特集-Special Feature-

◆良い意味で遊びながら作っています(有村竜太朗)

ナカヤマアキラ

――c/w曲「IC」のタイトルの意味というのは?

竜太朗:僕たち、わからないです(笑)。一番聞いちゃいけない二人(笑)。

正:この曲に関しては全てが謎に包まれています(笑)。

竜太朗:プレイヤーとして参加しているというか。作曲者のケンちゃん(Dr)と、ナカちゃん(G)が中心になって、皆でレコーディングしながら曲の方向性を決めていくんですけど、c/wはいつもそんな感じで進めていくんです。だからこそ、アルバムで作る曲ともまたちょっと違う、スケッチ状態で録りに入るというか。自分たちも「あ、こんなふうになるんだ」っていう。皆で「録ったけど、これどうしようかね?」ってミックスくらいまで悩んでいて(笑)。「こんなのどう?」「あぁ、いいね」という感じで、良い意味で遊びながら作っています。『続 B面画報』を聴くと、今までもそういうイレギュラーな作り方をしているからこういう雰囲気になったんだなと思いました。「IC」は相当ナカちゃんらしい歌詞だし、何かあるんだろうなと思います。

――曲調の雰囲気と歌詞のギャップがありますよね。

竜太朗:ハンパないですよね(笑)。ナカヤマワールド(笑)。

――さすがのナカヤマワールドです(笑)。サウンドとしてはイントロAメロのリズム隊の印象が強くて、楽曲のキーになっていると感じました。

正:元々、ケンちゃんがそういう曲の方向性にしたいというのがあったみたいです。

――歌の音色の影響で、夢の中のような雰囲気にも感じられるなと。

竜太朗:なるほど、そうかもしれないですね。普通に録ったんですけど、録った後に、普通にミックスするのも何か違うなという気持ちになってきて。歌詞の牧歌的なんだけどちょっとゾッとする感じというか、それにハマるエフェクトがありそうだなと思って、〈ラジオ〉というキーワードもあったので、そういう音的な演出をしてみましたね。色々試したんですけど、見つかった時に「あ、これいいじゃん」と。プリプロのような感じで試しながらできました。

――それは皆さんで?

竜太朗:歌なので基本的には僕ですけど、ナカちゃんが結構こだわりがあって「これは違うな」とか「これをやるんだったら、もう1回歌い直したほうがいいな」とか色々とありつつ、最終的にはナカちゃんが言ったアイディアの処理だったと思います。ナカちゃんはそういうの詳しいので。

――それにしても、最後の〈死に至る〉というのは、かなりパワーワードですよね。

正:パワーワードですねぇ。

竜太朗:歌いながら「あっ、死に至っちゃった!」と思って、ゾゾッとしたんですよね(笑)。

佐藤ケンケン

――でも、竜太朗さんの歌によって柔らかく聞こえるのが不思議です(笑)。

竜太朗:本当ですか(笑)。全て理由なくこういうことになっています(笑)。

――それと、アウトロのベースが段々上っていく感じがグッと来ました。

正:あれも自然とアレンジしている中で、こういう感じが良いのかなと思い付いちゃいましたね。「IC」のレコーディングは、録りながら色々と考えたところもあるし、こういうことをやってみたらどうかなと、その場で思い付いたアイディアを入れてみたり、それはそれで楽しい作業でしたね。

――秋ツアーでは、「潜像」「IC」はどのような位置づけになりそうですか?

正:軸にはなると思いますね。ただ、バンド的にそんなにプッシュはしていないながらも、ちょうど結成25周年という節目でもあるので、ちゃんとその辺りも踏まえて、今のPlastic Treeをきっちり伝えられる内容のツアーになったらいいなと思います。

竜太朗:思えば新しい曲を最近ライブでやっていなかったし、「潜像」には今のPlastic Treeらしさが出ていると思うので、きっと皆喜んでくれるんじゃないかなと。僕も楽しみにしています。「潜像」はライブの画が見える曲だし、「IC」はどういうふうになるのかわからないけど、それもドキドキワクワクです。

――「IC」は不思議な切なさがあってキュンと来るので、ライブでどういう感じになるか楽しみです。

竜太朗:もしかしたら変な浮き方をするかもしれないですね。

正:確かに。

――ちなみに、3形態購入応募スペシャルキャンペーンのA賞「メンバーが撮影した世界で1枚だけのオリジナル写真」(各メンバー50名、合計200名様にプレゼント)というのが気になっているのですが、これから撮る作業が始まるんですか?

正:そうです!

竜太朗:こういう機会でもないと、ちゃんと写真とか撮らないし、せっかくこういう面白い企画を考えてもらったので、撮りまくってやろうと思います!

(文・金多賀歩美)

ARTIST PROFILE

Plastic Tree

<プロフィール>

有村竜太朗(Vo)、長谷川正(B)、ナカヤマアキラ(G)、佐藤ケンケン(Dr)によるロックバンド。1997年6月にメジャーデビュー。デビュー15周年の2012年、4度目の日本武道館公演を成功に収める。2017年、デビュー20周年“樹念”シングル2作を発表、初のトリビュートアルバムのリリースも実現した。2018年3月にアルバム『doorAdore』、7月にシングル『インサイドアウト』、2019年2月に2007年以降の全シングルc/w曲を収録した『続 B面画報』をリリース。7月には東京芸術劇場にて結成25周年“樹念”公演となる初のシンフォニックコンサートを開催した。約1年2ヵ月ぶりのシングル『潜像』を手に、9月14日から秋ツアーをスタートさせる。

■オフィシャルサイト
http://www.jrock.jp/plastictree/

【リリース情報】

『潜像』
2019年9月4日(水)発売
(ビクターエンタテインメント)

潜像
[初回限定盤A]
(CD+DVD)
VIZL-1633
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
潜像
[初回限定盤B]
(CD+ブックレット)
VIZL-1634
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
潜像
[通常盤]
(CD)
VICL-37495
¥1,200+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

[CD]※共通
01. 潜像
02. IC
03. 潜像(Instrumental)
04. IC(Instrumental)

[初回限定盤A:DVD]
「潜像」Music Video

【ライブ情報】

●Plastic Tree Autumn Tour2019「holographic boy,imitation girl」
9月14日(土)川崎CLUB CITTA’
9月15日(日)仙台Rensa
9月21日(土)熊本B.9V1
9月22日(日)福岡DRUM ROGOS
9月27日(金)NAGOYA ReNY limited
9月29日(日)大阪BIGCAT
10月12日(土)市川市文化会館