ライブレポート

2013.3.3

ダウト@Shibuya O-EAST

ダウト 自作自演(祝)六周年記念祭「ダウト 全身全霊 AWARD 2013」

 

D3S_9229

 

初ライブから6度目の記念日を迎えたダウト。記念すべきこの日の本編セットリストは、ファンによる事前の人気投票TOP10で構成された。2月20日にリリースされたニューアルバム『歌舞伎デスコ』の楽曲たちもランキングに名を連ね、キラーチューン揃いの華々しいセットリストに、否応なしに期待が高まる。

 

メンバーがステージに登場。すると、実に冷静なナレーションと共に、スクリーンにこの日の1曲目のタイトル「鬼門」が映し出される。悲鳴混じりの歓声の中、ライブは幸樹(Vo)のデスヴォイスと共にいきなりのトップスピードでスタート! フロアにモッシュとヘドバンの嵐を巻き起こした。 第9位はニューアルバムの表題曲「歌舞伎デスコ」がランクイン。エンジン音のような玲夏のベースが唸り、ひヵる(G)はくるくると回転して客席を煽りながら、ギラギラとした輝きを放つ楽曲をエネルギッシュに盛り上げていく。 「さぁ行こう!」という幸樹の掛け声で始まった「花咲ビューティ」も人気の定番曲とあって、会場の息はぴったり。もう少しで訪れる花咲く季節を先取りしたような華やかなアクトで会場を魅了した。

 

「皆さんのおかげで六周年を迎えることができました。今日はランキング形式ですが、ガチなんですよ。大人の力を一切使ってないんです。俺たちが組んだら確実にありえないセットリストになってます!」

 

幸樹の言葉通り、この日のセットリストはこれ以降も驚きの連続。この日のパラつく雨を思わせる「慟哭にて時雨」、深い青が満ちたステージで丹念に歌い上げた「青い鳥」、ハッピーな笑顔が満ち溢れる「フェンダー」と続いていく。 ちなみに、幸樹もこっそり「蛍火」に投票したそうで、

 

「きっと『蛍火』はベスト3に食い込んでくると思うんですよ」

 

という自信満々の発言も。そんな気になるTOP3、第3位はそのストレートなリリックと美しいメロディが深く心に残る「あいするひと」、そして2位は雰囲気をガラリと一変させ「シャングリラ」がランクイン! この、一見ハチャメチャともいえそうなセットリストで、ダウトの魅力をきっちり伝えきってしまうのだからすごい。 そして栄えある第1位では、まぶしく明滅する光の中、4人がお立ち台に集合。 「今まで見たことがない景色を一緒に作りましょう!」という幸樹の言葉で奏でられたのは、ファンとの絆を再確認させるような「ONE」。大合唱が会場を包み込み、本編を終えた。

 

DSC_4705

 

さて、“本編を終えた”と書いたものの、この日のダウトのライブは、本編が人気投票TOP10で構成され、アンコールが通常のライブとしてスタートした。この日のアンコール1曲目は「ソイヤサーソイヤサー」の掛け声に身も心も浮き立つ「太刀風横丁」! そして、メンバーが青とピンクの「ダウト法被」を身に纏えば、もちろん次はあの曲。

「俺の法被の色はー?」「ピンクー!」 「そんなお前らの人生はー?」「バラ色ー!」

 

絶妙な掛け合いとともに「バラ色の人生」がスタート。タオルが旋回し、宙を舞う。「ヤーレンソーラン」のコーラスも加わり、会場の盛り上がりは天井知らずだ。

 

ここで幸樹が「今日は今までやったライブの中で一番長くて激しい曲が続くアンコール」と宣言し、 「DOPING!!」「DANCE NUMBER」と一気に駆け抜けると、ここでお約束のメンバーコール。爆音の中メンバーも激しく客席を煽り、最後にミナセ(Dr)のコール…と、突如演奏がストップ。客席の「!?」という表情の中、暗い表情の幸樹が口を開いた。

 

「5人で突っ走ってきましたけど…ついにここでミナセが…………誕生日を迎えました」

 

爆笑の中、「HAPPY BIRTHDAY TO YOU」を全員で大合唱。ここで、バースデーケーキを手にスペシャルゲストが登場した。ミナセが「誰?」と首をかしげるこの人物、実は威吹(G)のお父さん(!)。威吹も知らされていなかったというサプライズで、ミナセの誕生日を、そしてダウトの6度目の記念日を祝福した。

 

ダブルアンコールでは幸樹が切望(?)した「蛍火」、そして名曲「フラッシュバック」で会場を揺らし、たくさんのファンの笑顔とともに節目となる日を祝ったダウト。 この日、幸樹が口にした「いろんな近道があると思うけど、俺たちはお前たちと一緒に遠回りをしたいと思います」という言葉が、いつまでも胸に残った。七周年、八周年と続いて行く記念日を、この先もファンとともに祝い続けたい。

 

◆セットリスト◆

SE. FESTA.

01.鬼門

02.歌舞伎デスコ

03.花咲ビューティ

04.慟哭にて時雨

05.青い鳥

06.中距離恋愛

07.フェンダー

08.あいするひと

09.シャングリラ

10. ONE

 

EN

SE. 千秋楽

01.太刀風横丁

02.ジュリアナ

03.Killer Tune

04.バラ色の人生

05.DOPING!!

06.DANCE NUMBER

07. 「修羅」

08. BUDDHA COMPLEX

09. 「修羅」

10.MUSIC NIPPON

 

WEN

01.蛍火

02.フラッシュバック

 

(文・後藤るつ子/写真・横井 明彦(Deep-End inc.))