インタビュー

BREAKERZインタビュー

BREAKERZ

10枚目となるシングルで、切なく美しい“和”の世界を描き出したBREAKERZ。春の宵、朧な月を艶やかに彩る彼らの新たなサウンドに酔いしれる。

今回の両A面シングルでBREAKERZが描き出したのは、かくも美しき“和”の世界、そして彼ららしさ溢れる爽快なロックという全く異なる二つの表情!桜舞い散る朧ろな春の月の下、雅やかな琴の音と共に奏でられる恋愛模様を月の満ち欠けに譬えたドラマティックな詞と丁寧に作り込まれた切なくも艶やかな「月夜の悪戯の魔法」。その対をなすようなアッパー・チューン「CLIMBER×CLIMBER」。デビュー4周年を迎えたBREAKERZが魅せる、新たな世界をご堪能あれ!

■和の旋律×ROCKギターという面で新しさを表現できたなと(SHINPEI)

――記念すべき10枚目のシングルリリース、おめでとうございます! 新曲「月夜の悪戯の魔法」は今までのBREAKERZとは一味違う“和”のテイストですが、今回どんなイメージで曲作りをしたんですか?

AKIHIDE:ミステリアスで切ない感じをイメージしていたら、最初の琴の旋律が生まれてきたんです。そこから広がって、あれよあれよという間に原曲が仕上がったという感じで。

――日本人の琴線に触れるような趣あるメロディアスな楽曲ですが、「月夜の悪戯の魔法」というタイトルも意味深ですよね。

DAIGO:今回“和”を意識してるからね。漢字を使いたかった。名探偵コナンのエンディングテーマでもあるからその世界観もちゃんと意識して描きました。

――今回の楽曲でBREAKERZは新境地に立ったのではないかと思うのですが、今作で新たに取り入れた技巧はありますか?

DAIGO:恋愛模様を月の満ち欠けとリンクさせてドラマティックに仕上げました。あとやっぱり漢字が多いね。テーマが“和”だからね!

AKIHIDE:琴の打ち込み(プログラミング)のフレーズはより丁寧に濃密に練りこみました。逆にギターは勢いを大事に、特にギターソロではむせび泣くような感じで思いを込めて弾いてます。

SHINPEI:“和”の要素が含まれたサウンドに、敢えて自分のスタイルを変えずにストレートなロックサウンドを奏でることが自分らしさかなと思い演奏しました。新たな技巧というものは無いのですが、和の旋律×ROCKギターという面で新しさを表現できたなと思っています。

――新鮮な中にBREAKERZらしさが散りばめられていますよね。ところで今回、衣装も着物モチーフでこれまでにはない和テイストで、何やらエロティックですが、個人的にお気に入りのポイントは?

DAIGO:着物チックなスタイルは新鮮だったね! 艶やかだし。頭につきさしたかんざしっぽいの、好きだね!!

AKIHIDE:非喫煙者なのに、それっぽく持ち慣れた感じで手にしている「キセル」ですね。

――全く違和感がないです(笑)。SHINEPIさんは?

SHINPEI:袖を大胆に切り落としたノースリーブの着物です! 着物もリメイクするとこんなにROCKな印象になるんだなぁと感じました。

■いろんな俺たちを知って欲しいし。いいよね!そういうのって!!(DAIGO)

――「CLIMBER×CLIMBER」は、「月夜の悪戯の魔法」とは雰囲気がガラリと変わって爽やかなイメージですが、それぞれどんなBREAKERZを表現したいと考えましたか?

SHINPEI:大人な雰囲気のBREAKERZと、少年のような元気さが溢れるBREAKERZの両方ですね。ある意味対極的ですが、どちらもBREAKERZが持っている味が引き出せたと思います。

DAIGO:最高にクールなBREAKERZを意識したね!

AKIHIDE:色んなカラーに挑戦してゆくという僕らの心意気です!

DAIGO:いろんな俺たちを知って欲しいし。いいよね!そういうのって!!

――DAIGOさんはどういうスタンスで詞や歌に臨んでいますか?

DAIGO:とにかく深夜につくってる! 最近とくに歌詞は大変だね。でもやっぱり曲の雰囲気とかを意識してつくる場合が多いね!! 歌詞は「月夜の悪戯の魔法」は『新月 闇に潜むように 君の姿が見えない』ってとこはかなり文学的でいいよね! 「CLIMBER×CLIMBER」は『欲しいものは一歩を踏み出す BRAVE=勇気』。くるよね!!

――きますね! 夜中に作詞をしている…ということでしたが制作は夜行われたんですか?

DAIGO:昼に歌ったら全然ダメだった。やっぱり俺は夜型なんだよね!!

――ギターのお二人は、今回の制作はいかがでした?

SHINPEI:「CLIMBER×CLIMBER」は曲の構成でかなりディスカッションを繰り返しました。メンバーと様々な意見交換をして、最終的には10パターン位のバージョンを経て現在の構成になったので、スリリングな曲の展開が作れたと思います。

AKIHIDE:「CLIMBER×CLIMBER」のギターバトル部分ではSHINピーと向かい合って実際に戦ってるようにレコーディングしたけど、見つめ合うとなんだか照れてしまいました。

――それは見てみたいかも(笑)。BREAKERZの曲作りは、タイトル、メロディー、歌詞…何から形になることが多いですか?

SHINPEI:ギターでコードを鳴らしながら鼻歌で作曲することが多いです。
今回の「CLIMBER×CLIMBER」もそんな始まり方でした。

AKIHIDE:「月夜の悪戯の魔法」はイントロの琴の旋律が曲のイメージを呼びましたね。

――BREAKERZの曲作りは、個人個人がそれぞれ考えたものを全員で作り上げていくもの? それとも会議で1から意見を出し合っていくうちに見えてくるもの?

DAIGO:まあ両方あるけど、基本的には前者かな。もちろんみんなでディスカッションするときもあるけど。

■一人でも多くの方に笑顔になってもらえるように精一杯頑張ります(AKIHIDE)

――ところで皆さんはそれぞれお互いをどんな性格だと分析していますか?

DAIGO:俺は気分屋。AKIさまはしっかりもの。SHINPEIはいいやつって感じ♪ 最高にハモってるよ。揉めないしね。揉めちゃうと後が大変だから。みんな気を遣い合ってるよ! 最高にLOVE & PEACE!!

SHINPEI: DAIGOさんは、曲についてのアイデアが浮かぶと24時間いつでも電話をくれて意見交換をします。音楽面でのヒラメキ、アイデアが凄い。でも早朝の電話はたまにビックリします(笑)。AKIHIDEさんは、ギターレコーディングの度にいつも新しい機材を準備して自分では出せないような個性的な音を聴かせてくれます。とても凝り性でこだわりのあるギタリストです。

AKIHIDE: DAIGOくんは周りをよく見ているリーダー的存在。いつもみんなを笑顔にさせてくれます。SHINピーは心優しくて、バンドのバランスを考えて舵とりをする人。愛犬の話をすると無邪気な笑顔を見せる。

――3人の仲の良さが伝わってきてほっこりしました(笑)。では、BREAKERZをやっていて一番楽しい瞬間は?

DAIGO:やっぱりライヴかな。ただBREAKERZのWORKSは全部最高にハッピーだよ! 好きなことやって生きていけるのは最高としか言いようがない。

AKIHIDE:ライヴです! みんなの笑顔が見れるその瞬間。

SHINPEI:カッコいい曲が生まれて、それをライヴで演奏してファンの皆さんと共有している瞬間が一番楽しく充実感があります。

――ライヴといえば、7月にはデビュー4周年記念ライヴが日本武道館で行われますね。どんなライヴになりそうですか?

DAIGO:とにかく応援してくれるみんなはもちろん、初めて来ようとしてくれる人も最高に楽しめるハッピーなエキサイティングなライヴにしますよ!!

AKIHIDE:一人でも多くの方に笑顔になってもらえるように精一杯頑張ります。そして僕らも楽しみます。

SHINPEI:三度も日本武道館でライヴができる事に感謝の気持ちでいっぱいです。今のBREAKERZができる最高のステージが見せられるよう、全力で挑みます!

――最後に今後の野望を是非!

AKIHIDE:とにかく沢山の方に愛されるバンドになるよう頑張ります。

SHINPEI:ヒットチャートの第一位はまだ叶えた事の無い夢なので、いつか叶えてみたいです! そのためにいい楽曲を生み出せるよう、これからも頑張りたいと思います。

DAIGO:俺たちの音楽でもっとたくさんの人をハッピーにできるように最高の曲を作っていきたいね!いつか海外でライブもやりたいしね!!これ読んでくれた人はもうBREAKERZの一員だよね!!

(文・後藤るつ子)

BREAKERZ

<プロフィール>

DAIGO(Vo)、AKIHIDE(G)、SHINPEI(G)からなる、ベース、ドラムレスの3ピースバンド。4月27日、発売延期となっていた10thシングル『月夜の悪戯の魔法/CLIMBER×CLIMBER』をリリース。7月22日にはデビュー4周年記念ライヴが日本武道館で行われる。また、東北地方太平洋沖地震を受け4月8日Zepp Tokyoにて募金活動を開催した他、5月11日(会場:umeda AKASO)、5月20日(会場:Zepp Tokyo)にはBREAKERZ CHARITY LIVE“CLIMBER”を行うことが発表された。その目覚ましい活動に注目が集まる。

■オフィシャルサイト
http://breakerz-web.net

【リリース情報】

初回生産限定盤A
(CD+DVD)
¥1,680

初回生産限定盤B
(CD+DVD)
¥1,680

通常盤
(CD)
¥1,260


『月夜の悪戯の魔法/CLIMBER×CLIMBER』
2011.04.27発売
(ZAIN RECORDS)
BREAKERZが放つ10thシングルは、美しくも艶やかな“和”のサウンド。彼らが魅せた新境地をじっくり味わえる1枚。
【収録予定曲】
<CD>
01.月夜の悪戯の魔法
02.CLIMBER×CLIMBER
03.ありがとう ~Beautiful day~

<DVD・特典>
初回限定盤A:「月夜の悪戯の魔法」Music Clip+Music Clipオフショット
初回限定盤B:「CLIMBER×CLIMBER」Music Clip+Music Clipオフショット
通常盤:トレーディングカード封入(全10種類/ランダム封入)