ライブレポート

2016.3.4
ダウト@恵比寿LIQUIDROOM
ダウト自作自演。祝9執念ツーデイズ公演。「華のゴールデン祭」

CF1_5216

この日、「ダウト自作自演。祝9執念ツーデイズ公演。『華のゴールデン祭』」が行われた。
幕開けは、この季節にふさわしい「SAKURAリフレイン」。5人の奏でるしっとりと美しいメロディに引き込まれていると、空気をガラリと変え、極太のナンバー「シャングリラ」「サテライトTV」「Mr.JAP」を投下。フロアは待ってましたとばかりに食らいつき、会場の熱を急上昇させた。

ここからはアルバム『心技体』収録曲を立て続けにドロップ。
この日は1月17日の高田馬場AREAを皮切りに全国17カ所を回った「心・技・体」ツアーの終着点ということもあり、全国津々浦々で磨かれ、さらに魅力を増したアルバムの収録曲がたっぷりと披露された。
その世界観をさらに色濃くし、より深味を増した「TAXI」「おねだり」、今回のアルバムのリードトラックとなった「SM」では、より表現力を増した幸樹(Vo)の歌と、直人(Dr)の刻むリズムの美しくもアンニュイな色気と激しさに息を呑む。さらに、「OH!MATSURI MONSTER」では空気をがらりと変え、威吹(G)とひヵる(G)が楽しげにタムとスネアを叩き、玲夏(B)がサンバホイッスルを吹き鳴らして、まさにダウトらしい極上のお祭り騒ぎを展開。煽り曲の「フラッシュバック」、そして本編ラストの「国立競技党」まで、アドレナリンを全開にさせられるような強烈なアクトを展開したのだった。

アルバム『心技体』を中心に構成された本編を終え、アンコールでは9年間を振り返るため、過去にリリースしたすべてのフルアルバムから1曲ずつ選曲するという心憎い演出が用意されていた。
「万國、大東京」にはじまり、「SUNRISE」「MUSIC NIPPON」「飛行少女」と名曲揃いのラインナップでフロアを沸かせ、さらに突如「2016年最後のワンマンツアー!ダウト自作自演。特攻猛暑ツアー2016。『音楽は爆発だ!! 』」の開催を発表するというサプライズも! 狂喜したフロアからはラストの「花咲ビューティ」で特大のシンガロングが巻き起こり、感極まった玲夏に涙させるという感動の展開でこの日を締めくくった。

9回目の誕生日を迎え、新たな一歩を踏み出したわけだが、この日、幸樹から贈られたこの言葉が、現在の、そしてこれからのダウトを言い表す最上の言葉と言えるだろう。
「9執念初日終わったー! また1つ絆が強くなった1日だった、沢山伝えたいことはあるけれどダウト続けてきてよかったー! 君たちに出会えてよかったー! 君たちのバンギャル人生、最後の砦! ダウトより!」

ファンのバンギャル人生の最後の砦を自ら名乗り出たダウト。頼もしい彼らとともに、ぜひとも9周年を存分に謳歌していただきたい。

◆セットリスト◆
01.SAKURAリフレイン
02.シャングリラ
03.サテライトTV
04.Mr.JAP
05.ダァァティィ・ロマンチッカァァ
06.TAXI
07.おねだり
08.SM
09.華麗なる外道
10.OH!MATSURI MONSTER
11.53
12.DANCE NUMBER
13.綺麗事
14.フラッシュバック
15.国立競技党

EN
01.心技体
02.万國、大東京
03.SUNRISE
04.MUSIC NIPPON
05.飛行少女
06.花咲ビューティ

(文・後藤るつ子)


【ライブ情報】
2016年最後のワンマンツアー!ダウト自作自演。特攻猛暑ツアー2016。「音楽は爆発だ!!」
8月8日(月)SHIBUYA O-WEST(Limited live ダウトマニアに捧ぐ「ダウトサマーコレクション」)
8月11日(木)高松 DIME
8月12日(金)岡山 CRAZY MAMA KINGDOM
8月14日(日)福岡 DRUM Be-1
8月16日(火)OSAKA MUSE
8月17日(水)名古屋 E.L.L
8月19日(金)長野 J
8月21日(日)金沢 AZ
8月24日(水)札幌 KRAPS HALL
8月25日(木)札幌 KRAPS HALL
8月27日(土)青森 Quater
8月29日(月)仙台 darwin

~TOUR FINAL 新宿!ドンパチ祭り~
8月31日(水)新宿 ReNY

オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/d-out/