連載企画

レイヴ レンの月刊コラム いなかもん

その弐 ~明けましておめでとう編~
【今月の1枚】レンの原点「ばあちゃん宅からの景色」

その弐 ~明けましておめでとう編~

2017年を迎え、現在「レイヴ5周年YEAR!!猪突猛進ノンストップGOGO!5大大大大大発表!!」の《第2大発表》である東高円寺二万電圧での4週連続フライデーワンマン「新春!!刺激足りてる?8万電圧計画!1v~4v」真っ只中のレイヴ。フルアルバム『不幸福論』のリリースを2ヵ月後に控え、その勢いはますます加速中!
そんなレイヴのヴォーカリスト・レンの新たな一面が発見できるこの企画。第2回目は、彼の愛してやまない地元・長崎でのお正月にまつわるエピソード、そして「初夢」「初詣」「東京での初体験」などなど、レンの「初」話をお届けします。

◆レンから年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。昨年は「感謝と温かさを知った年」だったので、それを念頭に置いておいて、もっと良い意味で暴力的に攻めて行きたいと思います。

2016年を漢字で表すと成長の「成」でしたが、2017年は「暴」です。今年は半端じゃなく暴れ散らかして、爆発するような年にします。

ということで、今年の“暴れるレイヴ”もよろしくお願いします!

◆レンのお正月

その1:料理

料理

――レンさんは今年も恒例の里帰りをしたそうですが、お正月はいつもどんな風に過ごすんですか?

レン:うちは母ちゃんが長女なので、親戚一同がレン家に集まるんです。大体10人くらい来ますね。おせちやお汁粉を食べつつ、みんなでお酒を飲んで正月の特番を見て。あと、親戚にレイヴのCDを渡します。みんな聴いてくれているんですよ。その後はレイヴのMVを流しながらみんなで酒を飲みます。恥ずかしいっすけどね(笑)。

――楽しそうですね。ところで九州のお雑煮のお餅は丸? 四角?

レン:丸いですね。…あれ、こっちの餅は丸くないんですか?

――関東は四角です。

レン:えー! なんで丸餅じゃないんですか! 四角い餅ってプラスチックみたいじゃないですか!

――(笑)。確かに丸いお餅は見た目も美味しそうですよね。お雑煮の具と味付けは?

レン:具は白菜、ニンジン、シイタケ、餅、あとは水菜とか。出汁は九州醤油で作った甘~い醤油です(※九州で販売されている「うまくち」という種類の醤油で、原材料に甘い調味料や成分が配合されているため、一般的な醤油よりも濃厚な甘さが感じられるらしい)。よく長崎の料理は甘いって言いますけど、実際かなり甘いです。砂糖もめっちゃ入れますしね。とは言え、地元にいる時は全然気付かなかったんですよ。むしろ他の地方で食べたものを「しょっぱい」って思ってました。今でも東京の料理には醤油や塩のしょっぱさを感じますね。

――他に長崎のお正月の食卓に上がるものは?

レン:魚が豊富だから刺身。カニとナマコも絶対出てきますね。あとは皿うどん。出前で頼むと、お店の人がスーパーカブの積み台に乗せて配達してくれるんです。6人前が1皿でドンっと来るから、それをみんなで取り分けてソースをかけて食べます。…あ~、また食いたくなってきた。本当に美味いんすよ!

その2:行事

お年玉

――お年玉はいくつまでもらっていましたか?

レン:高校までですね。でも一緒に住んでるばあちゃんには「ばあちゃん、お年玉」って言って、今でももらってます(笑)。「袋はなかけんが、手渡しでよかね?」って言われるので「いいよいいよ!」って言って。あと、今年は地元の先輩であるR指定のマモさんからお年玉をもらいました(※写真参照)。中身もかなり素敵でした! やっぱりお正月は楽しいですね。

――素敵な先輩ですね。長崎ならではのお正月のイベントはあるんですか?

レン:正月が終わると出島の近くにある中華街で「長崎ランタンフェスティバル」(※)がありますよ。たくさんのランタンを街に飾って、肉まんとか、ゴマ団子とか、角煮とか、いろんな出店が出るんです。

※長崎ランタンフェスティバル:長崎新地中華街の人たちが街の振興のために中国の旧正月(春節)を祝う行事として始めたもので、約1万5000個の極彩色のランタン(中国提灯)が飾られる。

レン:あとは地元の友達と会って近況を話しますね。1年に1回しか会えないから嬉しいです。高校の頃からの友達が多いんですけど、中には小学校の頃から続いているやつもいて、やっぱり絆が強いです。そういえば、小学校の頃からの友達が店を構えているんですけど、そこの従業員さんの一人がレイヴファンらしいんですよ。びっくりしました! でも、俺らが福岡にライブとかインストアで行くと、それに参加するためにその従業員さんが休みを取るらしいんです。そうすると友達から電話がかかってきて、「あなたたちのライブのせいで、うちの従業員が休み取るんですけど! こっちは人手が足りないんですけど!」って言われて(笑)。そんなん俺に言われても困るっちゃけど…と思いつつ、「すみません、魅力的で」って言ってます(笑)。

――それにしてもすごい偶然ですね。

レン:ですよね! そういうのが縁なんでしょうけど、これも地元あるあるじゃないですか。

◆レンの「初」話

その1:初夢

レン:今年の初夢は、「魔法が使えて、自分が願うこと何でも叶う」という夢でした。空が飛べて、人を自由自在にコントロールできて、欲しいものが手に入って、世界最強の人間になってましたね。シーンとしてはバンドというよりプライベートだったんですけど、悪巧みが止まらなかったです。あんな現実だったらずっと悪い顔してますね。エヘヘヘ。

――レンさん、悪い顔してますよ(笑)。それにしても、スケールの大きい良い夢ですね。

レン:…それはそれはヤラシイ夢でしたよ…男の夢が全部叶うような夢でしたからね(笑)。しかし、魔法で叶ってもつまんないんで、現実の中で自分の実力で叶えていきます!!

その2:初詣

レン:初詣でやることと言ったら、おみくじです。おみくじって初詣で引いた1枚が今年を表すから、年に1回だけしか引いちゃいけないってよく言いますけど、俺はいつも良いのが出るまで引きます。悪いやつは結んでふいにして、大吉が出たら財布にバーンと入れて、「今年ツイとるばい、俺!」と。

――最高で何枚引きましたか?

レン:15枚くらいかな。でも今年はあえて1枚しか引かなかったんですよ。「一発勝負してやる!」と思って。本当はそれが普通なんですけどね(笑)。ちなみに今年はこんな感じで“吉”でした。

おみくじ おみくじ

その3:初出店

――前回、「地元にセブンイレブンと松坂屋が初出店」という話が出ましたが、他にも地元に出店したお店はありますか?

レン:最近、地元でTSUTAYAが勢力を増して来ていて、これまで1店舗だったんですけど徐々に数が増えているんです。あとは、ドン・キホーテ。初めてできた時は本当にびっくりしました。自分は長崎から福岡に出て来て、そこから東京に来たから、ドンキは珍しいわけじゃなかったんですけど、「長崎にドンキができたぞ!」ということで、地元に帰った時に一人で行きましたからね。普通のドンキだったんですけど、「なんで俺がおった時にできんやったっちゃろう!」って思いました。やっぱり地元にできると嬉しいです。

その4:初体験in東京

――東京に来てからの初体験で印象に残っていることは?

レン:俺は映画オタクで、しょっちゅう一人で映画館に行くんですけど、東京だとレイトショーがほぼ朝までやってるんですよね。地元では22時開演の24時終わりとかなんですけど、こっちでは夜中の2時、3時から始まる回もあって、「すっげーなー、東京は違ぇなぁ」って感動しました。いつでも観られる環境があっていいなと思ったし、やっぱり都会との違いを感じましたね。この間もレイトショーで新作を観たんですけど、あの時間に一人で観るのが楽しいんですよ。周りにあまり人がいないし、ビールを飲みながら広い空間で迫力のあるスクリーンで観られるし。東京に来て初体験して以来ハマってます。

その5:初レコーディング・初ライブ

――東京に来て初めてのライブハウスも色々経験したと思いますが、中でも記憶に残っているのは?

レン:黒レイヴ(2016年6月4日に行われたレイヴ ONEMAN『道場破り2016』)で立った鹿鳴館のステージですね。「これがX JAPANやGLAY、LUNA SEAがライブをやった鹿鳴館なんだ!」と思って。先輩たちがいたところに初めて立った時、すごく胸が騒いだのを覚えています。

――初めてのレコーディングは覚えていますか?

レン:高校の時に悠と組んでいたバンドで、長崎で録りました。その頃、俺はギターだったんですけど…聴けたもんじゃないですよ(笑)。

――そのCDはまだ持っていますか?

レン:さすがにもう持ってないですね。…あ、でも悠の実家にあるんじゃないかな。1曲だけしか録らなかったんですけど、レコーディングは今より大変だったかもしれないです。エンジニアさんに何て言えばいいのかもわからないし、緊張で手汗が半端なくて(笑)。「すみません…もう1回お願いします…」ってお願いして何度も録り直したのを覚えてます。それをCD-Rに焼いて高校で友達に500円くらいで売ってました。それが初リリースですね(笑)。

――なかなかアグレッシブな高校生だったんですね。

レン:ちなみに初ライブもそのバンドだったんですよ。高2の時に、レコーディングスタジオのイベントをやったんです。野外にビール箱をたくさん並べてステージ作って。ステージの高さは40センチくらいしかなかったんですけど、そこに板を貼って、アンプを出して。うちの高校からも他の高校からも人が観に来たから、負けたくなくてバリ緊張しました。でも緊張したってことは、あの時なりに本気でやっていたんだと思います。ライブ後には「もっとこうしようぜ!」って初反省会もしたし。あの日、ロックというジャンルでバンドとして初めてステージに立ったことが今の自分のスタートですね。バンドがここに至るまでのルーツはやっぱり長崎で始まっているんだなと思います。

――いろんな初が今のレンさんに繋がっているんですね。

レン:そうです。あ! あと一つ初なことがあった! 今月は、レイヴ初のフライデーワンマンを4週連続でやっているんだった! …えーとですね、毎週プロデュースする人が違って、1週目(6日)は凪プロデュース、2週目(13日)は悠プロデュース、3週目(20日)はnisaプロデュース、4週目(27日)は俺のプロデュースなんです。凪の時は2017年初ライブワンマン、悠の時は初連続ワンマン、nisaの時は初のパートチェンジワンマンですからね。ちなみに俺の時は何が初なのか、まだ内緒です。俺らの初、ぜひ一緒に楽しんでほしいです!

2017年1月 最新レンSnap

6日 4週連続フライデーワンマン「新春!!刺激足りてる?8万電圧計画!1v~4v」凪プロデュースDAY「ハイカラさんが通る」@東高円寺二万電圧

この日はドラムの凪がプロデュース! 年明け最初のワンマンは全員袴姿で行われました。

 

13日 4週連続フライデーワンマン「新春!!刺激足りてる?8万電圧計画!1v~4v」悠プロデュースDAY「耐久レース!〜全曲ワンマン〜」@東高円寺二万電圧

この日はベースの悠がプロデュース。衣装はご覧の通り、体操服です!

20日(金)のnisaプロデュースDAY「THE電撃RAVE vs レイヴ」、27日(金)のレンプロデュースDAY「あなたの家に8万家電圧!!でっかいカメラ開店です!!いらっしゃいませ!!!」もお見逃しなく!

(写真・レン/文・後藤るつ子)

ARTIST PROFILE

レン

<プロフィール>

2012年8月18日、福岡県で結成されたバンド、レイヴのヴォーカリスト。2012年12月にミニアルバム『フラチズム』をリリースし、精力的に活動を展開。2015年3月リリースのミニアルバム『ヨクバリーゼ』以降、『有頂天バブル』『サブカル』『人生つらみちゃん』『ナミダヒロイン』と4枚のシングルをリリースしている。2016年8月に4周年を迎え、バンド史上最大キャパとなる恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブを開催。10月には「レイヴ5周年YEAR!!猪突猛進ノンストップGOGO!5大大大大大発表!!」と銘打ち、ニューシングル『UKIYO』のリリース、2017年3月の1stフルアルバムのリリース、さらに全国ツアーを行うことが発表された。

■オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/rave/

【リリース情報】

不幸福論
2017年3月22日発売
(PS COMPANY Co.,Ltd.)

不幸福論
幸福盤(通常盤Atype・CD Only)
PSIS-50041
¥3,000+税
amazon.co.jpで買う
不幸福論
不幸盤(通常盤Btype・CD Only)
PSIS-50042
¥3,000+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

【幸福盤】
※幸福盤のみ収録の楽曲を含む全11曲入り

【不幸盤】
※不幸盤のみ収録の楽曲を含む全11曲入り

 

UKIYO
2016年11月30日発売
(PS COMPANY Co.,Ltd.)

UKIYO
初回限定盤Atype(CD+DVD)
PSIM-30053
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
UKIYO
初回限定盤Btype(CD+DVD)
PSIM-30054
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
UKIYO
通常盤(CD)
PSIM-20043
¥1,500+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

【初回限定盤Atype】
[CD]
01.UKIYO
02.これまでとこれからと
[DVD]
UKIYO MV+MVオフショット

【初回限定盤Btype】
[CD]
01.UKIYO
02.もういいよ、、、
[DVD]
UKIYO MV+アー写撮影オフショット

【通常盤】
01.UKIYO
02.もういいよ、、、
03.これまでとこれからと

【ライブ情報】

●2017年1月、東高円寺二万電圧にて4週連続フライデーワンマン決定!
「新春!!刺激足りてる?8万電圧計画!1v~4v」

1月6日(金) OPEN18:00 / START18:30
凪プロデュースDAY「ハイカラさんが通る」

1月13日(金) OPEN18:00 / START18:30
悠プロデュースDAY「耐久レース!〜全曲ワンマン〜」

1月20日(金) OPEN18:00 / START18:30
nisaプロデュースDAY「THE電撃RAVE vs レイヴ」
出演 : THE電撃RAVE(O.A) / レイヴ
※THE電撃RAVE(Vo.いっしー / Gt.れんれん / Ba.なぎっちょ / Dr.にさってぃー)
料金:前売り¥2,500 / 当日¥3,000(Drink代別)
《チケット販売情報》
一般発売:11月27日(日)10:00~
イープラス

1月27日(金) OPEN18:00 / START18:30
レンプロデュースDAY「あなたの家に8万家電圧!!でっかいカメラ開店です!!いらっしゃいませ!!!」
衣装:内緒
料金:前売り¥2,500 / 当日¥3,000(Drink代別)
《チケット販売情報》
一般発売:11月27日(日)10:00~
イープラス

●2017年 レイヴ初の5大都市6公演ワンマンツアー決定!
3月25日(土)Zirco Tokyo OPEN17:00 / START17:30
3月31日(金)名古屋Heartland OPEN18:00 / START18:30
4月2日(日)心斎橋clapper OPEN17:00 / START17:30
4月7日(金)福岡DRUM Be-1 OPEN18:00 / START18:30
4月16日(日)仙台spaceZero OPEN17:00 / START17:30

<チケット販売情報>
料金:各公演 前売り¥3,300 / 当日¥3,800(ドリンク代別)
[PS mobile先行受付(Aチケット)] ★ピクチャーチケット仕様
受付期間:2017年1月14日(土)~1月23日(月)
[イープラスプレオーダー受付(Bチケット)]
受付期間:2017年2月5日(日)~2月13日(月)
[一般発売(Cチケット)]
2017年2月26日(日)より発売

●PS COMPANY PRESENTS レイヴ ONEMAN TOUR FINAL「幸福論」
2017年5月5日(金・祝)渋谷WWW OPEN18:00 / START18:30

<チケット販売情報>
料金:前売り¥3,500 / 当日¥4,000(ドリンク代別)
[PS mobile先行受付(Aチケット)] ★ピクチャーチケット仕様
受付期間:2017年2月11日(土)~2月20日(月)
[イープラスプレオーダー受付(Bチケット)]
受付期間:2017年3月5日(日)~3月13日(月)
[一般発売(Cチケット)]
2017年3月26日(日)より発売

レイヴ レンの月刊コラム いなかもん一覧へ