インタビュー

lynch.インタビュー

lynch.

バンド史上最も破壊的なアルバムを手に、メジャーフィールドへ歩を進めたlynch.。彼らの新たな行軍が今、始まる!

「メジャーシーンを土足で踏み荒らす」――そう宣言したlynch.のメジャー1stアルバムが遂に完成。「I BELIEVE IN ME」(=自分を信じる)と名づけられた、バンド史上最も破壊的と名高いこのアルバムは、激しさと美しさが絶妙に同居したまさに最強の一枚。正式メンバーに明徳(ベース)を迎え入れ、インディーズシーンで見せつけたその音、そしてエネルギッシュなライヴを武器にメジャーシーンへと切り込む彼らに、今の気持ちを聞きました。

――メジャーデビューおめでとうございます! まもなくアルバム「I BELIEVE IN ME」が発売されますが、メジャー1stアルバムにこのタイトルを選んだ理由を教えてください。

葉月:「自分を信じる」というそのままの意味です。AXもキャパシティの面では勝負だったし、あの激しいアルバムでメジャーシーンに乗り込むのも勝負。自分を信じなければ前に進めないと思ったので。

――メジャーシーンに乗り込む、といえば昨年12月19日のSHIBUYA O-EASTのライヴで葉月さんが口にした「メジャーシーンを土足で踏みあらす」という言葉が印象的でした。今作は「lynch.作品史上、最も破壊的なアルバム」とウワサですが、アルバムの構成案や、曲順などの流れはどの段階で決まったんですか?

葉月:おおまかに「激しさを全面に出す」というのは考えていたんですが、激しい曲だけでアルバムを構成しようとは最初から考えていませんでした。

――ハードなナンバーのみで構成された作品かと思いきや、「THIS COMA」などしっかり聴かせる曲も組み込まれていて聴き応えのある作品ですよね。

葉月:歌モノに関しては今までよりもせまく深くといった感じで思いっきりディープなものにしました。幅を狭めた分、曲順に関してはデモが上がるたびに並べたりして考えていたんですが、確定したのはレコーディング中だったと思います。最初は「SCARLET」を2曲目にしようと思っていました(笑)。

――今回のアルバムに収められた曲は、今作品のために書かれたもの? それとも以前から温めてきたもの?

葉月:すべて今作の為の書きおろしです。基本的に書きためることはしないので。今回は今までで一番の難産でしたね。

――他のメンバーの方はいかがでした? 今回の作品は完成までスムーズでしたか?

玲央:予想どおりの難産でした。

悠介:スムーズ2、難産8な感じでした。

明徳:でら難産でした。

晁直:超難産でした。

――全員同意見(笑)。これは相当大変だったのではないかと思うのですが、その分思い入れもあるのでは? 特に思い入れのある曲、そして「ここを聴け!」という聴き所をそれぞれ教えてください。

玲央:思い入れがあるのは「BEFORE YOU KNOW IT」。即興で考えたわりにいいソロが弾けました。聴き所は「ALL THIS I’LL GIVE YOU」の間奏とピンキングハーモニクスです。

悠介:「THIS COMA」です。単純に曲が好き。「LIE」のギターソロを聴いて欲しい。

葉月:思い入れがあるのは「I BELIEVE IN ME」ですね。今回のアルバムのコンセプトが一曲につまっているので。聴き所は「TIAMAT」「think of death」。

明徳:僕も「I BELIEVE IN ME」です。一つの作品が出来上がって行く工程を学んだ僕にとっての処女作。Cメロ2回し目が聴き所です。

晁直:「UNTIL I DIE」。自分らしくないドラムっぽいドラムが録れたので。「ここを聴け!」という聴き所は「TIAMAT」全部。

――今回サポートメンバーだった明徳さんが正式に加入して、何か変化はありましたか?

明徳:ライヴの時ドラムセットが上手寄りになった。

――(笑)他の方は何か変化がありましたか?

玲央:リズムの安定感が増しました。

悠介:lynch.がパーフェクトなバンドになった。

葉月:レコーディングの空き時間が増えたことと、釣り要員が増えたことですね。

晁直:釣り人メンバーが増えた。

――釣り好きなお二人には仲間が増えて嬉しい限りですね(笑)。では振り返ってみて、今のlynch.は結成当初思い描いていた姿でしたか?それとも予想以上?

玲央:思い描いていた姿にかなり近いです。ただここに至るまでの経緯は紆余曲折でしたが(笑)

――玲央さんの結成当時の“lynch.像”は「ヘヴィでラウドだけどスタイリッシュな雰囲気を残したバンド」とのことでしたが、メジャーデビューした今もそれは変わりませんか?

玲央:基本の軸は変わっていないですが、以前よりもそれぞれのキャラクターを大事にしているような気がします。

――ヘヴィでラウドだけどスタイリッシュ、これはlynch.の音源でもライヴでも色濃く反映されているように感じます。lynch.にとって音源とライヴはそれぞれどんな意味をもつものなんでしょう。

葉月:CDはライヴを楽しむ為の資料でしかないのかもしれない。それほどにライヴは重要で、曲作りでも常に意識しています。

悠介:音源はバンドの現在(いま)を写し出すもの。ライヴはファンとのコミュニケーションの場。

明徳:音源はライヴのためのもので、ライヴで曲を生でやって初めて完成だと思う。

晁直:ライヴの8割はクリック聴きながらの演奏なので、「いかにライヴ感を出せるか」というのがテーマ。

玲央:ライヴはファンも含めた全員で作る作品。音源にそれをフィードバックさせる連鎖です。

――では期待が高まっている6月11日から始まるツアー「THE BELIEF IN MYSELF」の意気込みをお願いします。

葉月:一日一トリップ。多ければ多いほど良し。

玲央:たかがロックバンドなので、敷居を気にせず気軽に見に来てほしいです。

悠介:一本一本全力で挑みます。

明徳:この夏一番熱いライヴをお届けします。

晁直:ツアー中に年を重ねるのでドラムにも年齢を重ねる、そんな意気込み。

(文・後藤るつ子)

lynch.

<プロフィール>

葉月(Vo)、玲央(G)、悠介(G)、明徳(B)、晁直(Dr)によるロックバンド。インディーズシーンで数々のライヴを行い、2010年「ラスト・インディーズ宣言」を皮切りに、ラスト・インディーズ・シングル『JUDGEMENT』のリリース。ラスト・インディーズ・ツアーを敢行する。各会場及びツアーファイナルの渋谷O-EASTをSOLD OUTさせ、サポート・ベーシスト=明徳の正式加入を発表。2011年5月、lynch.史上初となる渋谷AXワンマン公演を行い、6月1日フルアルバム『I BELIEVE IN ME』をリリース。今後の活動に注目が集まる。

■オフィシャルサイト
http://lynch.jp/

【CDデータ】

初回生産限定盤(CD+DVD)
¥3,000

通常盤(CD)
¥3,000


『I BELIEVE IN ME』
2011.6.1発売
(King Records)
lynch.のメジャー1stアルバム。

メジャーシーンを土足で踏み荒らすと宣言したlynch.が放つメジャー1stアルバム。その言葉に偽りなし!と言える充実の1枚。
【収録予定曲】
<CD>
01.INTRODUCTION
02.UNTIL I DIE
03.I BELIEVE IN ME
04.JUDGEMENT
05.LIE
06.-273.15℃
07.THIS COMA
08.SCARLET
09.ALL THIS I’LL GIVE YOU
10.TIAMAT
11.BEFORE YOU KNOW IT
12.A GLEAM IN EYE

<DVD>初回限定盤のみ
「I BELIEVE IN ME」Music Clip