News

NOCTURNAL BLOODLUST始動! Digital Single『Life is Once』5/29(金)発売!

『Life is Once』

2020年初夏、遂にNOCTURNAL BLOODLUSTが始動! 配信シングル『Life is Once』のリリースを突如発表し、新曲のアートワークとティザー映像を公開して、今後の“NOCTURNAL BLOODLUST“を楽曲のみで示してきた。

ただそこには本人たちの姿はなく、その部分は未だベールに包まれている。

尋(Vo)、Masa(B)、Natsu(Dr)の3名に加えて、奏でているギタリストは一体誰なのか? まずはこの楽曲を聴き、このバンドの新たな活動を楽しみにしておこう。

また、今回の活動再開にあたり、彼らと所縁の深い米沢 彰氏(激ロック)が彼らのオフィシャルサイトに現状の彼らの考察を寄稿した。

こちらも是非チェックしてみよう。

—————————————————

2009年の結成以来、圧巻のサウンドとカリスマ性溢れるパフォーマンスで日本のヘヴィ・ミュージックをけん引してきたNOCTURNAL BLOODLUST(通称 ノクブラ)が配信シングル「Life is Once」とともに遂に復活を果たす。

一昨年のメンバー脱退、昨年の “事件”発生とバンド史上最悪の事態が続き、ファンからも厳しい目線が注がれる状況であったが、絶体絶命の逆境が改めて純粋に音楽と向き合う機会を生み出し、バンドとして、何よりミュージシャンとしてのアイデンティティを賭け、キャリア最重要楽曲となる1曲を完成させるに至った。

“人生は一度きり”というタイトルからも伺える通り、どんな状況でも前進し続ける彼らの覚悟が塗り込められ、“鬼気迫る”と表現すべき強烈なサウンドは聴く者の琴線をかき鳴らす。

Natsu(Dr)がまるで歌うかのように叩き分け、自在に変化していくリズムの上で、コンポーザーでもあるMasa(B)の重低音と未だ詳細の明かされないギタリストのサウンドが有機的に絡み合い、アグレッション全開のセクションと耽美でメロディアスなセクションが幾層にも折り重なったノクブラらしい中毒性のあるバンド・サウンドへと昇華されている。

その圧巻のサウンドを背景に、ラップあり、グロウルあり、シャウトありの尋(Vo)の多彩なヴォーカル・ワークが冴えわたる。
繰り返し一つ一つのパートを丁寧に聴いていくと目立たないフレーズまでが緻密に作りこまれていることがよく分かる。
全員で丁寧に音を積み上げ、高い次元で融合しているからこその説得力なのだ。

SNSが発達し言葉そのものが軽くなった現在、言葉より先に実際の作品として覚悟を具象化できるチームこそが何よりも信頼に足る存在となれるはずだ。日本のヘヴィ・ミュージック・シーンの至宝とも言えるノクブラがこのままでいいはずがない。
ノクブラの逆襲がここから始まる。

(文・米沢 彰(激ロック))

—————————————————

2020年、彼らの「逆襲」を見逃すな!


【リリース情報】
●Digital Single『Life is Once』
2020年5月29日(金)配信
<DL> iTunes(ワールド配信)
<ST> Apple Music(ワールド配信)
配信サイトはコチラhttps://lnk.to/LifeisOnce
※楽曲は配信開始日の0時から順次更新予定
※先行配信となります。

オフィシャルYouTube(ティザー映像公開)

2020年6月8日(月)配信
<DL> レコチョク/music.jp/ドワンゴ/オリコン/mora/Amazonデジタルミュージック/Google Play Music/ その他配信サイト
<ハイレゾ配信> mora/MySound/OTOTOY/レコチョク
<ST> Spotify/LINE MUSIC/KKBOX/AWA/YouTube Music/Amazon Music Unlimited/Rec Music/dヒッツ/うたパス/その他配信サイト
<ハイレゾ配信>mora qualitas
<ストリーミング(海外)> Spotify/Akazoo/Deezer/Saavn/KKBOX/ その他配信サイト
※楽曲は配信開始日の0時から順次更新予定

NOCTURNAL BLOODLUST オフィシャルサイト http://www.nocturnalbloodlust.com/
NOCTURNAL BLOODLUST オフィシャルTwitter https://twitter.com/nokubura

コメントは停止中です。

NOCTURNAL BLOODLUSTのその他の記事を読む

<トップへ戻る