ライブレポート

2015.10.31
PS COMPANY presents レイヴ主催「ハメ外し大変身~東京編~」@渋谷REX

_MG_6015

名古屋、大阪を駆け抜けたハロウィンイベント「ハメ外し大変身」がこの日、東京でファイナルを迎えた。
アンフィル、CLØWD、GAGA、ゴシップ、少年記、ソニックデスモンキー、そしてレイヴという顔ぶれで迎えたこの日のチケットは見事ソールドアウト。満員の会場は、ハロウィンに沸いた渋谷の街の勢いに負けない熱気に満ち溢れていた。

◆ゴシップ

繧ウ繧吶す繝・ヵ繧・IMG_9105

この日の幕開けを飾ったのはゴシップ。『進撃の巨人』の調査兵団の衣装で登場した5人は、強烈なインパクトと勢いで会場を蹂躙した。
狂気を感じさせる激しさで、「破廉チラリズムレイトショウ」「凶気の桜」を展開。暗い歪んだ詞世界をたっぷりと聴かせると、妖しい赤い光の中〈かごめかごめ〉の歌詞が怪しく響く「R-18」へ。ラストはたたみかけるように、「とあるアイドルオタクの異常な愛情」をドロップ。リヴァイに扮した朔(Vo)の「かかってこい!」の咆哮が響き、ハンジに扮した茜(G)が客席を煽れば、ハンドクラップが沸き起こり、タオルが風を巻き起こす。ラストは総員ヘドバンで激しさを極め、自由の翼を背に進撃した5人は、この日のパーティをいの一番に、大いに盛り上げた。

◆GAGA

gaga.IMG_9147

沸き起こったハンドクラップと共に飛び出してきたのはGAGA。4人それぞれがサンリオのキャラクターに扮し、十(vo)はポムポムプリン、汐莉(G)はKIRIMIちゃん.、稀葵(B)はマイメロディ、理緒(Dr)はハローキティという実にキュートな出で立ちだ。
今年1月に始動したばかりの彼らだが、愛らしい見た目とは裏腹に実に堂々としたステージングを展開。「拳を挙げろ!」の十の声にOiコールが沸き起こり、激しいイントロとメロディアスなサビが交錯する楽曲を次々と投下していく。動きにくいKIRIMI.ちゃんの衣装ながら汐莉は見事なギターをプレイ。理緒のシンバルで始まりを告げた新曲から、疾走感あふれる「籠絡」、さらにはダンサブルな「ASH」でモッシュが沸き起こる。GAGAの巻き起こしたお祭り騒ぎは、強烈なインパクトを残し、狂乱のうちに幕を閉じた。

◆アンフィル

繧「繝ウ繝輔ぅ繝ォ.IMG_9217

続いてはシングル『trigger』の、黒を基調とした衣装で登場したアンフィル。翔梧(Vo)はヘアメイクを赤×黒でまとめ、未月(G)は眼帯を、棗(B)はアイパッチを装着し、常よりもゴシックな雰囲気でまとめている。
「リオ」「モノポリー」を立て続けにドロップした後は、新曲「L.O.L.S」を初公開。翔梧曰く、この曲はヘドバン、逆ダイ必至。フロアも「でも羽目を外してるみんななら、ついて来れるよね?」というメンバーの期待を裏切らない、見事な盛り上がりで応えてみせた。ラストの「determination」では「これで最後なんてつまんねーな」と、あっという間に過ぎてしまった時間を惜しみつつ、激しく明滅する光の中、ヘドバンの嵐を巻き起こして幕となった。

◆少年記

蟆大ケエ險・IMG_9236

静かに幕が開くと、青い光に照らし出された少年アリスのコウ(Vo)、ウサギのeiki(G)、マッドハッターのNao(G)、ピエロの怜(B)の少年記が姿を現した。
幕開けは「最果てのドール」。操り人形のようなコウのアクトで会場の空気を一気に彼らの色に染め上げると、9月にリリースされたシングル「WEAKNESS_MY BLOOD」を投下。シャウトとのびやかなクリーンヴォイスを巧みに操って、圧巻のステージングを展開し、あっという間にフロアを掌握してしまった。続く「ココロモンスター」では文字通りフロアを揺らし、「今日はいつもの自分を忘れて思いっきりやっちゃって!」という煽りに、楽器陣も実に楽し気に、おどけた様子で弾きまくる。ラストは一気に激しさを増した「BANG ME」でとどめを刺すと、ハロウィンらしくお菓子の雨をフロアに降らせ、コウが恭しくお辞儀をして、その世界観をあますところなく見せつけたのだった。

◆ソニックデスモンキー

繧ス繝九ャ繧ッ繝・y繧ケ繝「繝ウ繧ュ繝シ.IMG_9313

「騒げー!」という第一声で飛び出してきた『黒執事』のシエルの衣装のタクヤ(Vo)、歌声合成ソフト「がくっぽいど/GACKPOID」の「神威がくぽ」のはる(G)、『黒執事』のセバスチャンの翔人(G)、『ローゼンメイデン』の水銀燈のLILYEL(B)、そして『セーラームーン』のセーラーネプチューンの聖也(Dr)というアニメ尽くしのソニックデスモンキー。全員でポーズをバッチリ決めると、9月にリリースされたばかりの「二次元ニューワールド」を、さらにミラーボールの光の中、ダンサブルな四つ打ち曲「惚れた女の弱み」をドロップして、激しく華やかにライブを展開。途中、セーラーネプチューンが「月に変わってお仕置きよ!」を叫ぶ一幕もあったりと、この日にふさわしいお祭り騒ぎを展開したデスモン。ラストは眩しく明滅する光の中「クレイジーモンスター」をドロップし、曲中のコール&レスポンス「クレイジータイム」もバッチリ決めて、楽しいステージを締めくくった。

◆CLØWD

clowd.IMG_9368

大きく突き出た角、背中には悪魔の羽根と、圧倒的な完成度のサタン姿のKØU(Vo)を筆頭にステージに降臨したのはCLØWD。彼らのステージの幕開け「WAKE UP」ではドラキュラ姿の庵(G)がラップを響かせ、続く「Liar’s Game」ではKØUと庵とのラップの掛け合いが繰り広げられた。
さらに「#夏の微熱」では、勢いをそのままにフロアを見事にまとめあげ、ラストはのびやかなKØUの声が響くハッピーなナンバー「キミトボクラ」をドロップ。軍服姿の冬真(G)、そしてマッドなドクター姿の猟平(B)の笑顔と、サタン姿に似つかわしくない穏やかな口調で語り掛けるKØUのギャップも相まって、フロアの笑顔をどんどん増幅させていく。最後は全員でジャンプを決め、実にピースフルなステージを完遂した。

◆レイヴ

繝ャ繧、繧ヲ繧・IMG_9516

この日の衣装にも飛び切り気合が入っていたレイヴ。剣を片手に登場したレン(Vo)は『るろうに剣心』の志々雄真、nisa(G)は『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウ(ちなみに彼はこのツアー中、ブラック・ジャック、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャックと、ジャックつながりの仮装をしていたそうだ)、みくる(G)はいつもの姫モードは今日は鳴りを潜め、『スターウォーズ』のC3PO姿で度肝を抜き、悠(B)は『FF7』のクラウド、そして凪(Dr)は似ていると本人のお墨付きだという、ユナイトのLiNの姿で登場した。
幕開けは「アクメ狂騒曲」。いきなりのトップスピードで彼らのステージをスタートさせ、「わりきりララバイ」ではシャッフルビートを、さらに「有頂天になろうか!」とドロップされた「有頂天バブル」ではハンドクラップが鳴り響く。力強いライブが展開される中、C3POのラップも絶好調だ。ラストの「純情ビッチ」では恒例の隣同士肩を組んでのモッシュでフロアを存分に盛り上げ、レイヴらしい毒気を含んだ熱量たっぷりのステージを終えたのだった。

◆大セッション

繧ウ繧吶す繝・ヵ繧・IMG_9105

レイヴの熱が冷めやらぬステージに呼びこまれたのは、この日参加した総勢32名。そんなスペシャルすぎる大セッションの曲紹介は、サタンもといCLØWDのKØUの背中に書かれた「肝っ試す」! ヴォーカル陣の多彩なデスヴォイスが響き、フロアでは肩を組んでのモッシュが巻き起こる中、いつのまにかセーラーネプチューンがフロアに紛れていたりとまさに無法地帯だ。このツアーのタイトルを体現したような「ハメ外し大変身」全開のラストで、見事大団円となった。

繧ウ繧吶す繝・ヵ繧・IMG_9105

ラストは全員でレイヴ恒例の「サディスティック!」コールならぬ「ハッピーハロウィン!」コールと、「また来年もバカをしよう」という約束でこの日を締めくくった。
各バンドの色が常とは違う形で存分に発揮された一夜は実に熱く、記憶に残るものだった。来年もぜひ、こんな素敵なハロウィンを見せてくれることを今から楽しみにしている。

◆セットリスト
【ゴシップ】
01. 破廉チラリズムレイトショウ
02. 凶気の桜
03. 最終列車
04. R-18
05. とあるアイドルオタクの異常な愛情

【GAGA】
01. Wish
02. 新曲
03. 籠絡
04. ASH
05. 兆

【アンフィル】
01. リオ
02. モノポリー
03. L.O.L.O
04. trigger
05. determination

【少年記】
01. 最果てのドール
02. WEAKNESS_MY BLOOD
03. ココロモンスター
04. 窃盗
05. BANG ME

【ソニックデスモンキー】
01. 二次元ニューワールド
02. 惚れた女の弱み
03. 逃げちゃダメ
04. クレイジーモンスター

【CLØWD】
01. WAKE UP
02. Liar’s Game
03. CHECK MATE
04. #夏の微熱
05. キミトボクラ

【レイヴ】
01. アクメ狂詩曲
02. わりきりララバイ
03. 有頂天バブル
04. オヒトリセレナーデ
05. 純情ビッチ
06. 肝っ試す(出演者大セッション)

(文・後藤るつ子)