News

「EXシアターオンライン」開始! ライブ開催から有料配信までテレビ朝日がフルサポート!

EXシアター六本木がライブ開催から有料配信まで一気通貫でサポート「EXシアターオンライン」開始!

「EXシアターオンライン」はテレビ朝日のプラットフォームを利用して、会場・設備・機材・収録・配信・視聴をワンストップで提供するライブ動画配信のための新サービス。
https://www.tv-asahi.co.jp/douga_mv/ex-theater-online/

ライブエンターテインメントの中止が相次ぎ、会場閉鎖、休業を余儀なくされてきた数ヵ月を経て、段階的解除により少しずつ活動再開の動きが出てきているのは明るい兆しだ。一方、ロードマップに則した集客を制限したイベントは収支が成り立たないという問題に直面している。いつ状況が変化して活動休止へ逆戻りするか、誰にもわからない状況が続いている。この問題を解決すべく、ライブに有料配信をセットにした「EXシアターオンライン」がスタートする。

2013年11月にオープン以来、2,000本以上の公演が行われてきたEXシアター六本木(http://www.ex-theater.com/index_concept.html)は、テレビ朝日が運営している会場として放送・中継・配信環境を有している。配信プラットフォームはテレビ朝日の公式動画チャンネル「テレ朝動画」に専用ページを開設。スマートフォンやPC、タブレット上でユーザーはどこからでも購入から視聴まで可能となる。ライブ配信動画のコメント枠をTwitterと連動、配信ページでほかの観客のツイートをみながら一緒に楽しめる。主催者にとっては、通常のライブ層と違うドラマ、バラエティ、アニメ・ヒーロー、アイドル等、約400番組(約15,000本)の視聴ユーザーにアプローチできるのも魅力だ。

アーティストは通常のライブと並行して配信の収益を獲得できる、ファンは会場に行けなくてもデジタルでライブを楽しめる、双方に寄与した形の新メニューだ。

人が集い、同じ空間で同じ瞬間を共有するライブに感動する日常を取り戻すにはまだ時間を要する。今後、ライブ+配信が新しいあたりまえになり、主流になっていくかもしれない。多様な楽しみ方、新しいエンターテインメントがさらに充足する一助になれば幸いだ。


【EX THEATER ROPPONGI(イーエックスシアター六本木)とは】
テレビ朝日開局55周年事業の一環で国際都市・六本木に2013年11月に誕生したプレミアムなエンターテイメント空間。テレビ朝日の地上17階建てオフィスビル「EX TOWER(イーエックスタワー)」に隣接、 地上2階から地下3階部分を有し、ポップスやロックを中心とした音楽ライブから、 演劇、ミュージカル、歌舞伎・落語などの伝統芸能、映画、ライブビューイング、ファッションショー、企業式典、スポーツイベントまで、 幅広く対応できる劇場。

■客席
着席時最大座席数:936席+補助席28席(有料)+車椅子スペース2台+関係者席12席
スタンディング時最大収容人数:1,732人+車椅子スペース2台+関係者席12席
客席面積:B3階スタンディングフロア(520㎡)

■舞台
標準間口:12.60m(7間)または、14.40m(8間)
舞台総面積(有効面積):270㎡
舞台奥行:舞台先から壁 11.95m

EX THEATER ROPPONGI オフィシャルサイト
http://www.ex-theater.com/

コメントは停止中です。

新型コロナウイルス支援のその他の記事を読む

<トップへ戻る