インタビュー プレゼント

NIGHTMARE

2015年、結成15周年のアニバーサリーイヤーを迎えるNIGHTMAREのニューシングル『blur』をフィーチャー!

結成15周年という大きな節目の年を迎えるNIGHTMAREが、アニバーサリーイヤーの第1弾シングル『blur』をリリースする。彼らの新たな幕開けを予感させてやまないポップなサウンドのタイトル曲「blur」、これまでの作品とは一味違う新鮮な驚きを感じさせるc/w「Buddies」と、強烈な歌詞が耳に残る「Such a Nonsense System」(※C typeのみ収録)。鉄壁の3曲で構成された今回の作品について、髪の話から数学の話までいつも以上に脱線しつつ、5人にたっぷり語ってもらった。今回もコメント動画と併せて存分にお楽しみいただきたい。

◆ポップな印象をより引き立たせるようなベースを(Ni~ya)

――今回のタイトル曲はRUKAさん作曲ですが、爽やかさに驚きました。

RUKA:シンセで爽やかに聴こえちゃうのかな。自分ではそう思わないんですよね。実際、シンセが入るまで全然そんな感じじゃなかったし。

――シンセを入れたのはRUKAさん案ですか?

RUKA:そうです。爽やかっていうよりキラキラした感じになったかも。

――「ぼやける」という意味の「blur」が、キラキラした感じというのは面白いですね。RUKAさんが持ってきたデモを聴いて他の方々はどういう解釈で曲作りをしましたか?

Ni~ya:最初は結構ポップな印象が強くて、それをより引き立たせるようなベースを弾ければと思ってました。

――指弾きが耳に残りますね。

Ni~ya:珍しくRUKAさんから「スラップやって」って言われて。イントロは、プリプロの段階ではピックで弾いていたんです。でも、他のバンドのCDを聴かされて「これ、ベース何やってるの?」って言われて。「スラップだよ」って言ったら「じゃあこれやって」と。

――そういうリクエストはよくあるんですか?

RUKA:あんまりないよね。

Ni~ya:そうだね。珍しくオーダーがあったから、Aメロまでスラップを引っ張って。ああいうスタッカートをスラップでやるベースってなかなかないし、いいかなと。

柩: ポップな曲ですけど、俺はRUKAさんぽいなとは思いましたね。

咲人:俺の場合、アレンジするときの一番最初の仕事は、デモの雰囲気を生かしつつ自分なりのフレーズに落とし込むことなんですけど、今回は割と王道系のアレンジだったので、それをどう落とし込むか悩みました。

――王道の方が悩みますか?

咲人:すごく天邪鬼なので、どうにかしてやろうと思っちゃうんですよね。結果としては自分的にはあんまり変なことしなかったんですけど。ギターソロが入っているところで曲調が変わるので、そこはちょっと悩みました。

――突然ガラッと変わって、しかもこのまま終わるのかなと思わせる不思議な作りです。YOMIさんはいかがでしたか?

YOMI:今回は3曲とも声が出しやすい音域でした。でも、途中の早口のところが歌いづらかったですね。RUKAさんに譜割りとか色々教えてもらいつつやりました。ちなみにこの部分、最初は英語表記だったんですよ。その英語のイメージで歌っていたんですけど、RUKAさんに「ここは日本語にも聴こえるようになってるんだよね」って言われて。そこからちょっと変えていきました。英語にも日本語にも寄り過ぎないようにしたいってことだったので、間に聴こえるようにしています。

◆さんざん暴言を吐かれた後、サビでシーンとしてほしかった(RUKA)

――今回のMVに驚かされました。最初は「愛憎ロンド」(2014年6月発売のシングル『TABOO』c/w)の映像で、途中から徐々にYOMIさんの口の動きが「blur」に変わっていきますよね。今回のMVは、「愛憎ロンド」の撮影の段階でもう撮っていたんですか?

RUKA:いや、あとから撮ったんです。同じ監督さんなので、なるべく「愛憎ロンド」に照明とか色を近づけてもらって。よく見るとゾジー(YOMI)の髪が赤いよね。

YOMI:うん。

RUKA:でも、観た人にもっといろいろ言われたかったんだけどなー。これを見て、さんざん暴言を吐かれた後、サビでシーンとしてほしかったのに、意外と意図と違う反応だった…。

――難しいですね。

RUKA:ね。みんな「愛憎ロンド」の時に録ったと思ったみたいで。思い通りになかなかならないもんだな。

――今回のような構成にしようと思ったのはなぜですか?

RUKA:そもそもMVであんまりやりたいことがなかったっていうのと、実際にやりたいことをやるとあまりにもお金がかかるので、じゃあちょっとふざけようかなと。本当は後半に出てくる、でっかいライトの数をもっと増やしたかったんですよ。でも、すごく高いらしくてできなかったので、あの形に落ち着きました。

――このMVを観たので、曲のストーリーも「愛憎ロンド」からの展開なのかなと思ったのですが。

RUKA:そういうわけではないんです。撮ってくれた監督が一緒だからってだけで。本当は同じA面の「TABOO」のMVからつなげたかったんですけど、あれは監督が違うから使えなかったという…(笑)。

◆冬になると暗くしたくなる(YOMI)

――今回の衣装は、これまで以上にヴィジュアル系っぽいなと思ったのですが。

Ni~ya:俺、今回はスタイリストに全てお任せしてます。いつもはライブで着ることを考えて動きやすい衣装にするんですけど、そうすると毎回似たり寄ったりになっちゃうので変えたいなと。実際に着てみて、たまにはこういうのもいいかなと思いましたね。

咲人:俺は大体ラフで絵を描いて決めます。音源ごとに違ったりもしますけど、着たいものがいっぱいあるんですよ。今回は最近マイブームのベレー帽をかぶってみました。他にあんまりかぶっている人もいないし。

――短い髪とのバランスが絶妙です。それにしても咲人さんの髪の毛がどんどん短くなっていくような…

咲人:ね(笑)。一回切っちゃうと楽というか、ちょっと若く見えるじゃないですか(笑)。評判もそんなに悪くないし、何より超楽です。

柩:俺は今どんどん伸びてきてますけどね。

RUKA:お前、伸びるの早すぎるだろ。

柩:よく言われる(笑)。

RUKA:この時(アーティスト写真撮影時)、今までで最短でしょ。

――これ以上に短くする予定はありますか?

柩:いや、坊主かスポーツ刈りになっちゃうからね(笑)。

RUKA:でもこれ坊主とほとんど変わらないんじゃないの?

Ni~ya:赤髪で坊主って桜木花道…(笑)。

RUKA:だな(笑)。でも黒坊主はきついだろ。

柩:何かやらかした人みたいだよね(笑)。

――RUKAさんは最近色々かぶっていますが、今回はハットですね。

RUKA:夏に暑くて髪を切っちゃって、どうしていいかわからないから、とりあえずハットをかぶろうかと。でも切ったら意外と伸びるのが遅くて、後ろが全然伸びない。あと半年くらいは帽子だと思うので、今、変な帽子を探してます。最近見つけたのは『GetBackers-奪還屋-』(1999~2007年に『週刊少年マガジン』に連載された漫画)の殺し屋みたいなスリットが入った帽子。あとはカラスマスクに続く変なマスクを集めてます。

――見られる日が楽しみです。YOMIさんは?

YOMI:俺は今回から髪を黒くしたくらいですね。冬になると暗くしたくなるんですよ。

柩:サイドを伸ばす日は来るの?

YOMI:俺丸顔だからなー…多分伸ばさない。

柩:ゾジーって前髪のイメージあるじゃん。あれをなくしてみてほしい。ドレッドとかさ。

YOMI:えー…顔出したくないし…ドレッドは似合わないよ。

Ni~ya:一番長かったのはいつ?

YOMI:ナイトメアを組んだ頃かな。

柩:みんな一通り長い髪を経験してるよね。咲人は一昨年が一番長かったでしょ。

咲人:人生で一番長かった。でも長いのって気持ち悪いんだよね。衣装を着てメイクしてる時は良いんだけど、普段の写真を見ると超気持ち悪い。

柩:どういうこと(笑)。

◆隙間を大事にしていこうかなと(咲人)

――c/wの「Buddies」と「Such a Nonsense System」(※C-typeのみ収録)は咲人さん作曲ですね。「Buddies」はハッとするような意外性がありました。

咲人:そうですね。今回、極力音数を少なくしたりしてます。いつもは空間を音で埋めちゃうんですけど、今回は隙間を大事にしました。音楽は休符が大事っていうじゃないですか。若い頃は音がないと怖いから全部埋めてたんですけど、いい年だから隙間を大事にしていこうかなと。

――不思議な曲ですよね。

咲人:うちらからしたらポップな曲かもしれないけど、去年と一昨年、ずっとクラブミュージックにはまっていたので、四つ打ち感とかその裏で鳴っているふわっとしたシンセが効いていますね。

RUKA:そういえばこの曲に関しては難しさはなかったな。

Ni~ya:弾いてて心地良い曲だよね。

柩:俺は淡々と機械的に弾いていこうかなと。ニュアンスみたいなものはなしで、カチカチ弾きました。

YOMI:俺は歌のキャラクターを作らないように、できるだけ自然に聴こえるようにしています。いろんな曲調があるとそれに合った歌い方にしていかないといけないから、毎回微調整しながら歌っているんですよ。

咲人:「あんまり表情を付けずに素で」って言った気がする。何も言わないと「うぅぅ~~♪」ってやっちゃうんで。

――!?

咲人:今のはYOMIが低めでビブラートするときの真似。

Ni~ya:メンバーにしかわからないんじゃない(笑)?

RUKA:ゾジーって、低い音を出すときに顎を引いてるように見えるよね。ライブだと低い時の方がヤバい顔してるよ。顎を引いてしゃくれてるみたいな。引いてるけど出してるみたいな。(※YOMIの顔真似)

全員:(笑)

――RUKAさん、顔! そんな顔じゃないでしょう(笑)。

YOMI:俺、ライブ映像を見るのが嫌なんですよね。顔とかさ。ライブやってて苦しいからずっとキメ顔でいられないし。

柩:ずっとキメ顔って気持ち悪くない?

咲人:作ってる方がかっこ悪いよ。

RUKA:俺なんか半目だしな。あと、口が開いてる。集中すると口が開くでしょ?

柩:昔はギターの練習するときに、よだれが垂れたりしたよね。

Ni~ya:わかる!

咲人:大体指盤に垂れるんだよね。会った頃からそんな話してたな(笑)。最近はないけどね。

柩:ギタリスト、ベーシストあるあるだよね。

咲人:細かいフレーズ弾いてたりすると垂れる。

――あんまり知りたくなかったあるあるです。

Ni~ya:集中している時は、口の事なんて気にしてられないんですよ!

柩:口の事なんてって…(笑)。

咲人:他のギタリスト、ベーシストにも聞いてみてください。

柩:どうしよう、「ないっすね」って言われたら。

RUKA:局地的か(笑)。

◆いかに平和を守るかとかね(柩)

――「Buddies」の意味は「相棒」ですが、歌詞を読んでてっきり恋愛の歌だと思っていました。

咲人:恋愛でも「相棒」って言えますからね。でも、『ONE PIECE』で言うところの仲間的な感じです。

――そして「微熱」「微睡む」「微笑む」と漢字で韻を踏んでいるのが印象的でした。

咲人:でも、その程度だと俺の中では韻に入らないですけどね。リズムの整頓というか、語感の整頓というか。癖で揃えているところもあるし。

――今回の2曲でキーになった言葉はありますか?

咲人:そこから派生したわけではないですけど、書いていて気になる言葉は「電車」と「ズッ友」です。

柩:「ズッ友」って、ずっと友達?

咲人:そうそう。「電車」は、いつも俺は、状況を思い浮かべたときにぼやけるように歌詞を書くんですけど、日常的なキーワードを出すことで鮮明になるというか。そういう意味では珍しい言葉でしたね。

――「一次関数」「指数関数」も気になりました。

咲人:関数までは勉強してたんで(笑)。俺、指数関数が好きなんですよ。急激に上がる感じがいいですよね。

RUKA:…何を言っているか全然わからない。

咲人:y=f(x)=ax+bが一次関数で、y=f(x)=axが指数関数。

RUKA:何?

――ざっくり言うと、直線で上がるのが一次関数で、曲線で上がるのが指数関数です。

RUKA:あぁ~あれか!

Ni~ya:中2くらいで習うやつだな!

柩:初耳だわ。俺の行ってた学校では教えてないよそれ。ゾジーのとこやった?

YOMI:いやー、学区によって違うんじゃない?

Ni~ya:同じ宮城県内だから教科書も同じはずなのに(笑)。

全員:(笑)

YOMI:でも俺、やった覚えがあるかも。問題を出されても解けないと思うけど。

柩:因数分解はやったよ。

咲人:因数分解と展開ね。

柩:展開はなかった(きっぱり)。

咲人:彼の学校は多分、How To系を習う方が多かったんですよ。

柩:そうそう。いかに平和を守るかとかね(笑)。

全員:(笑)

RUKA:How To系って初めて聞いた(笑)。

――世に出てより役立つ方を習ったんですね。では、世界の平和を守りつつ、2015年はどんな年になりそうでしょうか。

YOMI:15周年のアニバーサリーイヤーだしね。

Ni~ya:うん。ここまでやれたのもファンの子やスタッフがいてくれたからなんですよね。なので、15周年は恩返しのつもりでやっていこうと思ってます。

(文・後藤るつ子)

NIGHTMARE

<プロフィール>

YOMI(Vo)、柩(G)、咲人(G)、Ni~ya(B)、RUKA(Dr)によって2000年に結成。2003年にメジャーデビュー。2010年に結成10周年を迎え、記念アルバム『GIANIZM』をリリース。2011年、avexに移籍し、2014年3月19日、ニューアルバム『TO BE OR NOT TO BE』をリリース。このアルバムを引っさげたロングツアーNIGHTMARE TOUR 2014「TO BE OR NOT TO BE:That is the Question.」を行い、6月15日にツアーファイナルを東京国際フォーラムホールAで行った。同月、映画『奴隷区 僕と23人の奴隷』の主題歌となるシングル『TABOO』をリリース。2015年には結成15周年アニバーサリーイヤーを迎える。


■オフィシャルサイト
http://www.nightmare-web.com/


【リリース情報】

A type
【CD+DVD】
YICQ-10353/B
¥1,800+税

B type
【CD+DVD】
YICQ-10355
¥1,800+税

C type
【CD only】
YICQ-10355
¥1,200+税


『blur』(HPQ)
2015年1月7日発売
結成15周年アニバーサリーイヤーを迎えるNIGHTMAREが放つメジャー通算24枚目となるシングル。

【収録曲】
[CD]
01. blur
02. Buddies
03. Such a Nonsense System(C typeのみ)

[DVD](A type)
「blur」Music Clip

[DVD](B type)
「Buddies」Music Clip