News

鶴、「4周目の47都道府県ツアーに行くから、ライブハウス代ひとまず先払いさせてほしい!」プロジェクト開始!

スリーピースロックバンド「鶴」が6月3日(水)から7月31日(金)までの期間限定で、【4周目の47都道府県ツアーに行くから、ライブハウス代ひとまず先払いさせてほしい!】プロジェクトを、レコチョクが運営するアーティストとファンをつなぐ共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」で展開する(https://wizy.jp/project/491/)。

昨年、鶴は長年の夢だった地元・埼玉県鶴ヶ島市で主催フェス「鶴フェス」を開催、全国から11,000人が集結し、大成功をおさめた。この入場無料のフェス運営に力を貸したのが、WIZYでの応援大使募集のクラウドファンディングだった。2,600人を超えるサポーター数は、当時、音楽関連のクラウドファンディングでは最多レベルだった。

そんな鶴が、再びWIZYで“ライブハウス応援”プロジェクト実施を決定! 「新型コロナウイルスの影響で全国のライブハウスの多くが経営危機に瀕している中、“ライブハウスでライブをすることが1番の応援だ!”」と、バンド史上4回目となる47都道府県ツアーの開催を決意した。

しかしながら、開催日程を決めることも出来ず、チケット販売も難しい現在、「ひとまず会場費を先払いする」ためのクラウドファンディングを開始。リターンアイテムとして、メンバーによるスペシャル手書き領収書から、本プロジェクト限定グッズ、出前ライブ、あなたへの1曲つくります、イラストレーターの顔も持つベーシスト「神田KYOSHO雄一朗」のウォールペイントと特別アイテムが目白押しだ。

「鶴4周目の47都道府県ツアー」(仮称)は、2020年冬以降を予定。チケット発売や詳細は決定次第発表となるが、鶴とファンである“ソウルメイト”の皆様、そしてライブハウスの方々がワイワイするためのクラウドファンディング♪第一弾、メンバーの「宣誓」も掲載されているプロジェクトページをぜひご覧いただきたい。

<鶴 コメント>
「将来ソウルメイトの皆でワイワイするときに使う予定の資金を、今、経営難に陥っているライブハウスに先払いすることでこの苦境を何とか乗り越えてほしいと思っています。今回集まった資金は、クラウドファンディングにかかる経費を除いた全額を、47都道府県ツアーの会場費を先払いするために使わせて頂きます。そして、ツアーを行う際には、集まった金額に応じ、チケット代をギリギリまで抑えた価格に設定して開催致します。ライブハウスや鶴のライブ・音楽を愛してくれている全国のソウルメイトの皆さま、再び鶴に力を貸してください!」

<鶴 メンバー動画メッセージ>


【プロジェクト概要】
「4周目の47都道府県ツアーに行くから、ライブハウス代ひとまず先払いさせてほしい!」第一弾
プロジェクト期間:2020年6月3日(水)12:00~2020年7月31日(木)23:59
プロジェクトURL:https://wizy.jp/project/491/

プロジェクトアイテム/価格
・主宰、再び書きます。領収書プラン 2,326円(税込)+送料 300円
・クラウドファンディング限定・47都道府県ツアータオルプラン 2,500円(税込)
・クラウドファンディング限定・47都道府県ツアーTシャツプラン 4,000円(税込)
・ライブ後の楽屋でワイワイ!プラン 6,000円(税込)
・BAR AKINOプラン 10,000円(税込)
・KANDER PAINTING.プラン 200,000円(税込)
・アコースティックライブをやりに行きます!プラン 150,000円(税込)
・爆音のバンドライブをやりに行きます!プラン 300,000円(税込)
・【個人向け】あなた1人のためだけに、1曲作ります!プラン 500,000円(税込)

※サポートには、クラブレコチョク会員登録/ログインが必要です。サポート時期により配送時期が異なります。
※その他のアイテム、詳細、注意事項はWIZYプロジェクトサイトをご覧ください。

鶴 オフィシャルサイト http://afrock.jp/

コメントは停止中です。

新型コロナウイルス支援,鶴のその他の記事を読む

<トップへ戻る