ライブレポート

2011.12.29

BUCK-TICK@日本武道館

「THE DAY IN QUESTION」

 

 

1987年のメジャーデビュー以来、常に時代の先端で日本のロックシーンを牽引し続け、来年2012年には不動のメンバーでデビュー25周年を迎えるBUCK-TICKが、恒例の年末公演「THE DAY IN QUESTION」を12月29日に日本武道館で行った。

 

超満員の武道館では、冒頭から25周年を振り返るように過去のアルバムジャケットや昔のライブ映像がコラージュされた映像が映し出され、会場は約1万人の熱気に包まれた。ステージ後方と上部には巨大スクリーンが設置されており、楽曲によって煌びやかな映像や時にゴシックなイメージを彷彿させる映像が流されていく。またデビュー当時のPVをバックにメンバーが演奏したりと通常では考えられない演出もあり、オーディエンスもヒートアップし会場は大盛り上がり。今回の本編のセットリストは、実はアルバムの発売順に各アルバムの中から1曲ずつピックアップした内容になっており、1曲目の「HURRY UP MODE」からスタートし、「悪の華」「極東より愛を込めて」「ROMANCE」といった代表曲を経て「独壇場Beauty −R.I.P.−」までの18曲で本編は締めくくられた。

 

 

アンコールでVoの櫻井敦司が『どうもありがとう。来年BUCK-TICKはデビューして25年になります。こうなったらとことんいきましょう。来年もまた、遊びましょう』と語りかけると会場は大歓声で埋め尽くされた。

また最後にはなんと! 来年25周年の年間活動内容がスクリーンにて発表された。

3月7日にリリースされるボックスセット「CATALOGUE VICTOR→MERCURY 87-99」「CATALOGUE ARIOLA 00-10」を皮切りに、新レーベル“Lingua Sounda”(リンガ サウンダ)から春にはニューシングルとLIVE DVD&Blu-ray、夏には、トリビュートアルバムとニューアルバムのリリースが決定! 6月に日比谷野外音楽堂で2DAYSライブと夏のスタンディングツアー、秋にはホールツアーと来年12月29日の日本武道館まで発表。またデビュー月の9月には25周年を記念したライブも予定しているとのこと。まだまだ何が起こるのか予測不能な、ファンに取っては待ち遠しい年になるに違いないデビュー25周年の2012年は、まさしく“バクチク現象、リターンズ”とも言うべき年になるであろう。

 

そして当日はBUCK-TICKとしては初のニコニコ生放送の4時間ライブ中継もあり、ロックバンドとしては過去最高の来場者数約10万人を記録! デビュー25年を控えた現在もなお、注目度の高さと熱狂的な人気を誇るBUCK-TICKに2012年も期待が高まる!

 

◆セットリスト◆

SE.  THEME OF B-T
01. HURRY UP MODE
02. SEXUAL ×××××!
03. PHYSICAL NEUROSE
04. ANGELIC CONVERSATION
05. 悪の華
06. さくら
07. JUPITER
08. die
09. love letter
10. idol
11. MY FUCKIN’ VALENTINE
12. Baby, I want you.
13. 極東より愛を込めて
14. GIRL
15. ROMANCE
16. Alice in Wonder Underground
17. Memento mori
18. 独壇場Beauty –R.I.P.-

 

-ENCORE1-

EN01.…IN HEAVEN…

EN02.MOON LIGHT

 

-ENCORE2-

EN03.夢魔- The Nightmare

EN04.DIABOLO

-ENCORE3-

EN05.JUST ONE MORE KISS

EN06.COSMOS