「Far East Dizain×JILUKA」スペシャル対談第1弾・ヴォーカリスト編~Keita×Ricko~

「Far East Dizain×JILUKA」スペシャル対談第1弾・ヴォーカリスト編~Keita×Ricko~

ヴォーカリスト編~Keita×Ricko~

10月28日に新宿BLAZEで開催されるFED主催のハロウィンライブ「Far East Gathering vol.2」と、12月20日に池袋EDGE で開催される2MAN LIVE「FED×JLK」。二つのバンドが同じステージに立ち、2017年の下半期を大いに盛り上げるこのイベントに先駆けて行われたスペシャル対談「Far East Dizain×JILUKA」。パートごとに展開していくこの対談企画の幕開けを飾るのは、美麗な声と巧みな表現力を持つヴォーカリスト、KeitaとRicko。ステージで見せる表情とは異なる、柔らかな空気をまとった二人に話を聞いた。

◆Keitaさんは声量があることがしっかり伝わってくる“真に歌が上手い人”(Ricko)

――今回がお二人の記念すべき初対談ということで。

Ricko:すごく緊張しています!

Keita:僕もです! …なので、一体何を話せばいいのかドキドキしていて(笑)。

――お互いに初めて会った時のことを覚えていますか?

Keita:場所はリハーサルスタジオでしたよね。

Ricko:そうです。2014年か2015年頃の今頃だったと思います。FEDさんもJILUKAも、バンドの始動がちょうど同じ頃だったんですよね(※FEDは2015年4月、JILUKAは2015年2月始動)。ただ、スタジオでちょこちょこお見かけしてはいたんですけど、あまり深く話をすることはなく。この間、「なりたけ」のラーメンの話をしましたけど(笑)。

――お二人とも千葉の出身だそうですね。

Keita:そうなんです。同じ千葉なので、会おうと思えば会えますね(笑)。

Ricko:実は僕、最初の頃は、Keitaさんはすごく怖い方だと思っていたんです。あまり喋らない方だと思っていたし。でもライブを拝見して、すごくいい方なんだなと思いました。ステージに優しさが滲み出ていますよね。

Keita:そう思ってもらえて良かった! 実は僕も最初はRickoさんのことを怖いなと思っていたんですよ(笑)。

Ricko:え、そうだったんですか!?

――そんなに恐ろしい出会いだったんでしょうか。

Keita:いや、僕はすごく人見知りをするんです。Rickoさんは笑顔で挨拶してくれていたんですけど、僕が人見知りのせいで、「ちょっと怖いな」と思って自分から距離を置いてしまって。

Ricko:僕、怖くないですよ!

Keita:でも、もう大丈夫そうです(笑)。

――お二人は今年の8月に行われたイベント「beauty;tricker」が初対バンで、10月28日のFED主催のハロウィンライブが二度目の共演になるとのことですが、これまでにじっくりお互いのライブを観たことはありますか?

Ricko:僕は渋谷WWWで行われたFEDさんのワンマンライブ(2015年11月に行われた初ワンマン公演“DIZAINIZM”)で初めてライブを観させていただいたんですけど、すごくカッコいいし、とにかくKeitaさんは歌が上手い! ステージを観て、すごく迫力があるなと思いました。しかも、すごく声量があるんですよ。マイクを通していても、声量がある人とない人はわかってしまうんですけど、Keitaさんは声量があることがしっかり伝わってくる“真に歌が上手い人”で、最初に見た時は衝撃を受けました。

Keita:すごく嬉しいです。僕は残念ながら最近のJILUKAさんのライブを観ていないんですけど、初めて共演した「beauty;tricker」の時や、スタジオで声が漏れ聴こえて来た時は超チェックしていました(笑)。

Ricko:え、そうだったんですか!? 恥ずかしいな(照)。

Keita:すごく激しい楽曲なんですけど、シャウトもガンガンいって、それでいて結構キーが高い。シャウトをやった後に、声量のあるすごく安定したピッチでバチンと声を出せるのはすごいと思います。迫力もあって、すごくカッコいいんですよ。

Ricko:えぇ~、照れちゃうな~。

Keita:(笑)

――お互いの音楽性については、どういう印象ですか?

Ricko:とにかくものすごくテクニカルな印象です。僕たちは、バーッと勢いで行く系なんですけど、FEDさんはリズムの技巧もすごいし、皆さん本当に上手いし、聴くたびに「はぁ~(溜息)」と(笑)。

――この間Ledaさんが、「共演したバンドさんのカバーを演奏しましたが、メンバーの新たな可能性を感じる事が出来てとても良い機会でした」とツイートしていましたが、今回の2本のライブでお互いの楽曲をカバーする機会があった場合、ご自分たちの曲で「これを相手に歌ってほしい」という曲はありますか?

Keita:簡単なやつにしてください(真顔)。

Ricko:(笑)。僕はKeitaさんの声には「Twisted Pain」(2015年8月リリースのアルバム『DESTRIEB』収録曲)がすごく合うんじゃないかと思います。絶対カッコいいと思うんですよ。

――個人的にはKeitaさんが「M.A.D」(2017年10月25日リリースのシングル『Ajna -SgVer』収録曲)をどう出すのかも聴いてみたいです。

Ricko:あ、それもいいですね(笑)!

――KeitaさんはRickoさんに歌ってほしい曲はありますか?

Keita:例えば、シャウトが全くない曲なんていいかもしれませんね。

――「izayoi」(2017年5月リリースのミニアルバム『DIZAINERVE』収録曲)とか?

Keita:あ、そういうバラード系もいい!

Ricko:でもうっかりシャウトしちゃうかも(笑)。

Keita:そうしたら「こうアレンジしてきたんだ!」って感心すると思うので(笑)。

Ricko:FEDさんとJILUKAは弦楽器の弦の数が違うので難しいとは思うんですけど、いざとなったらうちのメンバーに頑張って頼んでみます(笑)。カバーは実現するかわからないですけど、もし実現したらと思うと楽しみですね。

――こうやって並んで話していると、お二人はどことなく雰囲気が似ていますね。ちょっとフンワリした感じが。

Ricko:本当ですか。似ているのかな。

Keita:だとしたら、きっとRickoさんも優しい方なんですよ。

――なるほど(笑)。JILUKAさんはかなり突き抜けた印象だったので意外でした。

Ricko:元気な印象でした? でも意外と普通ですよ(笑)。

――ところで、対バンイベントでは楽屋でも顔を合わせると思いますが、それぞれライブ前はどう過ごしているんですか?

Keita:僕たちは雑談をしたり、各々自分のパートの練習をしたり、僕はストレッチしたり。そうやって比較的リラックスした感じで本番に臨んでいます。

Ricko:そうなんですね。うちはいつもみんなで筋トレしています。これは結構ガチなやつで、自分の限界値みたいなところを突き詰めるというか。ドラムだったらブラストビートをダダダダとやったり、ギターだったらフルピッキングでガーッと弾いていたりします。僕はその中でストレッチをしたり、発声をひたすらやったりしています。

Keita:ものすごくストイックですね…。Rickoさんはライブ前に緊張しますか?

Ricko:僕、あんまり緊張しないんです。

Keita:羨ましい! 僕、すごく緊張するんですよ。何ならライブの三日ぐらい前から、ずっと緊張していて。

Ricko:三日!? Keitaさんは、すごく真面目な方なんですね。逆に僕は緊張感がなくて、マネージャーに叱られているくらいなので(笑)。僕らは多分両極端なんでしょうね。もちろん緊張するときもあるんですけど、大体はリラックスしています。気張ってしまうと体が硬くなって、ストレッチをしても全然効かなくて、ステージで高音が出なかったりするんですよ。だから極力リラックスするようにしています。

――お二人の、声をよく出すための秘訣は何ですか?

Ricko:あ、それすごく知りたいです。

Keita:とにかく力まないことじゃないかな。それが多分一番難しいとは思いますけど。なのでライブ前はできるだけリラックスしようと心がけているんです。ただそれが一番簡単なようで、一番難しいかもしれないですね。思えば思うほど、緊張しちゃったりするので。

Ricko:僕は楽しめば楽しむほど声が出るんです。テンションが上がった分だけ、気持ちが歌に出るので。どれだけお客さんを楽しませて自分も楽しめるかというところに尽きますね。楽しいと不思議と声が出ますから。

Keita:やっぱり声は、気持ちと深い関わりがあるんだと思います。

Ricko:楽しいと表情も柔らかくなりますしね。

Keita:そうそう。リラックスすると口角も上がって、発声も良くなるんじゃないかな。

◆二つのバンド、それぞれのいいところをお客さんに見付けてもらえたら(Keita)

――お二人の、音楽のルーツを教えてください。

Ricko:僕は19ですね。すごく好きで、学生時代には弾き語りをやっていました。

Keita:意外! どうしてこのジャンルに?

Ricko:海外の音楽を聴いたりもしていたんですけど、いざバンドをやろうとなったときに、激しい音楽が好きな人たちが集まって、他のメンバーからも影響を受けてここに至りました。

Keita:僕はラルクがすごく好きで、ずっと聴いていたんです。初めてシャウトに出会ったのが、リンキン・パークでした。「こんなに力強さと繊細さを兼ね備えたヴォーカルがいるんだ!」と思って、そこからは最近亡くなったヴォーカリスト、チェスター・ベニントンをすごく尊敬しています。

Ricko:あ、でも僕も19から始まって、ラルクを通って、リンキンも聴いていました。同じところで影響は受けていますね。

Keita:あれ、意外とルーツが近いですね。そして二人とも今の激しい音楽に行きついたという(笑)。

Ricko:意外な共通点にビックリしました(笑)。ところで、Keitaさんは喉のケアはどうされているんですか? 僕は「ちょっと喉が痛いな」という時以外、例えばライブ後に多少声が掠れているくらいだったら何もしないんです。「甘やかしたらダメだ!」と思って。

Keita:僕も特別なことはしないですよ。ライブ前に吸入器で喉を潤す程度で。

――お二人ともかなりシンプルなケアで喉が維持できるのはすごいですね。

Keita:そう言われると確かにそうですね。特にRickoさんは、僕以上に酷使していますからすごいです。ただ、僕はふと、「この先何年後かに自分は声が出ているのかな」と怖くなったんですよ。今みたいに叫んで、今の歌のままでやっていたら、将来きっと衰えていくじゃないですか。そういう不安はすごくあって。

Ricko:そうなんですね…! 僕はそういうことを考えたことが全くなくて。今のお話を聞いて急に「ヤバい」と思い始めました。…怖いな。

Keita:(笑)。僕はRickoさんにシャウトとクリーンのところの両立をどうやって上手くやっているのか聞きたかったんです。1曲の中でも、シャウトの部分とメロディーがあるところではすごく切り替えが難しいので、永遠のテーマだと思うんですけど。

Ricko:わかります。すごく難しいですよね。でも実は、それもあまり気にしたことがなくて(笑)。

――Rickoさんは何事にも自然体で挑んでいるんですね。

Ricko:確かに、あまり考えないでやっている気がします。

Keita:でも、それが一番いいのかもしれないですね。Rickoさんはボイトレに行ったりは?

Ricko:昔ちょこっと行ったりしたんですけど、今は全然行っていなくて。ただ、気を付けることとして、あまりシャウトはしないようにはしています。

Keita:僕と同じですね。

Ricko:Keitaさんは切り替えをどうしているんですか?

Keita:僕の場合は、「あ” あ” あ” あ”」と言った後、一度息を整えてから歌います。喉から絞りだすように「あ” あ” あ” あ”」と言ったまま歌うと、そのまま喉が締まってしまうので。

Ricko:なるほど。発声方法は人それぞれですよね。僕は結構力で歌ってしまうので、これまであまり気にせずにいけていたと思うんです。でも先ほどのお話を聞いて、改めて考えると将来が怖くなってきました。

Keita:いやでも、それで押し通せるのは本当に羨ましいですよ(笑)。

――ここまで意外な共通項や対照的なことが発覚しましたが、お二人がそれぞれフロントマンを務める2バンドが、10月28日のFED主催のハロウィンライブ「Far East Gathering vol.2」@新宿BLAZE、そして12月20日の2MAN LIVE「FED×JLK」@池袋EDGEでどういうライブを展開するのかとても楽しみです。今回の二つのライブは、バンド側としては、それぞれ向き合い方が違うものですか?

Keita:意気込みは違いますね。今回の主催はハロウィンという時期も絡んでいるので、仮装も含めて楽しみましょう!という感じです。ツーマンはガチンコで戦うので、本当にお互いにバッチバチですよ。それとは別に、もっとバンド同士のお客さんの交流も増えていったらなと考えています。

Ricko:僕もそこはすごく期待していて。ツーマンでFEDとJILUKAのお客さん同士が仲良くなってくれたり、新しいお客さん同士の繋がりができたりしたらいいなと思っています。

――ハロウィンのライブと言えば楽しみの一つに仮装がありますが、今年はどういう方向で行くんですか?

Keita:いや~、それは言えないですね! (小声で)…今必死に考えていますので!

Ricko:実はうちも同じ状況です(笑)。今までで一番凝ったものになるのは間違いないんですけど。

――当日一体どういう装いなのか、ファンの方々の期待も高まっていると思います。

Keita:毎年、「その期待に応えねば!」というプレッシャーがすごいんですよ。「去年を超える何かを生み出さないと!」と思いますし、「去年よりもさらにすごいものを!」というハードルがどんどん高くなっていますから(笑)。

Ricko:メンバー全員、完成度にはコダわってますよ。去年よりもすごいことにしますので期待していていただきたいです。

――ちなみに去年はどんな仮装をしたんですか?

Ricko:その頃テレビで『勇者ヨシヒコ』をやっていたので、僕はヨシヒコのコスプレをしました。

Keita:実は去年、うちのLeda(G)も全く同じモチーフでやったんですよ(笑)。ライブの日付も場所も違いましたけど、まさか同じ仮装になるとは…(笑)。

――お二人とも似合いそうです。FEDは、去年はどういうテーマで仮装のモチーフを選んだんですか?

Keita:その年の旬のものを取り入れようと思いまして。…と言いつつ、僕は全く旬が関係ない、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャックをやったんですけどね(笑)。

Ricko:(笑)

――では今年は、去年のヨシヒコよりも、ジャックよりもすごいことになるぞ、ということで当日にさらに期待していただきましょう。最後に、今回の二つのライブへの意気込みをお願いします。

Keita:まず、ハロウィンに行われるライブはFEDにとって2回目の主催なんです。最初の主催は2年前の4月だったんですけど、そこからの成長も含めた演奏パフォーマンスを見せていきたいと思うし、それにプラスしてハロウィンらしくお客さんを楽しませられるようなライブにしていきたいと思います。あとは参加してくれたバンドさんのお客さんも、「本当にFEDの曲はいいな」と思ってもらえるような良いライブにしていきたいです。そしてツーマンでは、二つのバンド、それぞれのいいところをお客さんに見付けてもらえたらなと。とにかくバチバチにやってやりますので! それをきっかけにJILUKAさんともっと仲良くなって、今後も一緒にいろんなところを回ったりできるような、そんなライブにしたいと思います。

Ricko:まずはハロウィンですね! 仮装では負けません(笑)! JILUKAは演奏も含め、他にあまりないようなことをしていきたいと思っているので。みんなが、「JILUKAの曲はカッコいい」と思ってくれるようなパフォーマンスをして、歌を聴かせたいと思います。ツーマンでは、僕がリスペクトしている先輩方に負けないように、しっかり食らいついていけるようなライブにしたいと思っているので、当日はぜひ会場に足を運んでください!

ヴォーカリスト編~Keita×Ricko~

(文・後藤るつ子)

【イベント情報】

●Far East Dizain主催ライブ「Far East Gathering vol.2」
10月28日(土)Shinjuku BLAZE
出演:Far East Dizain / JILUKA / Leetspeak monsters / Sick. / GRIMOIRE
時間:開場17:30 / 開演18:00
料金:前売¥3,500(当日¥4,000) ※別途ドリンク代
【チケット】
・ローソンチケット (0570-084-003/Lコード:72838) http://l-tike.com/
・チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:335-425) http://t.pia.jp/
・e+ http://eplus.jp

●2MAN LIVE「FED×JLK」
12月20日(水)Ikebukuro EDGE
出演:Far East Dizain / JILUKA
時間:開場18:00 / 開演18:30
料金:前売¥3,500(当日¥4,000) ※別途ドリンク代
【購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)】
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002236188P0030001

ARTIST PROFILE

Far East Dizain

<プロフィール>

Keita(Vo)、Leda(G)、Яyu(B)、Sujk(Dr)の4人からなるロックバンド。2015年4月に結成し、同月1stシングル『DIZAINIZE – EP』を、11月には1stアルバム『TONICK DIZAIN』をリリース。11月に渋谷WWWで初ワンマン公演“DIZAINIZM”を行い、2016年3月にその模様を収めたライブDVD『LIVE:DIZAI­N 2015 -DIZAINIS-』と2ndシングル『Inhale』をリリースした。翌4月にはTSUTAYA O-WESTで2ndワンマンライブをソールドアウトさせ、12月に2度目の渋谷WWW公演を成功させる。2017年5月にバンド初のミニアルバム『DIZAINERVE』をリリースした。

■オフィシャルサイト
http://fareastdizain.com/

【リリース情報】

DIZAINERVE
2017年5月24日(水)発売
(発売元:DIZAIN Records)

DIZAINERVE
(CD)
DZRCD-006
¥2,700+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

01. INVISIBLE WOUNDS
02. Counterfeit Virtue
03. Disgracer
04. izayoi
05. Fragments
06. Octagram(※ギターインスト曲)

【ワンマンライブ情報】

●Far East Dizain presents ALTERED DIZAIN
11月11日(土)心斎橋CLUB DROP
●Far East Dizain presents ALTERED DIZAIN
11月25日(土)下北沢GARDEN

ARTIST PROFILE

JILUKA

<プロフィール>

Ricko(Vo)、Sena(G)、Boogie(B)、Zyean(Dr)の4人からなるロックバンド。2015年2月に始動し、同年4月に1stミニアルバム『Brave Agonistic Letters Under Segregation』をリリース。尖鋭なアグレッションとヘヴィネス、そしてメロディアスな旋律で様々な感情表現をしている。2017年6月に3rdミニアルバム『Xenomorphic』をリリースし、7月に渋谷WWWにて3rdワンマンライブを実施。来る10月25日には5thシングル『Ajna -SgVer-』のリリース、11月4日にはShibuya TSUTAYA O-WESTでJILUKA 4th ONEMAN LIVE【PHASE : osmosis】の開催が決定している。

■オフィシャルサイト
http://www.jiluka-web.com

【リリース情報】

Ajna -SgVer-
2017年10月25日(水)発売
(発売元:DPR JAPAN)

Ajna -SgVer-
(CD+DVD)
DPRJ-1008
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

[CD]
01. Ajna -SgVer-
02. M.A.D(新曲)
03. Ajna -KARAOKE (SgVer)-

[DVD]
01. Ajna (Music video)
02. Omelas (Music video)

【ワンマンライブ情報】

●JILUKA 4th ONEMAN LIVE【PHASE : osmosis】
11月4日(土)Shibuya TSUTAYA O-WEST