ライブレポート

2013.6.23

ダウト@Legacy Taipei

ダウト 自作自演 武者修行ツアー中巻 -我愛你 Tour 2013-「ASIA DISCO」

 

DSC00595_S

 

ダウトが自身初の最大規模となるアジアツアーのファイナル公演を23日、台湾台北LEGACYで行った。6月12日の台湾台中を皮切りに、韓国ソウル、中国北京、杭州、深祁と廻り、21日は香港、翌日はマカオ、そしてファイナルの台湾台北と国をまたいでの3days公演。この日も朝5時に香港を出発し、公演当日に台北の会場に空港から直で向かうという強行日程。現地の慣習で来台スケジュールを告知してあり、空港にも多くのファンが駆けつけメンバーを熱く出迎えてくれた。約1年ぶりとなる台北のコンサートということで、会場には約500人のファンが生憎の大雨にも負けじと集まり遂に開演!

 

幕が開いてから画面いっぱいに映し出されるメンバーの姿を見た瞬間、会場内に盛大な歓声が響き渡った。そしてアジアツアーファイナル公演の1曲目は、最新アルバムのリード曲「歌舞伎デスコ」からスタート! 移動の疲れも見せずメンバーは、全身全霊のライブを見せつけ、オーディエンスを熱狂の渦に! Vo幸樹とGt威吹の掛け合いから始まる「鬼門」で盛り上がりは最高潮に達する。そんな超盛り上がりの本編があっという間に終わりアンコールへ突入。

 

各会場での名物となっている、Ba玲夏のご当地モッシュではティンタイフォン(小籠包屋さん)モッシュが飛び出しファンがかわいい小籠包になる場面も。Gtひヵるが「台湾、元気ー?」と大声で煽ればファンがより大きな声で応えるシーンや日本でもレアになりつつあるDr神ナセが登場し「小籠包」をモチーフに歌うなどファイナルならではの盛り上がりも随所に見られた。

 

またVo幸樹がこのアジアツアーの為に歌った中国語verの「あいするひと」を披露し、ファンと共に歌う感動的なワンシーンとなった。そして全20曲の最後の曲「シャングリラ」を歌いきりライブは終了した。しかし、メンバーがステージを去ってもアンコールの声は止まず、それどころか益々大きくなり急遽メンバーが再登場する! その格好は衣装では無く「謝謝 台湾」(※ありがとう台湾)と書かれたTシャツである事にファンは歓喜した。

 

DSC00470DSC00310

 

幸樹がツアーを振り返って「このメンバーこのスタッフでなければ乗り越えられなかったし、みんながいたからその苦しさを忘れる位楽しいライブが出来ました」と今ツアーが非常に過酷なものであったことを告白する。そして本当に最後の1曲として「今日ここには色んな国の人が集まってくれていると思います。だけど国とか国境とかそんなの関係無くダウトの音楽で1つになろう」と言い代表曲である「ONE」を披露! 途中感極まり幸樹、威吹、ひヵる、玲夏が泣き崩れる場面にファンから大きな声援が届けられる。そんな感動のフィナーレに最後はLEGACYの明かりが全て点き会場が1つになって大団円を迎えた。「また必ず会いにきます!」そう言ってアジアでダウトが一番勢いのあるバンドであることを証明する堂々のアジアツアーは終了した。

 

そんなダウトが、6月26日メジャー5枚目となるシングル『恋アバき、雨ザラし』をリリースする。今回のシングルも、前回好評だった歌謡曲シングル『中距離恋愛』の流れを汲んだ歌謡テイストな楽曲となっている。6月25日からは国内での怒涛のリリースイベントも予定しているので、ぜひ足を運んでみよう!

 

◆セットリスト◆

SE Festa.

01. 歌舞伎デスコ

02. Killer Tune

03. 太刀風横丁

04. 花鳥風月・桜吹雪

05. 刺青

06. サテライトTV

07. 中距離恋愛

08. 青い鳥

09. T.S.G

10. バラ色の人生

11. ジュリアナ

12. MUSIC NIPPON

13. 鬼門

14. 飛行少女

 

ENCORE

SE 千秋楽

01. 玲夏+ミナセタイム

02. 修羅

03. あいするひと

04. ハイカラべイベ

05. SUNRISE

06. シャングリラ

 

W ENCORE

01. ONE