ライブレポート

2014.3.21

L’Arc~en~Ciel@国立競技場

「L’Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」

 

_IG30235

 

2014年3月21日および22日、東京 国立競技場にて<L’Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場>が開催された。

 

国立競技場にて、L’Arc~en~Cielがライヴを行うのは自身二度目。世界10カ国、全45万人を動員した結成20周年記念の<WORLD TOUR 2012>ツアーファイナル以来、1年10ヵ月ぶりとなる。加えて、今公演は前回公演を大きく上回る1日8万人、全16万人を動員、ライヴにおける国立競技場史上最大動員数を記録した。このチケットは即完売のニュースが駆け巡り、彼らのステージを待ち望むファンの心にますます火を点けることとなった。

 

迎えた初日。会場に足を踏み入れた人の多くが度肝を抜かれたはずだ。場内を取り囲む客席は360度開放型、ステージ背後のメインスタンドにまで観客を収容したライヴは国立競技場史上初のことである。驚きはまだある。再び国立競技場に結集した今回の公演は、それらを凌駕する未曾有の演出が待ち構えていたのだから。

 

バックスタンドから臨む高層ビルの向こうに夕日が輝く頃、ついに空前絶後のショウが幕を開けた。LEDスクリーンにCGによるメンバーのトランスポーテーション映像が映し出され、爆音とともに煙が上がる。するとステージ下から4つのカプセルが出現した。SF映画そのもののようなメンバーの登場シーンは、この時点で一大スペクタクルと呼ぶに相応しい。

 

kenのアルペジオが鳴り響くと同時に、場内から大きな歓声が上がった。オープニングナンバーは「get out from the shell」だ。タイトル通り、殻の外へ自らを解き放つかのようなサウンドが、淡々と、やがてエモーショナルに高揚していく。続けて披露された「SEVENTH HEAVEN」が国立競技場を楽園へと誘うように響き渡った。赤いエクステンションを付けたyukihiroが刻む16ビートが躍動し、ワインレッドのベレー帽にサングラス姿のkenはステージ上手のランウェイへ。グリーンのヘアカラーが鮮烈なtetsuyaがステージ下手のランウェイへ躍り出て、客席を煽る。ちなみにステージ上はトラックのような周回路形状で構成されているゆえ、ステージ背後に位置するメインスタンドの歓声が一段と凄まじい。

 

「国立! さあ始めようぜ。大きい声、出せるよね? 君たちの声、力で、国立に火を点けてくれ!」

 

hydeによる最初のMCから、「REVELATION」イントロのコール&レスポンスへ。それに合わせてLEDスクリーンがカウントダウンを印し、数字が“0”になると聖火台に火が灯った。黒いベールを脱ぎ捨てたhydeは、黒地に“L”のロゴが配されたフラッグを掲げ、ライヴが一気に加速していく。

 

“晴れ渡る青空が眩しい”という一節が、空を見上げながら歌われた「GOOD LUCK MY WAY」。アカペラからスタートした「BLESS」は、その澄みきった声が上空に吸い込まれるように美しい。なお、同曲はNHKバンクーバーオリンピック、パラリンピックのテーマソングだったこともあり、この独唱パートはまさに国立競技場に相応しい壮大なシーンとなった。

 

「お待たせ。L’Arc~en~Cielです。よく来たね。会えてうれしいね。再び国立でやるとは思わなかったので、光栄です。久しぶりにバンドのメンバーが集まったんだよね。でもやっぱりバンドなので、1年半ぶりでも演奏ができるものだなと(笑)。普段はちょっと愛想のないバンドだけど、今日は思う存分、かわいがってやるから。全力でかわいがってやるから。楽しもうぜ!」

 

hydeのMCを挟んでのステージは、「HONEY」、「winter fall」、「New World」、「READY STEADY GO」と疾走する大ヒットシングル曲が続く。しかし、会場を熱狂させたのはhydeの言葉通り、メンバー4人による凄まじき演奏力であり、現在形のバンドパワーにある。怒濤の4曲のラスト、yukihiroによるドラムソロには鬼気迫るものがあった。

 

_IG26916 _P5A8643-2 _OG30265 _TK30129

 

そして、恒例となったメンバープロデュースグッズCMの後、入場時に手渡されたL’ポンチョとL’edリストバンド着用を促すアナウンスが。場内が暗転すると、8万人の観客による白いL’ポンチョ、そして白いステージ上といった広大な国立競技場をキャンパスに、プロジェクションマッピングによる華麗な映像ショウが繰り広げられた。そこには膨大なエネルギーが映し出され、それがやがてアリーナ後方に膨らんだ球体バルーンへマッピングされるという巨編に場内が沸く。

 

この3Dモデリングによるプロジェクションマッピングは、100台以上のプロジェクターを使用した世界最大規模のもの。ソチオリンピック閉会式で使用したプロジェクターが132台によるマッピングだったという事実からも、規模の大きさが想像できるというものだ。

 

会場に頭打ちのドラムビートが鳴り響くと、球体バルーンが割れてメンバーが姿を現した。曲は「the Fourth Avenue Café」だ。同曲ではL’edリストバンドによる光が客席にL’Arc~en~Cielという文字を描き出す。「君たちは僕によって制御されているんです」というMCでは、hydeの指揮によってL’edリストバンドの光が七色に変化する場面も。「未来世界」「あなた」は、優しさと強さを備えた音色が響く。それらを包み込むように客席で揺れながら輝きを放つL’edリストバンドの光が、楽曲の感情をより増幅させるかのごとく感動的なシーンを演出した。メンバーと客席が一体となった共演とはまさにこのこと、そう思わずにはいられない光景が目の前に広がった。

 

マッピングが場内にクジラが回遊する映像を映し出すと、そこにkenによるギターソロが重なり、再びメインステージに戻っての演奏が繰り広げられる。曲はもちろん「MY HEART DRAWS A DREAM」だ。「CHASE」ではグリーンのレーザー光線が会場をサイバーに彩り、「X X X」は赤いレーザーとL’edリストバンドが妖艶な楽曲をより艶やかに演出していく。「wild flower」「DRINK IT DOWN」といった楽曲では、ステージ上に焚かれたトーチが楽曲の持つ激しい感情をなぞる。

 

「楽しんでる? 今回ライヴをすることが決まって。それならその前にシングル出したいと思ったんですけど……ご覧のように当日を迎えてしまったわけなんです。非常に残念な(笑)。ただ、せめて会場でやれたらな……なんて夢を……夢を抱いていたんですよ」。hydeのMCに一喜一憂しながらも、L’Arc~en~Cielから会場へ集まったファンへのプレゼントともいうべき発言が飛び出して、観客の歓声が一気に嬌声に変わった。「みんな、夢って叶うもんやな。間に合いました。聴いてもらってもいいかな? 「EVERLASTING」」。

 

新曲はマイナーな旋律とダークな質感が絡み合うL’Arc~en~Cielならではのもの。tetsuyaとkenによるツインギターといった新たな一面も垣間見られる。続いて、kenによるアコースティックギターのストロークが誘ったナンバーは「Blame」。同曲は2ndアルバム『Tierra』収録曲であり、ライヴで演奏されることがレアな楽曲に会場から大きな歓声が上がった。

 

そしてライヴはクライマックスへ突入。kenの「Caress of Venus」というコールから、「Driver’s High」「Link」といった盛り上がらずにはいられないナンバーが次々と演奏されて、怒濤の後半を一気に駆け抜ける。

 

「本当に綺麗な眺めで。ひとりひとりが照明になっててすごくいいなと。だから大事なんです、君たちひとりひとりが。L’Arc~en~Cielにこれからも付いてきてくれるとうれしいなと。みんなの笑顔が伝わってきてやってよかったなと。最後に「虹」を聴いてください」

 

サビではL’edリストバンドが七色に輝き、エンディングでは虹色の花火が盛大に打ち上げられて初日の幕を閉じた。

 

_U2A3317 _U2A3424

 

◆セットリスト◆

01. get out from the shell

02. SEVENTH HEAVEN

03. REVELATION

04. GOOD LUCK MY WAY

05. BLESS

06. HONEY

07. winter fall

08. New World

09. READY STEADY GO

10. the Fourth Avenue Café

11. 未来世界

12. あなた

13. MY HEART DRAWS A DREAM

14. CHASE

15. X X X

16. wild flower

17. DRINK IT DOWN

18. EVERLASTING(新曲)

19. Blame

20. Caress of Venus

21. Driver’s High

22. Link

23. 虹

 

 

(写真・緒車寿一、今元秀明、岡田貴之、田中和子)