ライブレポート

2011.12.22

清春@横浜Bay Hall

SIRIUS

 

 

一段と冷え込みを増し、とても冷たい風が吹く12月。愛あるオーディエンスで埋め尽くされた場内を、この会場ならではの存在感あるシャンデリアが厳かに見守っていた。早いものであれからもう1年が経ったのだ。2011年は“黒夢”と“sads”として精力的に活動を展開してきた“清春”の年末恒例ライブだ。

 

「RELAX」のSEが鳴るなか姿を現した清春は、シックなスーツに身を包んでいた。ギターを構え1曲目は、ライブでは以前から披露されている未音源化楽曲の「海岸線」。「安らげる場所があればいいのに」という歌詞が心に響く。一瞬で人を惹きつけるその圧倒的な存在感を目の当たりにし、思わず息を呑んだ。

清春の奏でるギターで始まった「wednesday」。ギターのヘッドに口づけをする清春の振る舞いは、あまりにも自然でその艶かしい色気に見とれてしまう。「長くなるのでゆっくりやりましょう。清春です」と挨拶をしたあと「RUBY」でよりアダルトな世界へ誘い、「Christmas」をオーディエンスに贈る。決して明るいクリスマスソングではないが、その重みにむしろ心揺さぶられる“メリークリスマス”を丁寧に歌い上げる。

 

この日披露された新曲の数々は、その間に配されている既発表曲と美しい連鎖を成し心の奥底に浸透していく。光の瞬きを思わす浮遊感ある電子音のリフレインで始まる「YOU」では「夕闇が怖くて」「それでも朝は来る」と歌い、清春が影を作るように手をかざした「影絵」は、アンプラグドver.にアレンジが施され一層深さを増し「僕はここにいる為に生きる」と歌う。“白いドレス”“指輪”といった煌めくワードが散りばめられ、心地よいテンポ感の中で大人ポップスの世界に心酔できる楽曲や、緑色に照らされたステージに「磔」という力強いフレーズが魂の叫びにも似た楽曲…そのどれもが生命力と求心力に溢れ、楽曲が持つエネルギーに圧倒される。

 

熱を帯びた清春のヴォーカル、両腕を広げ眩しい白色の“光”に照らされた彼の姿が鮮烈だった「光」である種の緊張感を味わったあと、「I KNOW」の軽やかなリズムと明るい曲調になんだか救われた気分になる。さらに重厚なサウンドに酔いしれる「LAW’S」、「君の影とずっと戯れてたい」と歌う「CRY OUT」…色合いは違えど、そのどれもが“光”というキーワードで繋がれている楽曲の数々だった。

 

  

 

もちろんオーディエンスとの一体感を存分に味わうロックナンバーの数々も展開、「狂え横浜!!」という清春の合図とともに「ALIEN MASKED CREATURE」で会場が揺れる。本編ラストは「COME HOME」でオーディエンスのコールもばっちり、清春がまさに“ホーム”に帰ってきたことを実感した瞬間でもあった。

 

「ずーっと終わらないといいね」と清春は話す。恒例のナンバーを繰り広げ「“清春”はマイペースに続けていくので、また会いに来てね」との言葉で始まったのは「マークはバタフライ」。一人一人に語り掛けるように「また逢いにおいでね」と歌う。また、この楽曲の「飛べなくたって下を見ちゃいけない」というフレーズ、今まで何度と聴いてきた楽曲なのに、この日は妙にすとんと心の中に落ちてきたのは2011年という時のせいだろうか。

そして「SANDY」で一気に速度を上げ、「幸せ? Are you?」の問いかけに「HAPPY!!」と力いっぱいオーディエンスが答えると、思わず笑みを見せる清春が印象的だった。「ここにいる全員に同じ光が当たりますように」と「HORIZON」を熱唱し、ラストはもちろん「あの詩を歌って」で締めくくられた。「愛してます。メリークリスマス。また来年もやろうね」と告げ、愛溢れる一夜は幕を閉じた。

 

節々で口にする清春の言葉からは“ホーム”ならではの愛を感じずにはいられない。濃厚で様々な色合いを魅せてくれる清春のライブ。それは清春とオーディエンス双方にとって濃密な至福の時間なのだと思う。それを象徴するかのように、ライブ終了後の清春のブログには「今年の僕のステージの中でもベスト3には必ず入る瞬間が何度か訪れたステージだった。嫌だ、終わったのが超切ない」と綴られていた。

そして偶然か必然か、この日披露された新曲のどれもが現実を受け止めながらも未来を見据えるのだという印象を受けるものばかりだったこと、清春の楽曲には“光”と“影”がキーになる作品が本当に数多くあるのだということを改めて実感した一夜でもあった。

この日の公演タイトルである“SIRIUS”は全天で最も明るい星らしい。

 

 

◆セットリスト◆

1. 海岸線

2. confusion

3. wednesday

4. RUBY

5. Christmas

6. adore

7. 新曲

8. 新曲

9. YOU

10. 新曲

11. 影絵

12. 新曲

13. 光

14. I KNOW

15. LAW’S

16. CRY OUT

17. DARLANE

18. JUBILEE

19. バラ色の夢

20. devil

21. ALIEN MASKED CREATURE

22. COME HOME

 

ENCORE1

23. 流星(新曲)

24. 新曲

25. FAIDIA

26. 星座の夜

 

ENCORE2

27. garret

28. Tarantula

29. マークはバタフライ

30. SANDY

31. HAPPY

 

ENCORE3

32. HORIZON

33. EMILY

34. あの詩を歌って

 

 

(文・金多賀歩美)