ライブレポート

2018.9.8
AIOLIN×Rides In ReVellion@渋谷Star Lounge
2MAN LIVE「革命の二重奏 ~星降る夜~」

9月8日、AIOLIN×Rides In ReVellion 2MAN LIVE 「革命の二重奏 ~星降る夜~」が東京・渋谷Star Loungeで開催された。
ヴィジュアル系サウンドにヴァイオリンをフィーチャーさせた独自のサウンド、「革命的ヴァイオリニズム」を掲げる AIOLIN、先人たちが確立させた90年代ヴィジュアル系と現代のデジタルサウンドの融合を目指すRides In ReVellion 。お互いの楽曲のカバーが収録されたCD「革命の二重奏 Vol.1」を会場配布するなど、ただの単発の2MANではない気概を感じさせていた彼ら。ヴィジュアル系の〈王道〉をリスペクトし、愛しているからこそ、シーンの革命を望むふたつのバンドが共鳴する夜となった。

フロアは多くのオーディエンスが今かと開演を待つ。そして幕が開くと、なんと両バンドのメンバー全員が勢ぞろい。サプライズ演奏されたのは、「打上花火」だ。巧みなバンドサウンドにアレンジされた楽曲に、黎(Rides In ReVellion ・Vo)の甘く切ない声と、ヒカリト(AIOLIN・Vo/G/Vn/Pf)の深みのある豊かな声が絡み合い、この日だけの特別なセッションにオーディエンスからは大きな拍手と歓声が巻き起こった。

■AIOLIN


先攻はAIOLINだ。スポットライトに照らされる中、ヴァイオリンの音色を響かせるヒカリト。そのまま1曲目の『Stardust Crystal』へ。端正なメロディがレイス(B)、Seiya(Dr)の繰り出す重低音と重なりあい、ラウドなサウンドへと昇華されていく。悠(G)とレイスはステージ狭しと縦横無尽に動き回り、序盤からフロアの熱気を高みまで持っていく。「〈特別な夜〉にしようぜ!」と、気合十分のヒカリト。続いての『Ark Night』ではRides In ReVellionの黎を呼び込んで、息ピッタリのコンビネーションを見せてくれた。レイスのベースから始まった『Vantiy』では、目まぐるしく展開するサウンドにフロアが揺れる。

「今日は本当にワクワクすることばかり、一つひとつが俺たちも楽しいから、皆にも楽しんで欲しい」と、この2MANへの高揚を隠せないヒカリト。「勿論、楽しいだけじゃなくて、バチバチにやりあうわけだから!」と、攻撃的なナンバー『Rage On』へ。後半戦はドラマチックなヴァイオリンの音色と共に、オーディエンス一人ひとりの心に届けるように歌い上げる『Remember The Name』、『When I Close My Eyes』や、ストーリー性のある歌詞が印象的な『Tear In The Rain』と、AIOLINの持つ様々な表情を堪能できる、バラエティに富んだナンバーが続いていく。

「今日は、本気でこのシーンを動かしたい二つのバンドで音を出す特別な空間です。今日ここに集まってくれた皆さんは、俺たちの音を愛してくれる。それをもっと大きな場所で、共に響かせてくれることを……」という、ヒカリトの決意の言葉から始まった『Home』では、熱気のこもったコールアンドレスポンスも発生。AIOLIN流のアレンジが施された、Rides In ReVellion『カレタソレイユ』のカバーをリスペクトを込めて演奏し、ラストの『Over The Destiny』を響かせ、Rides In ReVellionに繋げていった。

■Rides In ReVellion


SEと共に、飴(Dr)、渚(B)、TaJI(G)、そして黎が登場し、『NEVER VANISHING BULLET HOLE』から、Rides In ReVellionのステージの幕は切って落とされた。『-273.15℃』では、イントロからヘッドバンギングが巻き起こり、TaJIのギターソロが鮮烈にフロアを彩っていく。赤い照明が妖しくきらめく中、披露された『Close.』では、妖艶な魅力を振りまいていく面々。

MCでは先程のAIOLINの『カレタソレイユ』カバーについて、「さすがっすね! 僕にない物を出してくれた曲になった」と嬉しそうに語る黎。こうなると、Rides In ReVellionによるAIOLIN楽曲のカバーへの期待されるのだが、どうやらスケジュールの都合で、今回は披露せずとのこと。残念そうなオーディエンスの声を受けて、「でしょ! だから、(本イベントの)”Vol.2”があった時はやろうと思っています」と、このイベントの継続を予感させる発言も。そして「音でこのシーンに勝負をかけている2バンドで、切磋琢磨していって、のし上がっていきたい。今日は始まりの日、ここにいる皆と一緒に歩んでいきたい」と抱負を語り、彼らの〈王道〉ソング『ANOXIA』では誇り高いステージングを見せてくれた。

一転して、壮大なバラード『アムネシア』をエモーショナルに響かせ、再び『F.A.T.E.』で戦闘態勢へ。続いてダンサブルなアプローチの『Eternal』でフロアを揺らし、畳み掛けるように『MIRAGE』で熱気は最高潮へ……と思いきや、突然のトラブルで一旦演奏は中断。しかしそんなハプニングはものともせず、さらに盛り上がりを加速させる。飴は笑顔で渾身のドラミングをみせ、渚はステージ上でガンガンに煽り、TaJIはフロア後方のバルコニーから、拡声器のサイレントともにオーディエンスを撹乱していく。ラストはAIOLINのヒカリトと共に、双方のバンドにとって大切なナンバー『カレタソレイユ』で締めくくられた。

「最後に”8人の革命家”を全員集合させてみよう」という黎の発案で、AIOLINのメンバー全員が呼び込まれる。念願の2MANを終えて、それぞれが満足感に満ち溢れた表情を見せる。そして、黎の口からこのイベントを継続していくことが宣言され、彼らの〈特別な夜〉は幕を閉じた。

魂を共鳴させる仲間であり、本気で戦えるライバルでもある両バンドが、今後さらにその〈革命の音〉をシーンに響かせていくことを切に願っている。

◆セットリスト◆
【AIOLIN/Rides In ReVellion Special Session】
打上花火

【AIOLIN】
01.Stardust Crystal
02. Ark Night
03. Vantiy
04. Rage On
05. Remember The Name
06.When I Close My Eyes
07. Tear In The Rain
08. Home
09. カレタソレイユ
10. Over The Destiny

【Rides In ReVellion】
01.NEVER VANISHING BULLET HOLE
02.-273.15℃
03.Close.
04.ANOXIA
05.アムネシア
06.F.A.T.E.
07.Eternal〜渇望の空〜
08.MIRAGE
09.カレタソレイユ

(文・藤谷千明)


●AIOLIN
【リリース情報】
『Stardust Crystal』
2018年6月27日(水)発売
(発売元:アイオリン)

<Stardust Crystal(Stardust Side)>ALND-0004 ¥3,000(Tax in)
[収録曲]
01. Antithese
02. Over The Destiny
03. Stardust Crystal
04. Rage On
05. From Here
06. When I Close My Eyes
07. Home
08. Precious

<Stardust Crystal(Crystal Side)>ALND-0005 ¥3,000(Tax in)
[収録曲]
01. Antithese
02. Over The Destiny
03. Stardust Crystal
04. Rage On
05. Landscape
06. From Here(Crystasl Side Ver.)
07. Home
08. Precious(Crystasl Side Ver.)

【ライブ情報】
10月23日(火)新宿club SCIENCE
10月29日(月)池袋EDGE
10月24日(月)HEAVEN青山
10月25日(火)HEAVEN青山
2019年1月6日(日)北とぴあドームホール
2019年2月6日(水)渋谷TSUTAYA O-WEST

●Rides In ReVellion
【リリース情報】
【Rides In ReVellionがNEXT LEVELへ突き進む。】“王道と邪道のデュアリズム”『ARTERY』『VEIN』Mini Album2タイトル同時リリース決定!
2018年10月28日(日)発売
(発売元:PLUG RECORDS Brilliant / Sirene Co.)

【ライブ情報】
●Rides In ReVellion コンセプト2daysワンマン「DUALISM」
12月1日(土)「ARTERY -赤い動脈-」OSAKA MUSE
12月2日(日)「VEIN -青い静脈-」OSAKA MUSE
OPEN16:30/START17:00
前売¥3,500 当日¥4,000(税込・オールスタンディング ※D代別)

●Rides In ReVellion Weekly LIVE「凱歌」
11月3日(土)「凱歌-Orega Sodatta Manabiya-」大阪スクールオブミュージック専門学校 Live Space1
11月10日(土)「凱歌-鹿と大仏と私。-」奈良NEVER LAND
11月17日(土)「凱歌-郷愁のアルペジオ-」阿倍野区民センター 小ホール※アコースティック
11月24日(土)「凱歌-ついにあの男が帰ってきた。始まりの場所へ、フライングクロスチョップ。冬の始めの金網デスマッチ 時間無制限1本勝負-」福井CHOP

11月27日(火)PLUG RECORDS Brilliant presents「Brilliant Party vol.1」渋谷REX

AIOLINオフィシャルサイト https://aiolin.com
AIOLINオフィシャルTwitter https://twitter.com/Aiolin_Official
Rides In ReVellion Officialオフィシャルサイト https://rides-in-revellion.com
Rides In ReVellion OfficialTwitter https://twitter.com/official_RIR