News

エイベックス、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けているアーティスト、タレント、クリエイターを対象とした支援を実施

エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:松浦勝人)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けているアーティスト、タレント、クリエイターを対象とした支援を実施することを発表した。

現在、エンタテインメント業界は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に伴い、ライヴ・コンサート・イベントの中止、制作活動やプロモーション活動の中断など、大きな影響を受けている。

そのような背景のもと、所属・契約アーティスト、タレント、およびエンタテインメント・コミュニティ(外部のアーティスト、タレント、クリエイターなど)を対象に、活動の場の創出と当社が保有する機能を通じた支援を行い、所属・契約アーティスト、タレントには別途、救済施策を実施するという。

【活動の場の創出を通じた支援】
アーティスト、音楽業界全体への場の創出
・オンラインフェスの企画、実施
映像クリエイターへの場の創出
・リモートでの映像制作および発表を支援
(例:映像制作費の負担→当社保有のYouTubeチャンネルにて発信等)
音源の素材提供を通じた、YouTuber等のクリエイターへの場の創出

【機能の提供を通じた支援】
音楽クリエイターへのサポート機能の提供
・音楽配信プラットフォーム「BIG UP!」の有料プラン(ベーシックプラン)を期間限定で
無料化し、全ての機能を解放
・「BIG UP!」と連動して、可能性のあるクリエイターには、エンジニア、A&R/原盤制作、
デザインなど各種レーベル機能をサポート、一部原盤制作費のアドバンスの前払い等
アニメクリエイター及び声優アーティストへのサポート機能の提供
・VR空間でアニメーション制作ができるツール「AniCast Maker」の無償提供
ネットクリエイターへのサポート機能の提供
・YouTubeチャンネル開設支援(企画・撮影・編集・分析)
・ライヴ配信支援
・VTuber活動などのバーチャル化支援 等

※各支援策の具体的な内容や詳細は、エイベックスグループ各社から随時発表される。

コメントは停止中です。

新型コロナウイルス支援のその他の記事を読む

<トップへ戻る