ライブレポート

2014.9.13

イナズマロックフェス 2014@滋賀県草津市烏丸半島芝生広場[1日目]

 

会場全景

 

T.M.Revolution西川貴教が地元である滋賀県の草津市・烏丸半島芝生広場で9月13日、14日の2日間、大型野外フェス「イナズマロック フェス 2014」を開催。2日間で10万人(13日5万人、14日5万人)を動員した。西川は2008年10月、「滋賀ふるさと観光大使」に就任。「イナズマロック フェス」は、西川が「音楽で地元に恩返しを」「地元のみなさんと滋賀県をアピールしたい」という思いで滋賀県の行政と共に2009年にスタートさせたもので、今年で6回目となる。当初より「琵琶湖の水を守ろう」をテーマとしてきたが、回数を重ねるうちに琵琶湖の環境保全だけでなく「これからの未来を担う子供達のために、滋賀県民の心である美しい琵琶湖のために、そして日本中が笑顔と元気に包まれるために」と、その信念も大きくなった。

 

_O3O0684

 

「イナズマロック フェス」は、ジャンルを問わず多彩なアーティストが名を連ねるほか、ステージの転換時間には人気芸人などのパフォーマーが出演することでも知られている。アーティスト、お笑い芸人、ご当地キャラなどを含めて、二日間の出演者は総勢70組を超える規模に。「雷神」と名付けられた有料ライブエリアのほかに、ライブチケットなしで楽しめるフリーエリアもあり、滋賀県を中心としたご当地グルメが並ぶ飲食エリア、滋賀の観光情報などを紹介、体験できるエリア、子供が楽しめるキッズスペースなどが設けられている。さらにライブステージ「風神」と滋賀県のPR・ご当地キャラクターが登場するステージ「龍神」という2つのステージもあり、いずれも無料で観覧できる。

 

このようにフリーで楽しめるエリアが充実しているのも「イナズマ」の特徴で、単なる野外フェスではなく地元のお祭りとして認知されている大きなポイントだ。また、例年開催しているアマチュアミュージシャンのオーディションも、今年からは「イナズマロックフェス」とEpic Records Japanが共同で開催。残念ながらメジャーデビューがかかったグランプリ受賞者は出なかったが、準グランプリを獲得した4組がライブステージ「風神」でライブを行った。

 

_O3O0128

 

メインステージ「雷神」の1日目のオープニングアクトは、「イナズマ、盛り上がって行くぞっ!」と登場したももいろクローバーZ。1曲目はサプライズでT.M.Revolutionの「INVOKE」を披露して会場を湧かせたほか、7月30日にリリースされた「MOON PRIDE」のほか「コノウタ」など、全5曲を元気いっぱいに歌い踊った。

 

_O3O0716

 

橋川渉・草津市長による「イナズマロック フェス2014、スタートです!」という開会宣言に続く今年のトップバッターは、T.M.Revolution。トレードマークの半ズボンに、迷彩柄に蛍光オレンジを効かせた衣装で姿を現した。おなじみのナンバー「HIGH PRESSURE」、「HOT LIMIT」を青空のもとで披露。

 

_25V2451

 

そして、T.M.Revolutionが2013年にリリースしたセルフカバーアルバム『UNDER:COVER 2』でコラボしたMay J.が、サプライズでステージに登場。アルバムに収録されている「last resort」を二人で歌い上げた。西川が「念願の(共演)ライブ」と言うと、May J.も「夢が叶いました」と笑顔を見せた。さらに、この夏リリースのシングル「突キ破レル-Time to SMASH!」、「Phantom Pain」など全7曲を歌い、2014年の「イナズマ」の幕を豪快に開けた。

 

_IG35015

 

お笑いコンビ・フルーツポンチのステージに続いては、結成11年を迎えた4人組バンドのシドが、メンバー全員ホワイトを基調とした衣装で登場。ヴォーカルのマオは「(イナズマに)ずっと出たいと思っていて、やっと出ることができました」と笑顔を見せた。客席がタオルをふりまわして盛り上がった「サマラバ」、今年2月にリリースした「hug」など、シングルナンバーを中心に全6曲、さわやかにプレイした。

 

_IG10667 _IG22411

 

藤崎マーケットのコントの次は、今年最もブレイクしたシンガーのひとり、May J.。ピンクのミニドレスで登場、「西川さんは優しくて尊敬する大先輩。イナズマに出演させていただけて本当に嬉しい」と話し、CMソングとしてもおなじみの「Sunshine Baby!」、9月10日にリリースしたばかりの新曲「本当の恋」や、合唱曲として知られる「Believe」など見事に歌い上げた。ラストナンバーは「私の人生をかえてくれた曲」と言う「Let it Go(ENG ver.)」。その歌声に、客席からは惜しみない拍手が贈られた。

 

_O3O2165 Jlqfr0002

 

インパルスのネタに続いて、真っ白のミニドレスをまとったMINMIが登場。「緊張してる!」と言いながらも、巧みな話術であっという間に観客の心をつかみ、会場は軽快なリズムに揺れた。客席との「FIRE!」コールで盛り上がる「ハイビスカス」のほか、「いていたいよ」「シャナナ☆」など全7曲を披露。「ここでしか会われへん人との出会いを楽しみにしていきたい」というMC通り、ステージと客席が一体となって楽しめるライブとなった。

 

_O3O2682

 

2010年より連続5回目の登場となるお笑いコンビ・TKOのステージのあとは、デビュー10周年を迎えたばかりの加藤ミリヤ。ブロンドのロングヘアをひとつに結び、ブラックのセクシーな衣装で登場し、ダンサブルなパフォーマンスを披露した。

 

_25V7867

 

「小学生の時に琵琶湖に来てました。バス釣りに来たこともあります。こんな素敵なロケーションでライブできて嬉しい」と話し、9月3日にリリースしたばかりの新曲「YOU…MILIYAH ONLY VER.」のほか「HEART BEAT」、「Lonely Hearts」などを歌い、最後は「EMOTION」で締めくくった。

 

_IG35722

 

お笑いトリオのロバートがネタで会場を盛り上げた後は、1日目のトリをつとめる黒夢が登場。ヴォーカルの清春にとっては2010年にSADSとして出演して以来、4年ぶり2度目のステージである。大きく猫の顔がプリントされた黒いTシャツ姿の清春が「イナズマ!」と叫ぶたびに、客席からは大きな歓声が上がる。「僕は西川さんとは仲いいけど、西川さんのファンは顔も知りません。でも総合的に分かり合えると思います」「超適当に楽しんで!」と、独特の調子で話す。デビュー曲「FOR DEAR」、「FAKE STAR」、「MARIA」、「BEAMS」など1999年の活動停止以前のナンバーから選曲、会場は大いに湧いた。

 

_IG35694 _IG35766

 

そしてラストが近づいた時「今日一番の盛り上がりを見せるべく、私の数少ないお友達を…」と紹介され登場したのが、西川貴教。西川は「さっき話してたんだけど、(ベースの)人時に会ったのは、名古屋のミュージックファーム以来なので…20年ぶり!?」と、改めて年月の流れの早さに驚いた様子。「打ち合わせしかしてないので、めちゃくちゃ緊張してるんですけど」と言いながら、清春とともに「少年」を歌った。二人が顔を近づけるたびに客席からは歓声が上がり、会場はセクシーな男たちの狂宴に酔いしれた。

 

*****************************************************

【「イナズマロックフェス 2014」インフォメーション】

オフィシャルサイト http://inazumarock.com/

オフィシャルFacebook http://www.facebook.com/InazumaRock/

オフィシャルTwitter https://twitter.com/irf_official/