ライブレポート

2013.7.14

Sadie@新宿BLAZE

LIVE TOUR 2013「謳歌乱舞」-蒼天の艶-

~救い求める掌に贈る希望の声~

 

sadie0714_2

 

対する2日目・7月14日は、前日に吐き出したぶん空いた穴を埋めようとするかのように、ひたすら共鳴を求めてゆくステージを展開。ヴォイスループが衝動と興奮を駆り立てる「Grieving the dead soul」から始まり、合唱、掛け声、手拍子等々、いわゆるオーディエンスとの“共同作業”が不可欠な疾走チューンを立て続けに繰り出して、凄まじい声と一体感をフロアに巻き起こしてゆく。普段は後方で黙々と演奏に専念している亜季(B)も珍しく客席ギリギリまで前方に迫り出し、「SUICIDAL ROCK CITY」ではベースネックを電飾で光らせて、マイクに向かってシャウト。負けじと美月も「GIMMICK」でヴォーカルの一翼を担い、コーラス番長として声を枯らしながら、お馴染みのリズミカルなステップを踏む。“声も感情も全部出して帰ってくれ! 最後に希望を見せてやるぜ!”という真緒の言葉通り、そこには心を一つに重ねてポジティヴな感情を注ぎ込もうとする彼らの気概が表れていた。

 

故に、聴かせるミドルチューンが用意された中盤戦でも、真緒の凛々しいヴォーカルが哀しみの中に温かさを滲ませて、前日とは明らかに異なるオーラで会場を包むことに。「サイレントイブ」では透き通ったクリーン・トーンを鳴らす剣&美月のギター隊が楽曲世界に入り込み、感情露わなプレイで揺れ動く想いを視覚面からも表現。さらに、珠玉のメロディが切なく胸を刺す名曲「陽炎」からの後半戦に到ると、ステージを大きく動く弦楽器隊に真緒がマイクを向けたり共にお立ち台に上がったり、親密なコミュニケーションを図ってオーディエンスのボルテージを上げてゆく。そのクライマックスとなったのが「クライモア」。“狂ってくれ、東京!”との声に応えるジャンプと拳は尋常じゃないパワーを生み出し、そのままラストの「雪月花」へと雪崩れ込んで、煌めきにあふれた旋律とスリリングなプレイ、そして大合唱と一体となって希望の光へと昇華してゆく様は、実に眩いものだった。

 

sadie0714_1mao0714

 

1日目には一切設けられなかったMCも、この日のアンコールでは軽快に繰り出され、シリアスな本編からは想像もつかない爆笑トークで関西バンドの本領発揮。万人が踊り狂う「Rock’n roll stinky people」曲中で“俺、みんなが大好きです!”という告白をかました真緒は、今ツアー各地で歌ってきたという最終曲「a holy terrors」で“一人じゃないこと”を強く訴えると、静かに語り始めた。ツアー中の辛かった日々をファンの声が助けてくれたこと、秋にアルバムをリリース&ツアーを回ること、そして。

 

“辛いなって思うことも多いけれど、この辛さを乗り越えたら、また、みんなの顔が見れると思えば全然たやすい。同じ気持ちを、みんなも持っていてくれたら嬉しいです。みんなの居場所を創ることが僕たちの音楽。応援してくれるみんながいる限り、この居場所、永遠に創らせてもらいます!”

 

感動と歓喜の涙がフロアを包み、こうして3ヶ月に及ぶSadie史上最多本数のツアーは終了した。2日間のセットリストで被っていたのは、「斑」と「雪月花」の中間子とも言えるカップリング曲「face to face」のみ。徹底して“絶望”と“希望”の二者を描き分けながら、しかし、両日共に最も印象的だったのがバンドの“伝える”力であったのも事実である。共に楽しみ、共に騒ぐだけでなく、生きる上で重要なメッセージを歌と音に乗せて叩きつける彼らの真摯な姿勢にオーディエンスは心動かされ、カタルシスの涙を流すのだ。

 

人間にとって呼吸は必要不可欠なものであるが“吐く”だけ、もしくは“吸う”だけでは生きていくことはできない。吐いて、吸う、その循環こそが人の命を繋ぎ、肉体と精神を育んでゆくのだ。それと同じことを、Sadieは音楽というフィールドで成し得ようとしているのかもしれない。吐き出すこと、そして吸い込んで満たすこと。極限まで追求された二つが一つとなるネクスト・ステージで、レベルアップしたSadieに出会える時が楽しみでならない。

 

mizuki0714aki0714kei0714tsurugi0714

 

◆セットリスト◆

01. Grieving the dead soul

02. METEOR

03. MAD-ROID

04. VIRTUAL FAKEMAN

05. In Cave

06. face to face

07. SUICIDAL ROCK CITY

08. GIMMICK

09. Barking tha enemy

10. 愛しさは孤独の支配者

11. サイレントイブ

12. daydream

13. 陽炎

14. サイケデリックケミカルムービー

15. プレイガール

16. CHILDREN OF DESPAIR

17. クライモア

18. 雪月花

EN

01. Rock’n roll stinky people

02. Deadly masuquerade

03. a holy terrors

 

 

(文・清水素子/写真・青木武史)