特集-Special Feature-

◆普通にしたら負け、どれだけ変なものを作ってくるかという曲作り(YUCHI)

――ギターのUTAさんと、ドラムの未架さんについても教えてください。UTAさんはどんな方ですか?

京:宇宙です(即答)。彼のふわっと具合はちょっとすごいですよ。

――京さんよりふわっとしているんですか?

YUCHI:UTAさんは、京さんとは違う種類のふわっとですよね。


京:彼はね…わからないんですよ…。話も合うし、曲を作ってくるスピードも早くてすごくいいんですけど…宇宙なんです。ギター二人が、“カチカチ”と“宇宙”なんで正反対ですからね。ここが面白いんですよ。ギターのプレイ的にも全然違って、普通だったら合わへんやろなっていうプレーヤー同士がうまく混ざったんですよね。

YUCHI:楽器隊は、ギターとベースの相性もあるんですけど、今回すごく良いバランスだなと。僕はどちらかというと、UTAさんと普段聴く音楽が近いので、感覚がわかってやりやすかったです。匠さんは匠さんでバランスを取ってくれますし。

――未架さんは?

京:すごく忙しい人です。未架君は映像を作っていて、うちらのPVも作っていたりもするんですけど、とにかく忙しいですね。アルバムを作っているときも、未架君に映像の仕事が入ってちょっと遅れたり。それがなかったらもっと早かったかも。

――sukekiyo恐るべし…!

京:ちなみに、未架君を一言でいうと「寡黙な変態」。この言葉が彼以上に似合う人に会ったことがないです。みんなに聞いても「そうですね」(深く頷く)って言うはず。うちのメンバーは淡々として大人しい人ばっかりなのに、一人禍々しい空気が漂っているというか…。しかも、ドラムのパターンも結構変態なんですよ。「え、これ入れてくる!?」っていうね。面白いです。

――京さんから見たYUCHIさんはどんな人ですか?

京:んー、その間をうまくかいくぐる常識人ですね。この間、収録があって、原稿を読んだり、その場でコメントしないといけなかったんですけど、僕は噛みまくって絶対言えないので、彼に「お願いします」って渡したんです。そうしたら、さらっとやってくれて、すごいなと。でも、ベースプレイはかなり変態です。

YUCHI:ありがとうございます。僕にしたら褒め言葉ですね。そして、京さんのメンバーの分析は合っていると思います。

京:まとめるとやっぱり変態なんですよね。「選ばれし変態」。バンド名を見て、アルバム聴いて、PV観ると、「あぁ、選ばれし変態だ…!」と納得してくれるはず。

YUCHI:だから、たくさんのディスカッションがなくても、曲作りが円滑にいったのかもしれませんね。みんな、まじめに変態というか、普通にしたら負け、どれだけ変なものを作ってくるかという曲作りでした。

――楽しそうです。バンドによってはそれが許されないこともありますよね。

京:そうですね。楽しみながら、ある程度緩く作ってました。「絶対こんな感じで!」って言うのもなかったし、お尻を叩くようなこともなかったし、ふわっと早く作りましたね。

――メンバーの皆さんは普段から交流は?

京:あんまりメンバーで集まってご飯とかはないんですけど、たまに行くと、みんな淡々と飲んで、まじめに音楽の話をして、「じゃ!」って帰ります。飲んで暴れるやつもいないし、すごくワガママなやつもいないし。

YUCHI:確かにそうですね。

京:まじめな選ばれし変態たちです。

◆sukekiyoのライブに行くことは、ぜひ「参列」と呼んでほしい(京)

――レコーディングは個人個人での作業だったんですか?

YUCHI:歌は京さんが一人で録って、僕はたまにドラム録りを見に行ったりしました。ただ、メンバーそれぞれがsukekiyo以外のこともやっているので、いつも集まってというのはなかったです。プリプロでは結構きっちり詰めましたけど。

京:うん。で、UTAが爆弾落としてくんねん。


YUCHI:自由な方なんです。匠さんが飛んでいくUTAさんの脚を捕まえて(笑)。

京:そうそう、本当にぶっ飛んでるからな。

――(笑)。そんな経緯があって完成したアルバムですが、ひたすらエンドレスに聴くと心地良いですね。

京:曲順もそういう感じで決めたりしているんですよ。長く聴けるアルバムだなと思います。本当に、全然流行りにのってないところがすごく良いと思うんです。

――歌詞も、曲同様に時代を感じさせない浮世から離れた不思議な次元を感じました。

京:僕は、あんまり本を読まないし、曲から感じたものをそのまま言葉にしているので、いつも書きたいことを頭に置いて書いているわけじゃないんですけど、アルバム全体を通して統一感があるんですよね。これがsukekiyoの音なんだろうなと思いました。

――今回のアルバムは初回生産限定盤にはリミックスやコラボレーション楽曲が収録されていますが、2枚組にするのはどの段階で決めたんですか?

京:最初からです。自分で客観的に見て、こういう面白いことをするバンドがいないな、とか、自分がファンならどういうことにワクワクするのかな、と考えて決めました。

――SUGIZOさん(LUNA SEA)、HISASHIさん(GLAY)、人時さん、石井秀仁さん(cali≠gari, GOATBED)、TKさん(凛として時雨)を始めとするこの豪華な顔ぶれを見るだけでも、ワクワクがMAXですが。

京:でしょ。でも、僕、ほとんどの人と面識がないんです。SUGIZOさんとかyukihiroさんとか、ジョナサン(KORNのジョナサン・ディヴィス(Vo)。今回は「Devilslug」名義で参加)くらいかな。

――キリトさんは?

京:実はこの前初めて会いました。喋ったことも会ったこともなかったんです。

YUCHI:僕は、石井秀仁さんとか、人時さんとか。人時さんは今回初めてリミックスに参加したそうです。

京:いきさつを説明して、「よろしくお願いします」って言ったら快く引き受けてくださって。もちろん、断られたこともありましたけどね(笑)。参加してくださった方は大変だったと思いますけど、やってくださって本当に嬉しいです。これはもう自己満の世界ですよ。僕は一ファンの気持ちで「早く来ないかなー、どんなふうになるのかなー」とワクワクしてましたから。でも、それでいいかなと。僕が楽しい=ファンの方も楽しいんじゃないかと思うので。

――京さんは初音源「aftermath」(2014年1月1日に全世界111カ国のiTunes Storeで配信)のMVについて「皆様にとってただの一娯楽、使い捨ての音からsukekiyoの空気や色をそのまま感じてもらえれば幸いです」と言っていましたが、今回の音源もこの上なく贅沢な娯楽ですね。

京:そうですね。そう思ってもらえると嬉しいです。

――ところで、今回のアルバムが大々的に告知されている3月9日に発行の「烏丸新聞」(号外)が素晴らしいセンスですが、これはどなたが?

京:これは僕が勝手に作ったんですけど。今、これの1号を作っていて、これからも継続して出していこうかなと。

――宣伝部分に「ジミーチュウ様コラボ希望 京」とありますが。

京:あはは! 好きなんですよ。

――YUCHIさんなら、何のコラボ広告を出しますか?

YUCHI:そうですねぇ。じゃあ「ラーメン二郎」…(笑)。

京:まじで!?

YUCHI:sukekiyoの物販の横でラーメンを売るのもいいかも。

――冒頭で話が出た「ゼメキス家」からも「母ヲ探シテイマス」の広告が出ていますね。

京:はい。キャラクターを知っていると、そこに繋がって面白いと思います。

――これまでのライブはシークレットで出演していましたが、今回からはバンドの正体が分かる状態でライブを行いますよね。

京:そうですね。イベントに出た時に、僕らの前がすごくノリのいい明るいバンドで、僕らの時は100人くらいしかいなかったんですけど…めっちゃ楽しかったです! あえて暗い曲ばっかりやったんで、本当に葬式みたいで、これがsukekiyoのライブなんやなと。

YUCHI:僕も楽しかったですね。シークレットはリラックスしてました。

京:5月5日(月・祝)に京都でやる「寡黙の儀」(通販限定初回仕様限定盤購入者対象ライブ)は、ドレスコードが喪服なんですけど、本当はその規定がなくても毎回喪服で、無言で、何もせずに突っ立ってライブを観てもらうのが僕の希望なんです。名前も一切呼ばれたくない。今回、実験的に1日だけやりますけど、本当は「女子のスカートは何センチ」とか「1回入ると終わるまでドアは一切開きません」という規定を設けたいくらい(笑)。sukekiyoのライブに行くことは、ぜひ「参列」と呼んでほしいですね。

(文・後藤るつ子)

sukekiyo

<プロフィール>

2013年10月、DIR EN GREYのヴォーカルの京のソロプロジェクトとして結成されたバンド。メンバーは、京(Voice)、匠(G/Piano)、UTA(G)、YUCHI(B)、未架(Dr)の5人。2014年1月1日(水)sukekiyoの初音源「aftermath」のMVを全世界111カ国のiTunes Storeで配信。初の単独公演として4月28日(月)に恵比寿LIQUIDROOMにて「sukekiyo 二〇一四年公演『鳳凰の間』を行い、30日(水)に1stアルバム『IMMORTALISをリリースする。


<ライブ情報>
◆sukekiyo 二〇一四年公演 「別れを惜しむフリは貴方の為」
5月1日(木)、5月2日(金)日本青年館
5月4日(日・祝)、5月6日(火・祝)京都劇場
◆sukekiyo 二〇一四年公演 「別れを惜しむフリは貴方の為」-寡黙の儀-
5月5日(月・祝)京都劇場


■オフィシャルサイト
http://sukekiyo-official.jp


【リリース情報】
『IMMORTALIS』
2014年4月30日発売
(Manufactured by FIREWALL DIV. Distributed by Sony Music Distribution(Japan)Inc.)
sukekiyoの1stアルバム。初回生産限定盤には名立たるアーティストとのリミックスを含むコラボレーション楽曲が収録されている。

『IMMORTALIS』初回生産限定盤
初回生産限定盤
(2CD)
SFCD-0133~34
¥3,800+税
『IMMORTALIS』通常盤
通常盤
(CD)
SFCD-0135
¥3,200+税


【収録曲】
【初回生産限定盤】
[DISC 1/CD]
01. elisabeth addict
02. destrudo
03. latour
04. nine melted fiction
05. zephyr
06. hidden one
07. aftermath
08. 烏有の空
09. the daemon’s cutlery
10. scars like velvet
11. mama
12. vandal
13. hemimetabolism
14. 鵠
15. 斑人間
16. in all weathers

[DISC 2/CD]
01. aftermath Collaboration with キリト(Angelo)
02. 鵠 Remixed by PABLO(P.T.P)
03. zephyr Remixed by TK(凛として時雨)
04. in all weathers Remixed by Devilslug
05. nine melted fiction Remixed by 石井 秀仁(cali≠gari, GOATBED)
06. hemimetabolism Remixed by SUGIZO(LUNA SEA, X JAPAN)
07. scars like velvet Remixed by 室姫 深
08. he daemon’s cutlery Remixed by 人時
09. hidden one Remixed by HISASHI(GLAY)
10. mama Remixed by 橘 尭葉 / 妖精帝國
11. aftermath Remixed by acid android

【通常盤】
[CD]
01. elisabeth addict
02. destrudo
03. latour
04. nine melted fiction
05. zephyr
06. hidden one
07. aftermath
08. 烏有の空
09. the daemon’s cutlery