ライブレポート

2018.10.27
「Crazy Monsters~関東ZONE HALLOWEEN PARTY 2018~」@新宿ReNY

MSTR(千聖 from PENICILLIN、Crack6)が音頭を取り、今年で5回目の開催となる「Crazy Monsters」のハロウィンイベントが埼玉、千葉公演を経て、10月27日、新宿ReNYでファイナルを迎えた。この日の出演アーティストはMSTR率いるCrack6、そしてC4、THE MICRO HEAD 4N’S、Rickyの常連組と、Bräymen、UCHUSENTAI:NOIZ、葵-168-、Anli Pollicino、Leetspeak monstersの初登場組が一堂に会し、これまでの「クレモンハロウィン」とは一味違うイベントとなった。

1組目は墓場の街グレイヴタウン出身のモンスター4人組、Leetspeak monsters。初っ端から思わぬ機材トラブルに見舞われ、登場場面からやり直すというある種記憶に残る幕開けとなった。墓場の案内人D13(Vo)、フランケンシュタインの怪物Yo’shmeer(G)、吸血鬼の王子Euskyss(B)、狼男のDieWolf(Dr)である彼らは、「我々、いつもの衣装なんです。年中こういうバンドでございます」と後のMCで語った通り、この姿が通常運転。「さぁ、始めよう」と「The Beginning」でスタートしたステージは、「Monster’s Party」「This is Halloween」を続けて披露するなど、まさにハロウィン尽くし。ヴィジュアル、楽曲共にこのイベントに相応しいトップバッターが、パーティーの始まりを告げた。

2組目の葵-168-は、サポート陣sebastian(G/BULL ZEICHEN 88)、NAOKI(B/FANTASISTA、ex.Kagrra,)、YUKI(Dr/Versailles)、IPPEI(Manipulator/絶対的メメント、ex.FEEL)と共に全員ロリータファッションで登場。その完成度の高さに客席から「可愛い~!」という歓声が上がったのは言うまでもない。最新ミニアルバム『ニュークラシック』の楽曲たちを披露していく中、スカートを摘んでの一礼、拳の上げ方、扇子の揺らし方まで、一挙手一投足が女子らしい動きだったのはさすが。そんな葵のMC第一声は「綺麗は作れる」。場内に思わず笑いが起こると、sebastianからは「変態倶楽部168(いろは)です♡」という迷言(?)も。そして「笑顔になってほしくて」という葵の言葉から、ラストは「スピカ」でキラキラとしたハッピーな空間を作り上げた。

3組目は年内での活動終了を発表しているAnli Pollicinoが登場。ジブリ作品からShindy(Vo)は『ハウルの動く城』のハウル、琢磨(G)は『千と千尋の神隠し』のハク、Yo-1(G)は『天空の城ラピュタ』のパズーに扮し、手の込んだ寸劇でスタートした。なんと持ち時間中1曲分の時間を寸劇に費やしたため、「白百合ヴァネッサ」「Psycho Brain」「Slave Machine」という僅か3曲の披露となったが、限られた時間の中でも終始圧巻の熱量でパフォーマンスを展開し、次のアーティストへバトンを繋いだ。

4組目の幕が上がると、千聖のソロ曲「VENUS」が流れ出し、そこに現れたのは千聖のコスプレをしたUCHUSENTAI:NOIZの面々。5人の“千聖”が並ぶ斬新過ぎる光景を見ようと、実は千聖本人も関係者席に姿を現したのだった。「ちゃんと(本人に)謝りました。そしたら、今日本物のCrack6フラッグを借りられました!」と嬉しそうに話すANGEL-TAKA(Angel Voice)。ツインヴォーカル曲「デッドマンズ・ロデオ・リボルバー」を皮切りに、ミクスチャーロック炸裂の「WORLD END SUPERSTAR」、底抜けに騒げる「Space Cowboy」を連投し、自らの持ち味を存分に発揮したステージングでパーティーを盛り上げた。

5組目は今年6月に始動したばかりのBräymen。後のトークタイムでの潤(G)の話によれば、「Bräymenは普段から仮面を手にしているので、既に仮装だなと。今回はBräymenとして初登場だし(※ALvinoでは常連だった)、コスプレも一から始めようということで、顔に傷を付けてみました」とのこと。1stシングル「No.9」、2ndシングル「Quintet」に続けて、「Shadow Speaker」では真っ赤な光の明滅と共にコール&レスポンスを繰り広げ、耳に残るリフとメロディアスなサビが印象的な「Loser’s Eden」をもって、ステージを締め括った。

ここからは常連組の出番。6組目は「クレモンハロウィン」に1年の全てを賭けている(!?)Rickyが、実写版『銀魂』高杉晋助役の堂本剛に扮し、力杉晋助(堂本力士)として登場。殺陣やダンスも取り入れた寸劇と「生命の声明」「U.S.A」「↑UP←SIDE→DOWN↓」を織り交ぜ、ミュージカルのように見事に披露していった。随所に笑えるポイントが散りばめられているのは、さすがの一言。山田巧(Manipulator)、ダンサーと共に終始ステージを展開し、ラストは最新シングル「曖昧モラトリアム」でバッチリとポーズを決め、舞台を後にした。

7組目は、メンバー全員がゾンビメイクを施したTHE MICRO HEAD 4N’S。アルバム『百億の未来とたった1つの今~INFINITE ∞ FUTURE~』の楽曲たちが並ぶ中、「もっと遊ぼうぜ。一緒にモンスターになろう」というNimo(Vo)の一声から「MONSTER’S ROAR -WILD BOOST-」が投入されたのは、このイベントならではの選曲だ。さらに攻めの姿勢を崩さず、「VOLCANATION」で暴れ倒した後、「銀河鉄道の夜~STARDUST EXPRESS~」ではオーディエンスとの合唱で美しく煌めく空間を作り上げたのだった。

8組目のC4は、ゲーム『刀剣乱舞』の刀剣男士たちのコスプレで登場。幕が開いた瞬間、メンバーの和装姿に歓声が上がった。抜群の安定感と色気を纏い「RETAINER」でスタートすると、「疲れていると思いますが、もう少しです。頑張ってください」とTOKI(Vo)。そんな言葉の後にプレイしたのは高速ハードナンバー「SLUDGE」という、偶然なのか意図的なのか、何たるS感。TOKIと大村孝佳(G)による、英語を駆使したMCで場を和ませる場面もありながら、最後にはメロディアスなナンバー「UNITE」を届けたのだった。

トリはお待ちかねのCrack6。MSTRは『ジョジョの奇妙な冒険』の空条承太郎、SHIGE ROCKS(G)は『DEATH NOTE』のリューク、TENZIXX(B/長野典二 from everset)は『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻アラレ、JIRO 6(Dr/O-JIRO from PENICILLIN)は『NARUTO -ナルト-』のうちはサスケという、MSTR曰く「ジャンプ禁止の会場(新宿ReNY)で『ジャンプ』縛りのコスプレ」で登場した。Crack6フラッグを手に千聖ソロ最新曲「ジキルの空」で幕を開けると、続いてフラッグをフライングVに持ち換え、Crack6のデビュー曲「Zion」を、さらに最新曲「MAD RIDER」をプレイ。「マリーゴールド」ではイエローカラーの光が場内を照らし出す中、フロア中にタオルがクルクルと舞い、「ロックしているか!?」とのMSTRの言葉を合図に「Can you Rock?!」がラストを飾った。このステージでのMSTRは終始クールにキメている印象を受けたが、終演後に話を聞いたところ「空条承太郎だと、あまりふざけられないんですよね(笑)」とのことで、MSTRなりの理由があったようだ。

そして、このイベントの最後を締め括ったのは、総勢18名のメンバーによる大セッション。楽曲はもちろん「クレモン」のために作られた「Crazy Monsters ~Crazy All Monsters ver.~」だ。女装にお色直ししたRickyや、途中から乱入しスマホで写真を撮りまくるsebastianの姿もありながら(彼を入れると19名)、大団円を迎えたのだった。気が付けば時刻は22時20分に。こうして約6時間に及ぶクレイジーなモンスターたちのパーティーは幕を下ろしたのだった。来年の開催に期待を寄せ、再び様々なモンスターたちの狂宴が観られる日を楽しみにしたい。

◆セットリスト◆
【Leetspeak monsters】
01. The Beginning
02. Monster’s Party
03. This is Halloween
04. Wonderland
05. Black owl

【葵-168-】
01. 水葬
02. CANDY
03. 魔が刺す
04. スピカ

【Anli Pollicino】
01. 白百合ヴァネッサ
02. Psycho Brain
03. Slave Machine

【UCHUSENTAI:NOIZ】
01. BAD MUSIC FREAKS
02. デッドマンズ・ロデオ・リボルバー
03. WORLD END SUPERSTAR
04. Space Cowboy

【Bräymen】
01. No.9
02. Quintet
03. Shadow Speaker
04. Loser’s Eden

【Ricky】
01. 生命の声明
02. U.S.A
03. ↑UP←SIDE→DOWN↓
04. 曖昧モラトリアム

【THE MICRO HEAD 4N’S】
01. SCANDALOUS
02. REINCARNATION
03. MONSTER’S ROAR -WILD BOOST-
04. VOLCANATION
05. 銀河鉄道の夜~STARDUST EXPRESS~

【C4】
01. RETAINER
02. SLUDGE
03. FALLEN
04. UNITE

【Crack6】
01. ジキルの空
02. Zion
03. MAD RIDER
04. マリーゴールド
05. Can you Rock?!

【セッション】
01. Crazy Monsters ~Crazy All Monsters ver.~

(文・金多賀歩美/写真・堅田ひとみ)


「Crazy Monsters 〜関東ZONE HALLOWEEN PARTY 2018〜『クレモン・アワード 2018』」
受賞結果

[NICE パンプキン賞] Bräymen
[GOOD パンプキン賞] 葵 -168-
[BEST パンプキン賞] Anli Pollicino
[矢田 耕平 賞] Crack6
[BEST COSTUME 賞] C4
[いいね賞] THE MICRO HEAD 4N’S
[クレモン大賞] UCHUSENTAI:NOIZ

Crack6 オフィシャルサイト https://www.crack6.jp