インタビュー

PENICILLIN

運命に導かれた『瑠璃色のプロヴィデンス』。刺激的なバンドであり続けるPENICILLINが凝縮された、濃密なニューアルバム完成の裏側に迫る!

結成22年目に突入したPENICILLINがニューアルバムをリリースする。20周年を機にベスト盤2枚を発表していた彼らだが、オリジナルフルアルバムとしては実に3年ぶり。ディープかつバラエティに富んだ楽曲群を、2作のバラード曲が包み込む今作は、まさに運命に導かれるように、過去に類を見ないほど自然な流れで制作されたという。そんな今作の制作エピソードと、前回のインタビュー時に出た件のその後について、3人に話を聞いた。

◆このアルバムにゆっくり入ってきてほしい(O-JIRO)

――『瑠璃色のプロヴィデンス』というタイトルはどのように生まれたのでしょうか?

HAKUEI:昔の絵画とかクラシックの曲名とか、そんなイメージのアルバムタイトル何かないかな、という話をちらっとしていて。それはだいぶ前だったんですけど、「記憶の固執 ~融けゆく時間~」の歌詞を千聖くんにお願いした時に、サルバドール・ダリの絵からインスパイアされて歌詞を書いたと言って持って来てくれて。それまでふわっとしていたイメージが自分の中ですごく具体化されたんです。そこから色々考えてくれて、3人でそれを参考にしながら、アルバムのイメージに合う言葉を作りました。

千聖:22年間やっているので、もうタイトルが氾濫しているんですよね(笑)。自分たちでも何だろ?と思うようなドキドキ感が欲しかったんです。

O-JIRO:“瑠璃色”の他に“プロヴィデンス”と何かもう一つ候補があったんですよ。でも、こっちの方が意味合い的にもPENICILLINらしくて良いんじゃないかと。

HAKUEI:奇抜だったら何でもいいっていうわけじゃないですからね。『鼻くそ大爆発』とか(笑)。

全員:(笑)

千聖:インパクトはあるね(笑)。

O-JIRO:何かが間違ってる(笑)。

――(笑)。前シングル『幻想カタルシス』と『瑠璃色のプロヴィデンス』は雰囲気が近いですよね。

千聖:そうですね。そういう曲のタイトルに漢字、ひらがな、カタカナと並ぶのも面白いなと思ったんです。日本語のタイトルの方がいいかなと。瑠璃色というのは、絵画の中で聖なる色として貴重なものだし、瑠璃色といったら地球をイメージする、その地球、大地の良さもある。そして、俺らがバンドを22年間やってきたということも“プロヴィデンス”(摂理、神意)なのかもしれない。

HAKUEI:タイトルを決めてから瑠璃色という色について考えたんですけど、すごく面白いなと思って。自然界に一部の鉱石以外にこういう綺麗なブルーって存在しないんですって。だけど宇宙から地球を見たらほとんど青だし、地球から外を見たとしても空は青い。こんなにたくさん青はあるのに再現できない色っていう、ちょっと不条理な感じも不思議だなと。

千聖:そういった意味では面白い言葉が綺麗にハマりましたね。

――いつも納期を考えてしまうO-JIROさんから見て、今回の制作は順調でしたか?

O-JIRO:めちゃめちゃ優秀ですよ。

――年末からレコーディングが始まり、HAKUEIさんのTwitterによると、2月21日にトラックダウンが終了したということで。「意外に難航したけどギリギリ間に合った」と呟いていましたが。

HAKUEI:そうそう、結構最近なんです。録った後の色々な作業がちょっと長引いたんだけど、録りは順調。Mixの作業も変に難航したわけじゃなくて、より良くするためにギリギリまでやらせていただいた、という感じです。

――なるほど。前回の取材でPENICILLINは大暴走チームというお話が出ましたが、今回の制作期間において「暴走していたな」というエピソードはありますか?

O-JIRO:今回は“プロヴィデンス”っていうくらい、本当にサクサクと。

千聖:ある意味、神がかってたのかなぁ。

O-JIRO:変に言い合ったり行き詰まることもなく淡々と。でも、良いモノが出来ていってるなぁという感覚は皆あったと思う。だから、あんまりおもしろエピソードとかがない(笑)。

千聖:今回みたいにポンポンと進むのってあまりない事なんですよね。

HAKUEI:表現するということにおいて、その曲がデモの段階から持っているテイストや世界観に、あまり逆らわないでアレンジしたのかな。もちろんテクニカル的なことで挑戦はしているんですけど、ポップな曲を強引に激しくしたり、というのはなかったと思います。その曲が持ってるポテンシャルをまっすぐ引き出した感じ。

――バラード曲「少年の翼」を1曲目にした理由というのは?

千聖:最初か最後かなって思ってはいるけど「少年の翼」でMVを作りたくて、作ったらやっぱり1曲目か最後かなという感じになって。アルバムタイトルを決めた時に曲順も決めたんですけど、これが一番しっくりきたんです。

HAKUEI:1曲目と最後の曲ってアルバムを印象付けるのにすごく大事なポジションで、全部日本語のタイトルにしたり、良い意味での日本特有の切ないメロディとか、そういう味わい深いところも表現したかったから、激しいものでいくよりは、しっかりメロディを聴かせる曲で挟むのが良かったのかなと思ってます。

O-JIRO:僕はこのアルバムにゆっくり入ってきてほしいなと思ったんです。「少年の翼」と「優しい声」のどっちを1曲目にしようかって話してたんですけど、温かい感じで入ってきてほしくて。「優しい声」は未来を感じられるんだけど切ない感じで、「少年の翼」は本当に温かいので1曲目に。

千聖:MV撮影は全然暖かくなかったけどね。

HAKUEI:すんげー寒かった。

――HAKUEIさんの吐く息が白かったので、相当寒かったんだろうなとは思っていました。

HAKUEI:コンビニの温かい飲み物コーナーあるじゃないですか。俺、あんなところでジュースを買ったことないんですよ。でも、帰りに生まれて初めてそこでホットレモン買ったからね(笑)。

全員:(笑)

HAKUEI:本当に求めてるんだよね、甘くて温かいものを。本能でそれを選ぶくらい冷えてたんですよ(笑)。

O-JIRO:まだ日が出てる時は、日向って暖かいんだなって思ったもん。

千聖:太陽ってすごいなと思ったよね。

HAKUEI:暖かい部屋もなかったしね。吹きさらしの廃墟と外だったので、どこでも寒いんです。

O-JIRO:楽屋の窓が全部割れてました。

千聖:ドイツ、イギリス、韓国、アメリカ、今まで色々なところでやりましたけど、一番寒かった(笑)。

O-JIRO:まぁ愚痴ですけどね(笑)。

◆僕らの中では当たり前に存在するもの(HAKUEI)

――ところで、PENICILLINの楽曲はギターソロがたっぷりありますよね。秒数で考えるものではないのは承知の上、計ってみたところ、今作は平均30秒はありました。長いものだと40秒くらい。

千聖:そうなんですね(笑)。例えギターソロがない曲でも俺はあまり抵抗はないんですけど、メンバーから手を抜いてるんじゃないかと思われるかも(笑)。

HAKUEI:でも、バンドって大体ギターソロない?

千聖:ジャンルにもよるんじゃない?

――最近、短くなっていっている傾向があるように感じます。

HAKUEI:あー、確かにそんな気もするね。8小節くらいでパッといくパターンとか。

千聖:たまに8小節とかもやってみるんですけど、なんか物足りなさを感じて終わるんだよね。

HAKUEI:でもたまに短めの時があるじゃん? ライブで「もう歌じゃん!」ってなる(笑)。

全員:(笑)

HAKUEI:たっぷりあるのに慣れてるから「あ、水飲めねー」って困るんですよ(笑)。

千聖:みなさん色々と都合があるみたいです(笑)。

O-JIRO:自分の好きなギタリストは、ちゃんとソロを弾く人が多いかも。そういう主張をしっかりできる人がいてほしいな。ないと寂しい。

HAKUEI:曲の展開をドラマチックにする一つの大切な要素ではあるからね。無理矢理放り込む必要はないけど、自然にできる分には僕らの中では当たり前に存在するものなので。

――PENICILLINの特徴の一つでもあると思います。

千聖:確かにそうかもしれないですね。全く遠慮なく弾きまくって色々な表現をさせてもらえるので楽しいです。

――HAKUEIさんの歌詞は官能的なものと壮大なものが多い印象ですが、今回特にじっくり読みながら聴いてほしいのはどの曲でしょうか?

HAKUEI:やっぱり最初と最後の曲かな。官能的な歌詞というのは、言葉の並びや刺激的なワードでの遊び心とか、アルバムで言いたい事の本線とはちょっと外れてもいいのかなって。作品を象徴するど真ん中にあるものとしては、この2つのバラードの歌詞かなと思います。すごく丁寧に一言一言考えました。

――今作では、千聖さんが1曲(「記憶の固執 ~融けゆく時間~」)、O-JIROさんが2曲(「プリンセス アカデミー」「シリウス」)作詞されていますよね。

HAKUEI:それぞれソロ活動をしていて作詞のスキルもしっかりあるので、自分にはない新しい感覚で書いてもらえそうな時はお願いしています。原曲を書いた曲を頼むことが多いんですけど、その人の個性が出ていて「これは彼にしかできない曲だな」って思った時に頼みたくなりますね。

――O-JIROさんの2曲は、今作の中では変化球の部類ですよね。

HAKUEI:そういうポジションを狙っている気もするんですよね。きっと二人はこういう曲を書いてくるから、自分はこういう曲を書くんだ、みたいな。そういうテイストが顕著なものって、言葉もそのノリでハメてもらいたいなとか思っちゃったりするんです。

O-JIRO:「プリンセス アカデミー」は単純に3拍子になるんじゃなくて、4拍子で歌ってるメロディを3拍子で表現したらこんな風になるっていう事がやりたくて。拍子が変わってもメロディの雰囲気は変わらなくできまっせ、みたいな面白さ。でもなるべく自然に変われるように、4拍子と8分の6拍子なんですけど数えているテンポは変わらないんですよ。ただ拍子チェンジをしているんです。そういう、なんか考えちゃったかなっていう曲が1曲くらいあってもいいんじゃないかなと。

千聖:ロックバンドとして、そういうプログレっぽいとこがあった方がかっこいいと思いますね。

――歌詞もタイトルのイメージ通り、可愛らしいですね。

O-JIRO:今までもファンタジーは書いているんですけど、お姫様全体というものを書いてみようと思って、普通のプリンセスからダークプリンセスまで。

HAKUEI:なかなか狙って書けないんですよね。僕が書くとダークからダークになりがちなので(笑)。そうじゃない感じがジローさんなのかなって。夢がある。

◆バランスが綺麗で違和感がまるでない。だけどすごく濃い。(千聖)

――千聖さんが「パンチの効いた」という言葉をよく使いますが、今作の制作において「パンチ効いてたな」というエピソードを教えてください。

千聖:「快感∞フィクション」は、自宅でデモを作った時にドラムを結構ハードにしてみたんですけど、ジローさんをイメージしつつ、こんな感じでやりたいっていう自分の希望を込めて作ったんです。そのパンチの効いたドラムを、レコーディングで再現されるとすごく面白くて。打点の多い、北斗神挙の百裂拳くらいのエンターテインメント的なドラムを未だに追求できるっていうスタンスがかっこいいなぁと。

O-JIRO:(笑)

千聖:HAKUEIくんに関しても、「記憶の固執」はHAKUEIくんが歌ったらこうなるだろうなという俺のイメージを、それ以上に綺麗にやってくれるのが最高だ。そういう自分の中で思い描いていた設計図を、さらに綺麗にできるメンバーはなかなかいないので、面白いし刺激になるね。あとは、「プリンセス アカデミー」や「ファンタスティック・ファンタジー」とか、ギターのリフが結構効いてる曲が多いので、弾いていて楽しい。全体的にそれぞれの主張が綺麗にできましたね。バランスが綺麗で違和感がまるでない。だけどすごく濃い。昔HAKUEIくんが書いた歌詞(「BVB」)で〈バラバラなのか バランスなのか〉というのがありましたけどね。

――相変わらず、PENICILLIN特有の奇跡的なバランスですね。

千聖:昔は好きなジャンルも違ったし、違うところを目指していた部分もあったかもしれないけど、ここまでくるとなぜか綺麗な…こういうジャンルなのかもね。

――PENICILLINは“PENICILLIN”というジャンルですね。

千聖:今回HAKUEIくんもO-JIROくんも、らしさが出てるレコーディングだったと思いますね。HAKUEIくんは時間を無駄にしないというのがテーマで。

HAKUEI:いかに声のコンディションが良い状態のまま、納得するテイクを録りきるか。喉がへたって休んでもう一回やるのって、あまり良くなった試しがない気がして。たぶん保つのってせいぜい2~3時間なんですよね。それを超えちゃうと、ただ体が辛いだけになってくる。でも、ぜーぜー言いながらやってると、やってる感はすごくあるので「がんばった!」って錯覚するんです。そうじゃないところでしっかりやる、という事を考えましたね。気持ちよく集中して、ニュアンスもしっかり表現できるので。

――O-JIROさんの「パンチ効いてたな」というエピソードは?

O-JIRO:デモの段階では機械で作っているのでドラムを触らないんです。なので、まずドラムセットに座った瞬間に「この曲パンチ効いてるな」と肌身にしみてきます。自分の技術で叩ける面白いものを作っているはずなんですけど、実際叩くと「うわ、結構キツイな」っていうのが出てきちゃうんです。

千聖:でも、ジローさんは叩けない壁にぶつかっても絶対諦めないんですよ。ある種、ボクサーみたいですよね。打たれても打たれても打ち返す。

O-JIRO:ペースは考えますね。体に入れるまではめちゃくちゃ叩いて、ある程度入ってきたら今度は考えて。でも結構叩く方かもね。クタクタだもん。

――どのくらい叩くんですか?

O-JIRO:本気で叩く以外にも1曲に20~30テイクは練習するので、1~2時間練習して15分くらい休んでからRECに入るというパターンですかね。でも、今回で言うと「快感∞フィクション」とか、ああいう早いやつはあんまり叩くと自分が死んじゃうので、ある程度イメージして、イメージし終わったらすぐ録る!っていう(笑)。

HAKUEI:へたっちゃうと逆に迷惑かかるからね(笑)。

千聖:たださ、その普通へたるところでジローさんはやるらしいんだよね。

O-JIRO:プロデューサーに「もうちゃんとできてないから」って心が折れるようなことを言われながらも(笑)、「もう1回やらせて!」って。

HAKUEI:一生懸命やってるのにショックだよね。「上手く歌えた!」って思ってるのに、「いや、音程は出てるけど声は前の方がいいよ」って言われて「えー…」みたいな(笑)。

O-JIRO:うん。「どうだ!!」って叩ききった後に「じゃあ、そろそろいこうか」って言われて「え!? 今のダメなの…!?」って(笑)。

千聖:「遊びはおしまいだよ」って言われてるような(笑)。

――(笑)22年のキャリアでも、裏ではそんなことが繰り広げられているんですね。

千聖:色々な戦いがあるんです。

O-JIRO:客観的にちゃんと聴いてくれる人がいると違うんですよね。

HAKUEI:まだまだこれから色々な経験をして変わっていくとは思うんですけど、今はこんな感じ(笑)。

――今日もツアーのリハーサル終わりですが、アルバム曲の手応えはいかがですか?

千聖:もう…最高ですよ(笑)! 今日「記憶の固執」を最後にやったんですけど、O-JIROくんを鏡越しに見たら確実に体力の消耗が激しいなと(笑)。

O-JIRO:ここ何年かベストアルバムとシングルだったので、覚えることが多くなかったんです。皆そうだと思うんですけど、流れを気にしていけるところまでまだ持っていけてなくて、無駄な力が多いから後半ヘトヘトなんですよね(笑)。

千聖:まだ曲とお友だちになれてない(笑)。

HAKUEI:表面上の付き合いしかできてない感じ(笑)。歌詞がしっかり頭に入れば自然と構成も入るので、パート的にはヴォーカルが一番入りやすいとは思うんですよね。ただ今回、新曲の曲数が多い割に、完成してからライブまでのタームが短いんだよね。今、歌詞の暗記だもん。試験勉強みたいになってます(笑)。

――ところで、前回のインタビュー(2013年10月公開)で年内にやり遂げたいことを伺ったので、結果を聞かなくてはと。千聖さんは昨年のお正月にやらなきゃいけない事を10個くらいメモしたにも関わらず、1つしか実現していないので、あと2つくらいはやりたい、ということでしたが。

千聖:それはほとんどできていませんね。その中の1つのステレオのセッティングは、マネージャーから「手伝ってあげるからやりましょうよ!」って言われて、先月やっとできました(笑)。

――HAKUEIさんはプライベートではあまりないということでしたが、その後、今年やりたいことはありますか?

HAKUEI:テレビとHDDレコーダーを買い替えたいです。

千聖:スマホは?

HAKUEI:スマホはいらない。「新機種?」って言われるくらい、これ(フィーチャーフォン)を使い続けようと思います。

――O-JIROさんは革職人になりたくて、夏頃から勉強と妄想をしているということだったのですが。

千聖:適当なこと言ってますなぁ。

O-JIRO:革職人になるスタートを切る時に、まず革と工具を一気に買いたいんですよ。

――あれ? まだ…(笑)?

O-JIRO:一気に揃えようと…思ってるだけです。具体的にこれを作って、ここで使ってほしいと思っている場所はあるんですけど、それが一個一個後ろに行っているという状況です(笑)。

――このお話の時に、HAKUEIさんから「ソファー作って」という無茶ぶりがありました(笑)。

全員:(笑)

――さすがにハードルが高過ぎるので、まずは年内に小物を、というお話だったのですが。

HAKUEI:最初からソファーってすごいよね。それぐらいやってほしいね。

O-JIRO:言ってましたねHAKUEIさん。…それは、できない。

全員:(笑)

O-JIRO:全くもって言っただけの状態になってました(笑)。うん、がんばろう。でも大きいことは言わない。2014年中には何か1つは作らないとね。

千聖:Vifの取材が来る度にビビるんじゃない(笑)?

――取材の度に聞きます!

全員:(笑)

O-JIRO:がんばる、がんばる!

(文・金多賀歩美)

PENICILLIN

<プロフィール>

HAKUEI(Vo)、千聖(G)、O-JIRO(Dr)によるロックバンド。1992年結成。96年にメジャーデビューし、日本武道館公演を成功させる。98年には後に代表曲となる『ロマンス』をリリースし、90万枚を超える大ヒットを記録。結成20周年の2012年、ファン選曲ベスト盤『DRAGON HEARTS』、メンバー選曲ベスト盤『PHOENIX STAR』をリリース。ツアーを経て2013年2月、渋谷公会堂にて20周年ファイナル公演を行った。2013年10月、ニューシングル『幻想カタルシス』をリリース。2014年3月から、ニューアルバム『瑠璃色のプロヴィデンス』を引っさげた全国ツアーを開催中。


■オフィシャルサイト
http://www.penicillin.jp/


【CDデータ】

初回限定盤
(CD+DVD)
XNBG-10017/B
¥3,800+税

通常盤
(CD ONLY)
XNBG-10018
¥3,000+税


『瑠璃色のプロヴィデンス』
2014年3月19日(水)発売
(発売元:b-mode/blowgrow 販売元:エイベックス マーケティング)
結成22年目に突入したPENICILLIN、3年ぶりとなるオリジナルフルアルバム。彼らの様々な要素が凝縮した濃厚な作品。

【収録曲】
[CD]※共通
01. 少年の翼
02. 記憶の固執 〜融けゆく時間〜
03. 幻想カタルシス
04. 秘蜜のデザート
05. 限りなき夢 限りある春 闇を彩り 満ち欠ける月
06. プリンセス アカデミー
07. ファンタスティック・ファンタジー
08. シリウス
09. 快感∞フィクション
10. 優しい声

[初回限定盤DVD]
1. 幻想カタルシス ビデオクリップ
2. 少年の翼 ビデオクリップ
3. メイキング映像