News

葵-168-、新たに描きあげたのはジャパネスク・ロック!

葵130402

 

葵-168-というプロジェクトのもと活動中の葵。彼が、レコード会社をワーナーミュージックジャパンへと移籍。第一弾作として、7月10日(水)にシングル『秘すれば花』を4 タイプ(初回盤A・初回盤B・初回盤C・通常盤)でリリースする。

 

『秘すれば花』は、故・井上大輔氏が残した楽曲に和艶なテイストを加味したジャパネスクなロックナンバー。歌詞を女性目線で表現しているのも特徴的だ。葵いわく「女性視点で歌ったほうが歌詞に綴った想いが艶やかにもなれば、女性の気持ちを男性が唄うことで異なる言葉の魅力を発揮していける」からとのこと。『秘すれば花』の歌詞には、タイトル通り”女性の心に秘めた想い”が記されている。その内容が…。

 

「『秘すれば花』の歌詞の中心は、女性の心情なんですけど。箇所箇所に、男性とやり取りしていく様を描写しながら、自分が何度も男性に裏切られ、傷ついてきたことを記しました。彼女は、自分の内面を全面に出しちゃうと相手に嫌われると思っている。だから、次第に浅い付き合いを求めようとしていくし。自分の本心をさらけ出すと、“あなたにとっては地獄のような恋になるよ”とも言ってしまう。でも女性は、このままじゃいけないと、ためらいや葛藤も覚えてゆく…。舞台を男女間に設定してはありますが、この歌詞は、いろんな風に解釈の出来る内容。あとは、聞き手の方々へ自由に捉えていただければいいかなと思っています」

 

葵-168-というプロジェクトの形を取っているとはいえ、軸にあるのはソロ・シンガーとしての表情。その楽曲の心模様に合わせ、みずからも多彩な音楽の絵筆を駆使し、いろんな葵を描き出せることが大きな魅力になっている。もちろん、どの楽曲も、根底にあるのは”素顔の葵の心情”。それを、どう歌詞や楽曲という色の付いたブラシでメイクしてゆくかを、今の葵は楽しんでいる。それは、今回リリースする4タイプの作品にも映し出されていた。

 

C/Wに収録した『蜃気楼』は、葵が兎黒役で出演した、ゴールデンボンバーの喜矢武(豊)主演の映画『死ガ二人ヲワカツマデ… 第一章 「色ノナイ青」』の挿入歌用に作った楽曲の一つ。映画では葵の別の曲が使用されたが、映画のシーンやシチュエーションを意識した歌詞作りをしたため、映画を観ていただいたうえで聴くと、歌に記した気持ちへより入り込んでいける楽曲だ。

 

「初回盤A」に収録した『requiem』は、ゆったりとした表情から一転、一気に荒々しい牙を剥いてゆく楽曲。歌詞では、「エデン」や「レクイエム」「カルマ」「ゆりかご」「方舟」など、90年代ビジュアルシーンにおいてよく使われていた言葉を用いての表現にチャレンジしている。

 

「初回盤B」にはタイトルに表現されている通り、まさにライブで炸裂するに相応しい『BURN』を収録。葵いわく、「この言葉を書くことで、傷つく人も出てしまうんじゃないか?!など、書く言葉をためらってしまうことが僕はあります。本当なら、何も気にせず書けばいいんだけど。そういうことを気にし、葛藤しているときの自分の本音をぶつけたのが、この『BURN』」とのこと。

 

「初回盤C」は、『秘すれば花』1曲のみを収録したワンコイン(500円)での発売になる。これも、『秘すれば花』のみでも、葵の想いは十分伝わってゆく自信があるからこそ実現できたこと。

 

「通常盤」には、『秘すれば花』のother storyとして「10個の朗読」を収録。まず、歌詞を書くように記した10編の物語を制作。それに一切BGMを入れることなく、リップノイズさえカットせず、葵のしゃべる声だけで収録。できれば、ヘッドホンやイヤホンで聞いて欲しい。葵が、耳元で囁いているくらい生々しく聞こえてくるはずだ。

 

 

今回は、ファンにとって嬉しい封入特典もいろいろと用意されている。とくに、紫薇斗教(中国占星術)鑑定士の資格を持つ葵が、抽選で10名の方を「秘すれば花」にちなんで“秘めた性格を読み解く”直筆鑑定をしてくれるのは彼ならではのサプライズとなる特典だ。

 

夏からはイベント・ツアーもスタート。9月8日(日)には、主催イベント『JaMJAM』を渋谷AXで開催。12月には、東名阪を舞台にしたワンマン・ツアーも決定。その前に、夏には多数のイベント出演や、『秘すれば花』に伴ったイベントも数多く予定されている。

 

新たな環境のもと、さらに進化したステージへ踏み出した葵-168-。これからどんな舞台劇を我々の前に見せてくれるのか、楽しみにしていようじゃないか。

 

(文・長澤智典)

 

*********************************************

【リリース情報】

New Single『秘すれば花』

2013年7月10日(水)発売

 

[初回盤A]WPCL-11441 ¥1,260(tax in)

1. 秘すれば花

2. 蜃気楼

3. requiem ※初回盤Aのみ収録

 

[初回盤B]WPCL-11442 ¥1,260(tax in)

1. 秘すれば花

2. 蜃気楼

3. BURN ※初回盤Bのみ収録

 

[初回盤C]WPCL-11444 ¥500(tax in)

1. 秘すれば花

 

[通常盤]WPCL-11443 ¥1,575(tax in)

1. 秘すれば花

2. 蜃気楼

3. 貴方だけに語る10のストーリー(朗読)

<パート1>「マジョリティ」「connivance」「メビウスと色鉛筆」「さよならカンナ」「チラリズム」

4. 貴方だけに語る10のストーリー(朗読)

<パート2>「ぱらのいあ」「大縄跳び」「孤独を愛しても」「遣らずの雨」「ことえり」

 

【ライブ情報】

<葵-168-主催イベント>

2013年9月8日(日)JaMJAM#3

会場:渋谷AX

 

<ワンマンライブツアー>

2013年12月7日(土)、12月8日(日)

会場:江坂MUSE

2013年12月20日(金)、12月21日(土)

会場:名古屋ell.FITSALL

2013年12月24日(火)

会場:渋谷O-EAST

 

その他ゲスト出演イベント等はオフィシャルウェブサイトをご覧ください。

 

 

葵-168- オフィシャルサイト http://aoism.com/168/index.html

葵-168- オフィシャルTwitter @aoi_official

葵-168- オフィシャルブログ http://ameblo.jp/aoiblog-official/

 

 

◆葵のその他の記事を読む

【News】葵-168-、移籍第1弾シングルは故・井上大輔氏との異色コラボ曲!(2013年5月15日)

【News】葵-168-、ワーナーミュージックへ電撃移籍!(2013年4月2日)

【News】彩冷える『葵』がex.彩冷える『夢人』(AYABIE)と共演!(2012年11月1日)

【News】葵(彩冷える)新プロジェクト「168 -one sixty eight-」、ファーストライブDVD予約受付開始!(2012年10月5日)

【News】168 –one sixty eight-の葵(彩冷える)が、今度は¥1680ライブ!(2012年7月30日)

【Interview】葵(彩冷える)の新プロジェクトが始動! 至高の1stシングル『雪月花』の魅力に迫る(2012年7月23日)

【News】葵(ex.彩冷える)新プロジェクト始動! ライブチケット168円!?(2012年5月22日)

 

コメントは停止中です。

<トップへ戻る