News

全国の医療従事者への応援プロジェクト「#最前線にエールを何度でも」始動

日本赤十字社とユニバーサル ミュージック合同会社が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて日々めまぐるしく状況が変わる医療現場の最前線に立つ全国の医療従事者を応援するためのプロジェクト「#最前線にエールを何度でも」を4月28日より開始した。

本プロジェクトでは、医療従事者からも励まされるとの声が多いDREAMS COME TRUEの楽曲「何度でも」をメッセージソングに、赤十字病院だけでなく全国の医療従事者への応援を募集する。詳細は下記をチェックしていただきたい。

*****

本プロジェクトは、最前線の現場に立つ全国の医療従事者に、場所は離れていたとしても同じく新型コロナウイルスに立ち向かう仲間である全国の皆さんからエールをおくっていただけないかという日本赤十字社の願いがきっかけとなり、立ち上がったプロジェクトです。医療ドラマの主題歌でもあり、何度くじけそうになっても立ち上がろうとする曲である「何度でも」をメッセージソングとして、医療従事者にエールを届けられないかと考え、DREAMS COME TRUEに依頼し実現いたしました。

本プロジェクトの始動にあたり、特設サイトおよび日赤公式Twitterアカウントにて「何度でも」を起用したメッセージソングムービーも公開いたしました。Facebook、 Twitter、 LINEなどのSNSにて、メッセージソングムービーとともに「#最前線にエールを何度でも」というハッシュタグをつけて、医療従事者への応援メッセージを投稿していただきたいと考えています。

本プロジェクトは、今後も全国の医療従事者への様々な応援の取り組みを特設サイトにて公開していく予定です。日本全国の皆さんからたくさんの応援を届けていきたいと願っております。


【プロジェクト概要】
全国の医療従事者への応援プロジェクト「#最前線にエールを何度でも」
特設サイト:http://campaign.jrc.or.jp/nandodemo/
日本赤十字社公式サイト:http://www.jrc.or.jp/

<応援メッセージ投稿の手順>
1. 特設サイトより、「#最前線にエールを何度でも」メッセージソングムービーにアクセス
2. ご自身のSNSで応援メッセージを、「#最前線にエールを何度でも」ハッシュタグをつけ、 メッセージソングムービーとともに投稿してください。

コメントは停止中です。

新型コロナウイルス支援,最前線にエールを何度でものその他の記事を読む

<トップへ戻る