ライブレポート

2015.12.4
AKIHIDE@キリスト品川教会グローリア・チャペル
「AKIHIDE Premium Night Show 2015 夢見る海月のクリスマス」

AKIHIDE_4

BREAKERZのギタリストAKIHIDEが12月4日にキリスト品川教会グローリア・チャペルにて「AKIHIDE Premium Night Show 2015 夢見る海月のクリスマス」を開催した。

11月から名古屋・大阪・神奈川の各地ジャズクラブにて開催された「AKIHIDE Premium Night Show 2015 夢見る海月のオーケストラ」を締め括る本公演は、AKIHIDEにとって初となる教会でのライブとなった。

AKIHIDE_1

ライブの冒頭にはパイプオルガンによる演奏も入り、教会にはぴったりの厳かな雰囲気の中ライブはスタート。ドラム、ベース、キーボードのメンバーを呼び込み、最初に演奏されたのは新曲「待雪草」。2月の東京国際フォーラムでのソロ公演の際に初めて披露された曲でもあるが、前作「月と星のキャラバン」と今回の公演の世界観とをつなぐ印象的なメロディを感じさせるものであった。続けて、「Moon Dancer」「Lapis Lazuli」と2ndアルバムからの曲が演奏されたのち、クリスマスの定番ナンバー「White Christmas」のカバーも披露。

中盤のMCでは、「今回は皆さんに聴いていただきたくて、たくさんの新曲を持ってきました」と本公演を彩る新曲について触れ、その流れで「ジェリーフィッシュ」「氷雨」を続けて演奏した。

今公演は全編に渡ってアコースティックギターによる演奏が中心となっているのだが、新曲を含めて曲調の違う曲たちの中にも共通して、今回のライブのテーマに掲げられている“癒し”の要素を感じられるものであった。

AKIHIDE_2

ライブ後半では事前に観客に配布された鈴を手にし、メンバーと観客が一体となり、公演タイトル通りの“夢見る海月のオーケストラ”として「小さなカーネーション」が演奏された。教会中に鳴り響く2種類の異なる鈴の音が、まるで小さい“海月”たちの声のようで心地よい空気が会場内に広がった。

「Gypsy Sweets」では各メンバーの熱いソロプレイで会場内のテンションを一気にあげ、「また出逢えた喜び、そしてまたいつか必ず逢おう、という祈り」という、七夕の日の織り姫と彦星が思う淡い気持ちになぞらえ「星祭りの夜に」で本編を締めくくった。

AKIHIDE_3

アンコールでは、AKIHIDEのギターとピアノによる「Namida」が演奏され、最後にAKIHIDEから「今日から明日へ、そして未来へ。皆さんの日々が、その胸の“時計”が、健やかに回り続けることを願って」というAKIHIDEの強いメッセージと共に届けられた「この時計が止まるまで」にてライブを終えた。

鳴り止まない拍手の中、最後にAKIHIDEは「桜の花が咲く頃には、新しい作品とライブをしたい」という“未来”を残し、ステージを後にした。

◆セットリスト◆
01. クリスマスメドレー
02. 主よ人の望みの喜びを
03. 待雪草
04. Moon Dancer
05. Lapis Lazuli
06. White Christmas(カバー)
07. ジェリーフィッシュ
08. 氷雨
09. 桜の森の満開の下
10. 海の見える街 (カバー)
MC〜鈴のオーケストレーション
11. 小さなカーネーション
12. Gypsy Sweets
13. 星祭りの夜に
En
14. Namida
15. この時計が止まるまで


AKIHIDE オフィシャルサイト http://akihide.com
AKIHIDE オフィシャルTwitter https://twitter.com/AKIHIDE_RAINMAN
夢見る海月のオーケストラ 特設サイト http://akihide.com/special/yumemirukurage
BREAKERZ オフィシャルサイト http://breakerz-web.net/