ライブレポート

2012.12.30

アンティック-珈琲店-@Zepp Namba

「LIVE CAFE 2012~ありがとう2012 カフェ納め 紅白歌合戦もあるよ~」

 

 

12月30日(日)、アンティック-珈琲店-(通称:アンカフェ)の活動再開後初となる東名阪ツアーがZepp Namba(大阪)にて終了した。カラフルな衣装に身を包み、黒×赤の水玉を基調としたポップなステージに立ったメンバー。会場に駆けつけた多くのカフェっ仔(ファンの愛称)に迎えられ、2時間半に渡る熱いライブを魅せた。

 

サーカス小屋のようなステージセットにパレードのようなSEが響き渡ると、動物をモチーフにした派手な衣装に身を包んだ輝喜(Drums)、ゆうき(key)、カノン(Ba)、takuya(Gt)が次々に登場。そしてみく(Vo)が登場し、ファンの興奮は最高潮に高まるなか1曲目「LOCK ON ☆ザ☆御NEW世界」のギターイントロが響き渡った。序盤から飛ばすメンバーのパフォーマンスに、ファンも大きな声と拳で応え会場はヒートアップしていく。新旧織り交ぜられたセットリストに喜ぶファン。彼らの代表曲でもある「テケスタ光線」では会場がダンスホールと化し、ゆうきがラップを披露する「NYAPPY in the wolrd4」では会場が揺れるほどの一体感を持ったジャンプ、そして「アメージングブルー」ではペンライトを持ったファンと共に、会場に青い海原を作った。

 

「バードの悲劇」、「玩具」とハードなナンバーでロックバンドらしいタフな一面を見せ、この季節に相応しいナンバー「スノーシーン」で本編を締めくくると、「もう一杯!」というアンカフェならではのアンコールが会場に響き渡った。

 

ここでスタッフの司会進行によるメンバー同士が芸を競い合う「紅白歌合戦」が始まる。メンバーそれぞれが紅組、白組にわかれ、仕込んできた歌とネタを披露。会場は大きな声援と笑いに包まれ、なんともアンカフェらしいサプライズとなった。

 

さらにたくさんのアンコールの声に応え再び登場した5人。ここでみくより「2013年、アンカフェは結成10周年を迎えます。ここまでこれたのは日本中、そして世界中で僕らのことを応援し続けてくれているみんなのおかげだと思います。この感謝の気持ちを忘れずにもっともっとアンカフェらしい活動をしていくことを誓います!!」とMCがあり、記念すべき10周年となる2013年春より47都道府県をまわる全国ツアー、そして再び日本武道館での公演を行うことを発表。それを聞いたファンは興奮と喜びに包まれ、この日一番の大きな声援で応えた。

 

「いままでは首都圏でしかライブをする機会も多くなく、寂しい思いをしているカフェっ仔もきっといたはず。こんどは僕ら5人が、”キミノマチ”へ会いに行く番です。」とのこと。

 

彼らのモバイルファンクラブ「FC BondS」では12月31日より、日本武道館公演の超最速チケット先行が開始。約2年間の活動休止を経て、確実にパワーアップを遂げたアンカフェ。いよいよ2013年は記念すべきアニバーサリーに突入し、ますます目が離せない。

 

 

(写真・ 佐藤寧花)

※写真は12月24日Zepp Tokyo公演