ライブレポート

2016.6.10
ViV@新宿ReNY
「SUPER EMOTIONAL TOUR 2016」

image1

4月下旬より始まった全9本に及ぶViV主催ツアー「SUPER EMOTIONAL TOUR 2016」。同ツアーも6月10日(金)新宿ReNYで行われたイベントでファイナルを迎えた。この日は、ニコニコ生放送も実施。出演したのは、ViVを筆頭に、ブラッズ、ぞんび、Purple Stone、BabyKingdom、TЯicKY、AWAKE、レイヴ、the LOTUSと全9バンド。

この主催ツアーでは、ViVのメンバーが毎回、出演したバンドいずれかのステージに登場し、セッション。同時に、セッションしたバンドメンバーの誰かがViVのステージにも出演し、一緒にViVの楽曲を演奏する形でのコラボレートも行われ続けてきた。

今回は、レイヴのステージへヴォーカルのHIROHIROが乱入。熱狂描く逆ダイナンバー『肝っ試す』を通したコラボレートを実施。レンとHIROHIROが一緒に煽る迫力に刺激を受け、観客たちも暴れ、咲き乱れていたことを先に伝えておこう。

無数のカラフルなリングライトが光る場内、その輝きと声援へ導かれるようにViVのメンバーが舞台へ姿を現した。冒頭から、場内にはヘドバンしてゆく風景が描き出されていた。ViVのライブは、歌物ながらも攻めの姿勢を示した「MESSAGE」からスタート。サビや後半のパートでは優しい表情も魅せるが、それ以外は徹底して牙を剥き出し煽り続ける姿勢。むしろ、時折魅せる温かさを含む二つの表情に、ファンたちも惹かれてたというべきか!?

「揺らせー!!」、激しく、跳ねたビートがゾクゾクッとした興奮を観客たちの身体に与えてゆく。「LOVE SICK」に合わせ、咲き乱れてゆく場内。重く激しく跳ねたビートとシンクロするように身体が騒ぎたてれば、印象深い歌へ気持ちが寄り添い続けてゆく。身体中から火照った熱気が溢れ出てきたようだ。

ここで先ほどのお返しとばかりに、レイヴからヴォーカルのレンを呼び入れた。レンを迎えてセッションしたのが、観客たちが左右へモッシュし続けた、熱く煽るように、ソリッドな音を突き刺すように奏でた「Supeoki Pain」。HIROHIROとレンが肩を組みあい、歌を交わしながら観客たちを煽ってゆく。レンに至っては、演奏中の渉とも絡みあっていた。「全員繋がろうぜ!」。何処のファンなんて関係ない。一緒に楽しさを共有していけば、それが何よりも正しい答えだ。

後半は、最新シングル「EMOTION」からスタート。なんて攻撃的な楽曲だ。激しく、凛々しく攻める演奏に、身体中の血液が一気に逆流してゆく気分だ。サビへ向かってガンガンに上がっていく、その感覚がとても心地好い。まるで、翼を羽ばたかせ空へ羽ばたいてゆくような感覚だ。「ハートに火をつけろ!!」の言葉も、胸を嬉しく滾らせてくれた。

会場中の人たちが拳を天高く突きあげた。その意志を熱く煽るようにViVの顔とも言えよう「バレないようにkissして」が飛び出した。舞台上も客席も互いに感情を裸にし、気持ちも身体もぶつけあってゆく。場内には逆ダイの風景も。kissはバレないようにして欲しいが、熱狂はバレバレなくらいに騒いでゆく風景のほうが、むしろ刺激的だ。

「気持ちいいことしようぜ」、最後は轟くビートを軸に据えた疾走昂揚ナンバーの「Cage」。会場中の人たちが暴れながら、舞台上へ熱気と想いをぶつけていた。気持ち一つにイキたい。そんな熱い恍惚を抱きながら、HIROHIROが絶叫を場内へ響かせ、ViVのライブは幕を閉じていった。

ライブは、そのままセッションへ。この日に出演したバンドのメンバーたちが次々と舞台へ登場。演奏したのが、「Supeoki Pain」。激しく攻めゆく楽曲のように、大勢のメンバーらに煽られ、観客たちも左右に大きな塊となって走り続ければ、思いきり咲き、暴れ狂っていた。嬉しかったのが、各バンドのヴォーカリストが次々とマイクをリレーしながら歌っていたこと。それこそが、数多くのバンドメンバーが参加するセッションライブの楽しさと醍醐味。観客たちの、舞台上へ熱い視線向け続けたい気持ちを抱きながらも騒いでいた姿が印象的だった。

ViVはこの夏に、東名阪仙を舞台にした無料ワンマンツアーViV 無料ONEMAN TOUR 2016「タダじゃ済まさねぇ夏。」を行なう。彼らに興味はあるけど…という方には絶好のチャンスとなるように、せび足を運んでいただきたい。

◆ViVセットリスト◆
01. MESSAGE
02. LOVE SICK
03. Supeoki Pain(※レイヴのレンとのコラボ)
04. EMOTION
05. バレないようにkissして
06. Cage

大セッション
Supeoki Pain(※全バンド登場)

(文・長澤智典)


【ライブ情報】
ViV 無料ONEMAN TOUR 2016「タダじゃ済まさねぇ夏。」
※全公演メンバーによるハイタッチでお見送りあり。

8月3日(水)大阪RUIDO
「タダじゃ済まさねぇ夏。大阪」
開場 18:30 開演19:00
Sチケット5,000円(リハ見学付き)
e+ 7月2日(土)10:00販売開始(50枚限定)
Aチケット0円
当日0円

8月4日(木)名古屋MUSIC FARM
「タダじゃ済まさねぇ夏。名古屋」
開場 18:30 開演19:00
Sチケット(50枚限定)5,000円(リハ見学付き)
e+ 7月2日(土)10:00販売開始(50枚限定)
Aチケット0円
当日0円

8月8日(月)仙台space Zero
「タダじゃ済まさねぇ夏。仙台」
開場 18:30 開演19:00
Sチケット(50枚限定)5,000円(リハ見学付き)
e+ 7月9日(土)10:00販売開始(50枚限定)
Aチケット0円
当日0円

8月10日(水)新宿RUIDO K4
「タダじゃ済まさねぇ夏。東京」
開場 18:30 開演19:00
Sチケット(50枚限定)5,000円(リハ見学付き)
e+ 7月9日(土)10:00販売開始(50枚限定)
Aチケット0円
当日0円

【インストア情報】
・6月18日(土)14:00〜大阪ZEAL LINK
衣装:KERA SHOPコラボ
・7月9日(土)12:00〜高田馬場ZEAL LINK
さゆきプロデュース「頭なでなでインスト〜普通に頭なでなでなんてできないから企画にしてみた〜」
衣装:私服
・7月10日(日)15:00〜・18:00〜ライカエジソン原宿店(二部制)
「メンバー3人が渉をプロデュース」
※詳細は近日公開!!

ViV オフィシャルサイト http://vivofficial.com/