News

浅葱、新曲「アマビヱ」8月29日に発表&告知映像公開!

ソロアーティストとして圧倒的な世界観と表現力で独特の存在感を放っているDのヴォーカリスト、浅葱(ASAGI)。自身の誕生日である8月29日(土)に新曲「アマビヱ」の発表が決定、配信開始! その告知映像が公開となった。

唯一無二の和の世界観を表現している浅葱が放つ待望の新曲は「アマビヱ」と題された曲名から、この度の新型コロナウイルス(COVID-19)の影響や被害を受けている人々に向けた楽曲だと想像できる。

さざめく波音、美しい箏や笛の響きと共に、浅葱の声で“浅葱 アマビヱ 晩夏に現る”と告げる、癒しを感じさせるこちらの告知映像は浅葱による拘りの編集。本人作の流麗な映像美と背景音楽に心を踊らせながら、配信開始まで期待に胸を膨らませてほしい。

▼「アマビヱ」告知映像
映像編集・背景音楽:浅葱(「#アマビヱ」試作音源の前奏を使用)
※CD発売に関しましては後日詳細を発表させて頂きます。

浅葱(ASAGI)は2016年にトリプルA面シングル『Seventh Sense』『屍の王者』『アンプサイ』を携えソロとしてメジャーデビュー、2018年には和の世界観を打ち出し、メジャー1stフルアルバム『斑』(日本最高峰の豪華ゲストミュージシャン達が多数参加)、『妖狐の嫁入り』、2019年には『もののあはれ』をリリース。古語を用いた歌詞、それを艶やかに歌い上げる歌唱、鼓や太鼓、琴など雅な音色を取り入れ圧倒的な和の世界観で仕上げられた楽曲達は必聴だ。

 

『斑』を全国で披露したワンマンツアーの千秋楽を収めたLIVE DVDや、2019年に品川インターシティホールで行われた二部生単独公演・昼の部のアコースティックスタイルのライブを収めたCD『和菓子・うさぎや ~小規模非電子的演奏会音源~』などもリリースしており、見逃せないアイテムばかりである。

先日、記念すべきソロ1stシングル『Corvinus(コルヴィヌス)』の配信も開始(ダウンロード、サブスク解禁)、MV Fullも公開。デジタルな要素とヘヴィな音像、美しいメロディと感情を揺さぶるような歌唱が合わさり、唯一無二の仕上がりとなっているこの作品は、Dの世界観とも深い繋がりを持っている。ASAGIが漆黒のハードな衣装、ヘアメイクを身に纏い、激しくアクションを繰り広げるライブ感の溢れるMVも必見、ぜひD official YouTube channelをぜひチェックして頂きたい。

各音源情報、通販、配信の詳細などはオフィシャルサイトをチェック。
ASAGI solo works website
http://www.god-child-records.com/asagi/
D official YouTube channel
https://m.youtube.com/user/DofficialJP

Dはバンド結成17周年を迎え、Web会議アプリZoomを使用してアコースティックミニライブとトークを生配信するという、時代と状況を踏まえた日本初の試みであるウェブストアイベントを開催、昨年オープンしたGOD CHILD RECORDSの自社スタジオ「Studio Rosarium」からお届けし、音楽やエンターテインメントを届けたり様々な事での“これからの形”を実践し続けている。

D Official YouTube channelでは、新型コロナウイルス(COVID-19)と戦うすべての人に捧げる、“全世界へ向けてエールを送る新曲”「Hang in there」を公開、歌詞も公開中なので、是非、歌詞を読みながら新曲に触れて、Dの想いを感じ取ってほしい。

以前よりチャリティーライブイベント「Water Aid」への出演や、東日本大震災や熊本地震被災への支援、台風19号被災者支援など、チャリティー活動も積極的に行ってきているDは、昨年発生したオーストラリア森林火災の深刻な事態を受け、チャリティープロジェクト「#あなたの1再生が自然と命を救う」をスタート、音楽配信を通じWWFジャパンへの新たな寄付の形を作った。

こちらのプロジェクトは、オーストラリア森林火災へ向けたチャリティーソングであるDのニューシングル2タイトル「ACACIA~Pray For Australia~」「Hard Koala」(現在配信中)をダウンロードやサブスクで聴くだけで、楽曲収益の70%が自動的にWWFジャパンに寄付されるという、ASAGI考案の日本では全く新しい仕組みとなっている。

このシステムを活用し、『#あなたの1再生が子どもたちを守る』プロジェクトを発足。自然・生命・愛など、楽曲を通して様々なメッセージを伝え歌詞や楽曲・世界観を創るASAGIならでは発案で、世界中の子どもたちの命と健康を守るために活動する国連機関である公益財団法人 日本ユニセフ協会へも自動寄付をする。

「#あなたの1再生が自然と命を救う」
「#あなたの1再生が子どもたちを守る」
こちらのプロジェクト名・ハッシュタグのように、楽曲を聴き思いを感じ、野生動物や自然保護、そして世界中の子どもたちへのチャリティーに参加してほしい。楽曲を聴けば聴くほどに寄付される仕組みとは、なんとも画期的で感慨深いものがある。

さらにDは全国ライブハウス応援企画(#LiveHouseNeverDie)も行なっており、新型コロナウイルスの影響で深刻な状況にある、音楽を提供するかけがえのない場所である“ライブハウス”のためという事で、音楽に根ざした活動をしているDならではの発案と行動と言えるだろう。サブスクの場合は再生するほどにたくさん寄付されるということで、Dの音楽を聴き、音楽、バンド、ファンを繋ぐライブハウスを、応援していただきたい。

20周年を記念して2023年にバンド史上”最大領域”に挑戦するD。“最大領域”とは、動員数やキャパも含めた最大を意味しており、20周年という大きな節目でこれに挑むという。前代未聞のこの挑戦に注目し、常に荒波を前進し続け、唯一無二の存在を確立してきたDの航路を、共に突き進んで欲しい。

GOD CHILD RECORDS、Dの挑戦と活動、メンバーソロの動きを見逃すな!


【“浅葱”情報】
●「斑(Madara)」音楽配信
ASAGI’s music distribution service begins for world!
https://avex.lnk.to/ASAGI-MADARA

●「妖狐の嫁入り(Youkonoyomeiri)」音楽配信
ASAGI’s music distribution service begins for world!
https://linkco.re/e13p47mv

●「もののあはれ(Mononoaware)」音楽配信
ASAGI’s music distribution service begins for world!
https://linkco.re/ghDUfYrU

●「月界の御子」MVフル公開中

●「妖狐の嫁入り」電子絵巻物無料公開中

●「妖狐の嫁入り」歌詞、意訳、己書記、無料公開中
http://www.god-child-records.com/asagi/

●9月22日(日)京都MUSE単独公演SPOT映像アサギマダラVer.

●楽曲振り付け動画はこちら
https://www.youtube.com/user/DofficialJP

●「Corvinus(コルヴィヌス)」MVフル公開中

●「Corvinus(コルヴィヌス)」配信(ダウンロード、サブスク)
https://linkco.re/exrvsVfp

●グッズ詳細・ご購入はこちら
https://rosenkranz.shop-pro.jp/

【浅葱へのこれまでの参加ゲストミュージシャン一覧】
<GUEST MUSICIANS>
※50音順 / 敬称略
aie(the god and death stars / gibkiy gibkiy gibkiy / THE MADCAP LAUGHS / KEEL)
亜季(Sadie / AXESSORY)
天野攸紀
岡野ハジメ
K-A-Z(Sads / DETROX / STEALTH / カイキゲッショク)
奏-kanade-
菊富士純子
沙我(アリス九號.)
咲人(NIGHTMARE / JAKIGAN MEISTER)
Sakura-櫻澤泰徳(gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)
SYU(GALNERYUS)
SHUSE(†яi¢к / La’cryma Christi)
真矢(LUNA SEA)
Shinya(DIR EN GREY / SERAPH)
樹威(GOTCHAROCKA)
JUN(GOTCHAROCKA)
淳士(BULL ZEICHEN 88 / 戦国時代-The age of civil wars- / ex. SIAM SHADE)
SUGIZO(LUNA SEA / X JAPAN)
DAITA(BREAKING AROW / BINECKS / ex. SIAM SHADE)
千聖(PENICILLIN / Crack6)
Tsunehito(D)
TERO(†яi¢к)
十夜(GOTCHAROCKA)
遠海准司(己龍)
TOSHI(ex.Gargoyle)
Tomoko(HEAVENESE)
中村佳嗣(Eins:Vier / alcana / 青天の霹靂 / yohiaco)
Heather Paauwe
HIDE-ZOU(D)
人時(黒夢 / Creature Creature)
HIRO(La’cryma Christi / Creature Creature)
HIROKI(D)
藤原いくろう
MiA(MEJIBRAY)
都啓一(SOPHIA / Rayflower)
MOTOKATSU
Motoki(HEAVENESE)
森岡賢(ex.SOFT BALLET / minus(-))
you
燿(摩天楼オペラ)
yo-ka(DIAURA)
Ruiza(D)
Leda
LEVIN(La’cryma Christi)

【D各チャリティー詳細、楽曲配信情報、音源詳細、ライブスケジュールについてはこちら】
D official website http://www.d-gcr.com

【D結成17周年記念 D OFFICIAL FAN CLUB 「Ultimate lover」新規入会金無料キャンペーン実施中!】
新規入会キャンペーン受付期間
2020年4月14日(火)~2020年8月31日(月)23:59まで

※クレジットカード決済(Rosen Kranz)でのご入会の場合:2020年8月31日(月)23:59まで
Ultimate lover 新規ご入会
https://rosenkranz.shop-pro.jp/?pid=144018540

※郵便振替にてご入会の場合:2020年8月31日(月)付のお振込まで
FC詳細/ご入会案内ページはこちら
https://www.d-gcr.com/fan-club

【D official online salon 「Sub Rosa」 OPEN 入会受付中!】
・D official online salon “VIP” Sub Rosa ~Royal castle
https://lounge.dmm.com/detail/1644/
※Very Important Person(FC会員のみ入会可能)
※D official fan club「Ultimate lover」に入会されている方対象

・D official online salon “GA” Sub Rosa ~Secret garden~
https://lounge.dmm.com/detail/1645/
※General Admission(一般の方も入会可能)

ーDMMにてD official online salon、OPENー
Sub Rosa=秘密
オンラインサロンとは月額会員制のクローズド・コミニュティ。
Dとファンを繋ぐ秘密の花園への扉はまもなく開かれる。
鍵を手にした者だけに与えられる新たな世界は、これまでの常識を覆すことでしょう。
夢は現実に変わり、再び新たな夢が動き出す。
この春、我らは森の奥にある古城の中で円卓を囲み、Dという一輪の薔薇の下、永遠を誓い合うのです。

【2019.6.8「Studio Rosarium」OPEN!一周年記念キャンペーン実施中・予約受付中!】
GOD CHILD RECORDSが運営する撮影スタジオ兼レンタルスペース「Studio Rosarium」オープン。一周年記念キャンペーン実施中・予約受付中! ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペース。コンセプトごとに2F(シュバルツバルトの獣)、3F(ヴァイスヴァルトの花嫁)の2フロアで展開。現実世界とは異なるもう1つの世界。ファンタジーを愛する者らが集う幻想的な空間を演出。

Studio Rosarium
〒192-0903 東京都八王子市万町117番地6 田倉ビル2F/3F
営業時間 9:00~22:00 (時間外相談可) TEL:042-686-1991(9:00~22:00)
※ご予約に関しましては、HPの予約受付フォームからお願い致します。
※固定電話が繋がりにくい場合は携帯までよろしくお願い致します。080-9573-7874(担当:井上)

詳細はこちら:「Studio Rosarium」HP
https://www.studiorosarium.com/

D オフィシャルサイト
http://www.d-gcr.com/
GOD CHILD RECORDS オフィシャルサイト
http://www.god-child-records.com
ASAGI solo works オフィシャルサイト
http://www.god-child-records.com/asagi/
Ruiza solo works オフィシャルサイト
http://www.d-gcr.com/profile/solo_ruiza.html
D official YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/DofficialJP

コメントは停止中です。

浅葱のその他の記事を読む

<トップへ戻る