インタビュー

BREAKERZインタビュー

BREAKERZ

7月22日に日本武道館で行われたデビュー4周年記念ライヴを成功させ、ついに記念すべき5周年YEARに突入したBREAKERZが、5枚目のオリジナルフルアルバム『GO』をリリース!

フルアルバムとしては前作『FIGHTERZ』から約1年10ヶ月ぶりとなる、5thアルバム『GO』。まっすぐなメッセージが込められたタイトル曲「GO」をはじめ、数々のヒットシングルを含む全14曲のラインナップは、様々な色合いを魅せながらBREAKERZの強い意志が感じられる。この節目となる作品に込めた想いと制作秘話を3人に語ってもらった。

◆BREAKERZが今、できうる限りの全てを込めた作品です(AKIHIDE)

――5周年YEAR突入、5枚目のフルアルバム『GO』リリースおめでとうございます! 今回の作品も楽曲のバリエーションがとても豊富ですね。

DAIGO:タイプの違う良い曲を揃えました。

SHINPEI:ROCKを基盤に様々なテイストの楽曲が揃っているのがBREAKERZらしいと思います。

AKIHIDE:BREAKERZが今、できうる限りの全てを込めた作品です。

――通して聴いてみて、ライヴの画が浮かんだのと同時に、色はそれぞれ違えど、全体的にポジティブな印象を受けました。

SHINPEI:ライヴでも起承転結のあるエンターテイメント性を重視しているので、その点ではライヴの画が浮かびやすいかもしれないですね。

DAIGO:全部通して聴いた後にポジティブに、前向きになれるようなアルバムにしたかったです。

――その方向性はあらかじめ話し合いがあったのですか? 偶然ですか?

DAIGO:何回もミーティングしたよね。偶然といえば偶然だけど。まあ必然かな。

AKIHIDE:世相的にも、個人的にも、前へ進む力強さが欲しかったので、自然とそうなったんだと思います。

SHINPEI:アルバム曲はたくさんある曲の中から選りすぐられたものです。アルバムタイトルにもある「GO」…前に進んで行こうというテーマが、ポジティブな印象のある曲を集める要因になった気がします。

――そのタイトル曲「GO」は、7月22日の日本武道館で初披露されましたが、手応えはいかがでしたか?

DAIGO:めちゃくちゃいい曲だなと思ったよ。最高だった。

AKIHIDE:静かながら熱く燃える高揚感を感じました。

SHINPEI:熱く燃え過ぎずクールになり過ぎずの、新しいBREAKERZワールドが作れたと思います。今後のライヴでも重要な1曲になると思います。

――BREAKERZワールドといえば、「スマイル 100%」は掛け合いも入っていたりして、「GO」とはまた違ったBREAKERZらしいライヴ感たっぷりの楽曲ですが、レコーディングはどんな様子だったのでしょう?

DAIGO:とても楽しかったよ。ファンのみんなの声も入って。

SHINPEI:DAIGOさんがレコーディング現場で、「3人それぞれで歌ってみよう!」というアイディアを出してくれたんです。

AKIHIDE:メンバーがそれぞれ歌ってるところは、自分が歌う部分の歌詞が普段は言わない言葉だったので、慣れるのに少々時間がかかりました。

――たしかに…なかなか言わない言葉ですね(笑)。

AKIHIDE:でも楽しい雰囲気でレコーディング出来ました。

SHINPEI:不慣れながらも、楽しくマイクの前で歌えました。

――みなさん本当に楽しそうです。ファンの皆さんはとても萌えてしまうと思います!

DAIGO:ライヴはマジ盛り上がるね(^O^)(顔文字指定あり)

――こういうHAPPYな世界観はみなさんの仲の良さが伝わってくるBREAKERZだから成せる空気感だなと思います。そんな今回の制作期間中、ほっこりorおもしろエピソードなんてありましたか?

SHINPEI:AKIHIDEさんと同じコンビニで隣同士で立ち読みしていたのに、1~2分位お互い気付かなかったことがありました(笑)。

AKIHIDE:レコーディングの合間の休憩で公園に行きました。詳しくは初回限定盤に入っている特典のドキュメンタリー映像で。

――宣伝上手(笑)! そうそう、3種連動特典も豪華ですよね。それぞれレアなものばかりなのに、5つもあるという…!(詳細はこちら) みなさんならどれを選びますか?

DAIGO:俺は年賀状かな。100%もらえるからね。

AKIHIDE:年賀状です。お正月から縁起が良さそうなので。

SHINPEI:ファンの立場なら、GOコンですね! どんなトークが飛び出すのか楽しみです。メンバーの立場では、バックステージです。ライヴ会場でしか味わえない生の熱い空気感を共有出来るとってもレアな場なので。

◆まだまだガンガン前に突き進むっていう、まさに「GO」の精神(DAIGO)

――熱いといえば「Destruction」はいつになくサウンドも歌詞も攻撃的でびっくりしました。今回のアルバムには最初から攻撃的なナンバーを収録する予定だったのですか?

AKIHIDE:もともと予定になくてギリギリで収録されることになった曲でした。

DAIGO:ギリギリに決まったかな。締め切りもあったしあらゆる限界と闘って、結果として収録されることになりました。

AKIHIDE:その分、スリリングなサウンド感になったと思います。

SHINPEI:最後の最後までアルバムに収録するか悩んでいた曲でした。あまりに激しくキャラが濃い曲なので(笑)。でも、こういっためっちゃ激しいロックテイストの曲は個人的にも大好きで燃えるナンバーなので、収録できて嬉しいです!

――激しいですよね! しかもこの攻撃的なナンバーがラストに収録されるというのは、また意外でした。

DAIGO:まだまだガンガン前に突き進むっていう、まさに「GO」の精神だね。

AKIHIDE:ライヴのラストナンバーのように、自分の限界を壊して新たな自分を作り出すという感じだと思います。

SHINPEI:「オレンジ色の空」で温かいイメージのまま終わらずに、ライヴでのアンコールのように押し寄せる「Destruction」! このラストへの持って行き方もBREAKERZらしさかなと思い収録しました。

――なるほど。個人的にはライヴで「DESTROY CRASHER」の前後あたりに組み込まれるのでは? と、予想しています。ところで、前回のインタビューでDAIGOさんは夜型とのお話でしたが、今回もやはり作業は夜に?

DAIGO:俺はもちろん夜だね。

――AKIHIDEさんは?

AKIHIDE:最近はめっきり朝型になりました。朝起きて、ウォーキングして、食事をしてから制作時間を作っています。

――なんて健康的! SHINPEIさんは?

SHINPEI:めっちゃ夜型です。作業に没頭して気が付けば朝の9時なんてことも…! あまり健康には良くないので(苦笑)、今後は気を付けないといけないですね。

――でもSHINPEIさん健康体なイメージです。運動にも適した季節・秋になりましたが、今年もVAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2011」に出演されるんですよね。今年の衣裳の方向性はもう決まっていますか? ちょっとだけヒントをお願いします!

DAIGO:今はまだ決まってないからヒントもないけど最高のパーティーを心から楽しみたいと思います!

AKIHIDE:そこはまだ決まっていないので、本番のライヴをお楽しみに。

SHINPEI:毎年その年に旬だったものや、メンバー間で話題になっているものを題材にすることが多いので…日々メンバーのブログやBREAKERZのHPをチェックしてみなさん予想してみてください!

◆新しいBREAKERZのROCKワールドを感じていただけると思います(SHINPEI)

――ではあらためて、アルバム収録曲の中で「ココを聴いてほしい!」という1曲をあえてあげるなら?

DAIGO:1曲はなかなか選べないけど、(「Destruction」の)最後の俺のシャウトかな。

AKIHIDE:「星の旅人」という曲ですが、耳を澄ますと、バンドサウンドだけでなく汽車の音やモールス信号の音など入っているので、いつもとは違う聴き方で音探しが出来ると思います。

SHINPEI:やはりタイトルチューンの「GO」ですね。新しいBREAKERZのROCKワールドを感じていただけると思います。

――いろいろなBREAKERZをじっくり堪能していただきたいですね。そんな『GO』を引っ提げた全国ツアーが10月22日からスタートしますが、特に楽しみな会場・地方はありますか?

DAIGO:もちろん全会場です。でも仙台でライヴがやれるのは嬉しいですね。

AKIHIDE:どこの会場も楽しみですが、日光は修学旅行ぶりなので、期待してます。

SHINPEI:どこもそれぞれの良さがあるので…1つには決められないですね! 全会場がめちゃめちゃ楽しみです。

――5周年YEAR突入5枚目のフルアルバム『GO』リリースということで、随所に“5”というキーワードが潜んでいるようですが、このツアーにも何か“GO”が潜んでいたり…?

DAIGO:とくに潜んでないかな(笑)。

AKIHIDE:あるかもしれないですね!

SHINPEI:きっと何か用意出来ると思います!

――あれ(笑)? 真相はいかに!?

AKIHIDE:とにかく、晴れやかな未来へみんなでGO出来るようなライヴにしたいです。

SHINPEI:ライヴの曲の中なのか、ライヴのグッズに反映されているのか…ツアーをお楽しみに!

(文・金多賀歩美)

BREAKERZ

<プロフィール>

DAIGO(Vo)、AKIHIDE(G)、SHINPEI(G)からなる3ピースバンド。7月22日、日本武道館で行われたデビュー4周年記念ライヴを成功させ5周年YEARに突入。アルバム『GO』リリース週のシルバーウィークには“5”都市“5”会場でのリリースイベントが行われるほか、10月22日より全14公演に渡る全国ツアーがスタートする。

■オフィシャルサイト
http://breakerz-web.net/

【CDデータ】
『GO』初回生産限定盤A
初回限定盤A
[CD+DVD]
ZACL-9047
¥3,990(tax in)
amazoneで購入する
『GO』初回生産限定盤B
初回限定盤B
[CD+DVD]
ZACL-9048
¥3,990(tax in)
amazoneで購入する
『GO』通常盤
通常盤
[CDのみ]
ZACL-9049
¥3,059(tax in)
amazoneで購入する


『GO』
  2011年9月21日発売
(発売元:ZAIN RECORDS)
記念すべき5枚目のフルアルバム。2010年~2011年発表のヒットシングル4作品から6曲と新音源8曲というボリュームで、BREAKERZをたっぷりと堪能できる1枚。
【収録曲】
01. GO
02. 激情
03. 月夜の悪戯の魔法 (GO Version)
04. CHANGE THE WORLD
05. CLIMBER×CLIMBER
06. Present
07. 絶対! I LOVE YOU
08. スマイル 100%
09. 寂しがりや
10. BUNNY LOVE
11. LAST † PRAY
12. 星の旅人
13. オレンジ色の空
14. Destruction
通常盤のみトレーディングカード封入(全5種類/ランダム封入)