ライブレポート

2011.10.21
VAMPS主宰ハロウィンライヴ@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

「HALLOWEEN PARTY 2011」1日目

 

 

日が傾いた海辺の街に、ぞくぞくと集ってくるゴーストやモンスター……この日は毎年恒例となったVAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2011」の初日。参加者のドレスコードが“仮装”ということもあり、会場となった幕張メッセは、魔女や幽霊、デビルガールにデビルボーイ、童話のヒロインなど、思い思いの衣装に身を包んだ人で溢れていた。さすが日本最大規模のハロウィンライヴだ。

ステージ上にはお化け屋敷のような西洋の城のセットが立てられ、サイドの壁面では泣き顔のカボチャとニヤリ顔のカボチャが煌々とオレンジ色に光っている。遊園地のお化け屋敷を思わせるような雰囲気に、場内のざわめきからは抑えきれないワクワクした気持ちが感じられた。

 

客席が暗転し、ステージ上方に現れた“顔だけゴースト”が祭りの幕開けを告げると、アリーナは一気に歓声に包まれた。突如流れ出したL’Arc〜en〜Cielの「虹」イントロとともに姿を現したのは……狩野英孝!? 彼はHYDEに進行役として指名されたそうなのだが、50TAとして「PERFECT LOVE」も歌い上げ、がっちり空気を温めた。

 

そして、トップバッターとして呼び込まれたのはBREAKERZ。この「HALLOWEEN PARTY」の目玉の一つとも言えるのが、ステージを彩るミュージシャン達の仮装姿だ。さて彼らのコスチュームは……と、SEとして爆音で聴こえてきたのは「BE MY BABY」。もうお分かりと思うが、この日のBREAKERZの衣装はCOMPLEXのコスプレだった。DAIGO(Vo.)扮する“吉川DAIGO”とAKIHIDE(Gt.)、SHINPEI(Gt.)による“W布袋”が登場し、大盛り上がりの中そのまま「BE MY BABY」をプレイ。アウトロではDAIGOがシンバルを蹴り上げて鳴らすパフォーマンスも見せ、笑いと拍手が巻き起こった。

最新アルバムから披露された「GO」は疾走感と切なくきゅんとするメロディを併せ持つ楽曲。オーディエンスはノリの良さをみせつつも、歌声に聴き入っているのが感じられる。続く「BAMBINO ~バンビーノ~」「灼熱」でフロアを熱々にした彼らは、出番ラストを会場中揃っての「うぃっしゅ!」とお決まりのポーズで締めくくった。

 

黄色い悲鳴に迎えられ二番手としてステージに上がったのは、モンスターに仮装したAcid Black Cherry。いかにも妖しげなBGMとともに、オオカミ男・魔女・ミイラ・フランケンに続いて、ドラキュラ姿のyasuがロングジャケットの裾を翻し、客席に牙をアピールしながら現れる。

おどろおどろしい登場から一変、アッパーチューン「シャングリラ」で場内をキラキラした色に染めあげると、オーディエンスからは笑顔がこぼれた。yasuが“聴いた人が元気になる曲”という願いをこめたというこの曲、聴いていると本当に気持ちが明るくなる。

その後はしっとりと歌い上げる「愛してない」などを挟みつつ、「Black Cherry」「ピストル」といったお得意のセクシーなナンバーを立て続けにぶちかます。ジャケットを脱ぎ捨て、白シャツにベストという姿でステージから観客を煽って回るyasuは、どこか獲物を狙う豹のような雰囲気だ。その色気に当てられたのか否か、「SPELL MAGIC」が終わる頃にはフロアのヴォルテージもMAXに達し、まさにクレイジーになる魔法でもかけられたのかという様相を呈していた。

 

 

そしてトリを務めたのは、もちろんVAMPS。彼らの仮装テーマはどうやら“映画の登場人物”のようで、サポートメンバーはジグソウ、ゾンビ、ジョーカーという見るからに恐ろしい顔ぶれだ。そしてK.A.Z(Gt.)はというと、なんと『もののけ姫』のサン。 その意外な組み合わせに驚いていると、城のてっぺんにシザーハンズになりきったHYDEの姿が! ハサミで雪像を作るシーンをそっくりに再現してみせると、一際大きな歓声の中、華麗に宙を舞ってステージに降り立った。

ダークファンタジー風な演出の余韻を一気に吹き飛ばした「MIDNIGHT CELEBRATION」、場内はロックなモンスター達の巣窟となった。HYDEの歌声もエッジが効いており、その両手のハサミの如く切れ味抜群。激しいながらに聴かせる系の曲から、次第にオーディエンスを巻き込むナンバーに変わり、「REVOLUTION」ではアリーナに観客の足踏みをする音と大合唱が響く。お馴染みの“ゆるエロい”HYDEのMCの後には、勢いがさらに加速し「TROUBLE」「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」の畳みかけでフロアは興奮のるつぼに。完全燃焼して本編終了となった。

 

アンコールのセッションでは、サポート陣も含めたオールスターが仮装姿のまま舞台に再登場。自由過ぎる指揮者HYDEが振るハサミに合わせて、懸命に三拍子のメロディーを奏で、客席の笑いを誘う。そしてラストにお披露目されたのは、HYDEがハロウィンライブのために書き下ろしたという「HALLOWEEN PARTY」。お化け達の宴にぴったりの不気味で愉快な旋律で、「HALLOWEEN PARTY 2011」1日目に幕が引かれた。

 

 

◆セットリスト◆

 

【BREAKERZ】

01. BE MY BABY

02. CLIMBER×CLIMBER

03. GO

04. BAMBINO  ~バンビーノ~

05. 灼熱

 

【Acid Black Cherry】

01. シャングリラ

02. 罪と罰〜神様のアリバイ〜

03. 愛してない

04. Black Cherry

05. チェリーチェリー

06. ピストル

07. SPELL MAGIC

 

【VAMPS】

01. MIDNIGHT CELEBRATION

02. DOLLY

03. THE PAST

04. VAMP ADDICTION

05. REVOLUTION

06. DEVIL SIDE

07. ANGEL TRIP

08. TROUBLE

09. SEX BLOOD ROCK N’ ROLL

 

【Session】

01. 3拍子(Inst.)

02. 眠り姫

03. HALLOWEEN PARTY

 

 

(写真・今元秀明、田中和子)