インタビュー

Rides In ReVellion

Rides In ReVellion

バンドの最強の武器である“ライブ”を音と映像で堪能できるDVD+LIVE CDをリリースした新進気鋭のバンド、Rides In ReVellionをフィーチャー!

X JAPANやLUNA SEAが確立させた90年代ヴィジュアル系シーンを彷彿とさせる旋律と、近代的デジタルサウンドとの融合を掲げ、記憶に残るメロディアスな楽曲の数々を世に放ち続けているRides In ReVellion。この度、彼らの初のDVD+LIVE CD『Rides In ReVellion ONEMAN LIVE「TWILIGHT-薄明の空へ-」 2017.12.3OSAKA MUSE』がリリースされた。全20曲で構成された120分に渡る完成度の高いライブを、ぜひじっくりと味わっていただきたい。7月には東京と大阪での3周年記念ワンマンライブの開催も決定し、勢いを増しながら真っ直ぐに未来へと突き進む、黎(Vo)、TaJI(G)、渚(B)、飴(Dr)の4人に話を聞いた。

◆僕たちが好きだったものを今の時代にもう一度表現したい(黎)

――Vif初登場ですが、早速皆さんのノリの良さに驚かされています。アーティスト写真の印象と違って…

飴:それはよく言われます(笑)。

黎:硬派なイメージを持ちつつ、蓋を開けてみるとこんな感じです(笑)。

――美麗かつソリッドな楽曲や、“HARMONIZED TIME PARADOX”mixed the future and the past by Sadistic Sadness Sentimental Sounds.(“調和する時間の矛盾”嗜虐的で悲哀で感傷的な旋律によって交錯する未来と過去)というコンセプトのイメージもあるのかもしれません。

黎:そうですね。僕たちは90年代のミュージシャンたちが作り上げたキャッチーでメロディアスな旋律と現代的なサウンドを融合させた、新しい音楽を作ろうということを掲げているんです。

――そのコンセプトは、結成当初から変わらず?

黎:今のところ変わらずに来ていて、そこにどんどん新しいものが足されていっています。

――確かに、2017年4月リリースのシングル『リインカーネーション~F.A.T.E./Rusty Nail~』に収録された、X JAPANの「Rusty Nail」のカバーでも、先人たちの音楽を継承しつつ、新しいバンドの色を足しているのを感じました。

TaJI:嬉しいです。大道かつ、古くないものにしたいという気持ちがあるんですよ。すごく難しくて毎回壁にぶち当たるんですけど、新しさもないと今の時代は受け入れられないだろうと思うので、上手く取り込みつつという感じです。

――バンドが掲げる「停滞している現代ヴィジュアル系に新たな衝撃と意外性を」という言葉を見て、渦中にありながら今のシーンを冷静に見ているんだなという印象を受けました。

黎:激情派に見えて、割と冷静に見ていると思います。それぐらい冷静に見ないと戦い抜いていけない部分もあると思いますし。

――今のシーンは停滞していると感じますか?

渚:停滞し気味かな、と。

TaJI:僕たちが中学生や高校生の時に見ていたヴィジュアル系は、みんな日本武道館で華やかにライブをしているイメージがあったので、最近縮小しているのかなということはすごく感じます。

――「謀反を起こす」という意味合いのバンド名然り、この状況下で、こういうコンセプトと音楽を掲げて突き進むのは、ある意味シーンに対する革命でもありますね。

黎:そうですね。僕たちが憧れた音楽は10年前、20年前のヴィジュアル系なんです。今のヴィジュアル系を見ていたら、そうじゃないだろうと思うことがすごく多くて。そんな中で、僕たちが好きだったものを今の時代にもう一度表現したいと強く思うので、それを実現することが大事なのかなと思っています。

――明確なヴィジョンを持っているんですね。目標に向かって着実に進んでいる感はありますか?

飴:こういうコンセプトですけど、僕たちのファンの方は割と若い人が多いんです。古い新しいに捕らわれずに若い子たちも付いて来てくれているということは、昔のヴィジュアル系に憧れて影響された僕たちが、今の時代にも受け入れられているのかなと思っています。このスタンスは変えずに頑張っていきたいです。

――Rides In ReVellionは男性のファンも多いですよね。今回収録されたライブでも各パートのソロがありましたが、その辺りも特に男子には嬉しいのではないかと思いました。

黎:ワンマンの時には結構来てくれますね。

TaJI:ワンマンの時に聴こえる男の人の声援が好きなんですよ。

黎:嬉しいですね。良い意味で、正統に音楽を評価してくれているのかなと感じますから。

渚:これからもどんどん増えてほしいです!

◆ライブバージョンだからこそのノリを届けられることが嬉しい(TaJI)

――今回ライブDVDとCDという形態を選んだのは、バンドとしてライブに重きを置いているからですか?

黎:そうですね。バンドとして一番推したいのはライブですし、僕たちはワンマンライブで一番魅せられると思うので。それを武器に、いろんな人に観てほしいという思いから、今回この音源を作ることになりました。それに、昔大好きだったアーティストの方々のライブDVDやライブCDを今も聴いたりするので、それを現代でやりたいなという思いもあって。

TaJI:好きなアーティストのライブDVD やCDを観たり聴いたりしていると、ライブバージョンのほうが好きだったり、カッコいいと思う曲が結構あるんです。僕たちの音源にもそういう曲があると思うし、ライブバージョンだからこそのノリがあるので、そういうものをファンやこれから知ってくれる人に届けられることが嬉しいです。それに、最近のバンドは、あまりライブ音源を出すイメージがないので、逆に新しいのかなと思って。

――確かにCDで聴いた時よりもライブで聴いていいなと思った曲のほうが、記憶に残る気がします。それにしても、自らの強みであるライブを収めた作品だけあって、バンドの魅力が凝縮されていて、初めて観た人もとても入りやすいし何度も観たくなる作品でした。

黎:ありがとうございます。littleHEARTS.さんとZEAL LINKさんの全店舗でこの作品のダイジェスト版を無料で配布しているんですけど、それを観てくれた人が本編も買ってくれたそうなんです。やっぱり実際に聴いたことで、良さに気付いてくれたのかなと思いました。

――今回のライブCDは全20曲のDVDから12曲が抜粋されていますが、どういう基準で選んだんですか?

黎:よりライブ感が感じられる曲を抜粋したという感じです。TPOに合わせて聴いてくれたら嬉しいなと思って。

TaJI:例えば、ドライブや通勤の時に聴いてもライブを感じられる曲ですね。

――CDだけでも一つのライブとして成立しているなと思いました。ではDVDの中で、お気に入りのシーンや印象に残っているシーンを教えてください。

TaJI:印象に残っているのは、「Eternal」のサビの〈Hey,jesus〉に合わせて、僕がギターから手を離しているところですね。その瞬間だけ弾いていないことがバレるんですけど、全部映像に収められていて嬉しかったです(笑)。ギターから手を離して、解放弦がバーンと鳴っちゃうのもライブならではなので。

――TaJIさんは「MIRAGE」の旗投げもお好きだそうですね。

TaJI:そうです! ライブ中に溜まったいろんなパワーを、あの旗投げで一旦全て発散できるんですよ。あれで爆発させてからのギターソロが、めっちゃ気持ちいいんです。旗投げも、ライブでしか味わえないところですね。

渚:僕は、黎がMCで3周年ワンマンを発表したときの、ファンのみんなの「キャー!」とか「イエー!」という歓声ですね。「こんなに喜んでくれるのか」と思ったシーンが、ちゃんとお客さんの音ごとDVDに入っていたので、そのシーンは何度観ても、おぉっ!と感動します。

――鹿鳴館でのワンマンライブが開催されると発表したときの歓声を聴いて、東京から観に来た人も多かったのかなと思いました。

渚:多かったみたいですね。あのときの一体感と言うか、こっちが投げかけた分が返ってくる感じが、すごく気持ちいいし嬉しくて。満足感がありました。

TaJI:あのMCは名シーンでしたね。

黎:僕は、全部観た後に流れるエンドロールにグッと来ました。エンドSEが流れて映像が無音で流れるんですけど、みんなすごく笑顔なんですよ。幸せに溢れた空間だなと思ったし、本当にハッピーな終わり方をするので、最後までしっかり観ていただきたいです。

――会場の全員で撮った写真の笑顔からも、良いライブだったことが伝わってきました。

黎:そうなんですよ。最後のあの空気感は良いライブじゃないと出ないと思うので、良かったです。

飴:僕は、アンコールでやった「カレタソレイユ」ですね。黎さんがワンマンを発表したMCの後にその曲を演奏したんですけど、やっぱり一番気持ちが入っていたし、みんながその時の感情を一番曝け出していて。それがDVDで観ていてもちゃんと感じ取れるので、一番好きなシーンです。

――ファンの方の満足度も高い名シーン揃いだと思います。どのシーンも良かったのですが、個人的には「紫煙」から「Sense」への流れが特に良いなと。

飴:渋い!

黎:すごいコアですね。初めて聞きました(笑)。

TaJI:でも、あの繋がり方がめっちゃカッコいいよね。

渚:嬉しいです。

――全体を通してすごくドラマチックで、終わった後に光を感じるライブでした。

黎:正にそんな感じです。

TaJI:さすが『THE LIGHT』ですね(笑)。

◆あの日はすごく温かいものが目の前に広がっていた(渚)

――あの日のライブに点数を付けるとしたら何点ですか?

黎:ワンマンライブでは自分が思っていたよりも良いライブができるので、毎回100点ですね。なので次は、もっといい100点を取るんだろうなと思います。

飴:僕は割と自分の中でハードルを下げる癖があるんです。「次のワンマンは、まあ行けてこんなものだろう」みたいな感じで。でも当日、思っていた以上にすごく盛り上がることが多いんです。

――毎回、予想を上回る出来なんですね。あのワンマンライブは、これまでのライブとは違うものでしたか?

黎:今までとは違って特別なものを感じました。周年ではなかったんですけど、ファンの方々とメンバーの絆、一体感みたいなものを再確認できたと言うか。改めて、これがライブだなと思えたライブだったし、そこでライブ感というものを新しく感じられて、これからもっと良くなっていけると実感したワンマンでした。

渚:あの日はすごく温かいものが、目の前にブワーッと広がっていて。とにかく温かさでいっぱいでした。なのでDVDを見返しても、ほっこりとした気持で観られます。

――「Eternal」のときの黎さんの「楽しいー!」という言葉に全てが凝縮されている気がします。

黎:あはは! あれは、「これやべぇな!」「すごいな!」そんな感じでしたからね(笑)。

TaJI:それぐらい本当に楽しいライブでした。

――あのライブを経て、見えてきたものはありますか?

TaJI:未来を感じられるようになりました。バンドを続けていると、節目節目で「この先、大丈夫かな」と思うことがあるんですけど、ワンマンライブをすると毎回、「俺たちはまだまだ行ける」と再確認できて。このメンバーでやっていて良かったな、このファンのみんなと一緒に来られて良かったなと思うんです。

――対バンとワンマンでは違うものなんですね。

TaJI:全然違いますね。この感じはやっぱりワンマンじゃないと。それにワンマンも回数を重ねるごとにベストを更新できているという気がします。

飴:僕はメンヘラなので、寝る前に割とネガティブなことを考えたりするんです。でも、僕の場合は、対バンも含めてステージに立ってライブをしていたら「行ける!」って思えるんですよ。ライブ毎に、次はこうしよう、ああしようというハングリー精神が毎回更新されているので、もっと高いところまで行けたらと思います。

――3周年を迎える結成日の7月28日までまだ少し時間がありますが、この3年間を振り返ってどんな思いがありますか?

黎:この3年は本当に短かったです。バンドは高校生の頃からやっていたんですけど、ここまでしっかりやったバンドは初めてで。急に忙しくなったし、色々考えたりもして、本当に頭が回らないとやっていけないなという感じでした。忙しいけど楽しい3年でしたね。

TaJI:とても早く感じましたけど、思うがままに突き進んだ3年間でした。1年目は経験もなくて、どうバンドを進めて行ったらいいかもわからないままで。うちは元々、僕と黎と飴の3人で2015年の5月13日に最初のライブをやって、2ヵ月後の7月28日に渚が加入して、そこから本始動という形でスタートしたんですけど、渚が加入した後にやった東京でのライブが、人生初めての大阪以外でのライブだったんです。本当にゼロから始まった3年間で、続けていると伸び悩んでいると感じたりもするんですけど、“3年間”という目で振り返ると、結構成長していたんだなと感じますね。

渚:こうやってバンドを本気でしっかりやってみて、色々経験できたし、いろんなことにも慣れてきたかなと思います。普通に学校を卒業して、サラリーマンをしていたら経験できないような…例えば取材してもらって雑誌に載ったり、ツアーで行ったことのない土地に行ったり…そういういろんな経験ができて、充実した、よき毎日を過ごせている感じです。いろんなことにちょっとずつ慣れてきたので、この経験値を生かして、4年目にドンと行きたいですね。

飴:始動したときは右も左もわからず、わからないなりに我武者羅にやっていたんですけど、1周年で大阪MUSEワンマンライブを打って。それも正直、結構無理矢理ぶっこんだんですけど、成功して。そこからの勢いでずっとやっているという部分はあるかもしれないです。1年目があったからこそ、これからも頑張っていけるという気がします。

――1年目の影響は大きかったんですね。

飴:そうですね。最初の1年は長かったですし、その1年我武者羅にやった勢いが、意識していなくても今も残っている感じです。

◆3周年ワンマンは、光で次の方向性を照らせるライブに(飴)

――あの日の黎さんのMCでも、「半年後に3周年ワンマンを迎える」という話がありましたが、いよいよあと2ヵ月ですね。

TaJI:そうか、もう5月だ…。2ヵ月前って知りたくなかったし、もう2018年は4ヵ月も経っているなんて、早すぎる!

飴:そもそも、僕はまだ2016年の気持ちだからね(笑)。

渚:怖い(笑)!

黎:時の流れというのは残酷なものですね…本当に早いです。でも僕らは毎回こんな感じで、「あと〇ヵ月しかない!」って焦るんですよ。

TaJI:だけど、やっぱり節目節目にワンマンがあるからこそ、モチベーションになっている部分はありますね。この日までにめちゃめちゃカッコよくなっておこうという目標の一つになるので。

――黎さんは、ライブ前は眠れないそうですね。

黎:全然眠れないんですよ。どうにかしてほしいです。僕は本当に行事ごとに弱くて、体育祭でも寝られなかったし。

――渚さんは眠れるタイプのような気がします。

渚:全然寝ます(笑)!

黎:この人はどこでも寝ますよ。芝生の上で寝るぐらいですから(笑)。

TaJI:「俺は別に地面でもいい」って、いつも言ってますからね(笑)。

――地球が俺のベッド、なんですね。

渚:スケールのデカい男なので(笑)。

――ということで、7月21日に初の東京でのワンマンライブが行われますが、会場が鹿鳴館というのは渋いですね。

黎:なかなか渋いチョイスだと思います(笑)。ファンの中には、そこを喜んでくれる方もいたりするんですよ。

TaJI:このインタビューの冒頭でも話したんですけど、古いと思われたくなくて。ファンの皆さんにも前向きに捉えていただけて、めっちゃ嬉しかったです。

――XやLUNA SEAもやっていた歴史あるライブハウスですから、そこで観るRides In ReVellionが待ち遠しいです。大阪公演が開催される阿倍野ロックタウンは、過去最大キャパになるんですか?

黎:そうだと思っていたんですけど、実は大阪MUSEのほうがデカいらしいんです。ただ、気持ち的には阿倍野ロックタウンのほうがデカいですし、敷居が高いというイメージですね。

TaJI:何しろ天井が高いので、自ずと最大キャパ感が出ます。

――どんなライブにするか具体案は出ているんですか?

TaJI:僕たちは割と行き当たりばったりと言うか、日が近づいてきたときに感じたことを形にすると言うか。

黎:前から詰めて考えちゃうと、後からこうしたいと思っても、凝り固まっちゃって自由にできないということがあると思うんです。だから最近は、ライブが近づいた頃に考え始めて、今の感情をライブにぶつける感じです。

TaJI:12月のワンマンライブも、直前までセットリストが決まってなかったですからね。セットリストは、スタジオで4人が向かい合って座りながら…

飴:「そろそろ考えるか…」って(笑)。

TaJI:「ドラムソロは今回挟む…?」「どうしよう~…」って、そんな感じです(笑)。

黎:そのときの気持ちでやりたいことをやろうということで、捻り出している感じですね。

飴:実は一つやりたいことがあるんだよね。まだ言わないけど。

黎:気になるわー。

飴:東京か大阪のどちらかで、*****で*****をやりたい。でもこれは検討中なので、まだ内緒です(笑)。

――飴さんの目論見、ぜひ実現していただきたいです。ところで、ワンマンライブのタイトルが、2周年は「浮かぶ夕陽」、12月は「TWILIGHT-薄明の空へ-」でしたね。

黎:去年の10月に出したミニアルバム『THE LIGHT』は、朝焼けと夕焼けに分けたくて、2タイプになっているんです。それに伴って8月の2Daysワンマンでは、夜と夕方をイメージしたライブをやって。このシリーズは、12月のワンマン「TWILIGHT-薄明の空へ-」で一旦完結というイメージです。

――では、次の「HORIZON」で新章に入るんですね。

黎:僕の中ではそんなイメージです。今回初めて東京でワンマンをすることになって、今まで東京はすごく遠い場所だったんですけど、それが地平線を超えて僕たちの音楽が届いて、ワンマンもできるようになったんだぞ、ということを伝えたくてこのタイトルにしました。

――地平線を超えて「東のエデン」に辿り着くんですね。ではこのワンマンライブ、そしてその先に何を見据えているのかを教えてください。

黎:やっぱり初の東京ワンマンというのは一番デカいです。初めて観てくれるお客さんもいると思うんですけど、東京に「オリャッ!」と傷跡を残したいです。そして大阪でも「オリャッ!」とやって(笑)。ライブではいつも素敵な景色を見たいと思うし、大阪はもちろん見せてくれるとは思っているんですけど、東京は本当に未知数なんです。でも、きっと素敵な景色が見られるんじゃないかなと思うし、それが見えたら僕は満足です。その後のことはそれから考えます(笑)。

TaJI:7月21日の東京ワンマンは、Rides In ReVellionとしても、人生でも、初めての東京でのワンマンライブなので、とても大切な思い出にしたいと思っているんです。初めての思い出を、観に来てくれた方と一緒に良いものにしたいですね。そして大阪公演では、渚が波瀾万丈ありながら加入して、もう3年も経つということで。3年間のこの道のりは、遠回りしたのか、近道だったのかもわからないですけど、歩んできた道は正しかったということを再確認して、次の目標に進んでいきたいと思えるようなライブにしたいです。

渚:もちろん普段のライブも大事ですけど、僕たちが結成して3周年記念ライブということで、大切な一日一日にしたいと思っています。周年ライブはメンバーの気合も違うし、その日に来てくれたみんなにも良いと思ってもらえるような、最高の思い出になる日にしたいです。そうなるように僕たちも頑張ります。

飴:3周年はやっぱり楽しくいきたいので。ファンのみんなも僕たちも楽しみつつ、12月にやったワンマンのように、光で次の方向性を照らせるライブにできたらなと思います!

(文・後藤るつ子)

ARTIST PROFILE

Rides In ReVellion

<プロフィール>

黎(Vo)、TaJI(G)、渚(B)、飴(Dr)の4人からなるロックバンド。2015年に結成、始動し、同年8月に1stシングル『-CHAIN-』、翌2016年1月に2ndシングル『Eternal~渇望の空~』をリリース。7月には1周年記念 1st ONEMAN LIVE「Another…」をOSAKA MUSEにて行う。精力的に活動を続け、2017年8月には2周年記念 2days ONEMAN LIVE 『THE LIGHT』を梅田Zeelaで開催。10月にミニアルバム『THE LIGHT』をリリースし、12月にOSAKA MUSE で開催されたワンマンライブ「TWILIGHT-薄明の空へ-」を成功させ、2018年4月にDVD+LIVE CDとしてリリースした。7月には3周年記念ワンマンライブの開催が決定している。

■オフィシャルサイト
https://rides-in-revellion.com/

【リリース情報】

Rides In ReVellion ONEMAN LIVE「TWILIGHT-薄明の空へ-」 2017.12.3OSAKA MUSE
2018年4月4日(水)発売
(発売元:PLUG RECORDS Brilliant / Sirene Co.)

Rides In ReVellion ONEMAN LIVE「TWILIGHT-薄明の空へ-」 2017.12.3OSAKA MUSE
PRBC-206
¥3,780(Tax in)
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

[DISC 1](DVD)
01. Outbreak(SE)
02. NEVER VANISHING BULLET HOLE
03. -273.15°C
04. JIHAD
05. CHAIN
06. 紫煙
07. Sense
08. RAIN
09. Drum Solo~Guitar&Bass Solo
10. アムネシア
11. F.A.T.E.
12. Close.
13. Eternal~渇望の空~
14. MIRAGE
15. Rosé
16. Seirios
17. Daydream
18. カレタソレイユ
19. BLAZING HEART
20. Twilight(SE)

[DISC 2](LIVE CD)
01. NEVER VANISHING BULLET HOLE
02. -273.15°C
03. CHAIN
04. 紫煙
05. Sense
06. アムネシア
07. Eternal~渇望の空~
08. MIRAGE
09. Rosé
10. Seirios
11. カレタソレイユ
12. BLAZING HEART

【ライブ情報】

●Rides In ReVellion 3周年記念ONEMAN LIVE 2018
7月21日(土)目黒鹿鳴館「BEYOND THE -HORIZON- 東のエデン」
7月28日(土)阿倍野ロックタウン「BEYOND THE -HORIZON- 西のシャングリラ」

DaizyStripper vs FEST VAINQUEUR ツーマンライブ「兄弟喧嘩2018」~The FINAL~
7月15日(日)梅田CLUB QUATTRO
7月16日(月・祝)名古屋CLUB QUATTRO
7月22日(日)渋谷CLUB QUATTRO

【出演】DaizyStripper/FEST VAINQUEUR
3公演にOA出演

FEST FES~The End or Continue~
8月25日(土) 、26日(日)STUDIO PARTITA