NoGoD シングル『Arlequin』リリースインタビュー

NoGoD

NoGoD

不敵な笑みを浮かべる深紅の道化師。強烈なヴィジュアルに目を奪われるNoGoDの最新作『Arlequin』で、彼らは道化師に何を投影するのか――。

今年4月にリリースされたシングル『Missing』からわずか3ヶ月という急ピッチでリリースされるのは、まさに彼らを指し表すような“道化師”を意味するシングル『Arlequin』(読み:ハーレクイン)。先ごろ遂に解禁となった注目のMV(Short ver.)では巨大なチェス盤を舞台に繰り広げられる団長vs団長という二面性を提示し、我々にこの作品に込めたメッセージの片鱗を届けてくれた。疾走感溢れる王道のNoGoDサウンドと胸打つ歌詞の全貌は、作品でじっくり堪能していただきたい。9月には全国21公演を展開するNoGoD TOUR -2017 AUTUMN 「prùf」をスタートさせ、2017年下半期も各地で熱い嵐を巻き起こすであろうNoGoDの最新作について、団長(Vo)とKyrie(G)に話を聞いた。

◆いい意味のミクスチャー感があって、10年前の曲の雰囲気に近いものに(団長)

――少し前になりますが、ツアー「NoGoD -2017-SPRING ATTACK W/O-U」、お疲れ様でした。

団長:ありがとうございます。このツアーで、バラード始まりっていいなと思いました。いきなりトップギアでいくよりも体が温まりますからね。

Kyrie:俺は、逆に緊張感がありました。あそこでしくじったらいろんなものが台無しになりますから。特にオープニングは何もないところで俺とドラムが一緒に入らなきゃいけないので、二人の入りがちょっとでもズレるとグズッとなっちゃうんですよ。だから、ずっとドラムのK君をガン見してました(笑)。

――今回のツアーはシングル『Missing』を掲げてのツアーでしたが、振り返っていかがですか?

団長:いいツアーだったなと思います。激しい曲尽くしではない、すごく情緒のあるセットリストで、『Missing』という作品をフィーチャーするにはベストだったなと。「Missing」とc/wの…。

Kyrie:「不完全肯定論」!

団長:そうそう。「不完全肯定論」はすごくライヴ映えしましたね。あと「dreamer」ですね。この曲はライヴマンとして音源が世に出ていない曲をやろうということでセットリストに入れたんですけど、すごくいい味を出してくれて。

Kyrie:「Nightmare」もね。

団長:「Nightmare」はライヴで存在が活きる曲だったね。セットリストでの位置はその日その日で流動的に変わったけど、どこにいても空気を変えてくれて、繋ぎにもなるし場面転換にもなる。今後もライヴで活躍する曲になりそうな気がします。「Missing」はどうしてもシリアスな曲だと思われがちなんですけど、実はエモーショルな熱い曲なので、そういう部分が伝わっていれば幸いだなと。

――ツアーファイナルで「Missing」の後に客席から聞こえた感嘆のため息がとても印象的でした。

団長:あそこで咲く雰囲気にはならないですよね(笑)。皆さん空気に浸って頂けたようで非常によろしいです!

――あのライヴでKyrieさんが一瞬だけ「Arlequin」のギターを披露しましたね。

Kyrie:そうなんです。でもメンバーは誰も入ってこなくて。俺以外、あの時点では誰一人曲を覚えていなかったんだなと(笑)。

団長:俺は歌えたのにな。惜しいな(笑)。

――あのリフを聴いてちょっと意外な感じがしました。

団長:もし、「NoGoDは『Missing』から、さらに大人な感じにいくのかな」と思っている方がいらっしゃるのであれば、それは裏切ってしまったかもしれないですね。

――「Arlequin」はNoGoDの王道を感じさせる曲ですよね。

団長:そうですね。NoGoDの曲としては王道の、昔からやっている部類の方向性ではあります。

Kyrie:今回、テーマ的にも楽曲的にも、“団長”というキャラクターと“Arlequin”という主人公のイメージがハマった感じがあって。「Missing」では団長は主人公というよりも第三者のストーリーテラーで、どちらかと言うと歌詞の中にある物語を歌い上げる人だった。でも「Arlequin」は、彼自身が主人公として入り込む作品なんじゃないかと思っています。

――それはKyrieさんが原曲を作った段階から想定していたんですか?

Kyrie:それがハマったのは、歌詞ができてからですね。曲自体も、今回は俺がある程度まで書いたものに団長が歌を付けてサビを書き上げて、それをアレンジするという二人で共作のような作り方をしているんです。歌やメロディー自体にも団長らしさが出ていると思うし、歌詞が上がってきて、テーマが出てきたときに、“NoGoDの団長”というキャラクターと“Arlequinの主人公のピエロ”の姿が、すごく重ねやすかったんじゃないかなと。MVでも団長が二役やっているので、その対比で団長というキャラクターをプッシュする感じになっていると思います。このメイクと衣装で歌う団長と、『Missing』の衣装で歌う団長の対比もMVに出てくるんですよ。

――MVの全貌が気になります。今回のアーティスト写真は団長さんがかなり悪役然としていますね。

団長:ワイルドな感じでしょう? これはいわゆる俺のパブリックイメージかな。ガチャガチャして、道化師っぽい感じで。『Missing』ではむしろ、あえて今までやってこなかったようなすごくスタイリッシュな感じにしたんです。曲調も含め、『Missing』とはいい意味で対比になりましたね。

――対比になることは元々意図していたんですか?

団長:結果的に対比になったという方が近いです。『Missing』がああいう出来だったから『Arlequin』は、よりメリハリをつけようという意識があって。さっきKyrieが言ったように曲の作り方も、「Arlequin」はKyrieが綺麗なギターのリフやある程度の進行を持ってきてくれて、そこに自分がサビをくっつけるという昔よくやっていた作り方にしたんです。Kyrieとは「俺はギターが弾けないから、リフはKyrieが作ってくれ。メロディーは俺が作るから」というやり方を、10年ぐらい前のリード曲でよくやっていて。でも、いつからかそれをしなくなっていたんですよ。

Kyrie:今回久しぶりにやったね。

団長:そう。リフはKyrieのエッセンスだけどメロディーは自分、そういう混沌感が昔のNoGoDのパブリックイメージだと思うんですけど、そこをもう一度、10年目にしてやってみた感じです。だからいい意味のミクスチャー感があって、10年前の曲の雰囲気に近いものになっているんです。『Missing』がああいうカッコいい作品になったからこそ、こちらは遊べたというか、違うことができたなと。『Missing』は振り切った感があるんですよね。

――お二人の久々の合作はファンの方々も嬉しいと思います。

団長:Kyrieの作るメロディーと俺の作るメロディーでは、やっぱり各自の趣味や癖が違う。NoGoDがメタルっぽいけどメロディアスだと言われるのは、そういうところに端を発しているんです。

Kyrie:共作してみたら、違和感はなかったと言うか、むしろ違和感がなさ過ぎました(笑)。実は『Missing』の選曲のときにも、「Arlequin」は候補に出てはいたんです。でも、そのときは自分の中でいまいちピンときていなくて。何でだろうと思ったら、その段階では色々混ざり過ぎていて、今までにもあったNoGoDのスタイル過ぎていたからなのかなと。その後、この曲を新しい自分たちのシングルにふさわしいものになるんじゃないかと色々いじくってみたら、納得のいくものになりました。

――一人で作るときと共作で、制作に対する気持ちに違いはありますか?

Kyrie:自分一人で作ったものだったら自分が大事にしてあげればいいんですけど、ソングパートを団長が書き上げた、ということになると、何とかそれを良いものにしたいという気持ちが働くじゃないですか。自分だけ納得すればいい、とはならないんですよ。もちろんNoGoDの楽曲はどれもそういう気持ちでいるんですけど、特に誰かと一緒に何かを作るとなると、作ったときにこの人はきっとこう思っていたんだろうとか、それに対して自分はこう思うとか、色々考えながらできていくものなんです。だから、他の曲とは違う思い入れが生まれますね。

◆“ピエロとしてのあり方”がすごくはっきり見えてくる歌詞(Kyrie)

――道化師を意味する「Arlequin」というタイトルを、今改めて掲げたことに驚きました。

団長:これまでやりそうでやっていなかったんですよね。道化師のメイクも今まで近いものは何回もやっていますけど、してそうでしていなかった。自分が道化師だ、という認識はあるんですけど、これまであえて言ってはこなかったんです。そもそも道化師は自分のことを、「私は道化師です」って説明しないですからね。あ、あと、こういうメイクのほうが若いファン層に受けるんじゃないか、という若干のたくらみもあります(笑)。

――そんな策略を巡らせていたんですか(笑)。

団長:もちろんですよ! 常に若いファンにも好きになってもらいたいというのが本音ですからね(笑)。いろんな若いアーティストが道化師のメイクをしているけど、私もまだまだ負けてないぞ、ということを強く言いたいです(笑)!

Kyrie:そうなんだ(笑)。

団長:うん(笑)。ステージに立つ人間はみんなそうですけど、ステージに立っている以上、演じることって大切だと思うんです。アーティストを演じるのか、それともありのままをやり続けるのか、いずれにせよエンターテイナーでないといけないと思う。このメイクは、「我々はどんなジャンルに括られようがNoGoDを見せるし、ブレずに見せ続けますよ」という意思表示でもあります。たまに「変わってしまった」とか「媚びた」って言う人もいますけど、我々はNoGoDとしてブレたことは一度もない。「Arlequin」は、現メンバーでもうすぐ10年になるから改めての意思表示なんです。だから、『Missing』を出したときに、「昔のNoGoDは帰ってこないよね」なんて寂しいことを思っちゃったファンには何としても聴かせたいですね。「我々は何一つブレたことはない」というこの曲に込めた意思を。

――実に明確な意思表示だと思います。

団長:個人的に軸はブレてるかもしれませんけどね。バンドとしては大丈夫です(笑)。

――そして、今回の歌詞に胸を打たれました。

Kyrie:こういう歌詞は団長らしいとは思うんですけど、ただこんなに献身的な言葉はそんなになかったですよね。いつもはもうちょっと毒が強い。今回も毒づいているところがないわけではないんですけど、それがすごく綺麗にはまっているんじゃないかな。

団長:シンプルだよね。歌詞も少ないし。

Kyrie:同じようなテイストで歌詞を書いても、いつもはどうしても、ちょっと強い部分や毒っぽい部分に耳や目が行きがちなんですけど、この作品に関してはそういうところがすごく曲になじんで、“ピエロとしてのあり方”がすごくはっきり見えてくる。そういうところがいいなと思います。

――特にサビはたまらないですね。

団長:ありがとうございます。こういう歌詞も、古き良きというか、ちょっと懐かしいという部分もあるのかなと。90年代の香りと言ったらいいのかな(笑)。そういう部分が琴線に引っかかる人はいるかもしれないですね。

――究極の自己犠牲という感じがしました。

団長:ステージに立つ人はみんなそうなんじゃないかなと思うんですよね。化粧していようがしていまいが、何かを削って吐き出して演じている人が多いと思うんです。自分たちはそれぐらいの覚悟を持ってステージに立っているので、受け止めてもらえたらなと思って。…ただね、この曲はあのメイクでいいんですよ。問題は今後、この格好で「Missing」を歌うときですよ。多分ライヴだとそうならざるを得ない日も来ると思うんですけど…どうなんだろう(笑)。このシングルを出した以降、この間のツアーのような「Missing」はもうできないかもしれない!

Kyrie:あれが見納めだったかもしれないね。

団長:そうですよ。観ていない人は、今回は残念だったけど今後のライヴはそんな残念な思いをしないように全部来てね!ということで(笑)。

◆引っ掛かり、取っ掛かり、傷跡…何かが残らないと(団長)

――Kyrieさんは、今回のレコーディングで新たに導入した機材はありましたか?

Kyrie:2曲目の「鮮やかな矛盾」では、普段使わないようなエフェクターを使いました。この曲は華凛ちゃんが原曲を書いているんですけど、ギターの音もパッツリ切れているような感じで、ブレイクは完全にブレイク、という音作りをしているんです。これまでそういうことはあまりやっていなかったので、やってみようかなと。

――ご自身の曲では、そういう感じはあまり出てこないものですか?

Kyrie:そうですね。華凛ちゃんの曲はどれも、静かでもラウドでもテンションが変わらないというか、スッと流れていく感じがあって。曲自体はすごく起伏が激しいんですけど、曲の雰囲気で全部を包み込んでいるという印象があるんです。だから実際に弾くときも、それを意識しますね。

――華凛さんの曲と言うと、「SABBATH」(2013年リリースのアルバム『V』収録曲)のイメージがあるのですが。

Kyrie:この曲もちょっと近い雰囲気がありますよね。

――そうですね。そして、弦楽器陣のエモさがたまりません。

Kyrie:最初の原曲の状態は、もっとすごくシンプルだったんです。でも実際に俺とShinno君でこの曲のギターアレンジをすると、そこまでシンプルにはならない。大きい音と静かな音が混在している中で、俺らは交わるのではなく、俺は俺、Shinno君はShinno君というあり方で常に平行線で走りたいと思っているんです。だから一体化しないように、すごくセパレートが激しい。原曲は、もっと一本の道に全部収まっていたんですけど、ギターのアレンジはそこからすごく広がりました。

――歌詞は「Arlequin」とどことなくリンクしていますよね。

団長:そうなんですよ。視点は近いところにいると思います。「Arlequin」は、あくまで弱みは見せてはいけないという実際の内面のようなものが如実に出ていて、そういう意味では同じ主人公なのかなと。この2曲は同じ時期に書いているので、多分思考がそういう方向を向いていたのかもしれないですね。俺は常にハングリー精神があって、世の中に対して「ちくしょう!」という気持ちがあるんです。弱さをしっかり出せるようになったのは歳のせいかなとは思いましたけどね(笑)。でも、逆にそういうメッセージ性が強すぎると、それはそれで疲れる人もいると思うんですよ。何も考えずに聴ける、もっとフワッとした歌詞や曲のほうが好きな人もいっぱいいるんでしょうけど、それだけだとやっている意味がないですからね。引っ掛かり、取っ掛かり、傷跡…何かが残らないと。ライヴでただ単に暴れて楽しかった、というのももちろん良いんだけど、それだけじゃなくて、どこか心に引っかかって家でも聴きたくなったり、一人で聴いた時に何かを感じてもらえる方が、俺としてはありがたい。だから俺はこれからもきっとこういう歌詞は書くと思いますよ。

――華凛さんの曲にはどんな特徴があると思いますか?

団長:彼は時期によって趣味が変わるよね。

Kyrie:うん。今回は重い曲が多かったね。昔はずっと跳ねている曲やハッピーな感じの曲が多かったけど。

団長:ここ半年~1年ぐらいは重くてラウドでというのがブームだったのかなという気がします。彼はちょっと独特で、他のメンバーが書かない曲をピンポイントで書いてくるんです。緩急が付くのでありがたいですよ(笑)。それでいて、今回の曲とは全く違う雰囲気で配信シングルのリード曲「Passion Play」も作ってくれましたし。俺とKyrieにないものを出してくれるので助かります。

Kyrie:同じように激しい曲でも、俺が作る曲はちょっとブレるというか、歌モノのところは歌モノ、という感じでいろんなところに行ったり来たりするんです。だけど彼の場合は、1曲を一つのもので突き通そうとするんですよ。実直さというか、良い意味でバカ正直と言うか(笑)。小賢しくないという感じかな。俺が書くと、もうちょっと小賢しくなるし、団長が書くともうちょっと明るくなっちゃう。

団長:俺は暗い曲が書けないし、爽やかになっちゃうかもね。

――同じような曲を作っても、ちゃんと個性が出るんですね。

団長:同じ人間はいないんですよ。全く同じアーティストの音楽を聴いて、同じように生きてきても、絶対に変わる。だからバンドは面白いんだと思いますね。

◆セカンドシーズンが始まりますよ(笑)。とは言え、今のメンバーでの10年目ということで、大仰にするつもりはないんですけど、個人的には大事にしたいな(団長)

――今回ヴォーカルが難しかった曲はありましたか?

団長:詞数が多い「∞コンティニュー」(読み:ムゲンコンティニュー)が一番難しかったと思います。この曲は1年半ぐらい前に録った曲なんですけど、レコーディングも終わってMIXも終わっていたのに、『Renovate』(2016年3月リリースのアルバム)に入れられなかった曲で。でも、俺はこの曲はすごく好きで、ずっと推していたんです。

――個人的に、こういう背中を押してくれるメッセージソングは団長さんらしいイメージがあります。

団長:そうですね。得意ですし、こういうことを伝えたがるタイプの人間ではあります。ライヴをやる上ではこういう曲のほうが俺は好きですね。アニメのテーマソングで使えそうな曲です(笑)。

――時期的には、この2曲とは違う心境で作ったんですね。

団長:まるで違いますね。

――このタイミングで入ったのは、なぜだったんですか?

Kyrie:夏だからじゃないかな(笑)。

団長:あ、なるほどね(笑)。正直に言うと、俺はどうしてもこの曲を入れたかったんですよ。なのに、秋に予定しているアルバムにもどうやら入らないんじゃないかという可能性が出てきて…「もう我慢できない! c/wだったらいいでしょ!」ということで入れました(笑)。あとは他の2曲が暗いので、救いを持たせる意味もあります。

――入って良かったですね。

団長:本当ですよ。俺はこれを早くライヴでやりたかったんです。でもメッセージ性が強くてじっくり聴いてほしい曲だから、まずは音源で出したかったんです。なのにリリースしていないからほぼ1年半ライヴでできずで…。

――大事に温めていたんですね。

団長:温めていたというか、放置していたというか、冷蔵庫の奥のほうにずっと放置していて化石化した缶詰みたいなものですね(笑)。

Kyrie:腐ってなくて良かったね(笑)。

団長:ギリでね(笑)。他の2曲とは録っている時期が違うので、曲の空気感に差を感じるかもしれないですけど、どの曲でもNoGoDらしさは出ちゃうものなので、そういう意味では極端な3曲かなとは思います。うちはc/wにも良い曲が多いので、そういう部分でも、楽しんでいただけるかなと。

――早くライヴで聴きたいところですが、しばらく東京でワンマンがないのが歯痒いです!

団長:残念ながら12月2日までないんですよね。

Kyrie:でも年末までに、対バンツアーとNoGoD TOUR -2017 AUTUMN 「prùf」で2回全国を回りますからね。それに町田でもライヴがありますし、横浜、浦和、千葉、あとはちょっと遠いけど水戸でもあります。

団長:12月もバシッと決めようと思っていますので楽しみにしていてください。

――このツアー名は「プルーフ」と読むんですか?

団長:そうです。表記が発音記号になってるんですよね。Kyrieさん、これは何でこのように?

Kyrie:…発音記号のほうがグッズ化しやすそうだから(笑)。ツアータイトルどうしようかという話をしていて、ストレートなタイトルでということになったんですけど、発音記号にしたらグッズの見栄えが良さそうじゃないか?ということで。

――そう聞くとグッズがとても楽しみなのですが。

団長:ぜひ楽しみにしていただいて、グッズをいくらでも買っていただきたいです。ね、Kyeirさん!

Kyrie:俺がデザインしているわけではないので何とも言えないんですけど、きっと何かできるでしょう。

団長:俺は毎回ツアーで結構頑張って団長プロデュース系を出しているんですけど、今回も出すと思います。裏テーマとして「現メンバー10周年」があるんです。もちろん2年前にバンドとしての10周年はやらせてもらっていますけど、この5人で音を合わせて10年目という節目でもあるので、それなりの意味合いを持たせたい。そのための10年前にこの5人で初めてワンマンをやった会場であるCLUB QUATTROでのライヴがありますからね! 10年前に、QUATTROの下手の柱で見えないと嘆いていた人は、今回は上手く位置を変えるでしょう。そうやって成長した皆さんに今の我々が見せられたらと思います。さらに、今回のツアーでは懐かしいライヴハウスにも行きますしね。浦和ナルシスなんて何年ぶりだろう。俺が12年前からお世話になっている箱で。初めてNoGoDが流通の音源を出したのもナルシスのレーベルなんです。ワタクシとしては地元の埼玉市内ということで、この浦和ナルシス公演には力を入れたい。

Kyrie:はい。

団長:リアクション薄いなぁ~(笑)。俺の埼玉に対する愛情をビシビシ感じるでしょ? この日だけは俺個人的にファイナル以上に盛り上げないといけないな、と思っています。

――今回のツアーは各地の方々がワクワクして待っていると思いますよ。

団長:21本あって、金沢も久しぶりだし、苫小牧もベストアルバム以来だし。我々のライヴにはヴィジュアル系に特化したお客さんだけじゃなくて、いろんなタイプのお客さんがいるんです。それが唯一融合する場所が、NoGoDだと思っているので。ヴィジュアル系が好きだろうが、メタルが好きだろうが、どんなロックが好きであっても何でもいいんです。みんなが集まっている以上NoGoDが好きなことには変わりはないので、NoGoDというバンドがどれだけ特別な存在なのかということを見せられるツアーになればいいなと思います。あとはここで解散フラグみたいなものを立てておくとお客さんが焦ってくるんじゃないかという気がするんですけど、Kyrieさん、どう思います(笑)?  「もう見られなくなるんじゃないか!?」って思う人もいるじゃない。

Kyrie:そんなものなの(笑)? ただ、そんなつもりは全くないですけどいつ終わるか本当にわからないですからね。どんなことも。

団長:よし俺たちも匂わせよう。「俺たちの最後の10周年」!

Kyrie:まあ10周年は最後だろうね。普通1回しか来ないからね、10周年は。

団長:しかも、既に1回やっているから2回目の10周年だけどね。セカンドシーズンが始まりますよ(笑)。とは言え、今のメンバーでの10年目ということで、大仰にするつもりはないんですけど、個人的には大事にしたいなと思っています。Shinnoさんが入って10年目記念のグッズを夏から秋にかけて色々ご用意しますので、みんな買ってね! 可愛いものを色々作るので、ぜひチェックしてね! …この5人でやる10周年は最後なのでね…と、匂わせる感じで普通のことを言っておきます(笑)。

(文・後藤るつ子)

ARTIST PROFILE

NoGoD

<プロフィール>

団長(Vo)、Kyrie(G)、Shinno(G)、華凛(B)、K(Dr)の5人によるロックバンド。2005年に「新興宗教樂團NoGoD」として結成。2007年より現メンバー構成となり、2010年6月にシングル『カクセイ』でメジャーデビュー。2010年8月、メジャー1stアルバム『欠片』をリリースし、2013年2月に5thアルバム『V(ファイヴ)』を、2015年4月に結成10周年を記念したベストアルバム『VOYAGE』をリリースした。2017年4月にシングル『Missing』をリリースし、全国ツアー「NoGoD -2017-SPRING ATTACK W/O-U」を展開。9月30日より全国ワンマンツアー NoGoD TOUR -2017 AUTUMN 「prùf」をスタートさせる。

■オフィシャルサイト
http://www.nogod.jp/

【リリース情報】

Arlequin
2017年7月26日発売
(KING RECORDS)

Arlequin
KICM-1784
¥1,600+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

01. Arlequin
02. 鮮やかな矛盾
03. ∞コンティニュー(ヨミ:ムゲンコンティニュー)
04. Passion Play [live version] *
05. dreamer [live version] *
*Recorded at Shibuya WWW X, May 6th, 2017

【ライブ情報】

【NoGoD TOUR -2017- AUTUMN- [prùf]】
9月30日(土)横浜BAYSIS
10月1日(日)町田THE PLAY HOUSE
10月7日(土)苫小牧ELLCUBE
10月8日(日)札幌cube garden
10月14日(土)高崎CLUB FLEEZ
10月15日(日)浦和ナルシス
10月21日(土)仙台HOOK
10月22日(日)新潟GOLDENPIGS-RED STAGE-
10月28日(土)名古屋Electric Lady Land
10月29日(日)神戸VARIT.
10月31日(火)広島SECOND CRUTCH
11月3日(金)福岡DRUM Be-1
11月4日(土)熊本B.9 V2
11月5日(日)鹿児島SR HALL
11月12日(日)長野CLUB JUNKBOX
11月18日(土)本八幡ROUTE14
11月19日(日)水戸LIGHT HOUSE
11月23日(木)金沢AZ
11月25日(土)KYOTO MUSE
11月26日(日)OSAKA MUSE
12月2日(土)渋谷CLUB QUATTRO