News

MIYAVI、UNHCR親善大使としてバングラデシュのロヒンギャ難民キャンプを訪問

国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使のMIYAVIが初めてバングラデシュを訪問し、ミャンマーから避難してきたロヒンギャ難民の生活の様子を視察する。2017年8月25日の衝突以降、バングラデシュに避難してきたロヒンギャ難民の数は68万8,000人を超える。

今回は南東部のコックスバザールで、世界最大規模といわれる58万5,000人のロヒンギャが暮らす難民キャンプを訪問予定だという。現地では難民との面会に加え、UNHCRがバングラデシュ政府の支援、他の関連団体との連携のもとで行っている支援現場を視察。難民の子どもたちの前での演奏も予定している。

MIYAVIはこれまで自身のSNSなどを通じてUNHCRの活動について積極的に発信しており、ファンをはじめ多くの人に難民問題への関心を喚起してきた。なかでも難民の子どもたちに対する教育の必要性を訴えている。

「UNHCRの緊急支援を視察するのは初めてで、現場にどのような課題があるのかを知りたいと思っています。難民の方々から直接お話を聞くことはとても重要であり、彼らがどのような困難に直面しているのか、特に子どもたちが自身の生活をどのように向き合っているのかを、しっかりとこの目で見たいと思います」と決意を述べている。

(写真・レバノンの難民キャンプで子どもたちと交流するMIYAVI©UNHCR/Tigernest)

MIYAVI オフィシャルサイト http://myv382tokyo.com/
UNHCR親善大使MIYAVIのページ(英語) http://www.unhcr.org/miyavi.html


◆MIYAVI のその他の記事を読む

【News】MIYAVI、日本人初のUNHCR親善大使に就任。「自分ができることがあれば全てやりたいと思っています」(2017年11月21日)
【News】MIYAVI、UNHCR親善大使に就任(2017年11月17日)

コメントは停止中です。

<トップへ戻る