News

MY FIRST STORY、二日間で一つの物語を描いた横浜アリーナ公演! DAY-1を3月31日、DAY-2を4月14日にWOWOWでOA!

初の横浜アリーナでのワンマンライブを2Daysで開催。しかも、2日間で同じ楽曲を演奏せず、全く異なるセットリストで挑んだ MY FIRST STORY「S・S・S TOUR FINAL at Yokohama Arena」は、結成から7年、同世代のバンドのなかでも群を抜いたスピードで進化してきたマイファスの集大成となるような 2日間だった。「いつまでも一緒に生きていこ うぜ!」(Hiro/Vo)。集まった観客との絆を確かめながら、4人が最高の景色を描き出した熱狂の横浜アリーナ公演から1日目の模様をレポートする。

昨年10月にリリースされた最新アルバム『S・S・S』でもオープニングを飾る荘厳なインストナンバー「S・S・S」がカウントダウンとリンクして広大なアリーナ会場に響きわたり、ステージを覆う紗幕の向こうにメンバーが現れた。1曲目は疾走感あふれるロックナンバー 「WINNER」。Hiroの「Are you ready?」という声を合図に紗幕が落ち、メンバーの姿が露わになると、会場は大歓声に包まれる。重厚なサウンドを支える Nob(B)の狂暴なベ ースラインとKid’z(Dr)の精巧なビート、Teru(G)が紡ぐ華やかなギター。そのステ ージの真ん中に立つHiroの激しくも狂おしいヴォーカルが圧巻の存在感を放っていた。観客の頭上を激しくレーザーの光が飛び交った「Black Rail」から、ライブアンセム「失踪 FLAME」へ。序盤に披露されたのは束縛からの解放、あるいは届かない何かを必死で求めるような曲たちだった。

ライブ中盤にはセンターステージで「LET IT DIE」など数曲がアコースティックバージョ ンで披露された。攻撃的なバンドアレンジから一転、Kid’zが叩くカホンと2本のアコギで演出するパーカッシブな響きが新鮮だ。さらにHiroがひとりでピアノの弾き語りから歌いはじめたバラード曲「Last Kiss」では、途中からバンドの演奏が加わり、壮大なサウンドスケープを描くと、「マボロシサスペンス」を皮切りにライブは後半戦に向けて一気に加速していく。

「本気でかかって来いよ!」Hiroの容赦ない煽りが熱狂に拍車をかけた「絶対絶命」ではフロアを真っ二つにわけて、観客同士が激しくぶつかり合うウォール・オブ・デスを展開。スペシャルゲストとしてBiSHのアイナ・ジ・エンドを迎えて凄まじい衝動をぶつけ合った「2FACE」、スモークが幻想的な景色を描いた「Tomorrowland」 まで畳みかけると、ラスト2曲を残してHiroは語りかけた。「明日はどうなるか考えてもわからないけど、ただひとつだけ、お前らと生きていくことだけは決めてるから」と。そして、絶望のなかに“あなた”という一粒の希望に未来を託す「Someday」で温かいシンガロングを巻き起こすと、『S・S・S』のラストに収録された大切なナンバー「With You」で、Hiroは「ずっと一緒に生きて行こうぜ!」と渾身のちからで絶叫。勢いよく発射された銀テープが集まった観客とバンドとの輝かしい未来への門出のように美しく舞い散った。

二日間で一つの物語を成す2部構成の横浜アリーナ公演。DAY-1が3月31日に、DAY-2が4月14日に、2カ月連続でWOWOWで放送される! お見逃しなく!

(写真・Takashi Konuma)


【番組情報】
2ヵ月連続放送!MY FIRST STORY S・S・S TOUR FINAL at Yokohama Arena
DAY-1:3月31日(日)夜9:00[WOWOWライブ]
DAY-2:4月14日(日)夜9:30[WOWOWライブ]
番組サイトではプロモーション映像を公開中!
https://www.wowow.co.jp/mfs/

コメントは停止中です。

MY FIRST STORYのその他の記事を読む

<トップへ戻る