特集-Special Feature-

◆俺、ゾジオ監督が好きなんだよね(RUKA)

RUKA

――「empty.」のMVはRUKAさん的にはどんなイメージだったんですか?

RUKA:あれは完全にお任せしたんです。「落園」に関してはイメージがあったんですけど、「empty.」は監督が「これでどう思いますか?」って言ってくれたので、どうなるか見てみたくて。

――出来上がったものにも何も注文はなく?

RUKA:うん。自分でやっていたら絶対ああいう作品にはならなかったと思うから面白いなーと。

――そのせいかこれまでにないテイストで新鮮でした。そしてあのフードは「ドラスティカ」を思い起こさせますね。

RUKA:あ、それを使ったんです。服はあれを使わせてくださいって言って。外の浜辺で撮るって聞いていたから、5人のフードがそこで風になびいていたらカッコいいなと思って。ああいうところだと映えますね。

――映像の雰囲気ともすごく合っていました。そしてこの作品もYOMIさんの主役感がありましたね。

YOMI:頑張った甲斐がありました。

RUKA:今回主役だったから、次は掃除のおじさんの役とかじゃないの?

YOMI:脇役でね。掃除しながらちゃんと歌ってるっていう。

柩:後ろの方でね。

Ni~ya:エキストラ主役か(笑)。

RUKA:あー、あのさ、突然だけど俺、ゾジオ監督が好きなんだよね。

柩:「邂逅カタルシス」のMVか。面白かったよね。

――子役がメンバーに扮して、メンバーが撮影クルーという設定のMVですね。

RUKA:そうそう。その中でゾジオ監督が怒るんですけど、よくわかんない怒り方をしてて。メガホンを目に当てて怒ったりしてるんだけど、何を表現してたのかわからない(笑)。俺、結構あのMVを見るんですよ。あの監督が見たくて。

Ni~ya:わかる。俺も見る。

RUKA:しかも、怒られてるのが咲人なんですけど、今の構図をひっくり返しているような感じで面白くて。

咲人:俺も面白くてへコヘコしてたからね(笑)。

◆もしかするとこのテーマが現時点で一番書きたかったことなのかもしれない(咲人)

咲人

――そんな「empty.」の聴きどころは?

Ni~ya:曲調的に歌ものだからゾジーだよね。俺、この曲はすごくライブ映えすると思うんだよな。ゾジーが感情移入しやすい曲だと思うし、そこからの面白いMCっていう温度差が今から楽しみ。

RUKA:俺はこの曲は何気に難しかったな。ああいうミディアムテンポの少し早いみたいなのがちょっと苦手で。

――「極上脳震煉獄・弌式」のようなドSな咲人さん曲よりも?

RUKA:早いのは早いで、難しいっていうよりきつい感じがするんですけど、難しさはミディアムテンポですね。少し走っちゃいがちで、何度やっても慣れない。

柩:俺は這うような感じで良いかなと。ギャンギャン言わさないっていうイメージでしたね。

――柩さんはアップテンポの華やかな曲が得意なイメージがあるんですが。

柩:そういうのも好きですけど、ミディアムテンポも好きですね。

――そして咲人さんはミディアムテンポの曲が得意なイメージがあります。

咲人:確かに、ライブで動いて見せるようなアップテンポの曲よりは、やっていて素の自分でいられる感じがしますね。この曲もデモの段階ではアルペジオで始まっていたんですけど、独断でリバースの白玉にさせてもらいました。あと、ソロを手癖で弾きまくりました。一弦に行く時にこう動いちゃうとか、手癖は誰にでも絶対あるんですけど、その癖に任せて弾いてます。あえてというより、手癖が出て来ちゃった感じですね。

YOMI:俺はこの曲は中に入りやすかったです。雰囲気が作りやすい曲なので。あとは走らないように気を付けた感じですね。

――走りますか?

YOMI:基本走ります。

咲人:うん。ゾジーはすごく走る。

YOMI:最近は気を付けているんですけど、苦しいと早くブレスしたくて先に行っちゃいたいんですよね。これはミドルテンポに限らずアップテンポでもそうなんですけどね。あと、「Gotta Get a Ghost」の最初の英語の部分も挑戦してみたけど、やっぱり難しかったな。

咲人:ここは俺が家で歌を録って、ちょっと加工しました。

YOMI:最後のタイトルのところだけみんなで言ってるけど、そこがやっぱり一番難しかったね。

――「Gotta Get a Ghost」は咲人さんらしさが散りばめられている気がします。黒鍵を使って降りてくる感じとか。

咲人:そこはソフトウェア上でやりました。俺的には「empty.」みたいな曲の方がまともな精神状態で作れるんですよ。でも日々たまっていくものが色々あってそれを形にするとこうなっちゃう。

RUKA:俺はこの曲みたいなリズムは気持ちいいですね。イントロとか、チャッチャッチャって決まっているギターが俺は作れないので新鮮です。

――こういうのはRUKAさんからは出てこないものなんですね。

RUKA:出てこないですね。どうやって作ったらいいかわからない。

Ni~ya:俺もこういう四つ打ち系の曲は割と好きですね。楽しいし、ライブでも映えそうな曲だし。でも多分俺、頭の英語のとこ噛むわ。レコーディングでも噛んだもん。

全員:(笑)

――ちなみに柩さんは今回の3曲で自分の色が出しやすい曲はどれですか?

柩:「Gotta Get a Ghost」はユニゾンだから、色で行ったら前の2曲の方が出しやすいかもしれないな。ユニゾンは元々咲人のデモに入っていたんですよ。

咲人:昔は何が何でもギター二人でそれぞれやることを変えなきゃと思ってたんですけど、最近は無理に変えなくてもいいなと思うようになって、ユニゾン曲もちょいちょい増えている気がします。昔のXの曲を聴いていたりすると、二人でずっと同じフレーズを刻んでいたりして、こっちの方がまとまりが出るなと思ったり。

柩:聴かせたいのがこれなんだなってわかりやすいよね。

――なるほど。ところで、この曲はどういう意図でこういう歌詞になったんですか? 何の比喩なのか気になります。

咲人:佐村河内さん的な感じかな。あくまで、それ的な、という話です。あ、別にゴーストのゴーはサムラゴウチのゴウじゃないですよ?

――!

咲人:(笑)。でも内容どうこうは置いておいて、この曲を作ったら皮肉を吐くことに疲れちゃって。今後どうなるかはわかりませんけど、そういう意味での皮肉りとかネガティブを吐き出すのは、ここで一旦打ち止めにしようかなと思っています。これからはもうちょっと歌詞とかの方向性を変えていこうかなと。

――ということは、これからはピュアな感じの歌詞になったり…

咲人:いやー、それはわからないですけどね(笑)。でも表現方法として。一旦自分の中で区切りになりました。もしかするとこのテーマが現時点では一番書きたかったことなのかもしれないな。あと、俺、佐村河内さんは嫌いじゃないです(笑)。

――(笑)。それにしても、今回も良いバランスの3曲が収録されていますね。

咲人:そうですね。方向性はそれぞれ違うということで。

――さて、10月28日には中野サンプラザで「Fall of Eden」が行われますが、どんなライブになりそうでしょう?

柩:多分、『落園』の3曲はこの日初めて聴かせることになると思います。

RUKA:ホールも久々だしね。

Ni~ya:そういえば今年初だ。

柩:もしかして「NAMELESS」(2014年11月29日に行われたNIGHTMARE TOUR 2014「NAMELESS」@中野サンプラザ)以来?

Ni~ya:今年は『CARPE DIEM』のツアーも全部ライブハウスだったし、小さい会場ばっかりだったからな。

咲人:個人的には東北を回ったり、ライブハウスだったりが多かったので、変に見せようっていうよりライブを楽しんでいる感じでいいかなと思います。

柩:そういえばその頃ってハロウィンだよね。もしかするとゾジーさんが何かやっちゃうかもしれないね。

Ni~ya:じゃあ銀テープじゃなくて飴でも飛ばすか!

――楽しみです(笑)。ではRUKAさん、最後に何か言っておくことはありますか。

RUKA:うん、特にないですね! いつもないですけど(笑)。

(文・後藤るつ子)

ARTIST PROFILE

NIGHTMARE

<プロフィール>

YOMI(Vo)、柩(G)、咲人(G)、Ni~ya(B)、RUKA(Dr)によって2000年に結成。2003年にメジャーデビュー。2011年、avexに移籍し、2014年3月、ニューアルバム『TO BE OR NOT TO BE』を、6月には映画『奴隷区 俺と23人の奴隷』の主題歌となるシングル『TABOO』をリリース。2015年には結成15周年アニバーサリーイヤーを迎え、アルバム『CARPE DIEM』をリリースした。12月9日仙台・イズミティ21大ホールを皮切りに「NIGHTMARE 15th Anniversary Tour」をスタートさせる。


■オフィシャルサイト
http://www.nightmare-web.com/


【リリース情報】

『落園』
2015年10月28日(水)発売
(HPQ)
結成15周年イヤーを迎えたNIGHTMAREのアニバーサリー・シングル第2弾。

落園
A type
(CD+DVD)
YICQ-10359/B
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
落園
B type
(CD+DVD)
YICQ-10360/B
¥1,800+税
amazon.co.jpで買う
落園
C type
(CD ONLY)
YICQ-10361
¥1,200+税
amazon.co.jpで買う


【収録曲】
[CD]
01. 落園
02. empty.
03. empty. ※C typeのみ収録

[DVD](A type)
「落園」Music Clip

[DVD](B type)
「empty.」Music Clip



【リリース情報】

『NIGHTMARE 15th Anniversary Tour CARPE DIEMeme TOUR FINAL @ 豊洲PIT』
2015年10月28日発売
(HPQ)

NIGHTMARE 15th Anniversary Tour CARPE DIEMeme TOUR FINAL @ 豊洲PIT
【Blu-ray only】
YIBQ-10365
¥6,500+税
amazon.co.jpで買う
NIGHTMARE 15th Anniversary Tour CARPE DIEMeme TOUR FINAL @ 豊洲PIT
【DVD only】
YIBQ-10363
¥5,500+税
amazon.co.jpで買う

【ライブ情報】
Fall of Eden
10月28日(水) 中野サンプラザ

NIGHTMARE 15th Anniversary Tour
12月9日(水)仙台・イズミティ21大ホール
12月11日(金)愛知・愛知県芸術劇場大ホール
12月15日(火)神奈川・クラブチッタ川崎
12月17日(木)大阪・NHK大阪ホール
12月19日(土)福岡・DRUM LOGOS
12月21日(月)広島・CLUB QUATTRO
12月23日(水)京都・KBSホール
12月30日(水)東京・国立代々木競技場第二体育館