特集-Special Feature-

A9

◆違和感を絶対に微塵も残したくない(ヒロト)

――今作を作る上で曲数はどのくらい集まったんですか?

将:2曲ずつ作っていて、最初が「Phoenix」と「流星群」で、次が「道化師」と「Spiegel」、最後の2曲「フリージアの咲く場所」と「銃弾」が昨日トラックダウンをして。今これが必要だというものを決め打ちで作りました。

――そうなんですね。前作の歌録りはほとんど将さんの自宅とのことでしたが、今回は?

将:家に機材は増やしたんですけど、エンジニアさんと相性が良くて、今はほとんどその人のスタジオで録ってますね。あと高校生の時に一緒にバンドをやっていた友だちが、レコーディングスタジオを始めたので、メンバーにプレゼンしたら結構使ってくれて、ちょっと嬉しい。

ヒロト:そこがすげー良くて。昨日もエンジニアさんが、ドラムの音が今までで一番良いと言っていて。僕もそこで録ったアコギの音が一番好きですね。「Phoenix」の間奏の部分。

Nao:色々な原因があるんだろうなと思いますけどね。まずは楽器が良い。あとはココ(腕)かな!

全員:(笑)

Nao:正確にきっちり叩いてもエンジニアさんがOKをくれなくて、厳しかったんですよ。「つまんないなぁ。正確すぎるっ」と(笑)。「道化師」「Spiegel」とかは音符が詰まっていて、速いと音が小さくなっちゃうことがあるんですけど、「もっと鳴らして!」って(笑)。

将:元々僕らのCDを聴いて良いと思ってくれていたらしくて。今まで活動してきて、人として思い入れを持って接してくれる人に支えられてきたなという実感があったんですけど、そのエンジニアさんもそうだなと思いました。

――そういえば、将さんと沙我さんはスタジオ代のかからない優秀な二人ということで。

Nao:ちょっと待って、僕も入れてくださいよ(笑)! でも、ご飯が良くないと気分が上がらない(笑)。

沙我:自分たちでやっているので、経費もある意味自腹と同じようなものじゃないですか。なのに、鰻を食べだすんですよ。

Nao:こないだ2曲録る日に、1曲録ってから「あぁもうダメだ。鰻食べてからじゃないと叩けない」と。でも、本当だったんですよ! 前夜に叩けなくて、やべー明日叩けるのかなぁって思ってたんです。

沙我:当日も、これから録るって時に「これ、叩けねー」って。こっちとしては、そう言われてもって感じだったけど(笑)。

Nao:ご飯を食べてからじゃないとできる気がしないと思って、食べて臨んだら、あら、サクッとできた(笑)。

――(笑)。それはどの曲ですか?

Nao:「銃弾」です。ハイハットがめちゃくちゃ速くて。

沙我:Naoさんはお金をかけるんですよ。で、ヒロトさんもお金をかける組なんですよ。

Nao:俺、結局かけるほう(笑)?

――Naoさんは食事代で、ヒロトさんはスタジオ代(笑)。

ヒロト:他のメンバーが作ってくれた時間を、有り難く使えるだけ使わせていただいて。

沙我:鬼軍曹ヒロト軍曹ですよ。

将:心のどこかにある違和感を見逃さない。

――ヒロトさんが一番時間をかけるタイプなんですね。

ヒロト:それは自分でも認めますね(笑)。何かモヤッとするものが残ったらと思うと、やめられなくなるんですよ。違和感があると自分の性格的に尾を引くとわかっているので、絶対に微塵も残したくないんです。

沙我:僕らも彼のそんな性格を知っているので、黙って見守ってますね。

ヒロト:何も言わずに帰るようになりましたからね(笑)。

将:俺はヒロトタイムって呼んでるんですけど、それを心置きなくやってもらえるようにしています。

沙我:でもそういう人が一人で良かったよね。

ヒロト:三人とかだったら、音源が出ないと思う(笑)。

――今作はギターが複雑で緻密な印象を受けたのですが。

沙我:シンセがないからギターが目立ってますよね。

ヒロト:実際、今までよりも複雑ですね。シンセがない分、彩ったりするのが自分の役回りかなと思うと、複雑になっていきました。皆、アレンジするのに躊躇がなくなっていて、間口の広いものを目指そうというのがなくなっている分、思っていることをそのまま音にしていますね。あと、ギターが二人いる意味というのをここ5年くらい探求してトライしていて、それがちゃんと形になってきているのかなと思います。

――「道化師」はライブで盛り上がりそうですね。

沙我:今作の中で一番古い曲で、去年の最後のFCライブでやったんです。ジャンルレスな感じ、こういう曲ですって説明しにくいというか、よくわからない曲にしたくて。神秘を感じる曲に人は惹かれるものだと思うんですよ。

◆約束通り、帰ってきました!(Nao)

――現段階ではあと2曲はまだ聴くことができていないですが、「フリージアの咲く場所」にはフルオーケストラが入っているそうで。これはクラウドファンディングがもたらした結果の一つでしょうか。

将:もちろんです。このご時世でなかなかできないことなので。皆さんの応援が形になりました。

――沙我さんが「アジアツアー中に思いついた弾き語りの曲。難航してるよー。一曲だけ無駄に壮大な曲になりそう。」とツイートしていた曲はこれですか?

沙我:そうです。去年2週間くらい中国にいた時に思いついて、ツアー中にカメラを回していたので、記録しておきたくて撮ってもらったんですよ。

Nao:えっ、あれなの!?

将:アジアツアーのDVDに入ってる。

沙我:そう、DVDに入ってるんですよ。なかなかないですよね。本当に思い付いた瞬間の状態を聴けるんですよ。

――それは聴き比べると面白そうですね。そして「銃弾」が速い曲だということだけは、先ほどのNaoさんのお話でわかりました。

沙我:将くんが曲を持ってきて、ちょっとポップだから今作に馴染むようにという要望があったのでアレンジして。

将:激しくなりました。

沙我:え?って思うかもしれないですけど、この曲は僕の中でモチーフが二つあって。一つはプロレスラーのスタン・ハンセンのテーマ。それと、前の事務所にいた時のスタッフさんの携帯の着メロが「仁義なき戦い」のテーマ曲で、それがずーっと頭にあって、そのコード感を使ってみました(笑)。半分ふざけてますけど、自分的にはすごく上手くいって好きですね。

――それにしても、意味深なタイトルですね。

将:疾走感があって思い切りのいい曲。自分を解放しようぜという前向きな内容になっています。

Nao:タイトルを見た時、これは撃ち抜きてーヤツがいるんだなと思いましたよ。

沙我:ライブで将くんが銃を持って、ファンの一人が撃たれるとかどう? 水鉄砲とか。

将:逆に俺がゴーグルして、水鉄砲で撃たれるとか(笑)。

――(笑)。ちなみに「サビで将くんがファンの子を抱きしめながら歌う新曲」というツイートは…?

沙我:「銃弾」なんです。

――意外です!

沙我:将くんがファンの子を抱き寄せて歌ったらもう…そういう画、拝みたいな。

ヒロト:個人的には、抱き寄せるんじゃなくて、髪を掴んで…

沙我:ドSだな(笑)。

全員:(笑)

ヒロト:そんな将さんを見てみたい。

沙我:何かしらの演出をやりたいですね。

――ますますライブが楽しみです(笑)。

沙我:どっかでやってくれるはずですよ、将さん。

将:ツアーも結構本数があるので、回っていくうちに演出が強化されていくかもしれないです。

――8月23日には豊洲PITでの11周年アニバーサリー公演、9月3日からはツアーが始まりますが、今後Vifではパーソナル企画も予定していますので、まずは8月23日に向けてメッセージをお願いします。

Nao:約束通り、帰ってきました! 待たせたな! 新しい作品『銀河ノヲト』をぜひライブで感じてほしいですね。笑顔で叩きます。待ってます!

ヒロト:この1年、個別の活動もして新しいチャレンジをしていく中で、それをすればするほど、よりこのバンドを自分が求めていて。それが今、最高潮に達している時なので、ファンの方もそうあってくれたらいいなと思いつつ、何よりその空間と場所を楽しみたいなと。新しい大きな最初の一歩を、そこに集まってくださる方と一緒に踏み出したいなと思います。

沙我:ずっと待ってくれているというファンの気持ちは、Twitterからも伝わってきて。すごく楽しみですね。『銀河ノヲト』が今までよりテンポも速いしバンド感の強い曲が多いので、今までで一番ハードコアなライブにしたいなと。1年間溜まった脂肪を燃やせる、本当にいい汗かいたなとタオルを巻いて帰れるようなライブにしようと思っています。

将:1年お待たせしてヤキモキさせたと思いますが、この5人のA9を見たいという気持ちが一番高まっているのはメンバー自身だという自負があるので、それを爆発させるようなライブをしっかり見せたいと思います。できたらそこに集まってもらいたいし、来られなくても思いを飛ばしてほしいです。僕らはもう10年20年やっていくつもりでがんばるので、よろしくお願いします。



◆欠席した虎にメールインタビュー◆

Q. 虎さんにとってのこの1年を一言で表すと?

虎:「充電」ですかね。いろんなものをこの時間に吸収してまた吐き出していこうかなと、自分をまた成長させられた気がします。

Q. リレー形式で「Spiegel」を作曲してみて、いかがでしたか?

虎:難しかったです。特に自分の担当が間を埋めるパートだったので、皆の気持ちを一つにまとめた感じでした。

Q. 虎さん原曲の「流星群」は、どのようなイメージで作曲しましたか?

虎:皆が待っているこのバンドに対するイメージはこの感じかなって、皆の笑顔が早く見たいなと思って作りました。

Q. 『銀河ノヲト』制作において(プリプロ、レコーディング等)、印象に残っている出来事を教えてください。

虎:基本、自宅でのレコーディングだったんですけど、自宅だと逆にこだわりすぎて、なかなか終われなかったです。

Q. 『銀河ノヲト』のPRと、8月23日のライブに向けての意気込みをお願いします。

虎:これからの俺らはまた一味違った形で見せていけると思います。皆も心機一転の気持ちでついてきてください。

(文・金多賀歩美)

ARTIST PROFILE

A9

<プロフィール>

将(Vo)、ヒロト(G)、虎(G)、沙我(Ba)、Nao(Dr)により2004年結成。メロディセンスが光る楽曲が注目を浴び、結成直後よりシーンで注目を集めセールス、ライブ動員ともに拡大。2011年には初の日本武道館公演を成功に収める。同年発表した4thアルバム『GEMINI』はオリコンウィークリーチャート初登場3位を獲得。2014年の10周年YEARには、アルバム『Supernova』をリリースし、初のアジアツアーを含む全34公演のツアーを展開。同年8月23日、富士急ハイランドコニファーフォレストでのライブをもって、所属事務所から独立。2015年8月23日、豊洲PITで行われる11周年記念ライブで、1年ぶりに完全復活を遂げる。同日リリースとなるSTART-UP EP『銀河ノヲト』を引っさげ、9月3日より国内&アジアツアーをスタートさせる。


■オフィシャルサイト
http://a9-project.com


【リリース情報】
『銀河ノヲト』
2015年8月23日(日)発売
(NINE HEADS RECORDS)
2014年8月に所属事務所から独立し、約1年ぶりに完全復活を遂げるA9のSTART-UP EP。8月23日豊洲PIT公演より、ライブ会場で販売。

銀河ノヲト
NINE-0001
¥2,500+税
※ライブ会場限定販売


【収録曲】
[CD]
01. Phoenix
02. Spiegel
03. 道化師
04. 流星群
05. フリージアの咲く場所
06. 銃弾
07. PRAY

【ライブ情報】
●11th Anniversary Live「Re:birth-飛翔-」
8月23日(日)豊洲PIT


●Tour 2015 「Re:birth-天翔-」
9月3日(木)仙台darwin
9月5日(土)郡山HIPSHOT JAPAN
9月15日(火)浜松窓枠
9月17日(木)大阪BIG CAT
9月19日(土)広島CLUB QUATTRO
9月21日(月・祝)金沢AZ
9月23日(水・祝)KYOTO FANJ
9月25日(金)名古屋ボトムライン
9 月29日(火)韓国・Baekam Art Hall
10月3日(土)上海・q.house
10月4日(日)上海・q.house
10月10日(土)台北・ATT
10月11日(日)台中・TADA
10月13日(火)北京・MAO
10月15日(木)武漢・VOX
10月17日(土)広州・SD
10月18日(日)香港・E-MAX
10月24日(土)シンガポール・LASALLE The Singapore Airlines Theatre
10月25日(日)シンガポール・LASALLE The Singapore Airlines Theatre
11月1日(日)マレーシア・KL LIVE


●[FC限定公演]
Tour 2015 「Re:birth-天翔-」NUMBER SIX. ONLY
9月12日(土)渋谷クラブクアトロ
NUMBER SIX. presents「花鳥風月」
9月13日(日)渋谷クラブクアトロ