News

WING WORKS×Ricky、ツーマン『機密の花園』特別対談インタビュー公開!

『ENTITY』

WING WORKSが2月3日(日)リリースの2nd Album『ENTITY』の発売を記念して開催するツーマンシリーズ『機密の花園』。本日はその締め括りとなる3月8日(金)のツーマン相手のRickyを迎えての、スペシャル対談をお届けする。

2001年にDASEINのボーカリストとしてデビューを果たし、以降R*A*PやRIDER CHIPS、ソロ・プロジェクトDotto.~独人~など、現在はHYPER NEO SOLOISTという肩書きのもと様々な形態で意欲的な活動を行っているRicky。秀でた歌唱力を備えたうえで“宇宙生まれの埼玉育ち”と自称し奇抜なコスチュームを纏う彼と、2nd Full Album『ENTITY』で独特なフューチャー感とファンタジック感が融合したコンセプチュアルな世界観を確立したWING WORKS RYO:SUKEは、お互いに以前からシンパシーを感じていたようだ。2人がじっくり話をするのは今回の対談が初めてだったそうだが、それを感じさせない親密さが溢れていることが印象的だった。

RickyさんのMVを見て、ボーカリストとしての所作や佇まいに、すごくグッとくるところがあったんです(RYO:SUKE)
――お二人は、どんなふうに知り合ったのでしょう?
RYO:SUKE:初めてちゃんとお会いしたのは、去年の頭にRickyさん冠のニコ生の番組に僕を呼んでくださった時です。若輩者の僕をなぜ呼んでくれたんだろうという思いがありつつ、すごく楽しい1日を過ごさせていただきました。その場で、RickyさんがWING WORKSの音楽の近未来的な世界観とエンターテインメントな部分を大事にしているのが面白いよねとおっしゃってくれたのがとても印象的だったんです。
Ricky:それはもう、僕はRYO:SUKE君のことをリスペクトしていますから(笑)。
RYO:SUKE:そんな風に言って頂けて、本当に光栄です。僕ももちろんRickyさんのことはずっと昔から存じていたし、その日の番組で流れたRickyさんのMVを見て、ボーカリストとしての所作や佇まいに、すごくグッとくるところがあったんですよ。それで、もっとご一緒したいというところで、今回のツーマンシリーズ『機密の花園』にオファーさせていただきました。
Ricky:僕は少女-ロリヰタ-23区の頃のRYO:SUKE君は、全然知らなかったんですよ。彼がWING WORKSを始めた時のデザインとか、アートワークとかを見て、すげぇなと思ったんです。すごくセンスがいいなと。僕も宇宙人なのでDASEINの頃からサイバーなアプローチはしていたけど、優に軽く、スタイリッシュに超えられたなと思って。それで、RYO:SUKE君に興味を持つようになったんです。僕はTHE MICRO HEAD 4N’Sをやっていた時に、WING WORKSと対バンしているんですよ。名古屋E.L.Lで、上から見た覚えがある。
RYO:SUKE:『ViSULOG』のイベントですか?
Ricky:そう。その頃のRYO:SUKE君はすごく尖っていたから、僕のことなんか全然眼中になかったと思うけど(笑)。
RYO:SUKE:あの頃の僕は尖っていたというか、バリアを張っていたと思っていて。
Ricky:バリア?
RYO:SUKE:はい。あの頃は自分自身に対して、“俺がやっていることをみんなが笑ってバカにしているんだ”と思って勝手に壁を作っていたんです。対バンをすると、対バンのお客さんが僕の演出とかを見て笑うんですよ。それも“インタレスト”の意味ではなくて、“ファニー”の意味で。どんな受けとめ方をするかは人それぞれだけど、僕はそれを受け入れられなかった。WING WORKSを始めた1年目からわりとそういう感じで、自信をなくしていたんです。
Ricky:WING WORKSを始めた頃は、かなり振り切っていたもんね。
RYO:SUKE:振り切っていました。
Ricky:僕もRYO:SUKE君の気持ちはわかるよ。自分もDASEINの頃は、受け入れられなかった部分もあったから。自分としてはスタイリッシュにいきたかったけど、ダサ面白い路線になって、衣裳とかも奇抜で、僕自身が途中で“なんで、俺はこんなの着てるんだろう?”と思ったから(笑)。周りからはいろいろ言われていたし。いわゆる決め事……たとえば、「命を燃やせ!」みたいなことをやると、クスッと笑う人っているよね。それで心が折れそうになるのはわかるけど、僕らはキャラクターとして、それを武器にしてきたというのがあって。「Rickyビーム!」とかね。それが受け入れられるまで続けたんだ。
RYO:SUKE:僕も今でも続けています。
Ricky:そう、続けることが大事だと思う。そこに音楽に対する自信とか、伝えていることのメッセージ性とかがちゃんとあれば、笑われてもガマンできると思うから。そこが中途半端だと、折れちゃうよね。
RYO:SUKE:まさしく、今はそう思えます。実はRickyさんが見てくれた『ViSULOG』のイベントの後、僕はサイバー感とか、フューチャー感みたいなものは一回やめてしまったんです。
Ricky:それは、和の方向に行った後に?
RYO:SUKE:そうです。よくご存じですね。
Ricky:いや、本当に好きだから、よく見ているんですよ。
RYO:SUKE:本当にありがとうございます。その時は“和サイバー”というか、海外の人から見た時の“ジャパニーズ・フューチャー”みたいなところを意識していたんですけど、それを最後にコンセプチュアルなことは一度全部やめたんです。そういう方向性で続けていくことに自信がなくなったというのもあるし、それだけじゃなくて、“ボーカリストとして、こうありたい”というのが、コンセプトとはまた別の部分で生まれたんです。ボーカリストとしてはリアルな自分の内面を見せていきたいという思いがあって、そこの部分を伸ばしていくうえでコンセプトがちょっと邪魔かもしれないと思ったんですよ。それで、フューチャリスティックな世界観は取り除いたフェーズに入っていったんです。
Ricky:今もそうなの?
RYO:SUKE:いえ。そこからさらに変遷がありつつ2017年に元々やっていたバンドの『少女-ロリヰタ-23区』が復活したんです。それで、2017年から2018年の半ばまでWING WORKSと少女-ロリヰタ-23区を同時進行でやっていたんですね。それを経て、今はWING WORKSが元々持っていたフューチャーな世界観と少女-ロリヰタ-23区で築いたファンタジックな世界観をジョイントさせるというモードになっています。
Ricky:去年の秋に出した「ACID CASTLE」のPVは、ファンタジックですよね。女の子が出てきて。
RYO:SUKE:えっ? 見てくださったんですか?
Ricky:うん。いや、僕は本当に結構チェックしているんですよ(笑)。
RYO:SUKE:嬉しいです!少女-ロリヰタ-23区の復活期間でやり残したことをWING WORKSとして形にしたいという思いがあって、久しぶりにああいうPVを作ったんです。それを経て、次のPVは、本来のWING WORKSを進化させたもっとフューチャーの要素を入れようと思っています。(2019年1月1日に公開された「SiLiConE」)

◆もし僕が普通にカッコいい路線でいっていたら、今よりファンはいない気がする(Ricky)
Ricky:そもそもWING WORKSを立ち上げた時のアートワークとか衣裳とかのアイディアは、どういうところから出てきたの?
RYO:SUKE:十代の頃になにが好きだったのかという話になりますけど、僕はアニメの『新世紀エヴァンゲリオン』と『少女革命ウテナ』が自分の深いルーツなんです。『少女革命ウテナ』は『ヴェルサイユの薔薇』のようなヨーロッパ調でクラシカルな世界観を’90年代の解釈で再構築したアニメで、一方『新世紀エヴァンゲリオン』はロボットが出てくる近未来の世界観をベーシックに宗教や精神世界という領域まで踏み込んだ作品ですよね。僕『エヴァ』と『ウテナ』の両方がすごく好きで、少女-ロリヰタ-23区を結成した時は、その時のシーンの状況や自分のモードを投影して『少女革命ウテナ』から影響を受けてきた感性を前面にアウトプットしていたんです。バンドのスタイルがその世界観で確立されたことで、僕の中のSF的な感性はあまり表に出ることはなかったんですが、その後少女-ロリヰタ-23区が終わることになって、いろいろ考えてソロ・アーティストでやっていこうとなった時に、今までやってこなかったSFの要素を強く出そうと決めたんです。“少女-ロリヰタ-23区の人”として見られたくないという思いもあったし。そこから始まって、いろんな変遷があって、今に至っています。Rickyさんはご自身のスタイルや世界観は、どんなふうに作られたんですか?
Ricky:僕は、全然ミーハーですよ(笑)。元々自分はデビューするところまではいけないと思っていたんです。JOEさん(ex.SEX MACHINEGUNS)がDASEINを結成するにあたって、たまたま僕のテープを見つけてくれて、一気に駆け上がったという。本当にジャパニーズ・ドリームという感じだった、3年で終わったけど(笑)。で、僕は別に顔がいいわけでもなかったし、なにかキャラクターづけしないと…というのがあって。それで、サングラスを“ガーン”として、金髪で頭を大きくして、さらに宇宙人キャラ……キャラではなくて宇宙人なんですけど(笑)、そういう方向でいこうと。で、ドラムはカッコいいというギャップの面白さで売っていきましょうということになったんです。ずっとそれでやっていたから、サイバー感というのは常にありましたよね。それを継承して、その後結成したR*A*P(アールエーピー)は“宇宙人3人組”というコンセプトになったんです。
RYO:SUKE:Rickyさんのキャラクターをベースにしたんですね。
Ricky:そう。その時はまだDASEINのプロデューサーが見てくれていたというのもあったし。そのプロデューサーはキャラクターづけが得意で、アイドルがやるような自己紹介とかもやろうということになって。それで、「いつもキラキラ光りモノ宇宙人ボーカルのRickyです!」とかもDASEINから引き継いでやっていた。でも、R*A*Pの途中でRYO:SUKE君と同じように、キャラが邪魔になる部分が出てきたんですよね。曲の世界観を宇宙とか宇宙人に寄せていくことに不自由さを感じてしまったというか。それで、ソロをやることにしたんです。ソロでは普通にいい曲、特にバラードを歌いたかったから、イロモノっぽい要素は全部排除しようと思って。普通の歌い手として認知されたくて、Rickyという名前も改名して“Dotto.~独人~”という名義で活動していたんです。当時は和製ビョークになりたいとか思って、すごくマニアックな方向にいってしまって、1曲7分あったりしたんだよね。でも、途中で自分が飽きちゃったという(笑)。

――とはいえ、その時期にDotto.~独人~をやられたのは、いいリフレッシュになったと思います。
Ricky:そうですね。その頃にやっていた音楽は、今でも気に入っているし。それに、Dotto.~独人~を経て、バラードもロックもヒーローソングも全部歌える自分が強いんだと、いい意味で開き直ることができた。だから、今はもうなんでもやるというスタンスです。
RYO:SUKE:宇宙人キャラも否定せずに、それでやっていこうと?
Ricky:うん…だからキャラじゃないって(笑)。もし僕が普通にカッコいい路線でいっていたら、今よりファンはいない気がするんですよ。みんながカッコつけていく中で、僕は歌はマジメに歌うけど、キャラと見た目が面白いというところでインパクトはあっただろうから。で、そこで出会ったファンの方々に、今も支えられているんです。
RYO:SUKE:なるほどですね。僕はパートが変わったというのもあるし、だからこそ、今の自分は歌を磨かねばとすごく思うんです。今回僕が『機密の花園』にRickyさんをお誘いしたのは、“歌い人”で、ずっとソロ・アーティストでやってこられたRickyさんに胸を借りたいと思ったんです。僕はソロを始めるまで、本当に歌っていなかったし、歌もサウンドのひとつとして捉えていたんです。でも、そうじゃないんだな、歌というのは楽器とは根本的に違うんだなということが、ここにきてようやく感覚的にわかったんです。歌う時と楽器を弾く時とでは心の置き方が全く違うところにあるということに、やっと気づけた。
Ricky:それは、どういうこと?
RYO:SUKE:曲を作っているとか、打ち込みをするとか、ベースを弾くといったことは、僕の中でわりと地続きな感覚があるんですよ。でも、歌を歌うということは全く違う。それは、ずっと歌われているRickyさんにはわからないと思いますけど。
Ricky:うん、わからない。
RYO:SUKE:それが、羨ましいんですよ。Rickyさんは子供の頃から“歌い人”ですよね。だって、JOEさんの心を掴むものを持っていたわけだし、勝手な想像ですけど、特に歌の練習とかしていなかったんじゃないですか?
Ricky:してない。
RYO:SUKE:やっぱり。僕はそういうボーカリストが悔しくて仕方ない。
Ricky:アハハ(笑)。僕はボイストレーニングに通って、音楽専門学校に通って、自分は絶対歌い手になるんだという人ほどの熱意はなかったからね。でもそれなりに歌えてしまったし、メジャーデビューすることもできた。そういう意味では、僕に対してムカつく人は多いかもしれないね。でも、ソロになってから、自分はなにもしてないじゃないかと気づいたんです。ボクサーとかはメチャクチャ減量してリングに立つけど、僕は曲作りは別として、苦労らしい苦労はなにもしていなかったから。“そんなに簡単にステージに立っていいのか? よくないよな”と思って。と言いつつ、立っちゃっていたんだけど(笑)。でも、最近その罰が下ったのか、喉を壊して、手術して、4ヶ月休んだんです。2017年の6月に手術をして、すぐにきれいに歌えるようになるだろうと思っていたけど全然ならなくて。最近ようやく調子が戻ってきて、まだ波はあるけど少しずつ声をコントロールできるようになってきたかなと。だから、プロの歌い手としての厳しさみたいなものは今頃になって痛感しています。

◆RYO:SUKE君は常に向上心や探究心を持って挑戦し続けてる人なんだろうなと思ったから、今回一緒にライブができるのはすごく嬉しい(Ricky)
RYO:SUKE:喉のことがあったとはいえ、Rickyさんは天賦の才を与えられた人だと思うんですよ。僕はそういう方達とは違うんだということを、やっと認められたんです。でも、だからこそ自分にしか歌えない歌があるんじゃないかなと思って。
Ricky:それは間違いない。僕から見るとRYO:SUKE君はちゃんといろいろできていて、できるが故に苦悩するタイプなんじゃないかなという気がする。WING WORKSに関わったことがある人を2人知っているけど、2人とも口を揃えて「いい意味で、あそこまでこだわりを持っているアーティストは見たことがない。彼は凄いですよ」と言っていたし。RYO:SUKE君は自分がやることに責任を負えてるし、自己プロデュースもできるわけだから、1人でやっていける能力を持った人だと思う。僕も2013年に事務所をやめて、1人でやっていくぞと決めたんですよ。そのためにはステージに立つだけではダメで、なんでもやらないといけないと思って、本を読んだり、セミナーにいったりしたんです。そんな中でRYO:SUKE君を見た時に、常に向上心や探究心を持って挑戦し続けてる人なんだろうなと思ったから、今回一緒にライブができるのはすごく嬉しい。実際、こっちから<SOLODIERS~ソロジャーに花束を~>という僕が主催しているイベントに誘ったこともあるし。
RYO:SUKE:そう。その時はちょうどアルバムを作っていて参加できなかったんです。あのイベントは、もうやらないんですか?
Ricky:もう少しブラッシュアップしたいなと思っている。フリーでも無名でもどこかに所属していてもRYO:SUKE君のように上を目指し挑戦し続けているソロイストはそれなりにいる。そういう志を持った人達が集まることで、他では生まれないものが生まれると思うから、僕はそれを形にしてみたいんです。そのために今大事なのはもっと宣伝して集客すること。例えばイベントのテーマ曲を作ってクラウドファンディングで資金を集めてMVを作ったりすることもやってみたいし。だから、いろんなソロ・アーティストをリサーチしていて、ぜひRYO:SUKE君にも加わって欲しいんです。
RYO:SUKE:それは、ぜひ参加させて欲しいです。Rickyさんのプロジェクトに参加させていただけるとしたら、本当に嬉しいです。
Ricky:それは、こちらこそだよ。

――今後の展開が楽しみです。それに先駆けて、お二人の競演の場となる3月8日の『機密の花園』では、それぞれどんなライブをされますか?
Ricky:今の僕はマニュピレーターとボーカルという2人スタイルと、そこにダンサーを入れたスタイルと、バンドでやるスタイルでやっているんですよ。WING WORKSはバンドでくるよね?
RYO:SUKE:バンドです。
Ricky:WING WORKSのバンドの強さは知っているので、今回は僕もあえてバンドでいきます。バンド形態で、4つ打ちの曲をメインにしたアッパーなライブにしようかなと思っています。もちろんバラード的なものも織り交ぜるだろうし。もう、“イイ曲攻め”でいこうと思っているので、WING WORKSのファンの皆さんにも期待していて欲しいです。
RYO:SUKE:うわぁ、楽しみだな! でも、怖い、怖いなぁ…(笑)。
Ricky:それは、お互い様だから(笑)。
RYO:SUKE:心して臨みたいと思います。あとは、さっきも話したように、今の僕はちゃんと歌を歌いたいという気持ちが一番にあって。そこを大事にしたいし、自然とそういうライブになると思います。それに、3月8日のライブは『機密の花園』の締め括りなんです。ヴィジュアル系のソロ・アーティストとして長く突き進んで来られたRickyさんでこのツーマン・シリーズを締め括れるというのは、僕にとってすごく意義があるんです。そういう思いが溢れたライブになることは間違いないですね。
Ricky:元々はこっちから誘った人から逆オファーがきたわけだから、僕も本当に嬉しい。RYO:SUKE君に負けないように、ちょっと体重を絞ってライブに臨まないと…と思っています(微笑)。

(取材・文:村上孝之)


【ライブ情報】
●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」リリース記念 2MAN LIVEシリーズ『機密の花園 with Ricky』】
3月8日(金) 四谷LOTUS
OPEN 18:30/START 19:00
[出演]
WING WORKS / Ricky
WING-MEN<LIVE MENBERS>
G.鈴木俊彦/G.オミ/B.YUCHI/Dr.匠/Mp.ryu(Lavitte)
[チケット]
発売中
イープラス https://eplus.jp/sf/detail/2792700001-P0030001P021001?P1=1221
[企画制作]G2TD records
[問]四谷LOTUS 03-5315-4781

【リリース情報】
●WING WORKS New Album『ENTITY』
2019年2月3日(日)発売
WGWK-10011 ¥3,000(税込)
2枚組
(発売元:G2TD records、販売元:ONG DISTRIBUTION)

[DISC1]
01.-W・W-Ⅱ [SE]
02.アヌンナキ
03.Welcome to TRICK DEATH LAND
04.SiLiConE
05.未完成サファイア
06.Burn your soul
07.INFERNO
08.El_Dorado?
09.ACID CASTLE [album edition]
10.Amadeus
11.Flower World.
12.ニライカナイ

[Disc2]
01.VAD†MAN
02.不死鳥-FENNIX-
03.FIXXTION BOY
04.メトロア3.0
05.RAVVE OF MY TRINITY
06.IKAROS

<GUEST ATRISTS>
GAKU(FEST VAINQUEUR)/Cazqui(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)/奏/椎名未緒(ユナイト/APPLIQUE)/鈴木俊彦/Daisuke(SEVER BLACK PARANOIA)/Daichi(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)/村田祐一/YUCHI(sukekiyo)/YOW-ROW(GARI)/猟平(ex.CLØWD) ※五十音順

【インストアイベント情報】
●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」インストアイベント①】
渋谷ZEAL LINK B1イベントスペース
3月10日(日)OPEN 13:30 / START 14:00
参加ゲスト:G.Daichi(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)
内容:「ENTITY」メドレーアコースティックライブ&トーク&サイン&2ショットチェキ撮影会

●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」インストアイベント②】
ライカエジソン原宿店
3月10日(日)18:00~
内容:トーク&権利抽選会

●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」インストアイベント③】
名古屋ZEAL LINK
5月11日(土) OPEN 12:30 / START 13:00
内容:トーク&握手&私物サイン&2ショットチェキ撮影会

●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」発売記念ONEMAN『天空庭園エンティティ』】
3月23日(土)新宿WildSide Tokyo
OPEN 17:00/START 17:30
前売り¥4,300/当日¥4,800(D別)
[チケット]2019年1月12日(土)10:00発売開始
イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/2837360001-P0030001P021001?P1=1221

その他イベントスケジュールはオフィシャルまで
WING WORKS オフィシャルサイト http://wingworks-official.com/

【Ricky ライブ情報】
●【DASEIN presents JOE BIRTHDAY LIVE EVENT 「WELCOME TO THE FACE」~4747祝おう お誕JOE会~】
3月16日(土) 渋谷REX

●【Kuroninal Black DASEIN TOUR 2019「音仕舞会~オトシマエ~」~あばよ平成!こいや元年!~】
4月20日(土) 名古屋MUJICA
4月21日(日) 大阪Vi-code
4月28日(日) 目黒LIVE STATION
4月29日(月祝) 目黒LIVE STATION

Ricky オフィシャルサイト http://hyperneosoloist.com/

コメントは停止中です。

Ricky,WING WORKのその他の記事を読む

<トップへ戻る