特集-Special Feature-

◆混ざった瞬間にもう1パターンの“wyseの歌”が出来上がる(月森)

月森

――曲によっては完全にツインヴォーカルになるのがwyseならではのスタイルで、魅力の一つでもありますが、改めて月森さんとTAKUMAさんの声はすごく相性が良いなと。

月森:俺が鳴っていないところをTAKUMAが歌ってくれていて、お互い全然違う部分を歌っているので混ざりが良いのかなと思うんですけど、昔よりも歌う場所がもっとしっかり分かれていて、楽曲によって各パートを歌っていて形になる時と、混ざった瞬間にもう1パターンの“wyseの歌”が出来上がる感じというのが、実はすごくツインヴォーカルのバンドだなと最近思います。でも、うちはそこをあまり打ち出していないので、なんでやろと思っています(笑)。

MORI:もう一人があまり目立ちたくないから、しょうがない。

月森:あぁ、なるほど(笑)。

――月森さんが思うTAKUMAさんの歌の魅力はどんなところですか?

月森:俺、なかなか若めの声をしているので、激しい曲でも優しい曲でも、ちょっとテンションが高めの人の歌になるんですよね。そこにTAKUMAの落ち着いた声が混ざると、すごくバランスが良いので、ああいう落ち着いた歌が歌えたらいいなぁと思っています。俺ができないことをやってくれているから、ちょうどいいんですけどね(笑)。

HIRO:月森が何でもかんでも上手いこと表現できるヴォーカリストだったら、TAKUMAは歌ってないってことだよね。でも、それが月森の良さでもあり、TAKUMAがそこを補うというのがwyseの良さでもある。…っていう体ではいかがかと。

全員:体(笑)!

TAKUMA:「体」はいらんやろ(笑)! 歌には人間性が出るものだと思っていて、月森は感情論で生きているんですけど、僕は思考的に生きているので、そもそも人間のタイプ的に違うんですよね。物事の捉え方が違うので、歌の表現、アプローチの仕方も当然違って。昔はそれを整えようとしていたんですけど、最近はあまり方向性を示し合わせないようにしているので、月森は月森の感情論で、僕は僕で彼とは違う論理で歌うと。だからズレが生じるんですけど、絶妙にズレるから、もしかしたらそれがちょうどよく聴こえるのかもしれないですね。昔は綺麗に同じ方向を向いていたから、ある種ぶつかり合っているところもありましたけど、今は寄り添うところは寄り添って、離れるところは離れるというか。歌の間も、決めどころは合わせますけど、それ以外は全然違う間で歌ったりもします。

――なるほど。

TAKUMA:「1/2」はそれをやってみた極端な例ですね。あのストーリーの中では二人の人間が必要だから、Aの人とBの人が分かれて歌っていて、両極の話を歌えればというのがテーマではあったんですけど、月森が歌う人と僕が歌う人では声色も表情も気持ちも違って、上手くズレていることの良さがそこで出ているのかなと思います。

――「1/2」は他の楽曲と毛色が違って、懐かしさのある雰囲気ですね。

TAKUMA:80年代~90年代前半くらいの感じが原曲で、それをあえて今風にするとかは考えずに作りました。サビのメロディがすごく良いと思っていて、転調させてああいう風になっていますけど、試み的には飛び道具にもなるような1曲かもしれないですね。今までミドルでいわゆる“良い曲”を作る時って、こういうアプローチはしなかったと思います。二人で分けて歌っている時点で、「良い曲でしょ?」の方向じゃなく作っているというか。

――その他に完全ツインヴォーカルの新曲は「Rollin’ Rollin’」がありますが、これはMORIさんの作詞作曲ですね。

MORI:すごくライブの画を想像して作りました。今までwyseをやってきて、求められている僕の役割だったり、なおかつ1枚の作品を構築するために各々が担うべき部分というものを、あえて外す必要はないと思っているし、この1曲がツアーの楽しみの一つになればいいかなと。これだけ二人が半々の分量を歌っている画というのは、お客さんも楽しんでくれるだろうし、エンターテインメントとしてもすごく成立するものじゃないかなと思って。だからと言って、サラッと流す捨て曲みたいになってしまうのも嫌なので、音源で聴いても楽しんでもらえるものにしなきゃなと思って作りましたね。

――レコーディングでは作曲者がディレクションするんですか?

MORI:僕は歌録りには行かないです。自分の思考だけで終わらせるんだったらwyseじゃなくてもという話になってくるので。ある程度信じているという前提で、自分のやりたいことをやってくださいという感じですね。

月森:基本、歌録りは二人しかいないんです。

TAKUMA:歌ってみてちょっと歌詞を変えたくなる時もあるので、その場で「変えていい?」って連絡しながらやっています。

――HIROさん作詞作曲の「Fake Monster」は今作の中で最もハードなロックナンバーです。メインコンポーザーであるTAKUMAさんが作らなそうな曲を作ろうという意識はありますか?

HIRO:それはありますね。3人がそれぞれ全然違うベクトルの曲を作れるというのもwyseの良さだと思うので、各々の色を出した方がいいかなと。同じような曲を作ろうと思えば作れるんですけど、そんなことをやっても意味がないし、それってバンドじゃないので。ライブを意識したいというのがいつも根本にあって、その中で僕は音楽のルーツ的にハードロックとかが好きなので、そういう路線の曲をやりたくて今回は「Fake Monster」ができました。こういう曲は二人は作らないので、上手く色分けができていると思います。

――wyseはどちらがリードギターという概念がなく、曲毎に違ったり、1曲の中でも入れ替わるということですが、今回どちらが弾くか迷った曲はありますか?

HIRO:今回は全く迷わなかったよね。

MORI:曲内でバッキングとリードが入れ替わることが多いんですけど、基本的にこの曲のギターソロはHIROだよね、これは俺だよねというのは明確に見えています。昔は、お互いが「俺が俺が」となっていて、その役割すらもどちらかに偏っちゃったりもしたんですけど、今は各々のキャラクターが活かせるものがわかっているので、特に話し合うこともなく。出す音も、その音を出すために使う機材も、全然違います。

HIRO:さすがにそういう部分は、キャリアの成せる技なのかなと思いますね。約18年ずっとギターを二人でやっているので、何も言わなくても相手のことが大体わかります。そこは1~2年のバンドよりも、阿吽の呼吸でできますよね。相手が何を弾いてくるか想像が付くし、それに対して自分はこういうアプローチをしようというのは自然の流れですね。

MORI:たまに、色々と考えていったら、TAKUMAに「あ、この曲ソロいらんで」って言われたり(笑)。

TAKUMA:ギタリストはちょっと間があったら、すぐ弾こうとするからな(笑)!

HIRO:それはある(笑)! 最近、彼は若干申し訳なさそうに「これ、ちょっといらんねんやんかぁ」って言ってくるようになったんですよ(笑)。昔は結構強めに「これ、いらんから」だったんですけど。ちょっと相手をリスペクトするようになったのか何なのか。

TAKUMA:もしくは弾くだけ弾かせて、最後に消すっていう。

全員:(爆笑)

HIRO:それ一番ひどいパターンや!

TAKUMA:どれが角が立たないか。いろんなやり方があるんです。どれがベストかわからんけど(笑)。

◆今やれることは全部やっているので、その先を知りたい(HIRO)

HIRO

――今作の歌詞は全体的に未来を感じるものが多いのと、曲順もなるべくしてなった印象を受けます。特に〈未来〉というワードが出てくる「Glorious Story」と「in the Moonlight」が「With…」を挟んでいるという流れが感動的だなと。

TAKUMA:そこは正解したなという感じです。最初も大事だけど、どんな終わり方をするのかというのもやっぱり大事ですよね。「Primal」から「Glorious Story」に行くのも、僕ら的にはすごく思いがあります。「Primal」は僕ら4人のことを歌っている曲で、そこから「Glorious Story」に繋がって、「With…」というもので戻りながら現在の僕らがあって、「in the Moonlight」でこんな時間があるんなら…と、聴いた方たちも同じ気持ちになってくれたらいいなと。「in the Moonlight」は、ライブでファンの方と僕らの気持ちがシンクロすると思うんですよね。この時間が終わらないでほしいというライブに僕らができていれば、すごく合うんじゃないだろうかと。未来の話ですけどね。

――今回の制作において、新たなチャレンジはありましたか?

TAKUMA:実質3~4ヵ月で作ったので、僕らの過去の経験がなかったら多分このアルバムはできてなかったと思います。何でもいいんだったら作れますけど、僕らはそんなものを作るタイミングや状況じゃない。だから、新しいことをしたというよりは、これまで僕らがやってきたことを確実に一つひとつ丁寧にやったというのが大きいかもしれないですね。あとは、「Open Your Eye’s」のBメロでゲストヴォーカルを入れているかのような低音の声が入っていて、あれは第三者がいるストーリーだからそうしているんですけど、ああいうアプローチは初めてですね。音源は僕なんですけど、ライブではHIROがやります。

HIRO:え!?

TAKUMA:「え!?」じゃないよ。そこはお前がギターを持たずにマイクに向かう画を想定しているから。

HIRO:マジか…。前にテレビ番組の収録でこの話になってTAKUMAが急にムチャ振りしてきて、僕はその場だけの冗談だと思っていたんですけど…どうやら本気だったみたいです(笑)。

TAKUMA:英詞の言葉の意味も大事で、そこはHIROが言ってくれてサビに行くというところに良さがあります。「もうお前わかってるやろ、気づいているやろ、それに従って行け! 行くなら今や!」ということを言っているわけです。

HIRO:…(※月森に)歌詞教えてもらっていい(笑)?

月森:まずそこからね(笑)。

――全国ツアーが間もなく始まりますね。

HIRO:この歌詞を覚えることを前提に頑張っていきたいです(笑)。wyseとしてツアーを回るのが解散の時以来13年ぶりなので、待たせてごめんねという気持ちもあります。アルバムで作った流れがあって、それを持って、その先に何が見えるかということにスポットを置いてツアーを回っていきたいなと思います。今やれることは全部やっているので、その先を知りたい自分がいて。回ってみてのお楽しみですね。

MORI:メジャーデビューアルバムというニュースがいろんな人に届いて「wyseって再結成してたんだね」という声を結構聞くんです。まず僕らが各地に行って、触れてもらって、またwyseを観に行きたいなと思ってもらえるきっかけにもなるでしょうし、今まで見てくれていた人も昔とは環境が変わってきていると思うので、これからまたワクワクできる瞬間にできたらいいですね。初めての人たちはここからがスタートなので、良い意味で今世の中の王道とされるものとは違うベクトルで魅せられたらいいなと思うし、その人の聴いているものの中で、どこにも属さず楽しんでもらえる1バンドでいたいので、それがきちんと形にできれば、未来で僕らが何をやるべきかというのが見えてくるかなと。そういうものを探しながら1本1本ストーリーを作っていって、ファイナルのReNYに繋げられればなと思います。解散ぶりのツアーなので、個人的にも楽しみです。美味しいお酒を飲んできます。

月森:13年ぶりだったりメジャーデビューが重なったり、考えることがあまりにも多くて…。当然楽しみなんですけど、色々と考えすぎて、どうなるんだろうっていう不安みたいなものもありつつ。でも、そういうことは一旦忘れて、今のwyseの歌が本気で歌えて、届けられればと。それが一番やらなきゃいけないことだし、皆が求めてくれていることだと信じて、本気で歌いに行こうと今やっと落ち着いたくらいです。あまり考え過ぎずに歌います。

TAKUMA:2月に180度世界を変えて、今日までの約半年間を僕らなりに全力で走ってきた結果が今にあると思うんです。アルバムが形になるのもあの時から見ていた目標の一つで、それがようやく到達点にいくというのがまず大きいです。ツアーもこの流れの中にあるものなので、ようやく始まるという感覚もあるし、これをやるために僕らはこの状況を選びました。2月からの一連の流れが全て。このツアーを僕らがどれだけの形にするかに問われていると思うんですよね。一つの物語の完結として、あの時どういう未来を描きたかったのかというのが伝えられると思うので、ファンの人たちはもちろん、たまたまこれを読んでくれた人、昔知っていた人、初めての人も、観に来てもらえたら嬉しいです。ものすごく大きな波を起こして、その道を現在進んでいて、良いエンディングにするために僕らも頑張っているので、それを一緒に作れたら嬉しいです。

(文・金多賀歩美)

ARTIST PROFILE

wyse

<プロフィール>

月森(Vo)、HIRO(G)、MORI(G)、TAKUMA(Vo&B)によるロックバンド。1999年2月14日結成。2001年12月、1stアルバム『the Answer in the Answers』でメジャーデビューし、精力的に活動を展開するも、2005年2月13日、渋谷公会堂公演をもって解散。6年間の沈黙の後、2011年2月14日に再結成を発表した。その後6年間活動を続け、2017年2月12日に開催されたワンマンライブにて事務所からの独立を発表。8月23日リリースのニューアルバム『Breathe』で約16年ぶりのメジャーデビューを果たし、8月27日HEVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3を皮切りに、再始動後初、解散以来約13年ぶりとなる全国ツアーを開催する。

■オフィシャルサイト
http://wyse-official.com/

【リリース情報】

Breathe
2017年8月23日(水)発売
(コロムビア・マーケティング)

Breathe
QAFJ-10002 
¥3,240(tax in)
amazon.co.jpで買う

【収録曲】

01. Open Your Eye’s
02. Vanilla Sky
03. Heart
04. 1/2
05. RinNe
06. Fake Monster
07. Rollin’ Rollin’
08. Primal
09. Glorious Story
10. With…
11. in the Moonlight

【ライブ情報】

●wyse Live Tour 2017 Breathe
8月27日(日)HEVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
9月17日(日)福岡 DRUM SON
9月18日(月・祝)HIROSHIMA 4.14
9月24日(日)名古屋 SPADE BOX
10月6日(金)大阪 RUIDO
10月8日(日)新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
11月11日(土)仙台 HOOK
11月23日(木・祝)札幌 COLONY
11月24日(金)札幌 COLONY
Tour Final
12月10日(日) 新宿 ReNY

●wyse×A9初の2マンイベント「Another Dimension」
9月30日(土)TSUTAYA O-WEST

●「Crazy Monsters」~HALLOWEEN PARTY 2017 IN TOKYO~
10月28日(土)新宿ReNY
出演:Crack6、ALvino、THE MICRO HEAD 4N’S、C4、S.Q.F、defspiral、wyse、矢田耕平(司会)、スペシャルゲストあり