ライブレポート

2013.9.21

イナズマロック フェス 2013@滋賀県草津市烏丸半島芝生広場[1日目]

 

lake biwa

 

滋賀ふるさと観光大使であるT.M.Revolution西川貴教が2013年9月21日と22日の2日間、地元・滋賀県草津市の烏丸半島芝生広場で大型野外フェス「イナズマロック フェス2013」を開催、2日間で過去最高となる合計5万人(1日目2万3千人、2日目2万7千人)を動員した。

 

西川が観光大使に就任したのは2008年10月。「音楽を通じて地元にお返しがしたい」「地元のみなさんと一緒に滋賀県をアピールしたい」という西川の言葉をきっかけに、 翌年9月には滋賀県の全面的なバックアップのもと第1回「イナズマロック フェス」を実施、成功をおさめた。回数を重ねるにつれ動員も増え、今では日本だけでなく海外からも注目される音楽フェスのひとつとなっている。今年は節目となる第5回、 西川は「音楽を堪能するのはもちろん、びわ湖を通じて「水」や、それにまつわる環境について考えていただくきっかけ作りになれば」と話す。

 

「イナズマロック フェス」は、メインとなる有料の「ライブエリア」と、入場無料の「フリーエリア」があるのが特徴。「ライブエリア」では、T.M.Revolutionをはじめとする様々なジャンルのアーティストのライブが行われるほか、セットチェンジの間にはお笑い芸人などのパフォーマンスもある。「フリーエリア」では滋賀県のグルメや「イナズマロックカレー」「タボくん草津メロンクリームサンド」といったフェス限定のメニューも多数登場、さらに「フリーエリア」内のエンタメステージでは、ライブ出演権を賭けたオーディション「イナズマゲート」で選ばれた2組のアーティスト・W-D4、Half time Oldのほか、9nineや藍井エイル、アップアップガールズ(仮) 、DaizyStripperといった話題のアーティストのステージが行われ、“地元のお祭り”といった雰囲気で盛り上がりを見せた。

 

Mayor_01 ebichu_01

 

1日目は汗ばむ陽気の中、オープニングアクトとして登場したのは、アイドルユニット・私立恵比寿中学。「イナズマ」にちなんで、虎模様のショートパンツにツノのついたカラフルなアフロヘアという雷様の衣装。「オーマイゴースト?〜わたしがや悪霊になっても〜」で元気よくスタートした。おなじみ一人ずつの自己紹介をはさんで、今年7月にリリースされたファーストアルバム『中人』から「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」「あるあるフラダンス」など、全5曲を披露した。

 

14時をまわったところで橋川渉草津市長が「イナズマロック フェス、スタートします!」と開幕宣言。客席からの大きな歓声の中登場したのは、今年のトップバッターT.M.Revolution。インパクトのある大きな千鳥格子模様の衣装で姿を表すと、「HIGH PRESSURE」でライブスタート。「ここ滋賀での一番の祭りを打ち上げんぞ!」と8月7日に配信限定リリースされたロッテ「ZEUS」CMソングの「Summer Blizzard」を激唱、さらに2014年1月23日リリース予定「戦国BASARA4」のオープニングテーマ「Count ZERO」も初披露した。今年のイナズマは過去最高の動員数を記録したことを受けて「滋賀県と草津、そして集まってくれたみんなのおかげです」と話し、「素晴らしいメニューを持ってたくさんのアーティストが来てくれています。存分に味わってください」と、このイベントの内容の濃さをアピール。少し強い風の中、西川は「crosswise」「Naked arms」「SWORD SUMMIT」など7曲を歌い上げた。

 

TMR_zoomout PUFFY_1

 

「右ひじ左ひじ交互に見て」のネタでおなじみのお笑いコンビ・2700のステージに続いては、イナズマ初登場となるPUFFY。二人は「打倒 T.M.R!」と書かれたTシャツに、ふんわりしたカーキのスカートで登場した。亜美が「みなさん、アレでしょ、主催者の方の…」とふると、由美が「メイクスレボリューション?」と答える場面も。「愛のしるし」「これが私の生きる道」「渚にまつわるエトセトラ」「アジアの純真」など、ベストライブとも言える8曲を披露。 由美は客席が盛り上がる様子を見て「ホッとした」と笑顔を見せた。さらに亜美が「みなさんにひとつお願いがあります! 由美のことは嫌いでも、PUFFYのことは@▼×◎*っ!」と言うと、客席では大きな笑いが起こった。

 

お笑いコンビ・パンクブーブーがモノマネやショートコントを披露したあと出演した、声優として活躍するKISHOW (谷山紀章)とクリエイターのe-ZUKA (飯塚昌明)によるユニット・GRANRODEOもイナズマ初登場。「ようやく貴教兄さんと接点ができたので、出させていただきました! 名前だけでも覚えて帰ってください」とMC。「ROSE HIP-BULLET」「Can Do」などアニメの主題歌となったナンバー、今年4月にリリースしたシングル「偏愛の輪舞曲」など全6曲、パワフルな歌声とクールなギターで聴かせ、客席を湧かせた。

 

1_GRANRODEO 1_SCANDAL_ZOOMOUT

 

まだ日差しの強い中「キングオブコント2012」で優勝のお笑いコンビ・バイきんぐのコント。そして昨年に引き続き2度目の出演となる、4人組のガールズバンド・SCANDALが登場。今年デビュー5周年を迎える彼女たちは、「イナズマも同じ5周年でご縁を感じる」と話し、8月14日リリースのシングル「下弦の月」、9月18日にリリースしたばかりの「OVER DRIVE」のほか、「会わないつもりの、元気でね」など、今年リリースしたナンバーを中心に7曲をプレイした。

 

2010年より連続4回目の登場となるお笑いコンビ・TKOのネタに続いて、2回目の出演となる名古屋出身の3人組アーティスト・ソナーポケットが登場。日が暮れかけて、気温も風もちょうどいい時間になる。「あなたのうた」「キミ記念日 ~生まれて来てくれてアリガトウ。~」のほか、9月3日にリリースしたベストアルバム『ソナポケイズム SUPER BEST』にも収録されている「好きだよ。~100回の後悔~」「青空」「ソナポケ☆DISCO」など8曲を披露した。ko-daiの「ここにいる人のストレスや涙を持って帰りたい。胸の中にある悲しみを、この場所で洗い流してほしいと思います」というあたたかい言葉とともに、優しい歌声が滋賀の空に響いた。

 

SonarPocket_1 01_UVER_zoomout

 

「イナズマ」には3度目の出演となる滋賀県出身の芸人・野性爆弾がガリットチュウ福島を招いてコントを披露したあと、UVERworldが登場。彼らは、「イナズマロック フェス」の会場がある草津市出身のバンド。2009年、2010年にもこのイベントに出演、今回は初のトリをつとめる。客席からの熱烈な歓声に迎えられ、ライブは「7th Trigger」でスタートした。ドラムの真太郎は「トリを飾るということで、やる気満々で来ています。最後まで楽しんでください」と意気込み、TAKUYA∞からは「UVERworldが滋賀に帰ってきたぞ!」と力強い言葉。さらに彼らが滋賀でインディーズバンドとして活動していた時からは「予想をはるかに越えた素敵な未来が、ここにあります」と熱く語る。「Don’t Think.Feel」「23ワード」「LIMITLESS」「BABY BORN & GO」など、アルバム『THE ONE』に収録されているナンバーのほか、今年8月14日リリースのシングル「Wizard CLUB」「NO.1」など、全11曲で観客を魅了した。