インタビュー

SCREW

聴き手の心を掴んで離さない多彩な楽曲と奥深い歌詞が織りなす、SCREWのメジャー2ndアルバム『PSYCHO MONSTERS』が遂に完成!

SCREWのメジャー2ndアルバム、その名も『PSYCHO MONSTERS』が遂に世に放たれる。心の奥深くからのメッセージを吐き出したという今回の作品は、曲を追うごとに、聴き手に新たな驚きをもたらし、1stアルバム『SCREW』とはまた異なる彼らの魅力と、バンドの着実なステップアップを感じさせてくれる。このアルバムを手に大きな一歩を踏み出す5人に、作品の魅力を語ってもらった。

◆自分の引き出しにあるものを一旦全部出し切れた(ルイ)

――メジャー2ndアルバムが完成した今の率直な感想を教えてください。

ジン:今回、僕の中での一つのテーマが「感情」で、人の感情が伝わればいいなという思いがあったんです。それが上手く反映されて、いろんな表情が出たアルバムになりました。

――今回の収録曲は、精神面に関連したタイトルが多いですが、内面にスポットを当てたアルバムと言って良いのでしょうか。

鋲:おっしゃる通りです。アルバムタイトルの「MONSTER」というのは心理的なものなので、自然とそういう歌詞になりました。このタイトルがそうさせてくれたんだと思うんですけど、今まで以上にカッコつけず、心の本当に深いところを吐き出せた感がありますね。

<

――このタイトルはいつ頃決まったんでしょう?

鋲:かなり早い段階から決まっていました。

ジン:デモを作っている途中でタイトルがあがってきたんです。元々僕らの作る曲は、メンバーそれぞれ色は違っても、いつも軸が同じ方向を向いているんですよ。『PSYCHO MONSTERS』は鋲が考えたタイトルではあるんですけど、今までのSCREWから全然逸れていなくて、何にでも当てはまるなと思います。

――今回のアルバムには、先にリリースされた「CAVALCADE」と「FUGLY」という個性が強いシングル曲も見事に収まっていますね。

ジン:選曲会の段階での合う合わないという判断もあるとは思うんですけど、曲の並びによる部分も大きいかもしれませんね。和己を筆頭に曲順を考えたんですけど、スッと入る聴きやすさというのが魅力なんだと思います。

和己:3タイプ(初回限定盤A・B、通常盤)あるので、曲順は足し算と引き算でした。でも、どのタイプを聴いても「SCREWの『PSYCHO MONSTERS』」ということが変わらないように考えましたね。

――SCREWにとって、シングルとアルバムはどういう位置づけですか?

ジン:僕らに限ったことではないと思うんですけど、アルバムは、より表現がしやすくて、「これぞSCREW!」という僕らの中身を知ってもらえるもの、シングルは、バンドとしての進化を見せられる位置づけなのかなと思います。

――前回のアルバム『SCREW』では、ジンさんが「バンド結成時からやりたかったことができた」と言っていましたが、今回のアルバムの手応えはいかがでしたか?

ジン:前のアルバムでできたことの延長なんですけど、リード曲の「SPIRAL OF MISTRUST」の切ないメロディに激しいバックは、僕の元からあった制作スタイルなので、原点に戻ったところはありますね。でも、スタイルは確立できても、作りやすくなるということはないんですよ。風景を見ていて曲が舞い降りることもあるんですけど、突き詰めていくと行き詰まる部分もあって。生み出すにあたって同じものは作りたくないですからね。

ルイ:俺は、今までは曲を作る上で何かアイディアが浮かんだら、まずはバンドに合うのか合わないのか、というところから入っていたんです。だから浮かんだものに対して、「これは違うかな」とそこで排除したものもあったんですけど、今回はそれをせずに、一回出てきたものを全部素直に形にして、そこからバンドに当てはまるものに作り替えていきました。その上で、良いのか悪いのかという判断をしたものをメンバーに持っていったんです。アレンジもフル尺を作ってアレンジしたり。そういう作業も含めて、今回、曲を作る一人の人間として、自分の引き出しにあるものを一旦全部出し切れたかなと思います。いろんな部分で後悔がないし、手応えも感じたし。『FUGLY』を作った時に、どんな曲をやっても4人が演奏して鋲ちゃんの歌がのっていれば、それがSCREWとして成り立つと思ったんですけど、それがきっかけで曲の作り方もちょっと変わったのかなと思いますね。

◆いろんな曲が集まってわかりやすく幅が広がった(和己)

――マナブさんはいかがでしたか?

マナブ:『PSYCHO MONSTERS』は、前作の『SCREW』と比べるとすごく幅が広いアルバムというか、いろんな手触りがある印象です。SCREWは、こういう幅広い楽曲が自然とできるバンドだと思うんですよね。1年前に作った『SCREW』は、どちらかというと偏った作品じゃないかと思っているんですけど、今回は特に幅が広がったなと。ルイ君が入って初めて作ったアルバム『DUALITY』(2010年11月リリース)みたいに、いろんな方向の曲が集まった、広がりのある作品だと思います。

――広がりのあるアルバムということで、ギターで意識をした部分はありますか?

和己:今回、曲によりますけど、どんどん足していった曲が多いんですよ。ないところにソロを入れたり、機材を足したり。逆に「SPIRAL OF MISTRUST」はジンのフレーズをそのまま弾いていたりします。リードとなる部分を変えてしまうと曲全体が変わってしまうので、そこはほぼそのままにして。あと、俺は今回マナブの分のギターも弾いたんですよ。ベーシックで弾いているものを、ピッキングのニュアンスの関係で。なので、時間は相当なかったですね。いつも大変なんですけど、今回それが単純に2倍で…死にました(笑)。

――今回もギターのレコーディングは大変だったんですね(笑)。でも、「mellow」のギターがとても美しくて新鮮でした。

マナブ:これまでにない感じですよね。SCREWのギターは大概が歪んでいるんですけど、この曲はそうじゃないので。

――ドラム録りはいかがでしたか?

ジン:いつもレコーディングの時はドラムテックさんをつけてもらっていたんですけど、今回はセルフチューニングでやったんです。初めてではなかったんですけど、試行錯誤しましたね。でも、大変だったというより、成長できたかなと思います。音色を考える部分で、より自分がやりたいことが再現できて、勉強になりました。

――ところで今回、ジャズや、琴の音が入っていたり、細かく聴き込むと驚かされる仕掛けがたくさんありますね。

和己:ジャズはジャズバンドの方にやっていただいて、琴も生で弾いてもらったんです。

ルイ:元はどっちも打ち込みだったんですけど、専門の方にお願いして。実は琴は元Kaggra,の真さんに弾いてもらいました。

和己:鍵盤とはやっぱり全然違って、すごかったね。

ルイ:特にジャズバンドがすごかった。

和己:「これがプロだ!」と思いましたから。

ルイ:管楽器が2人、ドラム、ベース、ピアノで5人編成だったんですけど、原曲で俺が作ったものも、ちょっと聴いていただいていてはいるんですが、完成した音はそれどころじゃないことになってました(笑)。僕が作ったのは素人耳のジャズの打ち込みなんですけど、慣れているプロの方がやると全然ものが違っていて。

和己:結構アドリブでやってもらった感じだよね。

ルイ:うん。最初はプロの方にお願いできることになるなんて思ってもいなくて、ジャズにしろ琴にしろ、原曲の打ち込みで作って、本番までにアレンジ考えようと思っていたので。それがどんどん広がっていって、いろんな方に協力していただけて、それで大分雰囲気が広がったと思います。すごく助けていただきました。

和己:『PSYCHO MONSTERS』は、本当にいろんな曲が集まってわかりやすく幅が広がったなと思います。マナブがさっき言っていた「アルバム『SCREW』が偏っている」って言葉は、俺はちょっと違うと思っているんです。あの作品はその時にSCREWの芯となるものを突き詰めた結果だったと思うし、今回はわかりやすく楽曲を広げただけだと思うので。でも、すごく聴き応えがあるし、ボリューミーだと思います。

◆これまでの歌詞の中で一番伝わると思っている(鋲)

――冒頭で鋲さんが、「心の本当に深いところを吐き出せた」と言っていましたが、作詞中はいかがでしたか?

鋲:自分の中に明確なヴィジョンがあったからこそ大変だった面もありました。自分を分析した時に、心の奥底にある苦しみだったり、矛盾だったり、孤独感だったり、このやりきれない思いは何なんだろう、これってもしかして『PSYCHO MONSTERS』じゃね?って思ったんです。

――…じゃね?、と(笑)。

鋲:そう(笑)。なので精神が崩壊していく原因を突き詰めることができたんですけど、苦しい作業ですよね。ただ、運が良かったのか悪かったのかわかりませんけど、制作時期に心にダメージを受ける出来事があったんです。俺は性格的に嘘が書けないので、今思えば、そのことにすごく助けられたなと。良いタイミングでやってきた絶望を噛み砕き、その中でいかに希望を見つけて生きていくかということをテーマに書けたので。

――今回の歌詞もとってもリアルなんですね。

鋲:これまでの歌詞の中で一番伝わると思っているし、どんどん自分の感情をカッコつけず吐き出していきたいなとも思っています。

――鋲さんはネタ帳なしでその都度、歌詞を書くんですよね。

鋲:そうです。今思っていることを書いた方が、やりがいがありますから。それに、昔のことを思い出して書いても美化されているし、今現在の痛みを吐き出したほうが伝わるんじゃないかと。そういう感情を溜めこんでしまう人間なので、吐き出せる場所があるだけ幸せかなと思います。

――そんな思いのこもった歌詞を歌ってみていかがでしたか?

鋲:歌入れは今回も八方塞がりな感じでしたね。だからこそ良かったのかなと思います。追い詰められているとその時も感じていたし、その感情と自分が吐き出したいことが一致している中でレコーディングができたので、今すごくすっきりしています。中途半端な流れでやっていたわけじゃないなと。制作期間はしっかりと『PSYCHO MONSTERS』の世界に入り込めましたから。

◆ライブで曲が変わる様も楽しんでもらうのが、一番良い聴き方(マナブ)

――ご自身の思うこのアルバムの聴きどころはどこでしょうか。

ジン:これまで以上に感情を押し出したアルバムになっていると個人的に思っているので、色々感じてもらいたいなと。この曲たちによって楽曲しかり、歌詞しかり、いつも鋲ちゃんさんが個人個人で意味を捕えてほしいって言っているように、その人なりの重みを感じてほしいですね。

ルイ:鋲ちゃんさん…?

全員:(笑)

ルイ:俺は、この作品で一人のプレイヤーとしても曲を作る立場としても、とにかく今持っているものを全部一回出し切ったので、語弊があるかもしれないですけど、もう何もありません。「もう俺、引き出しないっすよ」ってくらい粘ったので。個人の仕上がりとしてもすごく満足できていますし、このアルバムを家でゆっくり聴いてみても、「出し切ったぞ」という満足感、充実感、達成感があります。自分が制作に入った時に設定していた部分に到達できたし、アルバムを通して飽きずに聴いてもらえるかなと思います。

――確かに、聴いていて全く飽きが来ないアルバムですね。

マナブ:そうですね。聴きどころは全部と言って良いと思うんですけど、やっぱりシングルも含めて尺以上のボリュームを感じてもらえると最高かなと思います。あと、これを聴いたらライブに来てもらいたいですね。SCREWはCDだけで完結していない気がするんですよ。ライブになるといきなりアレンジが変わっていたりしますから(笑)。ライブで曲が変わる様も楽しんでもらうのが、一番良い聴き方かなと思います。

和己:さっき、「聴いていて飽きない」と言ってもらえたのは、まさにそこだと思うんですけど、いろんな表情の曲がシングル含め13曲あるので、僕も今聴いていて飽きないです。ライブが見える曲もあれば、まだこれから作り上げなきゃいけない曲もありますけど、早くワンマンツアーをやりたいなと思っています。

――9月から12月までの3か月間に、『SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD』と『SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD[METEMPSYCHOSIS]』の2本のツアーがありますね。

鋲:一つ目は通常の全国ツアー、二つ目は8周年ということで何かしらの記念行事をやりたいなと思って。二つ目は渋谷で8本のライブをやろうという新しい試みです。楽しみにしていてほしいですね。

◆旧マッスルシアターへと道は繋がっている(ジン)

――ところで、1年前に「この夏はバーベキューをやってフェス感を」と言っていましたが、今夏はいかがでしょうか。

ジン:1年前に「今年はフェス感、来年はマッスル感」て言っていたと思うんです。なので体を鍛えようと思っているんですけど、なかなかできていないんですよね。昨年もダイエットをして体を引き締めるっていうのがサブタイトルとしてあったんですけど…

全員:サブタイトルだったの(笑)?

ジン:そう。今年はマッスル感てことで、体を引き締めたいなっていう思いだけが…

和己:先行してるんだな(笑)。

ルイ:結果が追い付いてないな(笑)。

ジン:…夏が終わるまでには実行できたらなと思います。

和己:じゃあ旧マッスルシアター(現・渋谷AiiA Theater Tokyo。12月28日(日)にSCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD[METEMPSYCHOSIS]ツアーファイナルを行う)でボディのお披露目?

ジン:実行できたらお披露目します。こうして旧マッスルシアターへと道は繋がっているんだなと実感できたので頑張っていきたいです。

全員:(笑)

――ジンさんはしっかり目標を掲げていらっしゃいますが、皆さんも「マッスル感」を目標にしているのでしょうか。

和己:いや特に。

ジン:確か去年、和ちゃんが「マッスル」って言っていた気がするんだけど…

和己:それは去年の話じゃないですか。僕はもうそこにこだわっていないんです。そんな昔のことばっかり考えていたら前に進めませんからね。ちなみに今年はその時その時に思ったことをやろうと思っているんで、ノープランです。去年言っていたマッスルを今でも掲げているのはちょっとどうかと思います! 今年はもっとバンドとしての目標を立てていきたいですね!

ジン:…一抜けタイプです。

全員:(笑)

――和己さんは一抜けしたようですが、他のお三方は?

ルイ:俺は、プライベートではバーベキューとか、川に行こうとか、夏っぽいお誘いはあるんですけど、予定が合わず一向に行ける気配がないので(笑)。

――今年の目標に掲げているトマト克服はいかがですか?

ルイ:トマトは…俺、ほんとダメなんです。ハンバーガー屋でも抜いてもらうくらいで。プチトマトも絶対ダメだし、ケチャップも苦手で…。同じ夏の野菜でもオクラは好きなんですけどね。でもちょっと頑張ってみます。

マナブ:僕は、夏バテしないようにしっかり食べて、しっかり体を作っていきたいです。

和己:前から言ってた富士登山はどうすんの。

マナブ:富士登山? あー…やらない。僕の好きな芸能人が最近富士登山とかやっていたんで影響を受けようかなと思ったんですけど…やる予定はない(笑)。

ルイ:でも1日か2日でできるんだよ? 1週間行って来いってわけじゃないんだからさ。

マナブ:うん、いつかはやってみたい気持ちはあるよね。…要は面倒くさい。

ルイ:話になんない(笑)!

マナブ:でも、若いうちに行っとかないとね。

――じゃあ次回の「SCREWのどういたしまして。」では富士山頂でご来光をバックに…

マナブ:ひょっとするかもしれないですね。何が起こるかわかりませんから。でも、行く時は誰にも言わないつもりです。

和己:それでそのまま帰ってこないパターンか。

ルイ:どこにいるかわかんないから捜索願も出せないじゃん(笑)。

――(笑)。鋲さんは夏はどうします?

鋲:そうですね。俺はパーッと宇宙にでも行って、のんびり地球を眺めるかな。

――え! 1千万単位でかかりますけど!?

和己:金なら持ってるもんな。

鋲:まぁ、金しかないからね。とりあえず宇宙で一服するのが夢です。

和己:…いや、基本、宇宙には酸素ねーからさ。燃えもしねーし、煙も発生しねーし。そこで煙草を吸うのが夢ってんだから、物理限界に挑戦してもらいましょうか! 

鋲:え!? いやほら、夢って叶わないからこそ夢なんですよ。叶ったら面白くないでしょ。…あー、宇宙で立ちションしてーなー…。

和己:宇宙で立ってるか座ってるかわかんねーけど、立ちションしたら衝撃で自分が後ろに下がっちゃうからね。

鋲:で、その様子を「SCREWのどういたしまして。」の10秒動画にすると。

全員:(笑)

(文・後藤るつ子)

SCREW

<プロフィール>

鋲(Vo)、和己(G)、マナブ(G)、ルイ(B)、ジン(Dr)の5人からなるロックバンド。2006年3月結成。2006年4月23日、高田馬場AREAの初ワンマンライブから本格始動。2009年10月には、フィンランドでのTsukiconイベント公演を成功させ、2012年5月にはSCREW EUROPE TOUR2012『蠍-SASORI-』を行うなど、海外でも高い人気を誇る。2012年10月17日発売シングル『XANADU』で徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャーデビュー。2013年2月に2ndシングル『Teardrop』、7月にメジャー1stアルバム『SCREW』、11月には3rdシングル『CAVALCADE』をリリース。2014年に4thシングル『FUGLY』をリリースした。9月からは『SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD』と『SCREW TOUR 2014 INNER PSYCHOLOGICAL WORLD[METEMPSYCHOSIS]』の2本のツアーが決定している。


■オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/screw/


【CDデータ】

初回生産限定盤A
(CD+DVD)
TKCA-74122
¥3,796+税

初回生産限定盤B
(CD+DVD)
TKCA-74123
¥6,296+税

通常盤
(CD)
TKCA-74127
¥3,000+税


『PSYCHO MONSTERS』
2014年8月20日発売
(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
SCREWのメジャー2枚目となるアルバム。幅広い楽曲と、それらを視覚的に表現した相場良祐(『ファイナルファンタジー』や『神撃のバハムート』)による描き下ろしジャケット(通常盤)も必見!

【収録曲】
【初回生産限定盤A・B】
[CD]
01.Insane Delusion
02.FUGLY
03.SPIRAL OF MISTRUST
04.Burst Forth
05.CAVALCADE
06.mellow
07.evil passions
08.Helter Skelter
09.deadlock
10.絶望の讃美歌
11.忘れたいつかの日…

【初回生産限定盤A】
[DVD]
01.“SPIRAL OF MISTRUST”Video Clip
02.“SPIRAL OF MISTRUST”Video Clip -鋲Ver.-
03.“SPIRAL OF MISTRUST”Video Clip -和己Ver.-
04.“SPIRAL OF MISTRUST”Video Clip -マナブVer.-
05.“SPIRAL OF MISTRUST”Video Clip -ルイVer.-
06.“SPIRAL OF MISTRUST”Video Clip -ジンVer.-
07.“SPIRAL OF MISTRUST”Shooting Off Shot

【初回生産限定盤B】
[DVD]
“SCREW 8th Anniversary Live NEVERENDING BREATH AT AKASAKA BLITZ”
~SE~Insane Delusion
01.FUGLY
02.CAVALCADE
03.マスカレード
04.Get You Back
05.ANCIENT RAIN
06.ZOWIE
07.DEEP SIX
08.Barbed wire
09.delete
10.VEGAS 11.S=r&b 12.七色

2大封入特典
●LIVE PHOTOBOOK“SCREW 8th Anniversary Live NEVERENDING BREATH AT AKASAKA BLITZ”
●SCREWちびキャラ PSYCHO MONSTERS×ロゴ クリアポーチ

【通常盤】
[CD]
01.Insane Delusion
02.FUGLY
03.SPIRAL OF MISTRUST
04.Burst Forth
05.CAVALCADE
06.mellow
07.オブセッション
08.evil passions
09.Helter Skelter
10.deadlock
11.絶望の讃美歌
12.THE ETERNAL FLAME
13.忘れたいつかの日…