ライブレポート

2012.01.08
LM.C@日本武道館
〜Go To The 5th Anniversary FINAL〜★Rock the PARTY★ 2012

 

“Go To The 5th Anniversary”を掲げ、結成5周年への一年を走り続けてきたLM.C。それを締めくくる場所として彼らが選んだのが、この日の日本武道館だ。“皆で一緒に目指すにはぴったりの場所”といつかメンバーが語っていた通り、集ってきた観衆にも“LM.Cの初武道館”という同じ方向を見つめている空気感があった。

暗転した場内を期待に満ちた歓声が満たし、アリーナ後方の扉から現れたmaya(Vo)とAiji(Gu)を迎え入れる。彼らが纏うのは、5年前のデビュー時を思わせる揃いの黒いツナギ衣装。mayaに至っては長い金髪にサンバイザーまでかぶるという徹底ぶりで、そんなところからも今日という日への“気愛”が感じられた。

 

紅の幕が引かれたままの舞台から会場のド真ん中へと伸びた花道、その先にある円形のサブステージに向かう2人をライトが追った。再び暗くなった空間に響いたのは、ピアノの音と語りかけるようなmayaの歌声。この日の1曲目を飾る為だけに作られたという楽曲に綴られたストレートな言葉が、武道館という空間と観客の心に染み渡っていく。ステージから立ちのぼる光の粒がメンバーを淡く照らし出す中、Aijiが奏でるギターの音もきらきらと踊り、早くも特別な夜になることを予感させる幕開けとなった。

 

「星の在処。-ホシノアリカ-」のイントロにのってフロアを煽りつつ、2人はサポートメンバーが待つステージへ。「輝く準備は出来てるか!? 今夜の主役は俺たちじゃない、君なんでよろしく!」というmayaの言葉には、今日へ至る道のりをこの場にいる“仲間”一人一人と共に歩んできたという気持ちが込められていたと思う。沸き立つ場内に「CHEMICAL KING-TWOON」「OH MY JULIET.」などお馴染みのアゲチューンが連投され、二度とないこの時間を最高のものにしようという一体感に、会場中のグルーヴがますます高まっていく。この5年でフロントマンという位置をすっかりものにしたmayaが、言葉とパフォーマンスで観客のノリを引き出したかと思えば、Aijiも花道に駆け出し、より磨きのかかったキレのあるソロで聴く者を痺れさせた。

 

 

ライブも中盤に差し掛かり、観客の意識が気持ちよく集中している空気の中、客席をぐるりと見渡しながらサブステージまで出てきたmaya。マイクを手に一呼吸置くと、アカペラで歌いだしたのは「The LOVE SONG」――ワンフレーズずつ、万感の想いを込めるようにして紡がれはじめたこの曲が、初武道館というシチュエーションでどう響くのか楽しみにしていたが、今回はもう別格だった。曲中、ステージの背面モニターに次々と映し出されるのは、歴代のステージプランやライブ中にステージから撮影された写真の数々……そこから感じたのは、支えてくれる全てへの“愛と感謝”だ。いつも以上に臆面も無く高らかに奏でられる“愛”の歌に、思わず視界が滲んだ。

 

その後も、ダークファンタジーな世界観の「GHOST † HEART」や、「EDO FUNK」「SUPER DUPER GALAXY」といったハイテンションでハッピーなダンスチューンを織り交ぜ、LM.Cらしいカラフルなステージが展開されていく。最早地球規模での鉄板曲にまで成長した「88」では、先ほど届けられた“愛”へのお返しとばかりにフロア一面にブルーのライトが灯り、大きなシンガロングと共に会場を満たすという光景も。あまりに綺麗で鳥肌がたったその景色から「meteorion」「僕らの未来。」という流れは完璧としか言いようが無く、観客も全身で聴き入っている様が窺えた。

 

 

「もっと皆の声を聴かせてくれよー!」というmayaの呼びかけで、一斉に上がる割れんばかりのメンバーコール。嬉しいような照れたような表情を浮かべながら身振りで“もっと!”と煽れば、歓声は一層大きくなる。その光景をじっと眺めていたAijiが「ヤバくない? この感じ」と話を振れば、「ヤバいっすね」と返すmaya。それに「ヤバいでしょ? 君にこれを見せたかったよ」と続けたAijiの幸せそうな様子といったら……。Aijiが武道館に立つのはこの日で16回目ということだが、今回はまた感慨もひとしおだろう。「皆やスタッフが俺たちをここに連れてきてくれた」と饒舌に語る彼の姿はそうは見られないもので、嬉しいという気持ちがひしひしと伝わってきた。

そこからの終盤はまさにフルバースト! 冒頭にmaya渾身の「Trust me!」がこだました「LIAR LIAR」で銀テープがキラキラと空間を彩ったかと思えば、「まだ終われない!」と一度始まった曲を止めて起爆剤に「CRAZY A GO GO」を再投入! ハイパーな加速ぶりで「LET ME’ CRAZY!!」を駆け抜けると、「☆Rock the LM.C☆」のはしゃいだジャンプと大合唱が会場を大いに揺らした。

 

「もう一曲やらせてもらってもいいかな!」というmayaの言葉で、“武道館でいちばんやりたかった曲”だという「PUNKY ♥ HEART」へ。眩しいほどに明るくなった場内いっぱいに笑顔が溢れて、サブステージに立つメンバーを温かく包み込み、傍らではフラッグが誇らしげに翻っている。“楽しい”を生み出すこと、そこに人を巻き込んでいくことについては天才的なLM.Cが、この5年で創りあげたもの――それがこの愛溢れる空間なのだ。

音源リリースや国内外ツアーも続々と発表され、まだまだ続いて行くLM.Cの旅。泣いて、笑って、輝いたこの日の想い出を胸に、これからもたくさんの“仲間”たちと歩んで行く彼らから目が離せない。

 

◆セットリスト◆
01. 「    」

02. 星の在処。-ホシノアリカ-

03. Space Wannabiez
04. CHEMICAL KING-TWOON
05. @FUNNY PHANTOM@
06. JOKER -my name is-
07. Galileo
08. cosmology
09. OH MY JULIET.
10. CRAZY A GO GO
11. METALLY
12. Z-MAN
13. The LOVE SONG
14. GHOST † HEART
15. EDO FUNK
16. SUPER DUPER GALAXY
17. 88
18. meteorion
19. 僕らの未来。
20. It’s a Wonderful Wonder World
21. BOYS & GIRLS
22. LIAR LIAR
23. CRAZY A GO GO
24. LET ME’ CRAZY!!
25. ☆Rock the LM.C☆
26. PUNKY ♥ HEART