特集-Special Feature-

◆過去最高かもってくらい良い(Tohya)

Tohya

――話を戻して、今回の瑠伊さんの曲はいかがでしたか?

智:今回は珍しくキー下げなくてよかったなと。あの人、いつも音が高いんですよ。

――瑠伊さん曲は、音が高い、息継ぎできないという印象です。

海:そうそう。だから智は瑠伊に対してはよく怒ってるよね。

智:だってわかってくれないし、聞き流すんだもん。

海:でも、「おい、聞いてんのかよ! おい!」って智が言ってるのに、瑠伊は「ん~」って絶対聞いてないよね(笑)。

Tohya:まぁ、俺の場合は全部打ち込みだから、音が高いって言われたら一瞬で下げられるし、Yuhはすぐ弾いて下げられるけど、瑠伊は変なコードとか使うから、それを下げたときにどうやって弾いたかよくわかんなくて時間がかかるから…聞き流しちゃうんじゃない?

海:結果聞き流すんかい(笑)。でも打ち込みで作ってるTohyaさんも、ガクーンと音を下げると「俺のギターにそんな弦、ないよ?」ってことになったりするからね。「Catastrophe」(『LAYOUT』収録曲)なんか無茶過ぎたし。あれは結構変えたけど大変だったんだからね!

智:(笑)。でも、『SENSE』では大分そういうこともなくなりましたから。

――良かったです(笑)。

Tohya:俺は今回、作曲はいつも通りなんですけど、海くんの曲のドラムの打ち込みが、絵文字で表すと、う○この感じで~…

海:いやいや、僕はドラムが叩けないゆえに「何これどういうこと?」ってドラムを持って行くんですけど、彼はギターが弾けないゆえにギター的に「おまえふざけんなよ」ってものを持ってくるんでお互い様です!

Tohya:でも、だからこそアレンジのしがいがありました。自分の曲はドラムも含めて作っているからあんまり変わらないし、Yuhとか瑠伊はちゃんとドラムとしてのパターンがあるんですけど、海君の場合は「え!?」みたいなもので来る。プリセットのパターンじゃなくて自分で打ち込んでくれるんですけど、逆に斬新なんですよね。

――「Mob Character」のドラム、すごく良いですよね。

Tohya:そうなんです。過去最高かもってくらい良いんですよ。あ、でも次の『SENSE』の海君の曲のドラムの方がもっと良いので楽しみにしていてほしいです。瑠伊の「Which-Hunt」は元々ドラムが出来上がってるんですけど、そこに無茶なフレーズを自らぶち込みました。単純に叩くだけじゃ面白くないなと思って許可なくぶち込んだんですけど、誰も何も言わないのでそのまま。サビにいきなりツーバスがドコドコ入ったりしてるんですけどね(笑)。

海:弦楽器側はそれで「マジか!」ってなりましたけどね。瑠伊は「お~お~」って言ってるくらいだったけど。あ、でも瑠伊もやってくれたんだよな。知らないうちにデモに全くなかったスラップをバシバシ入れてて。俺、ギター録りに行ったら「…どこに合わせればいいんだ…」って状態でしたからね。

Tohya:あいつは自分の曲だからって好き放題やりすぎだよな。

海:「Which-Hunt」はすっごく簡単なフレーズなのに何回もギターを録り直しましたからね。Bメロとイントロがフレーズ的にはものすごく簡単なのに、音符的に合っていても向こうのスラップにきっちり合わせるのがものすごく難しい。下手すると、ただぐちゃぐちゃな感じになっちゃうんですよ。出てくる倍音が違うから、かすかなブレがあって録り直したり。逆にライブになると体感で行けるんでしょうけどね。

◆俺がずっとクリーンで弾いて、あいつが何もしていないパターンは珍しい(海)

海

――「CONTRAST」はいかがでした?

海:「CONTRAST」では、Yuhにアルペジオを任せたいって言われて、俺がこれまでやったこともないスーパークリーンなアルペジオを入れてます。初めクリーンで音を作ったら、あんまりやったことがないせいか馴染まなかったんですよね。でも、馴染みの良いクランチ気味の音にしたら、Tohyaに「ここはすごく綺麗な音にしてほしい」って言われて録り直しました。この曲は音作りにすごく時間がかかりましたね。

――すごく印象に残るアルペジオです。

海:ああいうフレーズがすごく好きなんですけど、これまではYuhが弾くことが多かった。あいつがクリーンを弾いて、俺が歪んだ音で入ることが多いから、俺がずっとクリーンで弾いて、あいつが何もしていないパターンはうちの曲では珍しいですからね。でも、音の運びとか難しかったんですよ。Yuhが弾いたらフレーズがちょっと変わったんじゃないかな。俺とはチューニングも違うし。

――では、ご自分の曲「Mob Character」はいかがでした?

海:メインのアコギのフレーズが聴きどころかな。あれが自分の中で一番大事だったんです。この曲は、アコギの練習をしていてできた曲で、メンバーに聴かせる前の大元は、もっとずっとまったりした曲だったんですよ。つまんねーなと思ったので、サビでガラッと変えて作った曲です。

――代々木で海さんの曲が入ると言った瞬間の会場のどよめきに、期待値の高さを感じました。

海:あれね(笑)。「瑠伊の曲と」って言った時と「俺の曲が」って言った時の反応の違いがすごくて、「すいません!」て思いましたもん(笑)。

◆vistlipは代々木から大きく変われたと思う(智)

智

――名曲が揃った『CONTRAST』に続いてリリースされる『SENSE』も楽しみです。ミニアルバムはこれまで武器の名前シリーズでしたが、今回はパターンが違いますね。

智:うん。あれ以上は強い武器がないですからね。

――前に『GLOSTER』のインタビューの時、次のミニアルバムのタイトルについて瑠伊さんが「NASA」だと言っていましたが。

智:NASA!? 武器じゃないし(笑)。「UFO」までしか行けませんよね。

Tohya:だっせータイトルだな! 「vistlip New Album『UFO』」…だっせ(笑)!

全員:(笑)

――絶賛制作中の『SENSE』は、今どの段階でしょう?

海:今日が初めての歌録りです。ギターは7割終わったかな。

智:最近、ギターとか録り終わっていない完成形じゃない状態で歌を録ることが多い気がする…。

Tohya:ドラムは前倒しで月の初めに終わってるのにね(笑)。

――ちなみに、アルバムのMVはどの曲にするか、もう決まってるんですか?

智:最初の方で話に出た、5人で作った曲です。クレジットは「作曲:vistlip」になりますね。ちょっとずつみんなで作っていて、聴いている側としては面白かったですよ。

海:リレー形式で、Tohyaから始まってYuhに渡って、俺に投げられて、その後瑠伊が作って、またTohyaとYuhに戻すという。

――それぞれの個性が出ていますか?

智:出ているし、一番面白いのが、それぞれ作り方が違うから1曲の中で音が全然違うってことかな。

Tohya:そうなんだよね。俺とYuhは大体同じなんだけど、Aメロの海がまず全然違って、Bメロの瑠伊もまた全然違って、サビで俺に戻ってきたらバラバラのデータを1個にまとめんのがすげーめんどくさい! 仕方ないけどさぁ! 統一してくんないかなぁ!って思ってました。

海:俺は最初、自分の歌で入れようと思ってたけど、「きっと怒られるなー」と思ってやめて正解だな。

Tohya:それおかしいでしょ! ドラムの音もYuhは俺に合わせてくれるんだけど、激しい音から海のAメロになったら激しい曲なのにポコポコした音で。音圧が違いすぎて「何だこれ!」ってなりますよね。

海:だってポコポコ言う音しかねーんだもん! あ、ちなみに俺はDTMソフトの純正の音を何も変えずに作ってます(キリッ)。それで作った音を投げて、Tohyaから「ドラム、こんな感じにするよ」って投げられたら「お、カッコいい曲になったな。さすがだなー。抜群です!」って言っときます。

Tohya:ゲーセンのドラムみたいなキックとスネアだけみたいなのを平気で送ってくるからね!

――完成が楽しみです。

智:でも、MVの撮影はもうすぐなんですよ。

海:うちはいつも、歌詞に絡むところは一回監督さんに見せて、すり合わせをします。監督さんからこういう風にしたら面白いよっていうのを提案してもらって。

智:『SENSE』のティザー映像のイメージがいいよね。

Tohya:ちなみに、このティザー映像は「ROUGH the vistlip」を作っている人が作ったんですよ。センスいいですよね。

智:今までにない感じでいいよね。でも残念ながら、その人に監督をお願いしようと思ったらスケジュールが合わず…。

――残念…。MVが無事完成することを楽しみにしつつ、次の衣装も気になります。『CONTRAST』では、智さんはかつてない衣装を導入しましたよね。

海:代々木でもお披露目をした半ズボンね。智は背も低くないし、肩がしっかりしているから、カッチリしたジャケットを着せたんです。でもカッチリすると大人しくまとまっちゃうから、じゃあ半ズボンしかねーだろ、と。

智:そう言う海も、すげー不安がってましたからね。「大丈夫かな」って。

海:俺の中ではイメージが構築できているけど、智のファンが見たときの印象が自分たちの理想とする智から違う方向に行かないか、すごく不安で。使っているシルエット的には普段の俺ですからね。

智:やんちゃすぎる。

海:ところで次は、レギンスでショートパンツにするのと、レギンスなしの半ズボン、どっちが良い?

智:何で俺、半ズボンの人になってるんだよ(笑)。

――今後は衣装の幅がさらに広がりそうですね。

海:そうですね。次は腕を出したいな。次の衣装迷ってるんですよね。ライブでは着ないかもしれないし。前の「Good vibes CIRCUIT Ⅱ」ではジャージでしたからね。

Tohya:俺はドンキのTシャツとご当地Tシャツを着てました(笑)。

――今回の、全国をエリアごとに分けて集中的にサーキットするという「Good vibes CIRCUIT Ⅱ’ TURBO」ツアーの方向性的にはご当地Tシャツもよさそうですね。

智:確かに。「Good vibes CIRCUIT」の醍醐味は、音だけを楽しむっていうコンセプトで、箱も小さいし、visltipの曲で騒ごうよっていうお祭りみたいなツアーですからね。vistlipは代々木から大きく変われたと思うので、良いものを見せていけるんじゃないかなと思います。今年もいろんなことがたくさんあるので、ファンにも忙しい1年になりそうですけど、一緒に楽しみましょう!

(文・後藤るつ子)

ARTIST PROFILE

vistlip

<プロフィール>

智(Vo)、Yuh(G)、海(G)、瑠伊(B)、Tohya(Dr)の5人からなるロックバンド。2008年4月、ミニアルバム『Revolver』でデビュー。2014年4月にリリースしたシングル『Period』では初のオリコンチャート9位を獲得。2015年3月、アルバム『LAYOUT』をリリース。7月7日に8周年記念ライブ「vistlip 8th Anniversary Live [OVERTURE]」をZepp Tokyoで行い、8月5日には8周年を迎えた初のシングル『OVERTURE』をリリース。12月18日には国立代々木競技場第二体育館でワンマンライブ「Right side LAYOUT[SENSE]」を成功させた。2016年4月から全国ツアーvistlip a nationwide tour2016「Good vibes CIRCUIT Ⅱ’ TURBO」の第1弾をスタートさせる。

■オフィシャルサイト
http://www.vistlip.com

【リリース情報】

『CONTRAST』
2016年2月17日発売
(発売元:マーベラス/販売元:ソニー・ミュージックマーケティング)
結成8周年を迎えたvistlipが放つニューシングル。メロディアスなタイトル曲「CONTRAST」はTVアニメ『ディバインゲート』のEDテーマになっている。

CONTRAST
LIMITED EDITION
(CD+DVD)
<初回生産限定盤>
MJSS-09164~5
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
CONTRAST
vister
(CD+DVD)
MJSS-09166~7
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
CONTRAST
lipper
(CD)
MJSS-09168
¥1,000+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

LIMITED EDITION
[CD]
01.CONTRAST
02.Which-Hunt
[DVD]
ROUGH the vistlip

vister
[CD]
01.CONTRAST
02.Which-Hunt
[DVD]
TVアニメ「ディバインゲート」EDノンテロップ映像
LIVE CLIP[CONTRAST]@2015.12.18 国立代々木競技場 第二体育館

lipper
[CD]
01.CONTRAST
02.Which-Hunt
03.Mob Character

【ライブ情報】

vistlip a nationwide tour 2016「Good vibes CIRCUIT Ⅱ’ TURBO」
■ 関西地区
4月23日(土)大阪 namba ROCKETS
4月24日(日)京都MUSE
4月26日(火)滋賀U-STONE
4月27日(水)奈良NEVERLAND
4月29日(金・祝)和歌山club GATE
4月30日(土)神戸・太陽と虎

■ 北海道・東北地区
5月19日(木)北海道 函館club COCOA
5月21日(土)北海道 札幌cube garden
5月22日(日)北海道・旭川CASINO DRIVE
5月26日(木)岩手 the five morioka
5月28日(土)仙台 CLUB JUNK BOX
5月29日(日)福島 郡山club #9