2020.10.4
Angelo@大宮ソニックシティ 大ホール
Angelo 14th Anniversary「THE GROUND OF REUNION」

今年6月以降、「NEOPHASE」と掲げ、スタジオライブの生配信や、いち早く有観客での東名阪アコースティックライブ&生配信を開催するなど、コロナ禍においても常に前進し続けてきたAngeloが、10月4日“天使の日”、恒例のアニバーサリー公演となるAngelo 14th Anniversary「THE GROUND OF REUNION」を行った。

“再会の地”となったのは大宮ソニックシティ 大ホール。本来であれば約2,500名収容可能な国内屈指の規模を誇るホールだが、今回の公演では感染拡大予防のガイドラインに従い様々な対策を講じ、観客数を50%以下の約1,200名に制限。同時にZAIKOとニコニコ生放送での生配信も行う形で開催された。

Angeloとしては2月24日以来、実に約7ヵ月ぶりとなったバンドスタイルでの有観客ライブ。当日の本番直前生配信やMCの中で各メンバーから「ようやく辿り着いた」という言葉があったように、この公演は世の中の情勢だけでなく、バンドとして先の様々な挑戦によって成功という結果を出して来たからこそ、実現したものだろう。毎年恒例のアニバーサリー公演ながら、今年は例年以上にこの日を迎えられることの重みをメンバー、ファン、Angeloに関わる全ての人々が実感していたに違いない。

そんな記念すべき一夜は、紗幕に覆われたステージに映像が投影されながら、「Umbilical cord」の重厚なサウンドで幕を開けた。続く「evil」中に紗幕が落とされると、満場のハンドクラップと共に〈鳴り渡る祝福の鐘〉というワードから始まる「ACTIVATE RESONATE」で、今繰り広げられているこの空間が、現実のものであることを実感させてくれた。〈思い出して 絶望の先にこそ 求めた答えがあること〉〈それでも世界は続く〉とキリト(Vo)は歌う。

「すごく会いたかったです。ここから見る光景は懐かしくて素晴らしい。俺たちも君たちも、そしてネットで観ている人たちも、皆この場に心が集まっていますから、思いっきり暴れましょう。難しい時代ですが、そんなの関係ない。蹴散らすくらいの勢いでブチ切れていきましょう」とキリト。先述の「NEOPHASE」公演では声援禁止&拍手不要の着席スタイルとして静寂のなか行われたが、今回は声援のみ禁止ということもあり、これまで通りとはいかないまでも、オーディエンスは拳やクラップ、ヘドバンで応戦し、終始熱量の高い光景が繰り広げられていった。

令和2年の今、産声を上げた新時代は、まさにハイブリッドな世界へ突入している。まるで宝石のように煌めく光が場内を満たした「HYBRID CENTURY」で、〈君がいるから 歩いていける 未知なる新しい世紀へ〉とキリトがフロアを指差す場面があれば、〈書き綴った物語が 誰かの背を押せるように/自分までも救えるように〉と歌うバラードナンバー「止まない雪」で、その思いを真っ直ぐに届ける。さらに、収録アルバム『RESONANCE』(2018年11月)のリリース以降、メッセージ性の観点においてAngeloの核となっていると言っても過言ではない「CRUELWORLD」で、残酷だが素晴らしいこの世界のリアルを伝えながら、そこに「報いの虹」を描いてみせた。この楽曲に綴られた歌詞の抜粋を記したい。

〈振り返らずに 新しい物語を 一から始めるだけさ〉
〈変わっていくことが 何より信じたものを守っていくはず〉
〈強い非難の雨でも 君がいるのなら 恐れなど感じない〉
〈たとえ嘆こうと 絶望はそういつまでも続きはしない〉

フロアの隅々まで見渡し、一人ひとりに語りかけるように歌うキリトの姿が印象的であり、そのメッセージ、後のMCで語られた言葉の数々、そしてその先へ向かおうとするAngeloを思うと、この場面は、この日のハイライトの一つだったと感じる。そして、11月11日にリリースとなる待望のニューアルバムから新曲「:evolve」が初披露されたわけだが、その直前にキリトはこう語った。

「生きていく中では突然の出来事がありますから、そういう時に、ちゃんと対応して変化しながら、それでも楽しむということが大事だと思います。俺もそうやってこの大変な時代、乗り越えようと必死にもがいています。Angeloも突然ツアーが中止になったりしましたが、新しいやり方に対応して、なんとか生き延びてきました。これまでもいつだって乗り越えてきたから、今回も大丈夫だと思っています。そしてAngeloはこの大変な時期に、一生懸命曲を作って新しいアルバムを作りました。世の中がどんな状況でも、俺たちは相変わらず音楽を作り続けることが仕事だから。アルバムのタイトルは『[evolve]』、進化という意味です。まさに今この時期、そして次のフェーズに向かうために、進化していくつもりです」

ここからの終盤戦においても、その全ての楽曲たちが私たちの心に突き刺さるメッセージと共に強靭なバンドサウンドで展開され、生のライブであるこの空間を存分に堪能させてくれたわけだが、「FAITH」を披露する直前に語られたキリトの言葉も記しておきたい。

「これから先も苦しみは続くと思います。不安もまだ収まらないと思います。でも、大事なのはその時何をするべきか、次に何をするべきか。それは同じやり方じゃ通用しない。今までの歴史になかったことだから。色々な失敗もあるかもしれない。だけど、俺は先頭を切って、失敗するのも覚悟で前に進んで行きますので、これからも支えてください。君たちを一人残らず俺は連れて行きたいから。これからも戦っていくからね。ただ閉じこもって怖がって祈っているだけじゃ、何も変わらないんだということを証明してみせます。大きな歯車を壊さないと現実は変わらない、それを伝えたいと思います」

そして本編ラストには、昨年リリースされた今現在の最新作『FAUST』の最後に収録されているメロディアスなナンバー「STOP THE TIME , YOU ARE BEAUTIFUL」をプレイ。蛇足を承知で付け加えるならば、このタイトルはゲーテの『ファウスト』に出てくる有名な台詞でもあるが、この楽曲においても〈予測のできない明日こそ 価値がある〉とAngeloらしい一節が綴られている。

アンコールでは、ファンに対し、各メンバーから言葉が届けられた。
「特殊な空気ですけど、振り上げた拳のパワーが俺のところまでもたくさん届いていますよ。すごく久々に気持ちよくなれています」(TAKEO/Dr)
「こういう特殊な状況下だからこその今日、全てが有り難く感じますし、もう感謝しかないですね。変わらず進んでいくので、変わらずよろしくお願いします」(KOHTA/B)
「皆の手からものすごいエネルギーをもらえて、とても楽しく嬉しく演奏させてもらっています。優しい。こんなに良い会場をスタッフに作ってもらえて、皆とも会えて、今日という日をとても大切にしたいと思います」(ギル/G)
「今日を迎えられたこと、本当に感謝しています。そして初めての体験ですね、こういうの。全員一緒に初体験するというのはなかなか珍しいことなので、記念に残るライブだなと」(Karyu/G)

また、この未曾有の事態は未だ収束の目処は立たず、不安が続く日々だが、キリトは「リスクを負ってでも切り開いていかなきゃいけない。できることを最大限にやって前に進みたいと思います。何もしなければ進化はできないから。何があっても一緒に雨に濡れてくれて、傘になってくれるファンの人たちがいるから、怖くないです。だから前に進めるんです」と話し、ニューアルバムを手に11月17日よりAngelo Tour 2020-2021「THE FORCED EVOLVE」を開催することを新たに発表した。なお、初日のCLUB CITTA’川崎公演と、ファイナルのTSUTAYA O-EAST公演2daysは生配信も行われることが決定している。

そして、「できる範囲の中で、まだ暴れたいよな!? ビビってんじゃねーぞ!」というキリトの叫びから、ライブ鉄板曲「Daybreakers」「RIP」「Script error」の連投で熱狂のラストシーンを描き出し、この記念すべきステージは終幕を迎えたのだった。

最後にキリトは「本当に今日という日は、大切な日になりました。こういう形とは言え、実際のライブがやっぱり一番だと思います。今日は来られなかった人たちも、一刻も早く、一人でも多く、また生のライブを一緒に楽しめる日が来ることを信じているし、その日に向けて着実に前に進んでいこうと思います。これからもよろしく! ありがとうございました!」と告げた。この日は一つの始まりであり、Angeloは次なるフェーズへ向けて歩み出す。

このレポートは多くの“言葉”を記す結果となったが、それは今この時期だからこそ、アーティストがどのような考えを持って活動しているのか、その発言を残すことは極めて重要だと考える。そこで改めて感じたのは、Angeloが楽曲で伝えるメッセージとキリトが発する言葉は、常に一貫しているという事実だ。前だけを見ること、進化し続けること、そのための行動を起こすこと、〈救いの手は掴もうとする者にしか触れない〉のだから。身をもってそれを証明し、ここからまた未知なる未来へ向かうAngeloの意思表示、決意表明とも取れる力強さに溢れる一夜だった。そんなAngeloの進化の過程を見逃さないでほしい。

◆セットリスト◆
01. Umbilical cord
02. evil
03. ACTIVATE RESONATE
04. A MONOLOGUE BY MEPHISTO
05. CREVASSE
06. NEW CENTURY BIRTH VOICE
07. HYBRID CENTURY
08. 止まない雪
09. 光の記憶
10. CRUELWORLD
11. 報いの虹
12. :evolve(新曲)
13. ORIGIN OF SPECIES「ALPHA」
14. RESISTANT BACTERIA
15. FAITH
16. STOP THE TIME , YOU ARE BEAUTIFUL

Encore
01. Daybreakers
02. RIP
03. Script error

(文・金多賀歩美)


【リリース情報】
●New Album『[evolve]』
2020年11月11日(水)発売
(発売元:ブロウグロウ/販売元:ソニー・ミュージックマーケティング)

[初回限定盤](CD+DVD)IKCB-9573~74 ¥3,500+税
[通常盤](CD)IKCB-9575 ¥2,800+税

[CD ※共通]
01. Enter the NEOPHASE
02. Swallow
03. :evolve
04. CELL DIVISION
05. Amon
06. AN ENDLESS MULTIVERSE
07. ティアドロップ
08. 春の風
09. MISSING LINK
10. ALL FOR YOU

[初回限定盤DVD]
LIVE映像(10/4@大宮ソニックシティ 大ホールより「:evolve」他4曲)

【ライブ情報】
●Angelo Tour 2020-2021「THE FORCED EVOLVE」
2020年
11月17日(火)CLUB CITTA’川崎
18:00開場/19:00開演 ディスクガレージ 050-5533-0888
11月18日(水)CLUB CITTA’川崎
18:00開場/19:00開演 ディスクガレージ 050-5533-0888
12月19日(土)大阪umedaTRAD
17:00開場/18:00開演 キョードーインフォメーション 0570-200-888
12月20日(日)名古屋ボトムライン
16:45開場/17:30開演
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
12月25日(金)TSUTAYA O-EAST(FC限定)
18:00開場/19:00開演 ディスクガレージ 050-5533-0888
12月27日(日)仙台Rensa
16:45開場/17:30開演 キョードー東北 022-217-7788

2021年
1月9日(土)TSUTAYA O-EAST
17:30開場/18:30開演 ディスクガレージ 050-5533-0888
1月10日(日)TSUTAYA O-EAST
16:30開場/17:30開演 ディスクガレージ 050-5533-0888

<チケット>
全指定 料金:¥13,200(税・ドリンク代込)
ファンクラブ先行料金:¥12,650(税・ドリンク代込)※同行者は非会員可
制限枚数:お一人様1公演につき2枚まで
(12月25日TSUTAYA O-EAST公演のみFC会員のみお一人様1枚まで)
※3歳以上有料/別途手数料あり

<ライブ配信チケット>
2020年11月17日(火)18:30開演/19:00開始
ZAIKO販売ページ:https://angelo.zaiko.io/e/Tour20201117
2021年1月9日(土)18:00開演/18:30開始
ZAIKO販売ページ:https://angelo.zaiko.io/e/Tour20210109
2021年1月10日(日)17:00開演/17:30開始
ZAIKO販売ページ:https://angelo.zaiko.io/e/Tour20210110
料金:¥3,800(税込)+ZAIKO手数料

お支払い方法:各種クレジットカード、コンビニ決済、PayPal、WeChat、Alipay

Angelo オフィシャルサイト
http://angeloweb.jp