面白さもありつつ、言葉の響きがキャッチーなのでタイトルにしました。歌詞は擬人化してストーリーにしています。

――とても意味深な歌詞だと思ったんですが、アボカドなんですね(笑)。

maya:はい(笑)。でも自分らしさや、LM.Cの歴史からは逸れていないんです。奇をてらったわけではないんですけど、良くできたと思うし、この並びの中で映えるというか、バランスはいいなと思います。

――最後の〈六識全て捧げたい〉という歌詞にグッときました。

maya:そこは私も好きです。そんな言葉は言ったことも言われたこともないですけどね(笑)。言われたらビックリするし。

Aiji:間違いないね(笑)。

maya:聞き間違いかなみたいな。

――とても文学的で、言われてみたい気もしますけど…。

Aiji:えー、「六識全て捧げたいんだよねー」って言われたらどうします(笑)?

maya:ちゃんとそこに至る流れがあればいいですけど、いきなりこれだけ持ってこられても「え!?」ってなりますよね(笑)。

Aiji:ビックリしちゃうよね。俺は3回くらい聞き直すと思う(笑)。

――(笑)。今回はさらに、〈阿修羅〉と〈デカダン〉、〈CHAKRA〉と〈デフラグ〉のように、全く異なるベクトルの言葉が一つの歌詞に入っているのも魅力かなと思いました。

maya:そうなんです。バランスがいいんですよね。

Aiji:このアルバムはこれまでの作品の中で作り終えたから一番聴いている気がします。曲が1曲ずつ立っているし、全10曲が45分以内で聴けるので、わりとサッと聴けて、もう1周できちゃうし。そして、やっぱり10年やってきた楽曲クオリティになってますしね。

maya:歌詞も素晴らしいですよね。スキがない。…って、もう他人事みたいですけど(笑)、もう俺の手を離れたなと最近聴いてそう感じました。

――この作品が今年最後のリリースとなりますが、2017年の展望を教えてください。

Aiji:来年はライブをいっぱいやれたらなと思っています。せっかく作ったアルバムを大切にしていきたいので、『VEDA』にまつわるライブをなるべくやっていきたいなと。作品を出したら、それで先1年くらいは行く…『MONROEwalk』に続いて、演歌歌手の気分です(笑)。でもすごく良いアルバムなので、1回のツアーで終わりというのももったいないと思うし、飽きるまでやってこそ見えるモノもあると思うので、そこまでいけたらいいなと思っています。

maya:ツアー(2月19日のTSUTAYA O-EASTを皮切りに行われるLM.C TOUR2017 「VEDA」)も発表されていますし、Aijiさんが言ったようにライブをたくさんやれたらいいなと思っています。10年やってきましたけど、まだ「ライブがこうなったらいいな」という細かい理想があって、さらにLM.Cとして完成度を上げて、突き抜けていけるといいなと思っているんです。多分、普通にやれば今まで通りハッピーなライブはできると思うんですけど、最近は「その先が見たい」という気持ちになってきていて。新曲が増えたことによって、そこに助けられる部分もあるだろうし、バンドが10年を超えたことでの気持ちの変化もあるかもしれないので、楽しみにしています。

――LM.Cは2017年もどんどん進化していきそうな気がします。

maya:そうですね。1回のライブで何かが変わるかはわからないですけど、積み重ねて行くことで自分や自分たちの人生において、もっと気持ちが開ける可能性があるんじゃないかと。そうだとしたら、ライブをもっと突き詰めていくことで全てがハッピーになるんじゃないかと思うんです。集まってくれる人もそうだし、バンドとしてもそう。1年後に2017年を振り返ったときに、ライブで気持ちの上で違う次元にいったなと思えるくらいになればいいなと思います。答えがどこにあるかというか、ここから先はまだわからないですけどね。

――ぜひ2017年の年末にその答えを教えてください。

maya:その頃には忘れているかもしれないですけど、忘れたくないキーワードだという気はします。何年先もそういう気持ちでいられたらいいなと思いました。ライブはやっぱり重要で、それが次の曲やアルバムに繋がっていく。その繰り返しですもんね。

(文・後藤るつ子)

ARTIST PROFILE

LM.C

<プロフィール>

maya(Vo)とAiji(G)によるミクスチャーユニット。2006年10月に、マキシ盤『「Trailers【Gold】」』『「Trailers【Silver】」』を同時発売しデビュー。海外ツアーや武道館公演など精力的に活動を続け、2014年2月にアルバム『PERFECT FANTASY』をリリース。2016年3月16日にシングル『MONROEwalk』をリリースし、「Go to the 10th Anniversary LM.C TOUR 2016」と題した4本のツアーを行い、ファイナルに10月16日舞浜アンフィシアターでのアニバーサリーライブを成功させた。12月21日リリースのアルバム『VEDA』を掲げ、2017年2月19日TSUTAYA O-EASTを皮切りにLM.C TOUR2017 「VEDA」をスタートさせる。

■オフィシャルサイト
http://www.lovely-mocochang.com

【CDデータ】

『VEDA』
2016年12月21日発売
(CJ Victor)

VEDA
【完全生産限定盤】
(2CD+Blu-ray+DVD+スペシャルブックレット)
アナログLPサイズ3Dジャケット豪華BOX仕様
VBZJ-34
¥14,500+税
amazon.co.jpで買う
VEDA
通常盤
(CD only)
VBCJ-60006
¥3,000+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

[CD]※完全生産限定盤、通常盤共通
01.The BUDDHA
02.GaMuShaRa
03.MONROEwalk
04.Fight Club
05.Avocado
06.阿修羅
07.CHAKRA
08.Phobia
09.レインメーカー
10.Kiss me?

[CD2]※完全生産限定盤のみ
VEDA -Instrumental Tracks-
01.The BUDDHA -Instrumental-
02.GaMuShaRa -Instrumental-
03.MONROEwalk -Instrumental-
04.Fight Club -Instrumental-
05.Avocado -Instrumental-
06.阿修羅-Instrumental-
07.CHAKRA -Instrumental-
08.Phobia -Instrumental-
09.レインメーカー-Instrumental-
10.Kiss me? -Instrumental-

[Blu-ray・DVD]※Blu-rayとDVDは同内容収録
■Go to the 10th Anniversary TOUR FINAL ☆★☆★☆Rock the WONDERLAND☆★☆★☆
■「The BUDDHA」Music Video
■スペシャルブックレット
※「The BUDDHA」ハイレゾ音源無料ダウンロードコード封入

【ライブ情報】

■LM.C TOUR2017 「VEDA」
2017年
2月19日(日)TSUTAYA O-EAST
3月11日(土)HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
3月14日(火)HEAVEN’S ROCK 宇都宮VJ-2
3月18日(土)HEAVEN’S ROCK 熊谷VJ-1
3月19日(日)甲府 Conviction
3月22日(水)水戸LIGHT HOUSE
3月25日(土)高崎club FLEEZ
3月26日(日)川崎セルビアンナイト
3月28日(火)広島SECOND CRUTCH
3月30日(木)神戸VARIT.
4月01日(土)ESAKA MUSE
4月08日(土)札幌KRAPS HALL
4月09日(日)札幌KRAPS HALL
4月11日(火)山形MUSIC SHOWA Session
4月13日(木)郡山HIPSHOT JAPAN
4月15日(土)金沢AZ
4月16日(日)富山MAIRO
4月18日(火)長野CLUB JUNK BOX
4月20日(木)KYOTO MUSE
4月22日(土)福岡DRUM Be-1
4月23日(日)熊本B.9 V2
4月25日(火)岡山IMAGE
4月28日(金)高松DIME
4月29日(土/祝)松山サロンキティ
5月01日(月)名古屋Electric Lady Land