News

己龍、千秋楽でユーチューバーのVambiとコラボも! 次はアルバム『転生輪廻』を手にTOKYO DOME CITY HALLで公演!

7月に発売したシングル『無垢』が、オリコンのシングルランキングで9位を獲得。インディーズだメジャーだという枠を超え己龍の存在が一般的に浸透していることを、数字という結果を通し彼らは示してくれた。
己龍は、同作品を手に7月より東名阪単独公演「遠塵離垢」を実施。その千秋楽公演が、9月7日(金)に新木場STUDIO COASTで行われた。

「全員ぶっ潰せ! 殺れ! 殺れ!」と叫ぶ眞弥の声が示すように、『累』から始まった己龍のライブはフロアー中の人たちが乱れ騒ぐ喧騒を描き幕を開けた。荒れ狂う演奏へ触発され、フロアーの中でぐちゃぐちゃにまみれる観客たち。昂る気持ちへ痛い刺激を刺すように、己龍は『愛怨忌焔』を突き付け、観客たちの理性を壊しだした。頭を振り乱し、大きく手を広げ華を咲かせ、誰もが喧騒の中へ堕ちてゆくことへ快楽を覚えていた。
眞弥に、4人の演奏へ導かれ『靂霹ノ天晴』に合わせ飛び跳ねれば、大声て歌を交わす姿も。轟く重厚な音の唸りの中,『雨夜ニ笑ヱバ』が心に歓喜の想いを沸き立てる。フロアーでは誰もが全力で頭を振り、乱れ狂う。華やかな和の旋律描く『朔宵』に合わせ眞弥が、会場中の人たちが扇子を手に激しい宴に乱れ興じてゆく。今は、狂喜に導く演奏へ見も心も預け、共に騒ぎ奉ろうじゃないか。

「ここにいるお前たちの声を、ねじ切れるほどに絞り出せ! 見境なく思う存分に暴れろ!」眞弥の言葉に触発された満員の観客たちが、『叢雲』に合わせ手にしたタオルを一斉に振りまわす。血が沸き立つ、身体が熱を求めて叫びだす。その気持ちをさらに煽ろうと、己龍は轟音響かせ『自惚レテ愛玩』を投げ返した。タオルを振り、右へ左へモッシュする観客たち。暴れずにいれない??。理性を消し去るその衝撃こそ、変えがたい恍惚だ。
客席を中央から分断、離れては混じり合う光景が何度も広がる『鎮具破具』。激しさの中へ妖艶さを抱いた『夜鷹』では、フロアー中で観客たちがくるくる廻れば、サビでは大きく広げた手を花のように揺らしていた。

ここは、熱狂に身を捧げた人たちが蠢く世界。そんな狂い人たちへ想いを捧ぐように、己龍は斜幕に映した映像の影で『煉獄』を演奏。幕には「痛みに焼き尽くされた私」「心を閉ざせば煉獄の海」など、『煉獄』の歌詞が炎の映像と共に映し出されてゆく。同じく哀愁と切なさを抱いた『秋雨葬送』でも、斜幕へ「思い出は優しさだけを心に映してしまう」「突き刺さるのは幾千の愛」など、心に痛みを持って寄り添う言葉を、己龍は歌を通し心へ刻んでくれた。

斜幕が落ちると同時に己龍は、『天照』を通し会場中の人たちを光射す天空へ導いた。誰もが大きく両の手を広げ、高揚沸き起こす『天照』と共に、心を、その身を、空へ向かい羽ばたかせてゆく。重く歪んだ和の旋律が意識をねじ曲げる、無数の拳が天高く突き上がった『井底乃蛙』。
「頭のいかれたてめえらの本性をあぶり出せるのは俺たちだけだ、殺れるなら徹底的に殺れ!」眞弥の言葉を証明するように、狂気と猟奇を掲げ、己龍は『朧月夜』をぶつけてきた。何百人という観客たちが逆ダイしてゆく光景の圧巻だったことか。最新シングル『無垢』でも切っ先鋭い演奏を通し、さらに大きな逆ダイの様を描きだす。誰もが本能を剥き出しにした獣に変わっていた。そんな心美しい化け物どもと共に、『百鬼夜行』を旗印に熱狂の行軍だ。会場中に響く「百鬼夜行」の叫び声。騒ぎ狂いたい観客たちの感情を破壊し、暴れ狂わせた『誰彼刻』。そして…。
最後に己龍は、「僕の叫びは君に響いてますか」と心の声を届けるように『叫声』を演奏。互いに心の手を伸ばし、共に歌声を交わしあい、気持ちを一つに結び合う光景がそこには広がっていた。

アンコールでは己龍の単独公演では初となるゲストとして、元ヴィジュアル系バンドLOGのメンバーだったユーチューバーのVambiが登場。この日の模様も映像として収録。LOGは過去に己龍のオープニングアクトとして巡業へ帯同していたこともあるように、Vambiの登場はファンたちにとっても嬉しいサプライズ。己龍とVambiがセッションしたのが、LOGの『Adore You~キミヲ想フ声~』。その模様はぜひ、後にアップされるVambiのチャンネルでチェックしてくれ。

ここからは、ふたたび己龍のライブへ。 扇子を手に、華やかな宴の光景を描き出した『オナジアナノムジナ』。会場中に扇子が大きく揺れる光景も艶やかだが、やはり己龍のライブは、髪の毛を乱し頭を全力で振ってこそ。轟音渦巻く『鏖』を通し、己龍は会場中の人たちの理性の留め金をぶっ壊した。暴れろ、暴れろ、暴れ狂え! 最後に己龍は、自分たちの生きる証を示すように『暁歌水月』を演奏。今宵の宴を、終始熱気と熱狂渦巻く様に描きあげていった。

北海道で起きた震災。この夏に起きた各地での豪雨被害、過去に起きた東北や熊本の震災など、復興へ向け頑張っている人たちへ向け、「僕らは僕らなりのやり方で復興のお手伝いを,次の巡業でさせていただきます。僕らだけでは何も出来ない。みんなが来てくれることが、その土地の復興だと思っています」と最後に語った酒井光輝の言葉も印象的だった。

己龍の新たな動きを提示、それが…。

この日の公演で、己龍は11月14日(水)に通算6枚目となるアルバム『転生輪廻』を3-TYPE発売することを発表した。なぜ「輪廻転生」ではなく「転生輪廻」なのか。それは、死地から蘇り魔性?と化したメンバーたちの最新ヴィジュアルとどんな関係性を持っているのかも気になるところ。B-TYPEには、ここで紹介している「遠塵離垢」千秋楽公演のLIVE DVDを収録。記事を読んで気になった方は、己龍の入門編としてぜひご覧になっていただきたい。

己龍は、アルバム『転生輪廻』を手に11月17日より己龍単独巡業「転生輪廻」を行う。毎年恒例行事となった12月16日の周年公演、11周年目となる今年は福岡で開催。こちらも見逃せない内容になることは保証しよう。
千秋楽公演は、12月21日(金)にTOKYO DOME CITY HALLで実施。毎回ソールドアウト寸前までいきながら、僅かに手が届かない経験を重ねてきたように、今回こそチケットを完売出来るかも楽しみだ。本人らは枚数よりも、どれだけ仲間たちと熱い絆を作りあげれるかが大事なように意識はライブの中身へ向いていると思われるが、でも、完売の文字は素直に嬉しいだろうから、ぜひ実現させてあげたい。
他にも10月19日(金)には高田馬場AREAを舞台にヴォーカル黒崎眞弥の、11月1日(木)には仙台Rensaでベーシスト一色日和の生誕祭も行われることも報告しておこう。
まだまだ進化し続けてゆく己龍。これからも、その動向から目を離さずにいて欲しい。

◆セットリスト◆
01.累
02.愛怨忌焔
03.靂霹ノ天晴
04.雨夜ニ笑ヱバ
05.朔宵
06.叢雲
07.自惚レテ愛玩
08.鎮具破具
09.夜鷹
10.煉獄
11.秋雨葬送
12.天照
13.井底乃蛙
14.朧月夜
15.無垢
16.百鬼夜行
17.誰彼刻
18.叫声

EN
01.Adore You~キミヲ想フ声~(Guest Vo.YOUTUBER Vambi)
02.オナジアナノムジナ
03.鏖
04.暁歌水月

(文・長澤智典/写真・KEIKO TANABE)


【リリース情報】
6thフルアルバム『転生輪廻』
2018年11月14日(水)3type同時発売

[Atype【初回限定盤】]CD+DVD ¥3,500(+税)BPRVD-318
CD13曲+DVD「転生輪廻」MV
[封入特典]3タイプ購入特典用応募券A+応募はがき
トレーディングカード2枚(全10種)

[Btype【初回限定盤】]CD+DVD ¥3,500(+税)BPRVD-319
CD13曲+「遠塵離垢」千秋楽マルチアングルLIVE DVD
[封入特典]3タイプ購入特典用応募券B
トレーディングカード2枚(全10種)

[Ctype【通常盤】]¥3,000(+税)BPRVD-320
CD13曲+ボーナストラック2曲
[封入特典]3タイプ購入特典用応募券C
トレーディングカード2枚(全10種)

【「転生輪廻」3タイプ同時購入特典】
己龍「転生輪廻」Aタイプに封入されている応募ハガキに「転生輪廻」A・B・Cタイプに封入されている各応募券を貼って送ると、単独巡業「転生輪廻」巡業パンフレットを応募者全員にプレゼント!
*詳しくはAタイプに封入されている応募ハガキをご覧ください。

【ライブ情報】
●己龍単独巡業「転生輪廻」
11月17日(土)【千葉】柏 PALOOZA
11月18日(日)【埼玉】HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
11月22日(木)【栃木】HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
11月27日(火)【岩手】盛岡 CLUB CHANGE WAVE
11月30日(金)【北海道】札幌 cube garden
12月3日(月)【青森】青森 Quarter
12月5日(水)【新潟】NIIGATA LOTS
12月8日(土)【愛知】名古屋E.L.L.
12月9日(日)【大阪】梅田CLUB QUATTRO
12月12日(水)【岡山】岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
12月16日(日)【福岡】福岡 DRUM LOGOS 〜己龍11周年〜

-千秋楽-
12月21日(金)【東京】東京ドームシティホール

己龍 オフィシャルサイト http://www.kiryu-web.net
己龍 オフィシャルtwitter https://twitter.com/kiryu_official


◆己龍のその他の記事を読む

【News】己龍、最新両A面シングル『情ノ華/朧月夜』&新録収録のベスト盤リリース決定! 全国単独巡業「陰陽朧華」開催も!(2017年8月16日)
【News】己龍がテーマソングを歌う“忍者×おむすび”で話題のゲーム「結ひの忍」のオープニング動画が遂に解禁!(2017年2月25日)
【News】己龍の新曲『月下美人』が、おむすびを擬人化(!?)したゲーム『結ひの忍』のテーマソングに決定!SPOT映像も公開!!(2016年11月18日)
【News】己龍、再び日本武道館公演を行うことを発表&ニューアルバム発売決定!(2016年4月25日)
【Live Report】己龍@Zepp Tokyo(2016年1月8日)
【News】己龍×Royz×コドモドラゴン、合同シングル発売&ツアー決定! Royz、新ヴィジュアル公開!(2015年9月29日)
【Live Report】己龍、BugLug、vistlip、R指定@新木場STUDIO COAST(2015年9月26日)
【News】己龍×BugLug×vistlip×R指定イベント「均整を乱す抗うは四拍子」、メインヴィジュアル解禁!(2015年7月8日)
【News】己龍、「47都道府県単独巡業」後半戦へ突入!(2015年6月1日)
【News】己龍×BugLug×R指定×vistlip、“V系新世代の四天王”全国ツアー開催決定!(2015年5月11日)
【News】己龍、日本武道館公演決定! ニューシングル発売&3度目「47都道府県単独公演」開催!(2015年1月17日)
【News】己龍が日本武道館!? 情報流出で話題殺到中!(2015年1月13日)
【Interview】己龍の世界観をたっぷり詰め込んだ最新シングルをフィーチャー!(2014年11月2日)
【News】己龍、ニューシングル発売&単独ホール巡業「雅神天照」決定!(2014年9月8日)
【News】己龍、2年ぶりとなるニューアルバム発売&全国ツアー決定!(2014年1月20日)
【News】己龍、年末から年始にかけ全国単独巡業『赤香蘭凛』決定!(2013年9月23日)
【News】己龍、ダウンロードランキング1~20位を独占!(2013年5月22日)
【News】己龍、熱狂描いた渋谷公会堂でのライブ!(2012年12月27日)

コメントは停止中です。

<トップへ戻る